「ビーター」ってなんですか?教えてください。

A 回答 (2件)

図がでているところがありましたので乗せておきます。


アニメーションで動いているハンマーのようなものが「ビーター」です。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/~yymmdd/P_DRUM_STEP9.htm
    • good
    • 0

ビーターというのはバスドラムを足で踏んでたたくものがありますよね。


あれのバスドラムに当たる部分のことをいいます。

形は参考URLでみれます。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~kitano/Beater.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳の子供,言葉の発達について。。。

2歳になったばかりの男の子のことで質問です。
まだ言葉があまり出ません。
「おいしー」「どうじょ(どうぞ)」「ブーブー(車)
「ぎゅう,にゅ(牛乳)」「た,ぶ(食べる」「よ,で(読んで)」
。。。ぐらいでしょうか。あとは何でもババ,ビビ,ブブなどの,なん語ですませています。。
今はインプットの時期,そのうち喋りだすだろう,とあまり心配していなかたのですが,1才半~くらいの周りのお友だちがすごくおしゃべりしているのを見ると,やはり不安になってきます。また,以前は言えた数少ない言葉を言わなくなったりもするので,心配です。

絵本が大好きで,1歳をややすぎてから,5~6冊の本を並べて,私がソラであるフレーズを言うと,きちんとその本を選んだり,3歳向けくらいのやや長い文章の絵本も,集中して聞くようになっていました。
他に,OOとって,OOはどこ?と聞くと,もってきたりします。
私から見ると,コミュニケーションの能力はは日々,上達しているなあと感じるのですが,先日,検診で(言葉の発達に関して)あと3ヶ月ほど様子を見て変わりなければ,神経科で診てもらっても,と言われてしまいました。
今後,どのような発達の仕方をするでしょうか。順調に語彙が増えてくれたらいいと思うのですが。。。
このまま様子を見てもよいものか,神経科にかかるならより早いほうがよいのか,迷っています。
経験者の方,専門家の方,アドバイス宜しくお願いいたします。

2歳になったばかりの男の子のことで質問です。
まだ言葉があまり出ません。
「おいしー」「どうじょ(どうぞ)」「ブーブー(車)
「ぎゅう,にゅ(牛乳)」「た,ぶ(食べる」「よ,で(読んで)」
。。。ぐらいでしょうか。あとは何でもババ,ビビ,ブブなどの,なん語ですませています。。
今はインプットの時期,そのうち喋りだすだろう,とあまり心配していなかたのですが,1才半~くらいの周りのお友だちがすごくおしゃべりしているのを見ると,やはり不安になってきます。また,以前は言えた数少な...続きを読む

Aベストアンサー

子供のしゃべり始めは、一般にグラスに水が満ちていく様子にたとえられます。
ゆっくりといろんな言葉が順番にたまっていき、グラスをあふれ始めたときに、それが言葉となって出てくるのです。
標準より遅いということは、それだけグラスが大きいということ。
あふれ始めたら、それこそ堰を切ったように言葉がどんどん出てきます。え?そんな言葉なんで知ってるの?みたいに。
ちなみにうちの下の子(現在小学2年生女子)は3歳に近かったと思いますが、なんぼいうても遅すぎやろ!と思ってた矢先にしゃべり始め、現在は、もー許して!ってくらいしゃべります。
大丈夫ですよ。気長に待ちましょう。
それこそ明日、あふれ始めるかも。

Q「蛍光色」ってなんですか?

よく見かける蛍光色ですが、あれってどうやって作るのでしょうか。
原色だけを混ぜてもあんな色にならないですよね??
今日ふと気になってしまったんです。

Aベストアンサー

蛍光インクを混ぜてあるので光ります。
時計の針など、電気を消しても光っているのをご覧になったことがあるでしょう。
蛍光インクの基本的な原理はあれと同じです。
受けた光エネルギーを特定の色の光として「発光」するので光って見えます。
ただし、時計の針のように受けた光エネルギーをため込んでおく性質がないので、
暗いところでは光りません。
また、紫外線であるブラックライトを当てると、蛍光ペンのところがよく光ります。
このことから、紫外線のような目には見えない光も見える色に変えて発光していることが分かります。
時計の針など暗いところで光るタイプは、光エネルギーを一旦ためておいて徐々に放出するので、暗闇にしても光って見えます。
こんな感じでおわかりいただけるでしょうか。

Q言葉の遅い3歳児 集団にいれた方がよい??

こんにちは。「言葉が遅い」で過去ログはチェックしたのですが、似たような回答が見つからなかったため、質問させて頂きます。

タイトルでは3歳児としてますが、正確には現在2歳10か月の娘です。 言葉が遅く、市の保健師さんからの勧めで市でやっている言葉の教室に週1で通っています。言葉の教室は専門の言語聴覚士の先生が行ってくれてるものの、その効果は??という感じ、かなりゆっくりですが単語は増えてきて、2語文(ママの帽子、とか短いもの)をいいます。 こちらが言ってることはわかっています。 

病院にも行き、発達障害や難聴などはないとのことです(現時点では、、、というのも子供の障害は4,5歳でわかることもあるようですね)。

こんな娘ですが、人がいると誰彼かまわず駆け寄っていくようなoutgoingな性格です。内向的な性格ではありません。 しかし、近所に同年代の子供と遊べる場所があまりないので、話すのはやはり大人ばかりになってしまいます。週1の言葉の教室や語りかけをしていても、言葉はあまり増えないし、かなり不安になってきました。

来年4月に3年保育で幼稚園に入れるつもりですが、その前に現時点で保育園などの集団生活に入れた方が言葉が増えるのでしょうか? ちなみに言葉の教室の先生は、「集団に入れない方がよい」といいますが(まだ母親の愛情を一心に受けたい時期、できるだけ手元において、というような理由です。でもワーキングママなんて1歳にもならないうちに預けてるのに!?と思いますが)、私としては集団に入れてみてもよいような気がします。。。皆様はどう思いますか?b何か同じような体験談やアドバイスをお願い致します。

こんにちは。「言葉が遅い」で過去ログはチェックしたのですが、似たような回答が見つからなかったため、質問させて頂きます。

タイトルでは3歳児としてますが、正確には現在2歳10か月の娘です。 言葉が遅く、市の保健師さんからの勧めで市でやっている言葉の教室に週1で通っています。言葉の教室は専門の言語聴覚士の先生が行ってくれてるものの、その効果は??という感じ、かなりゆっくりですが単語は増えてきて、2語文(ママの帽子、とか短いもの)をいいます。 こちらが言ってることはわかってい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。

長男は言葉が遅く会話成立になったのは3歳半頃でした。
1歳半では単語は一つもなく・・・2歳で「ママ」と言い・・・
2歳10ヶ月の頃は単語が徐々に増えて二語分のようなものが成り立ってきた感じでした。
「お茶」→「ちゃ」「アンパンマン」→「マン」など語尾だけの発音が多く聞き取れるのは親ぐらいでした。

うちは2歳になってすぐ保育園に入れました。
働くということもありましたが集団生活に入れた方が刺激になるのではという期待もありました。
同じクラスの子は結構ペラペラ話してる状態でしたが、息子も言われた事は全て理解してたし意思表示は「ん」とかで伝える事ができてたので生活にはすんなり馴染みました。
先生も丁寧に関わってくれて友達とのやり取りの間に入ってくれたりしてました。

私としては保育園に入った事ですごくいい影響があったように思います。
言葉数が増えたのもそうですが同時に生活習慣も身につきトイレ・食事などのルールも学ぶことができました。

クラスに言葉の遅い子がもう一人いましたが、偶然か一気にしゃべり出したきっかけは似てました。
うちの子は私が二人目出産で入院した間・その前後1ヶ月で急激に会話取得をしたのです。
お友達も同じくお子さんが入院して退院してからの間に一気にしゃべったようです。
親と離れた事で言葉を必要としたのだと思います。
言葉の遅れにはいろいろ言われてますが、親がなんでもやってあげて手をかけすぎてると言葉をなかなか必要としない場合もあるようです。

4歳半の今息子はうるさいぐらいおしゃべりです。
当時、かなり心配してこのまま話す事はないのかも・・・と思っていたのが嘘のようです。

同時に三歳半を過ぎて軽度の発達障害(コミニュケーションの不得意さや物事の切り替えの苦手さ)の疑いも出ましたが、現時点では診断はついてません。
もともとマイペースでしたので成長がゆっくりめだと思います。
なので周りと比べると幼稚さが残ってるように思います。
けれど確実に成長しています。

今となっては保育園に入れてなかったら回りと比べてもっと遅れがあったかもしれないなと感じます。
なので私個人としては保育園に入れてよかったと思ってます。

けれどお子様のタイプや性格にもよると思うのでじっくり考えて決めるといいと思います。
お母さんと一緒の時間は確かに大切だと思います。

ただ保育園に行ったから愛情不足になるとは思いません。
離れてる分、一緒にいる時は多くの愛情を注いであげれます。
保育園に入れたからといって将来何か影響が出るのか?
出ないですよね。

家にいたって愛情をもらえない子はもらえないし、保育園に行ってたって多くの愛情をもらってる子はもらってると思います。

こんばんわ。

長男は言葉が遅く会話成立になったのは3歳半頃でした。
1歳半では単語は一つもなく・・・2歳で「ママ」と言い・・・
2歳10ヶ月の頃は単語が徐々に増えて二語分のようなものが成り立ってきた感じでした。
「お茶」→「ちゃ」「アンパンマン」→「マン」など語尾だけの発音が多く聞き取れるのは親ぐらいでした。

うちは2歳になってすぐ保育園に入れました。
働くということもありましたが集団生活に入れた方が刺激になるのではという期待もありました。
同じクラスの子は結構ペラペラ...続きを読む

Q楽譜の「rf」「sf」の意味を教えてください。

楽譜の「rf」「sf」の意味を教えてください。

久しぶりに楽譜を見て、覚えていないのか、わかりません。

「pf」はピアノフォルテですよね。

「rf」「sf」の意味を教えてください。

ピアノの楽譜です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

スフォルツァンド(sf)は周囲の音の中で明らかにアクセントとなるように目立って強く、というニュアンス。

リンフォルツァンド(rf)は sf と同じように使われる場合もあるけれど、多くの場合は「その音」だけではなく「その部分」を周囲に対して目立たせたい時に使っているように思えます。「その部分」の範囲を決めるのは音楽的な判断によるし、どのくらい目立たせるのかも奏者の判断によるでしょう。

多くの人が間違えているのは、ただやたらに強く演奏すればいいと思われていること。フォルテの中での sf とピアニッシモの中での sf はまったく違うと思っていてください。

言葉といては「強く」としか訳せないのだけど、音楽用語としてはニュアンスの違いがあると感じます。

QB-BOY(GIRL)?B系って?

よく巷で耳にする、
「B-BOY(GIRL)」や「B系」って言葉があるのですが、
これはどんな意味なのでしょうか?
両者は同じ意味なのかなぁとも思いつつ、
恥ずかしくて人に聞けないのでここで質問してみました。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

はい、同じ意味です。
簡単に言えば「HIP HOPな人(またはファッション)」です。
元々は「B-BOY」という言葉があり、それがHIP HOP系という代わりに「B系」になったわけです。

この「B」には「ブレイクス(ブレイクダンス)」のBから来ており、BREAK-BOYの略であるとのこと。

ただ現時点ではHIP HOPカルチャーに属する人々全てを指す言葉となっており、さらにそれ風のファッションを「B系」と表現するのでますます元の意味は薄れています。

Q「短調」の「III度」の「度数表記」と「コード表記」について

Cm調では、
「度数表記」IIIb 
「コード表記」Eb
です。どちらにも、bが両方ついてます。

では
Am調では、
「度数表記」IIIb 
「コード表記」C
と、ゆうことらしいのですが、なぜ、bがIIIにつくんですか?
III ではいけないのでしょうか?
-----------------------------------
関連して。
VIb=F
VIIb=G
も、bが、「度数表記」と「コード表記」の両方についてませんが・・・

また、その解説をしているサイトなどがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ポピュラー系のコード理論にはそれほど詳しくないのですが・・・。

こちらのサイトが参考になると思います
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/2.htm
真ん中よりやや下,「ローマ数字表記 (=コード進行の相対表現)」の部分です。

この「b」は,メジャースケールのIII度(ミ),VI度(ラ),VII度(シ)よりも半音低い音がルートである,という事を示しているのであって,ルートの音が「○b」の音である,という意味ではありません。
ご質問の例ですと,AメジャースケールのIII度,VI度,VII度はそれぞれC#,F#,G#であるのに対して,Am調のIIIb,VIb,VIIbの和音は,それらよりも半音低い音であるC,F,Gがルートになっている,という意味です。

注:クラシック系では,ローマ数字表記の場合bはつけず,イ短調のIIIの和音と言えば,C-E-Gの和音のことを示します。
クラシックも含めて,という事ならばこちらも参考になると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%A3%B0

こんにちは。
ポピュラー系のコード理論にはそれほど詳しくないのですが・・・。

こちらのサイトが参考になると思います
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/2.htm
真ん中よりやや下,「ローマ数字表記 (=コード進行の相対表現)」の部分です。

この「b」は,メジャースケールのIII度(ミ),VI度(ラ),VII度(シ)よりも半音低い音がルートである,という事を示しているのであって,ルートの音が「○b」の音である,という意味ではありません。
ご質問の例ですと,AメジャースケールのIII度,VI度,VII...続きを読む

Qマイノリティとマジョリティ

こんにちは。

何らかの自分に取って大切な事においてマイノリティであり、マジョリティにそれが伝わらず、勢力関係上マイノリティはマジョリティを理解する様求められるだけでマジョリティがマイノリティを理解しようとしてくれる事は無い。
そんな中、マイノリティがストレスを溜めたり、心の姿勢が変になってしまったり、ゆがみやすくなる精神を矯正する作業に日々追われたりなどという状態が解る方。

もしあなたがそういう立場だったら、あなたはどう対処していますか?
また、あなたはその立場ではないが、そういう対処法に知恵がある方である場合、どうすれば良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の回答が分からないとおっしゃるので、質問者さんがどの程度の理解力および事態を把握しているのかと思い、あえて質問していました。
お礼の内容からすると問題解決したいわけではなさそうなので私の出番ではないようですね。

Q「先に続く」とか「終わらない」などの意味の音楽記号

タイトルのとおり、
「先に続く」とか「終わらない」とか「永遠」とか・・・
とにかく、先に進んでいくような意味の
音楽の記号はありますでしょうか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

attaccaというのは「くっつける」という意味です。
他のことをくっつける、と言う意味はありますが、終わらない、永遠、と言う意味はありません。

例えば最後の2小節を繰り返し段々音量を絞り聞こえなくなるまで繰り返すならば
繰り返し記号始め-1小節-2小節-繰り返し記号終わり
と、2小節を繰り返し記号で囲み、Fade-outと入れればよいと思います。

音楽用語は通常、イタリア語です。
「先に続く」continua コンティヌア
「終わらない」とか「永遠」infinito インフィニート

Q「思い出作り」という言葉はおかしいのか?

「思い出作り」という言葉はおかしいという意見があります。
思い出とは作るものではない、自然に出来るものだそうですが・・・。
でも、お見合いと同じで「無ければ努力して作る」というのは自然なことだと思うのですが違うのでしょうか?現実には生まれたときに両親がいるとは限らない・・・。

「思い出作り」という言葉がおかしいという人は恵まれた人なのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「思い出作り」という言葉はおかしいという意見があります。
実は私もそのクチかも知れません。
「思い出作りのために○○しましょう」といった言葉は、おかしいとまでは言わないが、あまり好きではありません。

> 「無ければ努力して作る」というのは自然なことだと思うのですが
質問者さんのお考えは、至極ごもっともだと思います。

ただし、
> 思い出とは作るものではない、自然に出来るもの
というのは、「(自分は恵まれているから)思い出をわざわざ作る必要はない」と言いたいのではなく、「思い出を作ること自体を目的にするのはおかしい」という意味で言っているのだと思います。

例えば中高生の部活などで対抗試合直前に「3年間の最後の思い出作りのために精一杯頑張ろう」などと指導教師が部員を励ましたりしますが、この場合の目的はあくまで試合を頑張ることであって、(勝とうが負けようが)良い思い出はその努力の結果として後から自然に形作られる物ですよね。

意味はわかるものの、文言通りに受け止めると、何か目的を取り違えた表現に思えて居心地悪く感じてしまうのです。
「精一杯頑張れ。それはきっと一生のすばらしい思い出になるだろう」といった言い回しの方が、自分としては納得できることは確かです。

> 「思い出作り」という言葉はおかしいという意見があります。
実は私もそのクチかも知れません。
「思い出作りのために○○しましょう」といった言葉は、おかしいとまでは言わないが、あまり好きではありません。

> 「無ければ努力して作る」というのは自然なことだと思うのですが
質問者さんのお考えは、至極ごもっともだと思います。

ただし、
> 思い出とは作るものではない、自然に出来るもの
というのは、「(自分は恵まれているから)思い出をわざわざ作る必要はない」と言いたいのではなく、「思い出を作る...続きを読む

Qモーツアルトの「第~楽章」ってどういう意味ですか?

クラシックの知識はゼロなのですが、
初めてクラシックのCDを買いました。
モーツアルトです。

モーツアルトはピアノ(今のピアノとは少し違うのかも知れませんが、、、)を弾く人だと思っていましたが、
一番ポピュラーだと思われる
「アイネ・クライネ~」でさえ、
ピアノではなくバイオリン?っぽい音ばかり聞こえます。
その他の曲もそうです。
楽譜はピアノで作ってるのではないのでしょうか?

なぜバイオリンっぽい楽器で演奏されているのですか?


また、第~楽章など、タイトルの後によくついていますが、
「アイネ~~第1楽章」以外にも
第2、第3楽章と続いていくのでしょうか?

知ってる人にはかなりばかばかしい質問かも知れませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

モーツァルトは演奏家兼作曲家と思った方がいいですね。モーツァルトが生きていた時代(フランス革命の前)は作曲家という確立した職業はなく、演奏が出来る人が作曲も出来るという感じでした。もちろん、自分の作った曲(それ以外)を指揮するのも兼ねていました。
作曲作品にはピアノ曲、器楽曲(弦楽器、管楽器)、声楽曲、オペラ、合唱曲があります。

>「アイネ・クライネ~」でさえ、
>ピアノではなくバイオリン?っぽい音ばかり聞こえ>ます。
>その他の曲もそうです。
>楽譜はピアノで作ってるのではないのでしょうか?
モーツァルトが作ったオリジナルは弦楽合奏曲で、後世の人がピアノ曲に作り直しているのです。
他の曲も指定された楽器(曲が作られたときに演奏された楽器)で
peace_noaさまが購入されたCDはオリジナルの楽器の通りに演奏されたものが録音されているのではないでしょうか。
他の方も言われていますが、モーツァルトは書きたい時に書いたわけではなく、依頼者から依頼されたので作ったという曲が多いです。(今の社会では、何とかの企画書を作れといわれてパソコンで作成するようなものでしょうか)それを作曲して、サロンなどで演奏してお金をもらっていました。
自分が演奏するときもありましたし、依頼者が演奏するときもありました。依頼者がフルートが吹ければ、フルート協奏曲を書いたのです。
まあ、あまりマジメに仕事をする人ではなかったらしく、先週のA貴族のところで演奏したフルート協奏曲を、今週はB貴族のところで調を変えてクラリネット協奏曲として演奏したという話も残っています。依頼者は怒って報酬をくれなかったとお父さんへの手紙に書いてあります。

ショパン=ピアノの曲というイメージが強いと思います。「子犬のワルツ」、「別れの曲」これらは全部ピアノ曲として作曲されています。
マーラーやブルックナーといえば交響曲というイメージが強いでしょう。
彼らの音楽は「複雑でスケールの大きい」ものという気がしませんか?
一度CDを聞いてみればわかると思いますが(CDの裏を見たら演奏時間が書いてあります)、交響曲を1回聴くと40分~50分かかります。
編成もフルオーケストラというのが多いです。
聴く方も大変ですが、書く方も何年もかけて1つの作品を書き上げます。
逆に、モーツァルトの交響曲を聴くと、全部聞いても20分くらいで終わります。

モーツァルトの時代はピアノ(フォルテピアノ)は今のピアノよりもほど遠く、鍵盤の数も少なく、大きな音は出ませんでした。強弱もつけるのが難しく、大ざっぱに「大きい」か「小さい」しか出来ませんでした。
(今のピアノの鍵盤の数になるのはその後のベートヴェンの時代です)
また、楽器も「古楽器」と呼ばれるもので、金管楽器は少なく(トランペットくらい)、1曲演奏し終わると、最初ドの音だったものがシの音になってしまうような不安定なものでした。
また、演奏する場所もホールなどの大きい空間ではなく、サロンと呼ばれる、ホテルの小広間くらいでした。音楽は王侯貴族を対象にしていたものでした。

それがフランス革命以後、聴衆は一般大衆に変わっていき、楽器も改良され、曲自体が前の時代の人を超えろというように、大きくなっていったのです。
ですから、ピアノ曲だけを書き、それを極めるという風潮になっていきました。(まあ、どの作曲家も作曲の勉強をはじめた初期の頃は色々なジャンルの曲を書いていますが)
ショパンは繊細だった為に、ダイナミックな曲(交響曲)が作れなかったと言われています。

楽章は他の方も言われていますが、編成・区切りですね。
曲にもしきたりがあり、ソナタとついたものはたいていが3楽章と決まっています。
第1楽章は速いテンポ、第2楽章はゆっくり、第3楽章は速く…という風に


長々と書きましたが、参考までに…

モーツァルトは演奏家兼作曲家と思った方がいいですね。モーツァルトが生きていた時代(フランス革命の前)は作曲家という確立した職業はなく、演奏が出来る人が作曲も出来るという感じでした。もちろん、自分の作った曲(それ以外)を指揮するのも兼ねていました。
作曲作品にはピアノ曲、器楽曲(弦楽器、管楽器)、声楽曲、オペラ、合唱曲があります。

>「アイネ・クライネ~」でさえ、
>ピアノではなくバイオリン?っぽい音ばかり聞こえ>ます。
>その他の曲もそうです。
>楽譜はピアノで作ってるので...続きを読む


人気Q&Aランキング