現在関東で家を新築中です。
HMの2×4、高気密住宅仕様です。
冬は灯油ストーブで寒さをしのごうと思っていたのですが、
戸建は寒い、リビングはガスファンヒーターのほうが温かくなるしいいのでは?と友人からアドバイスをもらいました。
ちなみにリビングは1Fで、冬は数時間しか日が入りません。
全館空調は付けておらず、エアコンは夏しかつけない主義です。

高気密住宅でも、やはり冬場は寒いのでしょうか?
灯油ストーブよりガスファンヒーターのほうがいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

2×4工法とは? 元々が「高気密」にしやすい工法なのですが、


「高気密」と「高断熱」は別物ですから
両者は分けて考えてくださいね。

「高断熱化」すれば、おのずと「高気密」近づいて行くのですが
「高気密」だけを求めても「高断熱」にはなりませんので。

まずはあなたの家がどの程度の「断熱性能」なのか?
尺度としてQ値(熱損失係数)と言う「数値」があるのですが、
今の新築中の家はどのくらいのQ値になっていますか?

関東地域であればQ値=1.50以下であれば、真冬でも太陽光が
室内に差し込めば、ほぼ日中の暖房は「不要!」で暮らせますよ。

例え日差しが入らなくても、Q値が高ければ室内の家電製品からの
排熱だけでも「暖かく暮らせます」ので、
「補足」があれば「追記」が可能です。
    • good
    • 0

<しっかり設計施工された>高気密、高断熱住宅は一度暖められたら、暖かさが持続します。



24時間換気は勿論、熱交換式のものにして下さいね。

断熱性さえ高ければ、灯油ストーブでも問題ありません。結露は内外の温度差で現れる物ですが、しっかり断熱されていれば、部屋の壁等の表面が冷たくならないので結露は起こりません。
勿論、床下も断熱材が入っているので、結露しません。

ガスヒーターは確かに便利だし、暖かいですが、使う空気が大量に必要です。当然換気は必須です。
このための換気扇も熱交換式にして下さい。灯油ストーブもファンヒーターは排気で暖めているようなものですから、条件は同じです。
    • good
    • 0

他の回答にありますけど、「高気密住宅」であっても、暖房(熱源)がなければ、冬場が寒いのは当たり前です。


また、暖房(熱源)があったとしても、「高断熱」仕様でないと、暖かさが逃げて不経済になったりします。

ネットや書籍を読むと、高気密高断熱住宅は、全館空調システムとセットでないと快適にはならないようです。
そして、灯油ストーブ・ガスストーブを高断熱住宅で使うのは厳禁だと思います。
まあ、経済性からいっても、暖房なら、灯油ストーブよりエアコンのほうが経済的だといいます。

ちなみに、私の自宅は、関東で、家は高気密高断熱仕様ではないと思いますけど、冬場、エアコンで十分暖かく、安全性や灯油買出しの手間もなくいいですよ。
灯油ストーブもありますが、使うことはありません。
    • good
    • 0

関東南部の同じ地区に


 (1)新築戸建(2x4、南西向き、日当たり3時間)
 (2)築5年マンション(南東西角住戸、日陰なし)
を所有((1)は売却、(2)が現住居)。

(1)戸建 暖房はエアコンでしたが、真冬はなかなか温まらず、結局暖まり切りませんでした。
 朝方エアコンを入れる直前の室温はこの時期で8℃くらい(外気0℃時)
 夜中は敷布団が薄いと寒くて目が覚める。マットレス必須。

(2)マンション 晴れた日はエアコン不要です。そこそこ高層階なので日陰なし。
 南東と南西に窓があり、朝イチから夕方まで室温は25℃くらい。この時期の朝方は室温16℃。
 夜中は戸建ての時に使っていた布団一式では寝汗をかくくらい。

やっぱり戸建ては寒かったなあというのが感想です。
    • good
    • 0

高気密住宅に住むなら「エアコンは夏しかつけない主義」を改めた方が良いです。



逆に主義を貫くならば、高気密住宅にしないで、石油ストーブをガンガン炊く生活が合っています。

とはいえ、高気密住宅には計画換気(=機械換気)設備が付いているので、これをフル回転させれば、室内で石油ストーブを使っても、死にはしません。

ファンヒーターの方が石油ストーブよりも暖かいというのはガセネタです。
ファンヒーターは空気を撹拌しますので、室内温度全体が低い時には”涼しい風”が当たって寒く感じる事があります。
その点、反射式の石油ストーブならば輻射熱を利用しますので、ポカポカと暖かく感じるものです。

暖かさを取るか、きれいな空気を取るか、の選択ですね。

加えて注意しないのは、石油ストーブは水蒸気を大量に発生します。
この水蒸気が結露となって、最悪の場合は、壁体内結露として壁の中を湿らせ、2x4の木材の腐朽(=腐ること)を促進してしまいます。
くれぐれも換気に注意しましょう。
    • good
    • 0

どのような造りの住宅であっても冬場は寒いのは当然です。


ただし2X4住宅を代表するするような高気密高断熱住宅は若干寒さの程度が違います。
特に一旦暖房をつけて部屋の温度がある程度上がった頃に暖房を止めても、しばらくしても温かさは持続します。
戸建が寒いなどというのはいつの時代の話かとご友人に言ってやって下さい。

それと高気密住宅は基本的に火を使った暖房を使用する事ができません。
灯油もガスも使えません。
どうしても使いたければこまめに換気する必要があります。
定期的に換気して部屋の温度を下げるのならば高気密住宅でないほうがいいでしょうし、せっかくの暖房がなんの意味もなさなくなります。
多少高額ではありますが、暖房機能を重視したエアコンがお勧めです。
というよりも通常は選択肢はほとんどありません。
    • good
    • 0

高気密高断熱住宅が暖かいのは暖房時にエネルギーロスが少ないからです。

暖房しなければ暖かくなりません。日光が一日中差し込むのは真南の建物です。高気密高断熱住宅でなくても、その家は暖房しなくても晴れた日は一日中暖かいです。
LOW-Eペアガラスの窓辺は暖かくないです。赤外線がカットされるからです。しかし、これでないと夏暑いのは建物に深い軒先が無いからです。冬場の太陽光の角度は夏至で約30度です。深い軒があっても室内深く日光が入り込みます。
高気密高断熱住宅には床暖房が最適です。特に高気密の建物は燃焼させると水蒸気が発生し、それが結露して建物が腐ってきます。
    • good
    • 0

寒いのは一緒ですよ。


隙間風が入るか入らないかくらいの違いですから。
窓からの放熱もあるし。

ただ、ファンヒーターなら暖かくて、ストーブでは寒い。というのはないてす。
原理は一緒ですよ。
風が出るか出ないかだけだし。
どうしても対流して暖かい空気を回したいなら、扇風機でも回せば十分です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高気密高断熱住宅のガラス選び

木造軸組の外張り断熱で新築中です。
高断熱高気密の家を目指していて、いろいろな本を読むと、ガラスはLow-E膜の複層ガラスがいい、とあります。ところが、うちの設計士さんのお勧めは、1階のリビングとダイニングの南向きの大きな窓には、セントラル硝子の防犯ガラスであるハイレンド30でした。確かに防犯は重要なので一理ありますが、このガラスの断熱性能はどうなのでしょうか?ホームページには書いてなく、これでも高断熱になるのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問のハイレンド30は、単なる防犯合わせガラスの商品名ですから、これだけでは高断熱にならず、高断熱にするには、ペアガラスなどを組み合わせる必要があります。

防犯合わせガラスの防犯グレードは、中間膜の材質もありますが、主には厚さによって変わってきます。
こちらを参照ください。
http://www.keyland.org/sub19.html
ハイレンド30の中間膜30ミル(約0.8mm)の厚さの場合、最も低レベルな防犯性能ということになり、アメリカの防犯基準に達していません。
中間膜60ミル(約1.5mm)との価格差は、僅か1割程度しか無いようですから、60ミルのものを選んだ方が良いでしょう。

一方、ペアガラスの断熱性能は、空気層の厚さが同じとすれば、
ペア<ペアLow-E(遮熱または断熱)<アルゴンガス入りペアLow-E(遮熱または断熱)
となります。
高断熱を望むならペアLow-E以上が必須でしょう。
(冬の日射熱取得を考えると南面だけは遮熱Low-Eより断熱Low-Eの方が良いと思います)

拙宅では、60ミルの防犯合わせガラスにアルゴンガス入りペアLow-Eのガラスを使用した木製サッシとアルミ樹脂複合サッシ(風呂)を使用しています。
風呂のアルミ樹脂複合サッシ(日本製)の熱貫流率(フレームとガラス合わせて)は、2.33W/m2K(小さいほど熱損失が少ない)です。この値は、断熱材の入った壁の熱貫流率より一桁大きいことからも分かるように、冬には窓から非常に多くの熱が逃げます。拙宅では、家全体の表面積の1/10くらいの窓が、家全体の熱損失の1/4を占めている計算になります。また、実際、関東の気候であっても、窓からのコールドドラフトを強く感じます。
北欧のサッシなどではトリプルガラスなど1W/m2K前後のものもあるくらいです。高断熱を望むなら、出来るだけ熱貫流率の低いサッシを選ぶことが重要でしょう。

ご質問のハイレンド30は、単なる防犯合わせガラスの商品名ですから、これだけでは高断熱にならず、高断熱にするには、ペアガラスなどを組み合わせる必要があります。

防犯合わせガラスの防犯グレードは、中間膜の材質もありますが、主には厚さによって変わってきます。
こちらを参照ください。
http://www.keyland.org/sub19.html
ハイレンド30の中間膜30ミル(約0.8mm)の厚さの場合、最も低レベルな防犯性能ということになり、アメリカの防犯基準に達していません。
中間膜60ミル(約1.5mm)との価格差は...続きを読む

Q2×6なのに寒い(高気密住宅について)

毎々お世話になっております。
この度新居が完成し引越しも済み暮らし始めているのですが・・・とにかく寒くてつらいです!
2×6にロックウール、ペアガラス、断熱玄関ドアなので「機密性バッチリ、冬でも暖かいよ」と聞いていたのですがさっぱりです。

キッチン、LD、和室とオープンつながりでしきりがない20帖程で、リビングの上4.5帖は2階まで吹抜けにしているので、そのせいで暖まらないのでしょうか?
現在、ガスファンヒーターで暖を取っており、ヒーターの前は温かいのですが、キッチンや和室は冷え冷えしています。エアコンなら変わるでしょうか?
しかも、玄関からリビングへつながるドアの下の隙間から冷気入り込んでいるのが体で感じられます。玄関やそこからつながる階段は現在でも寒くていられません。
玄関の気密性が悪いのでしょうか?
一度部屋を温めたら朝まで温かさが持続すると聞いていたのに、全く暖房がとめられない状態です。
2×4で建てられた方、冬でも暖かいですか?
どのような原因が考えられますでしょうか?ご意見いただければと思います。よろしくお願いします。
ちなみにC値、Q値は測定していません。南関東在住です。
リビングは南側ですが今は前の家の影で1階にはあまり日が差しませんが吹抜けの窓から陽が入ります。
玄関は西北の角にあります。

毎々お世話になっております。
この度新居が完成し引越しも済み暮らし始めているのですが・・・とにかく寒くてつらいです!
2×6にロックウール、ペアガラス、断熱玄関ドアなので「機密性バッチリ、冬でも暖かいよ」と聞いていたのですがさっぱりです。

キッチン、LD、和室とオープンつながりでしきりがない20帖程で、リビングの上4.5帖は2階まで吹抜けにしているので、そのせいで暖まらないのでしょうか?
現在、ガスファンヒーターで暖を取っており、ヒーターの前は温かいのですが、キッチンや和...続きを読む

Aベストアンサー

 pi-zuさんの住宅設計が完璧にスペック通りに仕上がっているものとしてお話させて頂きます。
高気密、高断熱の家ってよく言われるように
『魔法瓶のような家』です。
 魔法瓶にお湯を入れないと暖かくならないように、熱源が無ければ外気と同じで当然寒いです。
 住宅の快適設計には、住宅そのもののスペックはもちろんのこと、空調、暖房計画は必須です。
 換気に関しても、第一種換気~様々な形態があります。(下記URL参照)
 せっかく室温が高くても外気がそのまま入ってくる第三種換気では換気による熱損失は、全体の20~40%になるとされています。
 高気密、高断熱の家では熱が逃げにくい点を利用した『暖房の連続トロトロ運転』が望ましい暖房方法です。北海道などの住宅でもお出かけモードとして、一冬暖房をつけっぱなしにしています。
 箱(容積)にあった暖房計画をされるのが良いと思いますよ。
吹抜けにはシーリングファンなども間接的ですが効果ありです。

参考URL:http://www.sekisuiheim.com/policy/04/kenko_kanki_1.html

 pi-zuさんの住宅設計が完璧にスペック通りに仕上がっているものとしてお話させて頂きます。
高気密、高断熱の家ってよく言われるように
『魔法瓶のような家』です。
 魔法瓶にお湯を入れないと暖かくならないように、熱源が無ければ外気と同じで当然寒いです。
 住宅の快適設計には、住宅そのもののスペックはもちろんのこと、空調、暖房計画は必須です。
 換気に関しても、第一種換気~様々な形態があります。(下記URL参照)
 せっかく室温が高くても外気がそのまま入ってくる第三種換気では換気に...続きを読む

Q断熱ガラスコーティング

現在、我が家(マンション)のガラス窓を寒さしのぎのため、Loe-Eの断熱ガラスにしたいと検討中でいろいろネットで勉強しているところです。

しかし、Low-Eペアガラスってすごく高そうです。
我が家の全部屋(南にハイサッシ3枚、西にサッシ2枚、北にサッシ2枚)を全部Low-Eペアガラスに変えると50万じゃきかないんじゃないかと思い、ブルーにすらなります。

それでもなんとか安く、断熱効果を得る方法はないかとネットで調べた結果、「断熱ガラスコーティング剤」なるものを発見しました。

http://www.iwami.or.jp/tnktoso/kandan/

ただ、教えてGOOのサイトで「断熱ガラスコーティング剤」を検索してもヒットしないんです。
窓のリフォームとしては安かろう悪かろうで論外ということなのでしょうか?

自分でも工務店に問合せはしようかとは思っているのですが、「断熱ガラスコーティング剤」についてご存知の方、できればデメリット等について教えてください。

ちなみに、神奈川県川崎市在住です。

Aベストアンサー

こんにちは。

このての商品って眉唾なんですよね。
以前から車の窓に塗るタイプもございまして試しま
したが夏場の刺す様な日差しはカット出来たかな?
くらいで冬場は全く変わらないのですよ。

あと施工後の手入れ問題やらで結局汚くなり酷いも
のでした。(物が歪んで見えたりして)

我が家の場合西日対策で簡単で施工できる同じ様な
商品を調べてもらったのですが(建築会社に相談し
ました)同じ様に”眉唾でしょうねぇ~”でした。
それであればホームセンターなどで安売り時に熱線
&UVカット&断熱のフィルムタイプを貼る方がお得
ですよと監督さんにこっそり教わりました。

この貼るタイプも”断熱効果”をうたっております
が同じ様に冬の寒さの方が勝るので全く効果無しで
した。逆に夏場は強烈な日差しの西日をカットして
くれるので(はっきりと体感出来ます)お勧めです
ね。コストも安いので。

コストの問題もありますが私だったらもう少し我慢
して(お金を貯めて)ペアガラスに変えますね。

我が家もコツコツと貯金して昨年冬に全て換えまし
たが「あ~早くこうしておけば良かったぁ~」と
今年改めて思いしめております。
あとガラスだけでなくサッシも断熱仕様にしなければ
意味が無いそうなのでご注意を。

ちなみにヒートアイランド現象で暖かい大阪北部在
住です。

こんにちは。

このての商品って眉唾なんですよね。
以前から車の窓に塗るタイプもございまして試しま
したが夏場の刺す様な日差しはカット出来たかな?
くらいで冬場は全く変わらないのですよ。

あと施工後の手入れ問題やらで結局汚くなり酷いも
のでした。(物が歪んで見えたりして)

我が家の場合西日対策で簡単で施工できる同じ様な
商品を調べてもらったのですが(建築会社に相談し
ました)同じ様に”眉唾でしょうねぇ~”でした。
それであればホームセンターなどで安売り時に熱線
&UVカッ...続きを読む

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Q防犯ガラスの断熱性

一戸建て住宅で防犯ガラスにするかペアーガラスにするか考え中です。防犯ガラスはガラスの間に樹脂膜があり防犯性だけでなく断熱性もあると思います。ペアーガラスはあまり防犯性能が期待できないので、むしろ防犯ガラスのほうが一戸建て住宅にはいいのではと思いますが専門家や防犯ガラス設置経験のある方のご意見を賜りたいです。
特にお聞きしたい点は防犯ガラスの断熱性で、東京で厳冬期にどの程度結露するのでしょうか。

Aベストアンサー

それはメーカーとレベルによるので一概には言えません。
http://bouhan-glass.jp/pair/seino/
あるメーカーの比較があったので載せます。
これによれば6.8の防犯ガラスじゃ単板と変わらないってことになります。
ただの空気層ペアガラスの方がおよそ半分の熱貫流率ですので比べ物にならない位の効果があります。
ペアガラスの場合の防犯効果は「めんどくさい」だけで時間稼ぎです。
人目につかない窓に効果は低いでしょうからそれは設計やクレセントが見えないサッシなど他で工夫するしかないでしょう。

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)

Q遮熱、または、断熱Low-Eペアガラスについて

Low-E複層ガラスについて質問です。

遮熱Low-Eガラスは、直射日光の当たる窓以外では、
あまり効果が発揮されないものなのでしょうか?

直射日光が当たらない窓の場合、
(例えば、東側および西側の隣家との隙間が約1mの場合)
冬季の冷却を防ぐことを優先させて、
断熱Low-Eガラスにしたほうが快適に過ごせるでしょうか?
(京阪神地区の場合)

よろしくお願い致します。

■遮熱断熱 複層ガラス
http://www5.mediagalaxy.co.jp/centralglass/pdf/024_027.pdf

■高断熱 複層ガラス
http://www5.mediagalaxy.co.jp/centralglass/pdf/028_030.pdf

Aベストアンサー

>遮熱Low-Eガラスは、直射日光の当たる窓以外では、あまり効果が発揮されないものなのでしょうか?
遮熱タイプは日光による熱の入射をさえぎるためのものです。
同一構造であれば基本的に断熱性には違いはありません。日光が入らないのであれば”あまり”ではなく遮熱の効果は全くありません。なにかその窓に対して太陽の反射光でも差し込むというのであれば別ですが。

>冬季の冷却を防ぐことを優先させて、断熱Low-Eガラスにしたほうが快適に過ごせるでしょうか?
そういうこともありません。断熱性の性能は遮熱でも断熱でも構造が同じであれば基本的に同じです。

ただですね。ご質問にあるURLのカタログでは、遮熱断熱複層ガラスの方にだけ中空層が空気ではなくガスのものがありますよね。それが一番断熱性があります。
「熱貫流率」というところを見てください。この数字が小さい方が断熱性が高いです。

あと中空層が空気の場合の遮熱断熱タイプだと膜の性能がいまいちのようで、単なる断熱タイプの方が性能がよいですね。ご質問にあるカタログの範囲での話ですが。

Q高気密高断熱住宅の冷暖房

高高住宅にお住まいの方、計画中の方、皆様は冷暖房はどのようにしていますか??

コスト、快適さ、メリット、デメリットなどなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

macha99さん,こんにちは。

高高にすんでいますが,もしそのような家を検討されているのであれば,間取りはオープンにして下さい。
あと,窓の大きさや配置位置なども方位等考慮して十分に検討して下さい。その理由はご質問である…
>コスト、快適さ、メリット、デメリットなどなんでもいいので教えてください。
に影響するからです。

まず,パブリックスペース(リビング・ダイニング・和室等)を可能な限りオープンにすることによって,エアコンの設置台数を減らすことができます。
それによって,ランニングコストがかからなくなります。
また,窓からの日射対策を行うことにより,夏のエアコンのランニングコストがかからなくなり,それと同時に快適性が得られます。
部屋は大きく使えることができ,今までの生活とは比べものにならないくらい,違った生活パターンになります。
私の実家は昔の低低住宅ですが,夏でも冬でもエアコンをかけるのは1部屋だけで,この部屋から出られません。
しかし,私は高高にすんでいるので,1階に1台だけエアコンを設置しています。
窓等の日射対策を行ったため,4.5~6畳エアコンで60畳ほどの面積を冷やすことに成功しました。
設定は28℃にしています。それより低くすると寒くて夜ねられません。
あとそれとエアコンは24時間連続運転の方が財布にやさしいです。
我宅は6月上旬から10月上旬まで毎年エアコンのスイッチを切ったことがないですが,それでもオール電化仕様で1ヶ月の電気代は9,000円を切ります。
冬もエアコンは付けっぱなし状態です。
11月上旬~4月中旬までです。
それに蓄熱式暖房機を補助暖房として使用しているので,それも60畳オープンな生活で暮らしています。
その期間の平均電気代は13,000円を切ります。
とにかく,今までの住宅がうそのような生活スタイルになることが高高の魅力です。
しかし,高高と言っておきながら,実はそんなにたいしたことがない業者が多いのは事実なので,十分検討してからお決めになってください。
大手メーカーがその流行に飛びついて,どこも高高出していますが,私から言わせれば,高高ランクは中の下くらいの採点しか付けられません。
もっとがんばって欲しいところです。

No1さんが言われている
>これから建てるのであれば小屋裏の熱対策をしっかりと。
>棟換気が一番かと。
小屋裏が熱いと2階の部屋の冷房が効きません。

は外断熱として屋根で断熱すれば,小屋裏も住居空間として使えるので,熱対策の必要はありません。

macha99さん,こんにちは。

高高にすんでいますが,もしそのような家を検討されているのであれば,間取りはオープンにして下さい。
あと,窓の大きさや配置位置なども方位等考慮して十分に検討して下さい。その理由はご質問である…
>コスト、快適さ、メリット、デメリットなどなんでもいいので教えてください。
に影響するからです。

まず,パブリックスペース(リビング・ダイニング・和室等)を可能な限りオープンにすることによって,エアコンの設置台数を減らすことができます。
それによって,ラン...続きを読む

QUVカット断熱グリーンガラスとUVカット断熱フィルムの違いについて 。

UVカット断熱グリーンガラスとUVカット断熱フィルムの違いについて 。

現在、新車を購入して納車待ちです。
それを知った知人から安くするからUVカット断熱フィルムを貼らせてほしいと言われ
ました。


カタログの装備一覧表を見ると、
【UVカットグリーンガラス(フロント)】
【UVカット断熱グリーンガラス(フロントドア)】
と書かれているので一度断ったのですが、「今の車には、そういったガラスがだいたい
使われているけど、フィルムを貼らないと99%カットは出来ないよ」と言われました。

実際は、どうなのでしょうか?
効果があるのならやりたいのですが、元々ある機能にやっても意味がないのなら、わざわ
ざお金を出してやりたくないと思っています。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

良い点
99%カットできるかどうかは知りませんが,UVカットガラスだけの場合と,さらにウィンドウフィルムを貼った場合とでは,太陽光があたったときの腕の暑さの感じ方があきらかに違いますよ。
また,フィルムを貼る事により,エアコンの効きが今以上に良くなる可能性が大です。

悪い点
運転席・助手席横のウィンドウの透過率は70%以上必要なので,グリーンガラス+フィルムで70%に満たなくなる可能性があり,その場合,運輸局の検査官又はディーラーの整備士にフィルムを貼っていることを気付かれると車検に通らなくなります。その場で剥がせばパスしますが・・・。

私の場合,9年前にフィルムを貼った時点では70%をクリアしていました。しかし9年目,車検証の記載事項変更のため,運輸局の検査場に持ち込んだところ,検査で65%とのことで泣く泣くその場でフィルムを剥がしました。
9年間で,のりの成分及びフィルムの変質,フィルムに付いた細かな傷が,透過率を落としていた模様です。フィルムを貼ることは良い点もあれば悪い点もあるので,自分でフィルム貼りができれば材料費だけですみますが,プロに貼ってもらうとお金が掛かるので,車検のときに剥がさざるを得なくなるともったいない話です。

ただ,フィルムは効果があることは確かだと思います。

写真は,陸運局でフィルムを剥がしているときの写真です(泣)
透明なフィルムだったんですがね~

良い点
99%カットできるかどうかは知りませんが,UVカットガラスだけの場合と,さらにウィンドウフィルムを貼った場合とでは,太陽光があたったときの腕の暑さの感じ方があきらかに違いますよ。
また,フィルムを貼る事により,エアコンの効きが今以上に良くなる可能性が大です。

悪い点
運転席・助手席横のウィンドウの透過率は70%以上必要なので,グリーンガラス+フィルムで70%に満たなくなる可能性があり,その場合,運輸局の検査官又はディーラーの整備士にフィルムを貼っていることを気付かれる...続きを読む

Q高気密高断熱住宅で

・高気密高断熱住宅はいったん暖めるとさめにくいので、例えば24度まで暖まってから暖房を消しても寒さを感じないのでしょうか?たとえば8時間くらい。Q値が2,0と1.0では暖房費が2分の1ということでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

拙宅はQ値:1.5(計算値)、C値:0.1(実測)です。
暖房は灯油ボイラーによる温水セントラルです。
場所は北海道ですので、-10℃以下の朝もざらです。

「冬でも家の中ではTシャツ1枚」の北海道ですが、
セントラルに慣れると24度にまで室温を上げることは無いです。
暖房時でほぼ20~21℃ぐらいで充分です。(水温は45℃に設定)
暖房は24時ぐらいで切り、朝5時くらいにタイマーで炊き始めます。
5時間で3~4度程度室温が下がります。

24時間換気ですので、この間2.5回以上部屋の空気が入れ替わっている筈で、
第3種換気で、外気がそのまま入ってきている割には室温は下がらず、
「暖めると冷めずらい」とはいえると思いますが、
「暖房を消しても寒さを感じない」というより、実際室温が下がりません。

Q値は熱損失係数のことで、家の内部と外気の温度差を1℃としたときに、
窓・玄関・床・壁・天井・そして隙間などを通じて、家の内部から外へ逃げる、
時間当たりの熱量を、床面積で割ったものですが、
係数が半分になったからといって、暖房費が半分になるかというのは、
そうとも言い切れない部分もありますので、一概には言えないように思います。
また、Q値はほとんどが机上の計算値ですので、
家全体の断熱性能の「目安」程度に考えたほうが良いかもしれません。

こんばんは。

拙宅はQ値:1.5(計算値)、C値:0.1(実測)です。
暖房は灯油ボイラーによる温水セントラルです。
場所は北海道ですので、-10℃以下の朝もざらです。

「冬でも家の中ではTシャツ1枚」の北海道ですが、
セントラルに慣れると24度にまで室温を上げることは無いです。
暖房時でほぼ20~21℃ぐらいで充分です。(水温は45℃に設定)
暖房は24時ぐらいで切り、朝5時くらいにタイマーで炊き始めます。
5時間で3~4度程度室温が下がります。

24時間換気ですので、この間2.5回以上部...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング