QAコラム第01弾配信中!

平成24年11月盲腸の手術で入院しました。1週間後、体調も良く通常退院なのに主治医に「腹部のドレーンをまだ外せない、あと2か月入院」と言われました。ところが回診に回ってくる医師達はこのドレーンを要らないと言います。そうなればすぐ退院です。患者の権利があるので、主治医を変えるよう要請しました。主治医に話してくれるという医師もいましたが、病院側から2度に渡って拒否されました。外科部長に至っては「我儘言ったらキリがない」と。2か月の入院と1週間の入院は相当違いがあり、医療費の水増しか主治医の実験以外に考え付きません。その事があって、主治医の暴言が酷くなり後半は点滴も投薬も無く、検査に引っ張り出され管の付近に麻酔注射をしては腹部を金属で引っ掻き回され、造影剤を入れられ(アレルギーが有る)被ばくさせられ、手を動かそうものなら大声で怒鳴られました。
具合はどんどん悪くなり、このドレーンを抜くころには当然腸に癒着してしまった管をバリッと大きな音と共に剥がされ激しい痛みと熱で七転八倒しました。痛みのあまり点滴を要求すると、筋肉注射ならいいよとの事。悔しくて断りました。毎日毎日恐ろしさと悔しさで泣きました。1年が過ぎた今でも夢にうなされ怒りが込み上げます。病院の医事科は患者の権利でも希望に添えない事があると言います。
それでは病院の入り口に大きく掲げる必要は無いと思いますが…。この主治医は他の病院に移りましたが何か制裁を与える方法はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足を読みました。

指摘の文言は「リスボン宣言」ですね。世界医師会が公表した患者の権利の原則の改訂版の和文訳ですね。

日本では未だ患者の権利に関する法律はなく,法的根拠を持った権利というものはありません。医療関連する医師法や医療法などで規定されるものが権利として対応しています。
さらに,保険診療においては健康保険法とそれに付随する法律による義務と権利が規定されています。

現実問題として医療現場では,先に回答した通り,「質問者さんは病院を選ぶ権利がありますが,主治医を決める権利はありませんので,病院側に依頼することは可能ですが,病院は拒否する権利を持ちます」という保険診療の原則の下で動いています。
この保険診療の原則を外れた場合,すなわち自由診療を選択した場合,リスボン宣言のごとく,「患者は民間,公的部門を問わず,担当の医師,病院,あるいは保健サービス機関を自由に選択し,また変更する権利を有する」も可能となるでしょう。
日本の法律は,質問者さんに保険診療を受けるという権利を保障すると同時に,いくつかの他の権利を制限しているのです。これがこの国の医療制度です。法律で権利を保障することと制限することは表裏一体です。
日本医師会もリスボン宣言に準拠して,患者の権利をうたいながらも医師の権利を訴える団体です。相互の権利を折り合いつけつつ,保障/制限し合うという結果になっていると思います。
また,世界各国の医療制度を見ても,公的保険サービスを利用した医療で,リスボン宣言の権利を完全に保障している制度は聞いたことがありません。ホームドクターへの受診が必須という国は未だ多く,自由選択の制限は一般的な国が多いです。

結局のところ,質問者さんと僕との「『患者の権利』の根本的な解釈」に違いがあることは同意見ですが,質問者さんの解釈する権利にはなんら法的根拠はなく,リスボン宣言などで提唱された概念,努力目標でしかないということはご理解いただければと思います。そしてその中でもより重要なものから順次,法制化されているのが世界の現状と言えると思います。

この回答への補足

遅くなりましたが記憶を辿って補足します。
☆入院した病院の外科は当時7名程の外科医がいてプロフィールによると皆消化器学会の医者でした。殆どが同じ大学からの派遣で外科部長、一級医師~医長、ただの医師(一名のみ)とランク付けがしてあり初診は一級医師でしたが手術が先まで詰まっているとの事で一番下の若い医師が主治医となりました。その際一級医師も途中手術を診に入るとの事でした。つまりこの一級医師の指導の下、治療が始まったのです。
☆ドレーン不要と言った医師達は消化器外科の、少なくともこの主治医よりはランク上の医師達であり、腹部の膿の状況が解からないほどヤブとは思えません。
☆また私が直接替わって欲しいとお願いして応じてくれた医師は、後に私が「先生替わってくれなかったですね」と言ったところ「自分は4番目で何も言えない」と暗に上からの圧力があった事を吐露しました。
☆2回目の外科部長との話し合いでは第一声は上記のとおり。そして主治医が一番良く患者を判っているからと言う一方で、(カンファレンスと言うのか)外科医全員で一人一人の患者を診ているとも言いました。そして自分も一緒に診て11月中に退院させるという事でした。この時点で私には3人の医師が付きました。ここからは推測ですが外科部長はこの一級医師に気を遣い、また患者からの要望があり2か月入院の真ん中を取ったと思うのですが……。
☆具合がどんどん悪くなったと書きましたが、47キロの体重は34キロになり友人が見舞いに来ても起き上がれない時もあり、家族も疑問を抱き出しました。看護師に「何をされるか判らないから検査には医師を一名付けてくれ」と頼み、結局看護師が一名付くことになり、ドレーンを剥がした検査でも看護師は一部始終を見ていましたし、顔に架かった布を払い除けて怒鳴られた時も、彼女は私がやれば良かったと謝罪していました。
☆痛み止めの注射の件ですが、常日頃この主治医は熱が高ければ入院が延びる、また痛みがあれば入院が延びると脅してかかりました。ですから我慢の範囲ではなくとも静脈注射にしてとは言えず、言葉を引っ込めるしかなかったのです。
☆11月末が近づいても主治医は「耐性菌があって、帰って何かあったら自分が訴えられる」と半べそをかき、(この時も男性看護師に入って貰い彼も助け船を出してくれましたが)まだまだ入院と言っていました。外科部長は影形ありません。11月30日看護師長に「院長に言いつける」と言ったところ即日退院となりました。
☆一般的な検査と言う言葉がありましたが、ヨードアレルギーの患者には一般的ではありませんし検査時誤って傷口にイソジンを塗る主治医もお粗末です。
☆退院2週間後の血液検査ではばい菌は全く無いと言われました!?では一体ばい菌はいつ無くなったのでしょうか?そもそもあったのでしょうか?そう疑うと他の医師のドレーンが要らない発言が思い出されるのです。
☆若い医師の練習台にされハラワタが煮えたぎる想いで一年後悩んで医事課に謝罪要求しました。医事課の返事は医師が足りない、専門性と書いてきましたが、表立っての拒否ではありませんし、実際私の知り合いは他の病院で主治医を替えています。
☆患者の権利は法律ではありません。しかし日本医師会の力は私より回答者さんの方が良くご存じでしょう。

補足日時:2014/03/15 18:40
    • good
    • 1
この回答へのお礼

カルテをコピーして院内感染していることが分かりました。
私に知らせず入院を引き延ばしたようです。
有難うございました。

お礼日時:2014/04/19 16:55

補足を読みましたし,質問文をもう一度読みました。

が,やはり質問文にあるのは「患者の権利があるので、主治医を変えるよう要請しました。」の一文のみで,「患者の権利の中に選択の自由という項目」についての記載はありませんでした。
入院前であれ,入院中であれ,先に回答した通り,「主治医を選ぶことは患者の権利ではありません」し,「主治医を変えるよう要請」することは患者の権利ではありません。重ねて言いますが,「入院時手術の時も主治医の交替要求はしてい」ないといっても,手術後に「主治医を変えるよう要請」することは患者の権利とは言えません。

やはり,膿があったようですね。であれば,ドレーン抜去については多角的に判断すべきことです。特に術後膿瘍(膿がたまること)に関してはドレーン飲みで判断することは難しいでしょう。ドレーン不要と判断した医師がどういう根拠でそういう風に至ったのか,外科部長はそういう判断に至らず,「『我儘言ったらキリがない』と」質問者さんに回答するような判断に至ったのか。そのあたりはどうでしょうか。医学的な情報がない限り,主治医の判断が妥当なのか,「ドレーン不要」といった医師が妥当なのかは判断できません。そもそも当初の質問文には,膿について想像することはできる記載ですが,膿という記載はなかったので,質問文に「もう少し客観的で,冷静な事実が必要だと思います」と回答いたしました。

「検査前の準備中」といっても様々です。検査台の上なのか,医師の清潔操作が始まっているのか等々です。質問者さんがかるく「検査前の準備中」と認識されていてもそうではない状態というのもあり得ますので,客観性のある事実が欲しいところです。そもそも,これについては先の質問文になかった内容ですので,先の回答に至りました。

>この医者は病院内でもスタッフや患者から問題視されていると聞いていました。
伝聞内容ですし,恣意性の排除できない内容ですね。質問者さんが悪意を込めていないとしても,こういう内容を記載すれば,読み手には何らかの感情を抱かせて,客観的な判断をしかねる結果につながります。

>世の中を動かす民主主義の原則からしても他の医師たちの複数意見を取り入れ早期に退院していれば、検査その他不必要な苦しみを受けなくても良かったと思います。
治療は多数決でやっているわけではないですし,各医師の専門性や経験などに差があります。担当医とそうでない医師では,患者についてもっている医療情報に大きく差があります。このなかで多数決で治療法を決めていると,質問者さんは退院などできず,最悪死に至っている恐れもあります。同じ専門性,同じ経験,同じ医療情報であれば多数決もよいですが,そういう状態はまずあり得ないといってよいと思います。

長くなりましたが,やはり客観的で,冷静な事実が必要だと思います。

この回答への補足

回答者さんは医学知識も豊富で、ロクなことは無い(ロクな事とはどのような事か私には解りませんが)と脅すような表現方法も元主治医と似ているので、おそらく医療従事者かと思われます。
2回目の回答で感じたのですが、「患者の権利」の根本的な解釈が私とは違います。患者の権利を検索すると日本医師会が出している11の権利の2番目に選択の自由の権利、すなわち患者は民間、公的部門を問わず、担当の医師、病院、あるいは保健サービス機関を自由に選択し、また変更する権利を有する。とあります。今一度ご確認下さい。

補足日時:2014/03/03 20:05
    • good
    • 0

まず,主治医を選ぶことは患者の権利ではありません。

質問者さんは病院を選ぶ権利がありますが,主治医を決める権利はありませんので,病院側に依頼することは可能ですが,病院は拒否する権利を持ちます。自由診療で,診療を受ける前の契約段階で主治医を指名しない限り,保険診療上,主治医は病院が決めます。これが病院の医事科の言っている説明です。病院には「主治医は無料で指名できる」と患者の権利をうたっていないと思いますが,どうでしょうか。

また,質問文にある経過ですが,虫垂炎からの傷口のふさがりの悪さなどにより,おなかの中に膿がたまった時のもののように思えます。そういう場合には,膿がたまっている場所,すなわち膿瘍腔の造影などは一般的な検査であり,その検査中に手を動かすなどの予期せぬ行為は命取りであったり,検査に不備を生じたりすることがあり,怒鳴るように咎めることは主治医の性格によるかもしれませんが,わりとよくあることです。

暴言についても,質問者さんの一方的な見解だけでは判断も難しいと思います。

質問文にあるような状態での痛みどめの点滴も一般的ではなく,こういう場合は静脈注射か筋肉注射で対応することが多いですが,副作用や効果が出始める時期,効果の持続時間を考えると,筋肉注射はごく一般的な対応です。蛇足ですが,筋肉注射を断ったということで,医療者側には我慢のできる程度の痛みであり,質問者さんの都合で痛みどめを希望したが止めたという判断がされたと思います。ひどい言い方をすれば,質問者さんがわがままを言って,我慢できる範囲の痛みに対して,痛みどめを希望したともとれるものです。

いずれにせよ,「制裁」などと物騒な言葉を使っているとロクなことはないと思います。冷静に事実を積み上げて,弁護士を介した民事での対応しかできないと思います。質問文の内容を見る限りだと,この案件を受けてくれそうな弁護士はいないのではないかと思います。もう少し客観的で,冷静な事実が必要だと思います。

この回答への補足

回答有難うございます。まず文章をもう一度よくお読みいただきたいのですが、入院時手術の時も主治医の交替要求はしていません。1週間ほど経って他の医師達からドレーン不要と言われました。患者の権利の中に選択の自由という項目があります。それを根拠に要求しました。後に厚生労働省に問い合わせると、その為にセカンドオピニオンがあると言われました。転院すれば良かったのですが、その時は考えが及ばなかったのです。また確かに膿がありましたが、他の医師はドレーンの先の腹水から必要なしと判断した訳です。
また手を動かしたのは検査前の準備中であり全く怒鳴る必要の無い場面でした。この医者は病院内でもスタッフや患者から問題視されていると聞いていました。
世の中を動かす民主主義の原則からしても他の医師たちの複数意見を取り入れ早期に退院していれば、検査その他不必要な苦しみを受けなくても良かったと思います。

補足日時:2014/03/02 12:24
    • good
    • 0

現代国家では個人的制裁は認められません。



刑法違法の行為があれば警察に被害届をだすのが初めですが、警察が捜査を始めるかどうかは解りません。、お話された限りでは契約が果たされず苦痛を被ったという損害賠償事案で、民事訴訟の対象ではないでしょうか。その場合、弁護士と相談して、まずはカルテ開示を要求することになると思います。経費かかりますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。皆さん裁判をお勧め下さいますが、毎日多数の裁判が日本中で行われています。当事者同士で人知れず裁判が行われても、そして勝って雀の涙ほどの金銭を戴いたとしても高い弁護料に消えてしまいます。
制裁の方法は他にはないのでしょうか?

お礼日時:2014/03/02 12:30

ドクターハラスメントの多過ぎる近年


土屋医師は過労で倒れたらしいので
関係者の皆さんを探してください

本も出版されているようです

検索すると
ヤブ医者たちには内証で準備した方が良いそうです
妨害しようとする場合もあるので

協力者たちと一緒に頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。ゆっくりと時間をかけて対策を考えていきます。応援して下さる皆様がいらっしゃる事をうれしく思います。

お礼日時:2014/03/02 12:35

ドクターハラスメントという言葉の生みの親である


土屋医師のような人々に相談するか
医療裁判の知識のある一流の弁護士に相談するか

頑張って
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。土屋医師の事、恥ずかしながら存じ上げませんでした。相談に乗って戴けるかわかりませんが、行動に移してみます。

お礼日時:2014/03/01 18:33

質問の内容が本当の話でしたら、医療事故というより、患者の虐待で訴訟ものでしょう。


医師免許剥奪と病院の営業停止間違いないほどの行為です。

病院には入院中の記録(カルテ)が残っているはずですから、
入院と退院の日にち、手術後に処方された薬、特に麻酔薬は管理がやかましいですから、通常の医療とは異なる点があったことは容易に証明できるはずです。
なにか手術中にミスをして、それを誤魔化そうとして退院させず、病院にも秘密にするための行為とも。。
 その主治医の先生、精神的におかしくなっていたのかも?。

医療事故専門の弁護士さんに相談からでしょう。

この回答への補足

今急ぎ、私に関するすべての資料を請求しています。画像を出し渋られて3回も病院に足を運びました。カルテのコピーも個人情報の関係で市を通さねばなりませんし、改ざんされたらおしまいなので、あまり参考にはならないと思います。一方画像は専門医が診たら何か解るかもしれませんね。

補足日時:2014/03/08 17:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。家族にさえお医者様に対して不満を言ったり、替えてくれ等と言うものじゃないと責められました。真摯に受け止め答えて下さる方がいらっしゃる事に感激しました!

お礼日時:2014/03/01 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主治医の変更はできないものなのですか?

主治医の変更はできないものなのですか?
主治医から信頼関係が崩れたと言われてしまいましたので主治医を変更してもらいたいと思い、病院側へお願いしましたが、「普通、主治医の変更はしないもの」と言われてしまいました。そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきり言って 
           出来ます。

これは患者の権利なので、今の主治医や病院に遠慮は無用です。

堂々と替えてもらうか、転院される事をお勧めします。

Q医者へのクレームはどこにすればよいですか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘利にも急な失礼な物言いだったので、私も頭にきて怒鳴ろうとしましたが、隣で母が「ごめんなさい、ごめんなさい。治療をしてください。」と懇願しているのです。これを見た私は、怒鳴りきれず、逆に、院長のところへいって、土下座して、「御願いします。」と言ったのですが、その私に対して、「ふざけるな!帰れ!」といって、私の頭をつかみ、後ろへ押し倒したのです。

それでも、他の病院には治療する装置が少なく、刻一刻と増えていく脳腫瘍ですから、私たちも選べないので、ひたすら謝るしかありません。

このような態度をとる医師、ことさら個人経営ではない病院の院長ですから、本人に直接言うしかないのでしょうか?他にクレームをいえる適切な場所はありませんでしょうか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘...続きを読む

Aベストアンサー

医師法第19条:診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
明白に本条違反です。貴方の態度は全く関係有りません。
まして、土下座などする必要は有りません。
土下座などするからこんな医者は却って不遜になるわけです。
(但し、この法律には罰則規定がない)
個人経営でなければ、経営母体の責任者宛に損害賠償、及びこの医者の罷免(解雇)を求めるべきです。
恐らくガンマナイフに関する能力は一流、人間としては最低の医者のようです。
弁護士を立てて損害賠償を求めるのが一番で、この医者の将来の為にも成ります。
貴方が暴力を振るわれた様ですので、刑事告訴も可能です。
うやむやにしないで欲しいものです。
なお、お父上が人質のような状態ですが、お父上の病気が解決した後でも、上記の損害賠償や刑事告訴も可能です。
いっぱい証拠を集めて置くのも良いでしょう。

Q医者や看護婦の暴言、許せない一言

今までに経験したなかで最もひどい、医者や看護婦の暴言や、許せない一言、許せない行為などを教えて下さい。
 

Aベストアンサー

1)二十歳の時、大阪のS済会で腰椎麻酔が効きすぎて呼吸困難になり薄れていく意識の中で腸に残っていた便をもらしてしまた時にドクターが「ピチピチギャルのええところが見れた」にへらへら笑う看護師
2)深夜に産気づき、かかりつけのN川産婦人科に行った時、今やっと休憩できたのにってなイヤーな顔で出てきた助産師はこちらが「よろしくお願いします」といっても一言も口をきかずブスッとしたままだった、分娩時に降りてきたドクターもハ~ととてもかったるそうですごく感じ悪かった(有名、漫才師の分娩がテレビで放送された時はとてもいニコニコしてた)
3)子供が麻疹でかけこんだ大阪K生病院、蕁麻疹と診断してセルテクト処方され
2日服用しても調子が悪くなる一方なので午後の時間外に診察行ったら、昼食の途中で機嫌がわるかったのか若い女医が「薬を飲み続けなきゃ治んないって言ったでしょ」と言った、そのやりとりを聞いていた、年配の女医がでてきて診察を変わり
麻疹とわかった。

Q同じ病院内で医師の変更可能?

今両親がかかっている総合病院の内科担当医が、毎回両親に向かって
心無い言葉を言い続けたり、(「もう5~10年後には死ぬのだから何をしても無駄」「私の言う事に文句あるんですか」など)
リハビリが必要な病気なのにリハビリの
申請書を出す書類を「行く必要がない」と書いてくれないなど、個人的に
気に入らないのか、嫌がらせに近い仕打ちを受け、毎回行くのをすごく
嫌がります。
しかし、父の病気は難病の為、地元ではそこの病院しか治療できません。
できれば今後、他の内科医に担当を変更してもらいたいのですが、
そういう事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

1です。
周3回とのことですが、本当の理由は違うのですから
例えば、月 水 金 がこの医師の担当だとしますね。
医師に直接言わないでそこの看護士に
今後 月 水 金 が家庭の事情で都合が悪いので
火曜日に変更してください。
と申し出る。

どうして都合が悪いのだ?とかは聞かないと
思います。プライバシーですから。

もちろん、この医師の言動を告発するのが正しいと思います。
でも無記名とかでは出来ないと思います。
もめごとにならずに医師を変更はこうすれば良いのです。
たいてい毎日接していますから看護士はわかっています。
さりげなくどの曜日の医師がやさしいか聞くのも良いと
思います。

私、担当医変更しました。
すごくあっさりでした。

Q医師は、患者の好き嫌いで診療拒否が出来るのでしょうか?

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってらんないよ」「あんたの治療がどんだけ大変だかわかってんの?」「あんたの感謝の気持ちは全く感じたことがないよ」(私は治療に対しての感謝の気持ちを持っているのですが)などと言われて酷く傷ついています。
いわゆるドクハラに相当する言動ではないかと思うのです。
出来ることなら、転院したいのはやまやまなのですが、病状とそこの治療方法が他に無いものであり、かつ確実なのでなんとか我慢して完治するまで通院治療を続けたいと思っているのですが、そこの医師が私を嫌っていることは確実であり、医師から上記のように「病院変えたら?」などと言われるくらいですから、この先「もう来るな!来ても治療はしない」と言われるのではないかと不安に感じています。
患者が治療を望んでも、医師がその患者を人間的に嫌いな場合、診療拒否は許されているのでしょうか?
もし、許されているのであれば、診療拒否に対して法的に問題は無いと言うことで、患者はそこでの治療を諦めるしかないのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってら...続きを読む

Aベストアンサー

医師法には、次のように定められています。
------------------------
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。
------------------------

それにしてもひどい医者ですね。
あなたが他に転院できないのを良いことに、好き放題言っているとしか思えません。
早く回復されることを祈っております。

Q救急車でやむなく入院した評判の悪い病院から転院したいのですが・・・

先日、父親(70代)が高熱を出し、何日も熱が下がらなく、意識がもうろうとしてきたので救急車を呼びました。
(何日も、というのは、父が病院へ行くのを拒否し続けたからです。)
希望した病院には拒否され、結局、市内でものすごく評判の悪い病院へ搬送されました。
父は即入院となり、現在も入院していますが、その間にされた検査は、血液検査(これはまだ結果が出ていません。)と、胸部のCTとレントゲンのみで、抗生剤の点滴を打ち続けていますが、熱は変わらず毎日39度まで出ているようです。意識はありますが、もうろうとしたままです。
まだ、主治医からは所見をきけずにいるのですが、(忙しいと言う)
父が、だいぶ前に糖尿病と診断されたっきり病院に行かないで過ごしていたこと、アルコール依存症のような、酒びたりの生活をしていたことなどを伝えても、「肺炎ではないようなので気管支炎ということでいんじゃないかと。」といって、他に疑わしい箇所の検査をしようとはせず、点滴を続けているだけです。気管支炎でそんなに高熱が続いてここまで衰弱して寝たきりが続くものでしょうか。・・・他にも、看護師のいい加減さ、院内の不衛生さなどなど、ものすごく不安でいます。
もともと入院させたかった病院に、転院させたいのですが、人の話ではこの病院からの転院は、なかなか難しいらしいです。
いろいろと、サイトで調べたりした、転院の手順は、下記だと思うのですが、どれから先に動けばよりよいのか、わからずに、困っています。
1.主治医または看護師に相談して紹介状を書いてもらう。
  その際にカルテの開示、レントゲン写真の貸出、等の診療経過情報  &検査データの請求  
2.主治医に転院先に連絡をとってもらうか、
  自分で転院先の受け入れの確約、確保。
3.民間救急車などを手配して搬送。
今いる病院が、良心的ではなさそうなので、
主治医に相談しても、希望する転院先に、受け入れをしてもらえなさそうな情報を伝えてダメでした、とか言われそうなのと、その後の治療がよりいい加減になりそうなのとで、躊躇します。
なので、自分で転院先のベッドの確保からやったほうがいい気がしているのですが、その転院先に相談する際には検査結果などが必要だろうし・・・。なんとか拒否されずに受け入れてもらえるには、どのあたりを訴えればよいのか、または控えたほうがいいのか、などがわからずに、頭の中で、お手上げ状態です。
もしどなたか、何か良いお考えがありましたら、教えてください。
ちなみに、転院先は小さめな病院で、大学病院ではありません。
希望理由は、持病で体力のない母親が毎日世話をしに通うのに便利、というのがあります。
要領を得ない文ですみませんが、どうぞよろしくお願いします。

先日、父親(70代)が高熱を出し、何日も熱が下がらなく、意識がもうろうとしてきたので救急車を呼びました。
(何日も、というのは、父が病院へ行くのを拒否し続けたからです。)
希望した病院には拒否され、結局、市内でものすごく評判の悪い病院へ搬送されました。
父は即入院となり、現在も入院していますが、その間にされた検査は、血液検査(これはまだ結果が出ていません。)と、胸部のCTとレントゲンのみで、抗生剤の点滴を打ち続けていますが、熱は変わらず毎日39度まで出ているようです。意識は...続きを読む

Aベストアンサー

御心中お察しします。もし私なら、まず、転院先に行き、相談窓口があるので、そこでまず、すべてを相談します。転院理由は、持病で体力のない母親が毎日世話をしに通うのに便利、である事を前面にだし、転院先の協力を得ます。そして、ベットを確保できたら、ご自身で、今の病院にその旨を伝え、転院手続きを取ってもらいます。今の病院には拒否する理由がありません。よほど状態が悪くなければ、救急車で搬送もできますから。(必要であれば転院病院の救急車に来てもらい運んでもらえます。)もし、状態が悪いので、動かすことができいと言われたら、病名は何で、どこから来ている熱なのか、治療の方針は、CT、X線の説明は、血液検査の結果は、説明できなければ、はっきりと 転院するので、手続きを取ってくれ、と 言いましょう。
今の立場は、こちらは商売でいえば、お客さんです。主導権はこちらにあります。金を払うのはこちらですから。 それと、毎日 39度 は「絶対おかしい」気管支炎でそんな長く、高熱が続くはずないです。
血液検査も、すぐに結果は出ます。どうなっているのか? 
でも、最近の評判の悪い病院はこんなのかも?

御心中お察しします。もし私なら、まず、転院先に行き、相談窓口があるので、そこでまず、すべてを相談します。転院理由は、持病で体力のない母親が毎日世話をしに通うのに便利、である事を前面にだし、転院先の協力を得ます。そして、ベットを確保できたら、ご自身で、今の病院にその旨を伝え、転院手続きを取ってもらいます。今の病院には拒否する理由がありません。よほど状態が悪くなければ、救急車で搬送もできますから。(必要であれば転院病院の救急車に来てもらい運んでもらえます。)もし、状態が悪いの...続きを読む

Q大学病院の受診、主治医変更についてご質問、ご相談

大学病院で初診の際、特に医師の指名をせず、診察して頂きま
した(患者は私の家族です)。

診察して頂いたのは、たまたまその曜日にいらっしゃった、
若い医師A先生(30歳位)です。

初診後、病気の内容が分かり、また、数日後、生命には関係しない
ものの病状が比較的重めであることも分かりました。

初めは、軽め症状だとと思い、どの医師の診察を希望するかという
気持ちは特になかったのですが、状況が分かってきて、正直、その
病気専門の方にかかりたいと思う気持ちが強いです。

調べた所、同じ病院の同じ科にその病気がご専門の
B先生(その科を取りまとめていらっしゃる先生)がいらっしゃる事が
分かりました。

正直な所、主治医の若いA先生には大変失礼なのですが、同じ科の、
その病気の専門のB先生に主治医を変更して、治療を受けたいです。
(正直A先生は若く、比較して専門のB先生はベテランで経験豊富です)

しかし、現在、初診でたまたまかかった先生が主治医となっており、
そんな事をするのは、A先生への裏切り行為のような失礼なことだと思い、
変更をお願いしてもいいのか、また、もし、変更しようとしてがダメに
なったとしたら、A先生との関係が悪化した中で今後の治療を続けることに
なるのか?という危惧もあります。



長くなりましたが、質問・相談です。
(1)初診でかかった主治医の先生から、現在の病気が専門のB先生に
主治医の変更をするのは、やはり大変失礼なことで、すべきでは
ないのでしょうか
(2)主治医変更をする場合の懸念点はありますでしょうか
(3)もし、先生ご自身がA先生の立場であった場合、やはりご気分を
害されるのでしょうか。
((3)はご回答者様が医師の先生の場合お願いします)


長文になり申し訳ありません。
相談お願いします。
できれば、ご回答頂ける際、病院関係の方か、一般の方か記載頂けると
ありがたいです。

「教えて!goo」を使い慣れていないので不備ありましたらご了承下さい。

大学病院で初診の際、特に医師の指名をせず、診察して頂きま
した(患者は私の家族です)。

診察して頂いたのは、たまたまその曜日にいらっしゃった、
若い医師A先生(30歳位)です。

初診後、病気の内容が分かり、また、数日後、生命には関係しない
ものの病状が比較的重めであることも分かりました。

初めは、軽め症状だとと思い、どの医師の診察を希望するかという
気持ちは特になかったのですが、状況が分かってきて、正直、その
病気専門の方にかかりたいと思う気持ちが強いです。

調べた所、...続きを読む

Aベストアンサー

追伸:主治医変更は、よくあります。今回の様に、理由が正当なら、受け入れられる可能性はあります。

・不可が多いケース:単に教授がいい(全部をみていたら、教授が過労死してしまう)、イケメンがいい、若い子が好き、相性がいい、妄想による行動、悪い点を注意されたから、空いてるから

・可能がが多いケース:疾患領域の専門医師希望、男性が苦手、担当医が利害関係のある人だった(親戚・元恋人等)

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む

Q医者に高圧的な対応された時は

病気で病院に行くと、医者に上から下にモノを言うような高圧的な態度をとられることないですか?
こちらは、弱って困って、わざわざどこの病院にするか悩んで選んで、受診してるのに、時に叱るような言い方したりされ、えっ?こっちは客じゃないのとムカつくけど、その場では何も言えず、弱者になったように帰ってきてしまいます。

全ての病院ではありませんが、だいたい二分の一くらいの確率でそういう目に遭います。
今度からそこの病院に行かなければいいだけのことですが、何だかスッキリしません。

皆さんはこういう経験無いですか。そんな時どう対応しましたか?
ガツンと医者に一発言ってやった方などいますか?

Aベストアンサー

大学病院など、大手の病院に行っていらっしゃいますか?
それとも、「○○内科」などといった、個人で経営している小さなクリニック?

大学病院などでは、偉い人は(「外科部長」「内科部長」などね)、
病院内でも絶大な権力持ってますから、患者さんに対する態度が横柄だったりすることが多いみたいですよ。

個人のクリニックは、「自営業」だから、サービス悪いと儲かりませんから、そんなに感じが悪いところはないと思います。

でも、外観がおんぼろのところはちょっと要注意の場合ありかも。
年寄りで、職人気質の医者というタイプが結構多いので。
つまり「サービス精神」は望めない場合が。。年寄りだから、「儲け」にも意欲なかったりするし。
(感じよくして、患者さん増やそうと考えてない。
忙しいのはかなり嫌だったりする人もいる)

若めの医者で、きれいなクリニックは、割と当たりの場合が多いと思います。
とにかく一度「ここはいい!」ってところを見つけたら、いつもそこに行くようにするといいですよ。
大抵行くのは内科が多いと思いますので。。
私は数年前に行きつけの内科のクリニックの先生が亡くなってから、
やっぱり別のところでちょっと嫌な思いしたりしましたが、
今はまたいいところを見つけて、そこ一筋です。
「盲腸の手術してください」は内科の先生には無理ですが(笑)
簡単な治療なら、別の分野でもほぼ内科でいけますよ!

外科の手術と違い、風邪くらいなら、医者の腕はあまり関係ないので、私にとっても、感じがいい先生が一番です。

大学病院など、大手の病院に行っていらっしゃいますか?
それとも、「○○内科」などといった、個人で経営している小さなクリニック?

大学病院などでは、偉い人は(「外科部長」「内科部長」などね)、
病院内でも絶大な権力持ってますから、患者さんに対する態度が横柄だったりすることが多いみたいですよ。

個人のクリニックは、「自営業」だから、サービス悪いと儲かりませんから、そんなに感じが悪いところはないと思います。

でも、外観がおんぼろのところはちょっと要注意の場合ありかも。
年寄...続きを読む

Q会話を録音することは違法ではないのか

ちょっとトラブルになったりした時に、言った言わないの揉め事ってあると思います。

その時、会話を録音していればって思うのですが、そこで質問です。

1.会話を録音すること自体は違法か?
2.適法であるなら録音方法などに条件はあるのか?
3.録音する際には相手の了承を得なければならないのか?それとも録音する旨を伝え、一方的に録音してよいのか?

以上の3点です。

法律には詳しくないですが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考に

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112053066


人気Q&Aランキング