出産前後の痔にはご注意!

Windows2003などの本を読むと、スタンドアロンサーバーは、ドメインに参加せずに、クライアントにサービスを提供するサーバーで、メンバサーバーはドメインに参加しているサーバーでドメインコントローラーではないサーバー(ユーザー情報を持たない)と書いてありました。明確な違いとスタンドアローンサーバーについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スタンドアローンとは独立した、という意味合いを持ち、簡単に言えばネットに繋がってない状態です。

    • good
    • 1

2003サーバをActiveDirectoryに参加させる際にはドメインコントローラーもしくはメンバサーバーの何れかに定義します。



ドメインコントローラーか否かというのはディレクトリデータベースを持たせるか否かで決定します。

一方、ActiveDirectoryに参加させずにWorkGroup環境で運用する場合、スタンドアロンサーバーになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QIPアドレスのセグメント

とは、どのような事を意味しているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

多分ネットワークセグメントのことをおっしゃってるのでは?一言で言うとセグメントはグループのことです。
IPアドレス 192.168.10.1
サブネットマスク 255.255.225.0
のPCなら
192.168.10の部分をネットワークアドレス
1の部分をホストアドレス
と呼びます。
同じセグメントのPCとは同じネットワークアドレスを持ったPCということで、例えば
192.168.10.1と192.168.10.25は同一セグメントのPCといえます。また、
192.168.11.1のアドレスをもったPCは別セグメントのPCとなります。
セグメントを分割するのは一般的にはルータというネットワーク機器で分割します。なぜ、セグメントを分割しなければいけないかは、ブロードキャストの問題、台数の制限、管理のしやすさ等さまざまな理由があります。

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qデータベース内のテーブル名の取得

お世話になります。
初心者的な質問でしたらすいません。
SQL文にてデータベース内のテーブル名を
調べることができると聞いたことがあるのですが、
可能でしょうか。

もし、可能であれば、SQLの記述を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

select * from tab;

私の場合、テーブル名だけ手っ取り早く知りたいとき、↑を打ちます。その他の情報も知りたいときは#2さんの仰るとおり、user_tablesで取得します。

Q自分のPCから他サーバのIPアドレスの調べ方

自分のPCからサーバ(LINUX)のIPアドレスの調べ方が
わかりませんので、
ご存知の方、御願いします、

Aベストアンサー

コマンドプロンプトで

 nslookup [ドメイン名]

と打ち込めば以下のようにIPアドレスが表示されます。

C:\>nslookup oshiete1.goo.ne.jp
Server: xxxx.co.jp
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

Non-authoritative answer:
Name: oshiete1.goo.ne.jp
Address: 210.132.71.11

Q日付型カラムへのデータINSERT

お世話になります。ひとつご教授ください。

オラクル10g, ojdbc14でjdk1.4.2から接続です。

INSERT命令を使ってテーブルにレコードを追加する際に、DATE型のカラムに対して

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27 12:00:00', ...);

を実行するとエラーORA-01861が出ます。そこで

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27', ...);

このように記述して再度実行すると通ります。

このようなとき、時間の部分まで設定した値をカラムに格納したいときはどうしたらよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい。
説明と文例が違ってしまいました。
正しくはこちらです。

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES (to_date('2006-4-27 12:00:00','yyyy/mm/dd hh24:mi:ss'), ...);
というように、to_date関数を使うのが一般的かと思います。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QOracle(オラクル)で、日付時刻型の検索方法について

質問させていただきます。
データベースはオラクルを使っていて、
SQL文で、抽出するときにエラーが出て困っています。

日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。
2005/05/26 を抽出したいのですが、
BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59'

だと、エラーでできません。
どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。

col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')

ただ、厳密には

col >= TO_DATE('2005/05/26', 'YYYY/MM/DD')
AND
col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD')

と書くべきでしょうね。

Qスキーマ

いつも参考にさせて頂いています。
初歩的な質問なのですが、宜しくお願いします。

スキーマという概念がわかりません。
ネットや本で調べてみても、概念的なことしか書いていないものが多いみたいです。
ユーザと同じ?と思ったりもしたのですが何かが違う思い質問させて頂きました。噛み砕いて教えて頂けるとうれしいです。
あとスキーマというのはどういう時に使用(作成)するのでしょうか?
スキーマについてご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> というのは、複数のユーザを作成する場合っていうのと同じ意味ですよね?
はい、合ってます。

>ossan_hiroさんが説明してくれている"hogeスキーマ"に対するユーザを複数作れるって訳ではないと思っていますが認識あっていますでしょうか?
>(というかテーブルごとにユーザは作れないですよね…)

(1) スキーマ用としてhogeユーザを作成します。
(2) このhogeユーザにテーブル(hoge_tbl)を作成します。
(3) hogeスキーマにアクセスするossan_hiroユーザ(ただのユーザ)を作成します。
(4) hogeユーザからossan_hiroに対し「hoge_tblのselectを許可する」という権限を与えます。
(5) これで、ossan_hiroユーザでログインしてhoge_tblを
SELECT * FROM hoge.hoge_tbl
でアクセス可能にします。
この状態はossan_hiroとしてはhoge_tblにはSELECTはできるけど
UPDATE,DELETE,INSERTはできない状況になります。
いちいちhoge.オブジェクト名でアクセスするのが嫌な場合はシノニムを作成してしまえば
SELECT * FROM hoge_tbl
でもアクセス可能になります。

>>スキーマ用のユーザはロックしてログインできないように変更
>というのはどういう意味でしょうか?

ここでいうhogeユーザは所有オブジェクトに対して何でも可能です。
(DML文などが実行可能)
ユーザを削除してしまうと、所有オブジェクトも削除されてしまいます。hogeユーザに接続できないようにしたい場合、アカウントロック&
パスワード無効にすることでhogeユーザでは対象スキーマにアクセスできなくすることができます。
#必要に応じてで良いと思います。

イメージつかめましたか?説明下手ですみません。

> というのは、複数のユーザを作成する場合っていうのと同じ意味ですよね?
はい、合ってます。

>ossan_hiroさんが説明してくれている"hogeスキーマ"に対するユーザを複数作れるって訳ではないと思っていますが認識あっていますでしょうか?
>(というかテーブルごとにユーザは作れないですよね…)

(1) スキーマ用としてhogeユーザを作成します。
(2) このhogeユーザにテーブル(hoge_tbl)を作成します。
(3) hogeスキーマにアクセスするossan_hiroユーザ(ただのユーザ)を作成します。
(4) hogeユーザ...続きを読む


人気Q&Aランキング