鉄三イオンと、弱酸性液で、スルホサリチル酸を反応させると、どのような、錯イオンが生成しますか?できれば、構造式付で、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

呈色反応の一つに鉄(III)とフェノール類の組み合わせで


紫系統の色になるという反応があります。

この色(光の吸収)は一般にLMCTといわれており、
分子(錯体)内での酸化還元反応のようなものです。
酸素から鉄へ電子が移動する際のエネルギーに対応する
光が吸収されるのです。(すごく乱暴な説明でごめんなさい。)

このような種の吸収は酸素の環境によりその吸収波長(=色)
が変化します。今回の系で考えると、フェニル環上の置換基の種類に
よりその色が変化します。

式の中のnは大きな意味はありません。スルホサリチル酸イオンと
水とが足して6個、たとえば
[Fe(sulfosalicylato)2(H2O)4]
[Fe(sulfosalicylato)1(H2O)5].etc...
といった種が存在しているが、明確に配位子の数が特定できない
という意味です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。なかなか、資料にも載ってなかったので助かりました。

お礼日時:2001/06/04 22:57

比色分析の関連でしょうか? 



おそらくフェノール水酸基が酸解離を起こして、鉄に配位していると
思います。この配位子は立体的にかなりのかさ高さをもつため、
鉄(III)にとって理想的な六配位八面体構造の六つの配位座を
全て占めることは考えにくいので、そのうちのいくつかは
アクア配位子が占めて
[Fe(sulfosalicylato)n(H2O)6-n]という構造になると思います。

この回答への補足

定性分析なのですが、弱酸溶液で、スルホサリチル酸と鉄の3プラスイオンと反応させると、紫色の錯塩を、形成するそうなのですが・・・
構造式にnがあるということは、どういうことなのでしょうか?

補足日時:2001/06/04 19:29
    • good
    • 0

「鉄三イオン」とは・・・・????


どのような意図の質問でしょうか・・・??????

補足お願いします。

この回答への補足

言い方が変で、混乱させてすみませんでした。鉄の3プラスイオンと、スルホサリチル酸との反応です。

補足日時:2001/06/03 22:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサリチル酸メチルの合成

サリチル酸とエタノール、濃硫酸でサリチル酸メチルができるようですが、反応機構はどうなっているんでしょうか?サリチル酸エチルができるなら、わかるんですが・・・。

Aベストアンサー

補足のURLを拝見しました。タイプミス…というより勘違いのようですね、複数箇所ありますから。他のサイトの実験手順を見ると、メタノールと書かれています。

http://plaza24.mbn.or.jp/~mizuho_h/presen6.htm
http://www.bunseki.ac.jp/naruhodo/jugyou02.html
http://www.orange.ne.jp/~konan/jikken/27.htm

参考URL:http://plaza24.mbn.or.jp/~mizuho_h/presen6.htm

Qスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体構造

実験でスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体を作ったのですが、どの原子が鉄(III)に配位するのかわかりません。
鉄(III)はフェノールで呈色するので「OH」の「O」かと思ったのですが、http://f61.aaa.livedoor.jp/~chemical/experiments/SalicylicAcid/では、「COOH」でも配位しています。そうすると、「-SO3H」でも配位出来そうな気がします。
一体、どの原子で配位しているのか、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

硫酸イオンやスルホン酸イオンは、鉄とは安定な錯体をつくらない
(ヘキサアコ錯体のカウンターアニオンにはなりますが)ことから
推測すると、miso_loverさんご自身が参考に引かれているURLに
あるサリチル酸の場合と同様に配位しているものと思います。

*同じ酸素原子で配位する場合で比較した場合、
 アニオン化による安定化の寄与が大きいもの(スルホン酸など)ほど
 配位結合をつくるよりもアニオン化した方が安定なので、
 配位子にはなりにくいはずです。
 (例えば水では、10^-7程度が電離、残り99.99・・・%は電離せずに
  水分子のまま ⇒OH-になるよりH2Oとして配位することで安定化)
 (塩素等、原子が異なる場合は、別に考える必要があります)

Qサリチル酸メチルについて

サリチル酸メチルは炭酸水素ナトリウムと反応しないが、
水酸化ナトリウムとは中和する。

と参考書に載っているのですが、意味がわかりません。
なぜ、サリチル酸メチルは炭酸水素ナトリウムと反応しないのかもわからないし、
なぜ、水酸化ナトリウムとは中和するのかもわかりません。

サリチル酸メチルはサリチル酸(酸性)とメタノール(中性)の塩だから水溶液は弱酸性なんでしょうか?
だとすると炭酸水素ナトリウムも酸性だから、サリチル酸メチルよりも炭酸水素ナトリウムの方が酸性が強いということでしょうか?
もしサリチル酸メチルの方が酸性が強かったら弱酸遊離によって炭酸水素が遊離するので反応するはずですよね?
もし炭酸水素ナトリウムの方がサリチル酸メチルよりも酸性が強いとしてもサリチル酸メチルが弱酸遊離反応によってサリチル酸が遊離するために炭酸水素ナトリウムとサリチル酸メチルも反応するということはにはならないのでしょうか?

それから、サリチル酸メチルと水酸化ナトリウムとの反応についてですが、水酸化ナトリウムは強塩基ですよね?ということは弱酸であるサリチル酸メチルとは中和して反応するということでよろしいんでしょうか?

教えてください
よろしくおねがいします

サリチル酸メチルは炭酸水素ナトリウムと反応しないが、
水酸化ナトリウムとは中和する。

と参考書に載っているのですが、意味がわかりません。
なぜ、サリチル酸メチルは炭酸水素ナトリウムと反応しないのかもわからないし、
なぜ、水酸化ナトリウムとは中和するのかもわかりません。

サリチル酸メチルはサリチル酸(酸性)とメタノール(中性)の塩だから水溶液は弱酸性なんでしょうか?
だとすると炭酸水素ナトリウムも酸性だから、サリチル酸メチルよりも炭酸水素ナトリウムの方が酸性が強いということでし...続きを読む

Aベストアンサー

そういったことは、サリチル酸メチルにあるフェノール性のヒドロキシ基に関する話であり、エステル部分には関係のない話です。

Q錯生成反応、中和反応、酸化還元反応について

これら3つの特徴を教えてください。
友達同士とかだと中途半端な答えでもわかってもらえそうなのですが、改めて聞かれてみるとなんと答えれば簡潔でわかりやすく言えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

錯生成反応:錯体を生じる反応(これじゃわかりませんかね?)

中和反応:酸と塩基が反応して塩と水を生じる反応。

酸化還元反応:原子の酸化数の変化を伴う反応。

簡潔にはしたつもりですが、わかりやすいかどうか・・・

Qサリチル酸メチルが沈むわけ

サリチル酸からサリチル酸メチルを試験管の中で作る実験で、サリチル酸メチルに炭酸水素ナトリウムを入れたとき、それまで浮いていたサリチル酸メチルが沈んだのですが、なぜでしょうか?比重が変わったのかな?と思ったのですが、まだ浮かんでいるものもあり、離れているサリチル酸メチルどうしがくっついたとたん、下に沈んでしまいました。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の目で見たわけではないので想像だけですが。
サリチル酸メチルは比重1.182程度なので水に浮いている可能性もあります。よく振ると沈むかも。
サリチル酸メチルはサリチル酸のカルボン酸(COOH)部分がメチル化されメチルエステル(COOCH3)になっています。水には極めて溶け難いそうです。
サリチル酸メチルにはベンゼン環に付いた水酸基(OH)があり、フェノール性の酸ですから炭酸水素ナトリウムと反応してサリチル酸メチル陰イオンとなります。するとこの物質は界面活性剤となってサリチル酸メチルと水の間の反発力を下げる働きをします。
はじめに書いたようにサリチル酸メチルの比重は水より大きいですから、表面張力のため浮かんでいた液体は表面が親水性になったため比重に従って沈んだと思われます。
添付URLは熊本大学の日本薬局方サリチル酸メチルのページ

参考URL:http://mid.cc.kumamoto-u.ac.jp/data.php?record=1252500

Qサリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の1

サリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の10.0mM水溶液のpHは2.57であった。サリチル酸のpKaを求めよこの問題の解き方を途中式を含めて詳しく教えてください

Aベストアンサー

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) (4)
ここで(2),(3),(4)より次式を得る。
[X^- ]=[H^+ ]-K_w/[H^+ ] [HX]= A-[X^- ]=A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] (5)
 この問題に於いて最初の10.0mol/L溶液のpHが2.57で有る時、式(2)からは
 K_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] =[H^+ ]([H^+ ]-K_w/[H^+ ] )/(A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] ) これに与えられた数値 A=10.0×〖10〗^(-3) [H^+ ]=〖10〗^(-2.57)を代入すれば
  解離定数を計算できます。計算はご自分で 確認してください。
計算のこつは10のマイナスの指数で非常に小さな数は省略して近似計算をすることです。
化学の計算問題は根気です。

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) ...続きを読む

Qサリチル酸メチルの合成

今回の実験では以下のようにしてサリチル酸メチルを作りました。
(1)50mlの乾いたナスフラスコにサリチル酸とメタノールを入れる。
さらに濃硫酸を加える。
(2)50mlの反応フラスコと冷却器を用いて反応装置を組み立て、オイルバスを使って過熱を始め、1時間還流しながら攪拌する。
(3)冷却後、100mlの三角フラスコの水の中にあけて攪拌すると底の部分に油状のサリチル酸メチルが生成されている。上部の水をピペットで除き、底にたまっているサリチル酸メチルを取り出す。
上の(3)の手順で水の中にあけて攪拌するとサリチル酸メチルが生成するのはなぜですか?生成するどころか、水と反応して加水分解が起きてしまわないのですか?

Aベストアンサー

>(3)の手順で水の中にあけて攪拌するとサリチル酸メチルが生成するのはなぜですか?
水の中で不純物が除かれると純度と共に結晶性が上がります。
この際除かれるのはメタノールです。
なお、分解するには「触媒」が必要で、化合物としては安定です。

Qスルホサリチル酸法の測定原理

こんばんわ。

実は、スルホサリチル酸法の測定原理と試験紙法の測定原理を調べているのですが、ネット上でどこを探しても見つかりませんでした。

どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記参考URLなどによれば、

 スルホサリチル酸法:
  スルホサリチル酸と蛋白質が反応することで生じる沈澱を利用した比濁法
 試験紙法:
  pH指示薬テトラブロモフェノールブルーの蛋白質共存下での変色点変化を利用した比色法
  (本来の変色域:pH3~4→蛋白共存:pH2~3)
  (pH3で緩衝された試験紙が蛋白なしで黄色に、蛋白ありで青色に呈色)

、とのことです。


pH指示薬の変色点が変化するのは、それが蛋白質と結合することによると思いますが、それがどんな反応なのかはわかりませんでした。
(共有結合をつくるのか、電荷移動錯体をつくるのか・・・)

参考URL:http://www.hamt.or.jp/KENSA/VISITOR/TEST/U&S/u-tp.html

Q●リウマチ熱でサリチル酸剤を服用する理由・・●

問題集に〔関連が正しいものを選べ〕という問題がありました。
その中で
リウマチ熱ーASO値上昇ーサリチル酸剤
が正解でした。

サリチル酸剤は血糖値を下げる作用があるのはわかりますが、なぜリウマチ熱でサリチル酸剤を服用するのか理由を教えてほしいです!!!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リウマチ熱は、関節痛、発熱など症状があります。解熱鎮痛薬のアスピリン(サリチル酸剤)は、痛み、腫れ、発熱に効きます。ただし、小児でアスピリンを使う場合は、ライ症候群など気をつけるというのも、臨床でも試験でも重要です。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/HouseCall/encyc/123/170/45_0_0_0.html

Q錯イオンの化学反応式について。

Al(OH)3+NaOH→Na[Al(OH)4]
Cu(OH)2+4NH3→[Cu(NH3)4]2+ +2OH-

とありますが、どちらも溶けている状態なのに右辺の書き方が違うのはなぜですか。 →[Cu(NH3)4](OH)2 と書けば間違いですか。

この2つの式は、どちらも化学の教科書に載っていたものです。ホームページ上で小さい数字をどう出すかわからなかったのでみにくいかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Na(+)とOH(-)の酸塩基としての強さが関係していると思います。

Na(+)は非常に弱い酸なので加水分解をほとんど起こさず、上記の反応以外の
副反応は考える必要がないでしょう。

しかし、OH(-)は水溶液中でもっとも強い塩基ですから、ある程度の酸性を
示す物質が共存すれば、即座に反応し、より弱い塩基を遊離するでしょう。

前置きはここまでにして、

>[Cu(NH3)4](OH)2と書けば間違いですか。

これはshizukoさんが書いた回答を採点する先生次第でしょう。
もっと簡単な例を示すと、

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の反応
HCl + NaOH → NaCl + H2O
この反応式でも考えるレベルによって正解とも誤りとも考えられます。
水溶液中ではNaClは存在しないのだから
HCl + NaOH → Na(+) + Cl(-) + H2O
とも考えられますよね。

しかし教科書では
HCl + NaOH → NaCl + H2O
が正解になっているでしょう。
これは、そう書くように決められているからです。

一度先生に確認してみるのが一番です。たぶん
「こう書くように決まっているから」
という返事が返ってくるでしょう。

ここだけの話ですが、高校の先生も化学の全ての分野に精通している
わけではありません。特にこの錯体、錯イオンの分野はきちんと勉強
されている先生が少ないように感じます。

Na(+)とOH(-)の酸塩基としての強さが関係していると思います。

Na(+)は非常に弱い酸なので加水分解をほとんど起こさず、上記の反応以外の
副反応は考える必要がないでしょう。

しかし、OH(-)は水溶液中でもっとも強い塩基ですから、ある程度の酸性を
示す物質が共存すれば、即座に反応し、より弱い塩基を遊離するでしょう。

前置きはここまでにして、

>[Cu(NH3)4](OH)2と書けば間違いですか。

これはshizukoさんが書いた回答を採点する先生次第でしょう。
もっと簡単な例を示すと、

塩酸と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報