最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

先日、分譲の住宅地内の道でサッカーをしていた隣の家の子どもが蹴ったボールが私の車に当たり傷をつけられました。

私はたまたまその瞬間を家の中から見ていたのですが、隣の家の親もその時外で子どもがサッカーをしているのを見ていて私の車に当たったのを見て、一度車を確認し、家の中に急いで子どもと入っていきました。
ものすごい音がしたので私も見に行くと、ボールが塀に当たり跳ね返しもあり3カ所に傷がついていました。
一部始終みていたのですごく腹が立ち、隣の家へ行き、修理の話しをしました。
その時は素直に見積もり金額を支払うと言っていたのに、あとから直す際に支払いするのは私〔相手〕だから板金塗装の過程を実際確認、写真を撮りたいと言ってきました。
お金をだすのはたしかに相手ですが、なぜ私の車を写真撮るのか、理解できませんでした。
さすがに直しにだす車屋さんに話すと案の定、断られましたが…。

近所なので話し合いを直接したくなかったのもあり保険を使わないのかと聞くと頑なに保険はつかわないとの事で、実際直接話すしかなく、話す度に言いがかりや常識外れた事を言ってくるので困っていたのですが、今までとは全く手のひらを返したように、見積もり金額を渡すのでそれでこの話は終わりにしてくれないかと言ってきました。

なんか拍子抜けした感じになってしまい、散々常識外れた事ばかり言っていたのに、なんで最後の話しをしてから1日でかわるのかわからなくて…。

見積もり金額を渡す際に誓約書のようなものを用意するのでサインしてくれと言われました。

こちらとしても今までの相手が相手だけに、こちらからも何か誓約書を書いてもらおうと思うのですが、〔見積もり金額を頂いて今後関わらないというような〕どうしたらいいのでしょうか⁇
今後は今回の事はもちろん、一切お付き合いする気はありません。

長文になり申し訳ございませんが、回答宜しくお願いします。あと内容や書き方など詳しく教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (3件)

            示談契約書



                     住 所    ○○○
                    被害者(甲) ○○○
                     住 所    ○○○
                    加害者(乙) ○○○

上記当事者間において以下の通り示談が成立したので、
本契約書を作成した。

第一条 本件事件の発生日時、状況は以下の通りである。
1、発生日時  平成 年 月 日
2、場   所  祐天寺1-2-3 マンション○○ 駐車場  
3、事件の状況
乙の長男○○○が、サカーボールを用い甲の自家用車に
損害を与えた。
甲所有の自家用車(品川330 あ 12-34)の現状回復のため
○○修理工場での修理を要した。

第二条 乙は甲に対して与えた損害に対する責任を認め
修理代として金○○円を甲に支払いを約束し、支払った。
[又は、平成 年 日に一括で支払う。]

第三条 本示談以外においては、何らの債権債務のない事を
確認し、今後一切の請求をしない。
以上通り示談が成立したので本書二通を作成し甲乙各一通を
所有する。

平成 年 月

     被害者(甲)   名前   印
     加害者(乙)   名前   印 



※この他に言いたいこと(常識的な事)があれば
  第四条として付け加える。

※示談契約書の注意点について
  でるところに出た場合、正義に反する内容だと
  示談が無効とされる場合があります。
  法律的に無効とならないように留意する。
  ですから、こちらはあまり無理を言えません。
  常識的範囲で、正当性をアピールしないとダメ。

※後・・・お伝えすることは・・・
  相手には、必ず本人に自筆させ、絶対に代筆はさせない。
  誰が見てもわかるように、事故の日時・名所・加害者
  損害車両を特定できるように記載すること。
  示談の条件、内容はできるだけ詳しく具体的に書くこと。
  その辺があいまいだと、でるとこ出たときに
  必ず、突っ込まれます。
  加害者が未成年の場合は、親権者(両親)の氏名を記載し
  捺印させること。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にわかりやすく丁寧なご回答頂き、ありがとうございました。教えてくださいました内容を参考に作成してみます。

お礼日時:2014/03/07 09:23

示談書



下記の通り示談を結束した。
1. 平成○○年○月○日に、乙の子供丙が○○(場所の特定)で遊んでいる最中に、甲の自動車にボールに当て傷を付けた事を認め、乙は甲に対し損害賠償を支払う。
2. 甲の自動車は車体ナンバー○○○とする。
3. 損害賠償は、金○○○円とする。
4. 平成○○年○月○日迄に、損害賠償全額を支 う。
5. 本示談以外には何らの債権債務のない事を確認し、今後一切の請求をしない。
6. 本書二通を作成し甲乙各一通を所有する。

平成○○年○月○日
 加害者(丙) 住所と氏名 (印)
 加害者の保護者(乙) 住所と氏名 (印)
 被害者(甲) 住所と氏名 (印)

適当に作成したので、間違ってたり、抜けてる事があると思うけど、こんな感じで作れば大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答頂きありがとうございました。教えてくださいました内容を参考に作成してみます。

お礼日時:2014/03/07 09:21

以下に記載する自動車損傷の損害賠償として、〇〇(相手)は××(あなた)に、金・・・・円を平成26年XX月XX日までに支払うものとする。



損傷自動車:××所有の自動車 NO.・・・・・

損傷経緯:平成26年XX月XX日XX時頃、〇〇の子供のボール遊びによって当該自動車が損傷。

損傷状況:・・・・・・・・・。

修理金額:金・・・・・・。(添付見積書の通り)

なお、記載修理金額の受領後は、本件について××、○○共に、いかなる金員その他の要求はしないものとする。

こんな感じでしょうか。
誓約書というより示談書ですね。

・傷ついた自動車の確定
・傷ついた経緯
・修理金額
・支払期限
・受領後は何の要求もしないことの確約

これらが記載されていればOKでしょう。

まあ、相手方が用意するという誓約書みたいなものがどのような内容かは分かりませんが。

ようするに、双方が事実関係や修理金額に納得して、お金を払ってすべて終わりにしましょう、ということが分かれば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答頂きありがとうございました。教えてくださいました内容を参考に作成してみます。

お礼日時:2014/03/07 09:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング