弁理士という資格に興味があるのですが、伝え聞くところによると、この業界は資格をとったからといって通用するような甘いところではなく、苦労して資格をとってもこの業界から去っていく人も多いと聞きました。
一方で、この世界は仕事は増える一方なのに弁理士自体は少なく、今後は有望な資格だという話も聞きます。
弁理士資格を取った方々って企業内弁理士も含め、みなさん弁理士業をやってるかたが多いのでしょうか?それとも廃業される方も実は多いのでしょうか?漠然とした質問ですが、弁理士として身を立てることが出来ている人のパーセンテージ(感覚的なもので結構です)みたいなものがわかれば教えてください。また、去る人はやっぱり特許や法律がらみの仕事を続けられる方がおおいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 弁理士の試験は、法律に関することのみです。

言い換えれば、法律面さえ勉強すれば試験はパスします。あと、特許庁で審査官を7年かな? やれば、試験を受けなくても弁理士になれます。

 特許事務所を自分で開設した場合、特許明細書の作成が主たる業務となりますが、当然ながら、まず仕事を獲得するための営業能力が必要です。まあこの点は、自分が経営者にならず、勤務弁理士になればそんなに悩まずにすみます。

 一番大切なのは、センスです。具体的には、
1.クライアントから「こういう発明をしたので特許出願したい」と相談された際に、従来技術の問題点は何で、その問題点を克服するためにこの発明はどういう構成をとっているのか、を見抜くセンス
2.それを文章にして表現するセンス
です。
 これらのセンスを持ち合わせていない弁理士には、出願依頼がまずきません。発明の構成は理解していない、文章は日本語としての体をなしていない、しかも発明の特徴という肝心なことはほんのちょっとしか説明していないような明細書を作成されては、高い手数料を払う甲斐がありません。また、特許庁との応対に苦しむことも目に見えています。
 つまり、こんな弁理士は、法律に関する知識はともかく、実務ができないということなので通用しません。事務所側も、クライアントからの信用がなくなりますのでそんな弁理士に仕事は廻しません。で、結局、辞めていくというパターンが多いです。お金さえあれば、その後自分で開業できますが、クライアントがつかなければ収入はありません。
 それと、期限管理が重要な仕事ですので、ルーズな人も向きません。

 弁理士は、会社組織に組み込まれるのが嫌いな技術者が多いです。だもんで、資格を取得したら、多くの人は一般企業から出ていきます。自分で特許事務所を開設したり、あるいは特許事務所に勤務する人で7~8割ぐらいでしょう。
 企業内にとどまる人の中には、自分で明細書を書く人もいるようです。また、特許だけでなく、商標出願や意匠出願も行っていると思います。さらには、知財部の業務責任者として任命され、発明を提案書にして特許事務所へ提出したり、訴訟準備や関連特許調査等を行ったりするケースも多いようです。

 いずれにしましても、弁理士には、法律知識は勿論、技術的知識と国語能力が問われます。それらを全て兼ね備えていないなら、私からすればプロ失格です。厳しい言い方かもしれませんが、一般企業でも能力主義が主流となりつつある昨今、資格をもっていても能力がない人が淘汰されていくのは当然だと思います。

 資格取得のための勉強量は並大抵ではありませんが、陰ながら合格をお祈りしております。頑張って下さい。ちなみに、弁理士の方には、資格取得の予備校の専任講師になっておられる方もいるようですよ。ごく稀ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明ありがとうございました。いろんな知識、能力を要求される大変な職業だと言うことを再認識いたしました。でも、とても充実しそうな仕事だなぁという印象も深まりました。

お礼日時:2001/06/06 07:52

弁理士自体は重要かつ有望な資格でしょう。



問題は、これで開業出来るか、そして儲かるかと言う事ですが
それは向き不向きの問題が絡んでくると思います。

たとえば、医者は非常に儲かる資格で、国家試験に受かってしまえば
性格的にどんなに不向きでも、そこそこ商売をすることができます。

これに比べると、弁理士はそこまではいきません。
業界は慢性的に人不足で、御存知の通り常に募集をしています。
しかし、不向きな人はすぐに去っていくのが現状な様です。
なにせ、文言の書き方一つ一つがものすごく重要な世界ですし、
これで権利を逃したらそれこそ顧客から訴えられかねません。

なお、最近の風潮としては
基礎となる分野を持っていて、その上に弁理士資格を取って
その専門分野について商売をするという形が普通なようです.
特許事務所毎に専門分野が分かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ほんとに事務所とかはどこもかしこも募集しているので、なかなか人がこないのか、それとも来てもすぐやめちゃうのかと思っていました。向き、不向きというのは難しいですね。

お礼日時:2001/06/06 07:48

私は弁理士とは無関係の者ですが、


弁理士に限らず資格を持っていれば通用すると
いうものではないでしょう。
私自身、幾つか国家資格を持っていますが
資格とは全く関係の無い仕事をしています。
資格というのはあくまでも仕事をする為の
パスポートに過ぎないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。資格は、スタートラインにたつためのものであるのはおっしゃるとおりです。

お礼日時:2001/06/06 07:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の弁理士短答試験について

今週末の弁理士短答試験の結果発表はいつなのでしょうか?
調べたけど、10日後くらいの発表ということしかわかりませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

6/7合格発表です。
ちなみに、去年と同じなら、23日くらいに特許庁HPに問題と解答が掲載されますよ。

参考URL:http://www.deux.jpo.go.jp/cgi/search.cgi?query=%95%D9%97%9D%8Em%8E%8E%8C%B1&lang=jp&root=short

Q作業療法士は女性が多い?男性が多い?

タイトルのとうりなんですが、作業療法士って女性のほうが多いんですか?男性のほうが多いんですか?
それと、専門学校なんかでもどちらのほうが多いんでしょうか?

Aベストアンサー

私は家庭教師派遣会社勤務で、山形県立保健医療大学の学生や、千葉県の私立帝京平成大学の学生を使う機会が多いです。うちの会社の家庭教師の登録者を見ると、圧倒的に女性の方が多いですよ。大学にも家庭教師のスカウトに両大学へは何度となく行っていますが、やはり女性の方が多いという印象です。

多分専門学校でもその傾向は同じだと思いますよ。出世のことを考えると、大学の方がいいですよ。帝京平成大学はそんなに偏差値高くないから、割と入りやすいと思いますのでおすすめです。

Q弁理士 短答試験対策の独学について

http://benrishikoza.web.fc2.com/ttokkyo/tokkyo001-005.html

↑のサイトに書かれてることを覚えていったらいいのですよねぇ?
ただ、自分は法律などについての知識はまったくないのですが、いきなり条文暗記からはじめても大丈夫なのでしょうか?

また条文などは最終的には一語一句全部覚えなくてはいけないのでしょうか。

http://benrishikoza.web.fc2.com/tantou.html
↑の条文は少なくとも全部必要な条文ですよねぇ?

短答試験だけは独学で行きたいと思ってます
論文対策は予備校に通います。

Aベストアンサー

条文を覚える必要はありません。すべて法律が基本です。参考書を実ながら法律で確認していきます。

Q柔道整復師と理学療法士はどちらのほうが将来有望で多くの給与がもらえますか??

柔道整復師と理学療法士はどちらのほうが将来有望で多くの給与がもらえますか??

Aベストアンサー

理学療法士。柔道整復師は既に人余り状態。

Q弁理士の勉強について

今理系大学の三年で、大学院進学を考えています。
学校が忙しいのでLECの答弁合格パック(入門講座、短答基礎力完成講座、短答実戦答練)をとり、法律の基礎的な知識や体系を覚えたいと思っています。

大学院卒業(三年後)したら、弁理士試験を受けたいと考えているのですが、この知識を覚えるだけで短答を合格できると思います?
また論文は独学だけで大丈夫だと思いますか

そしてこの三年間で法律はどの程度変わると思いますか?

Aベストアンサー

可能だと思います。
事実、私もLの入門講座で短答は合格しました。

論文も独学で可能です。ただし、答練だけは受ける必要があります。
基本書も辞書のようにして使用すると良いですよ。

改正については、なんともいえません。
H18改正時に議題に挙がるも改正から漏れた項目などがあるので…
ただ3年以内にはあると思ってよいと思います。

文章からすると講座を受講して3年後に試験を受けるとお考えのようですが、そうであれば講座を受講するのは3年後でよいと思います。
人間は忘れる生き物ですから

まだまだ若いのでぜひがんばってください。

Q弁理士になるための学科選択

現在受験勉強中の理系の高校2年生です。
東大の物理学科(応用物理ではない)または数学科志望なんですが、


工学系でない理学部出身だと弁理士試験や、受かった後の就職や実際の業務で不利になることはあるのでしょうか?
また有利になるような学部はありますか?

一応、絶対物理学科に行きたいと思っているわけではなく、
そもそも、進振りで物理学科は行けないかもしれないので
化学系以外でお勧めな学部を教えてください。(化学は興味が薄いので)
ちなみに、ソフトウェア工学や計算機数学には興味はあります。

Aベストアンサー

まぁどこでもいいんじゃないの。
工学部出身の弁護士もいるし。応用化学出身で国家公務員情報職で採用されて、公務員してる奴もいる。理学部化学出身で特許庁に行った先輩もいる。数学出身の財務官僚もいたし。
要は試験に強ければ試験は通るし、どの学部出身だなんて関係ない。

まぁ大学に入ってから考えてください。
駒場の同級生、三人物理に行ったが一人はコンサル、一人は医学部入り直し、一人は素材系の教授になっている。

Q司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。

司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。
知人に相談されたのですが、よくわからないので教えて下さい。

34歳女性、法学部卒、国1あり。行政職を退職した後、司法試験に3回落ち(短答までは合格)会計事務所に数年働いていましたが退職し今は派遣で働いています。

これから司法書士と弁理士のどちらの資格をとろうかと迷っています。

将来どちらのほうが仕事が多く、長く続けられるか現在の社会情勢や就職情況などをアドバイス頂ければ幸いです。
本人は、なんとなく弁理士の勉強のほうに興味があるようですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格とった後が問題ですねー。

弁理士は特許と商標の業務を行いますが、商標を主たる業務にしている弁理士は少数です。

特許の業務を行うにはクライアントが出してきた漠然としたアイデアを理解して、それに近い特許を避けて文章を書かなくてはいけません。ということは、アイディアを出した人と同程度にはその分野についての知識を持っている必要があります。

弁理士は設計などの実務経験を持っている人が取得することが多いですし、一般的には「理系」の資格だと認識されています。

見たところ理系の学歴・実務経験ないようですが、特許書けますかね。

Q社会福祉士や理学療法士の資格取得には

社会福祉士、理学療法士(もしくは作業療法士)の資格を取りたいのですが、
すでに病院の老健で勤務しています。仕事をしながらにして、通信教育や週に2日程度の通学で受験資格を得ることはできますか?

Aベストアンサー

わたしは勤務しながら社会福祉士の通信講座を修了しました。
期間は1年半ないしは2年で、その間に1週間程度の面接授業(スクーリング)が2回ありました。また、実務経験があれば免除されますが、実務経験が無い人だと、2週間程度の実習が必要になります。
私の過去回答などもご覧ください。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=460229
日本社会福祉士会HP養成施設一覧http://www.jacsw.or.jp/csw.html#sisetu

Q弁理士になるために

今、アメリカで電子工学を専攻している大学2年です
弁理士とって実務経験が重要だということですが、卒業後はこっちで働きたいと思っています。その場合おそらくエンジニア関係の就職となり、ビザの関係で早ければ3年、最長でも6年です。
まだ、卒業後の就職もあくまで希望なので、弁理士になりたいというのはその後日本に帰ってからの話ですが、難しい試験だけに出来るだけ早く準備したいという気持ちがあります。

そこで質問です。
1つ目は弁理士試験の勉強についてです。
アメリカにいるため弁理士の予備校等には行けないし、特許関係で働いている知り合いもいません。
本を買うことは可能なので、短答問題は独学でも何とかなるかもしれませんが、2007年の論述問題の合格率を見たところ4.5%でした。
まだ何も始めていないのですが、正直、不安があります
実際、1人での勉強だと合格は難しいですか?


2つ目は海外での開発、営業でも弁理士の実務経験として有効なのか、ということです。まだどんなところで働きたいかというのが漠然としているのですが・・

よろしくお願いします。

今、アメリカで電子工学を専攻している大学2年です
弁理士とって実務経験が重要だということですが、卒業後はこっちで働きたいと思っています。その場合おそらくエンジニア関係の就職となり、ビザの関係で早ければ3年、最長でも6年です。
まだ、卒業後の就職もあくまで希望なので、弁理士になりたいというのはその後日本に帰ってからの話ですが、難しい試験だけに出来るだけ早く準備したいという気持ちがあります。

そこで質問です。
1つ目は弁理士試験の勉強についてです。
アメリカにいるため弁理士の...続きを読む

Aベストアンサー

まず、独学は可能ですが、長い時間がかかります。
ですが、受験機関を受講する前に、特許法等の基礎を学習するのは良いと思いますので、インターネット等で学習してはどうでしょうか。
また、せっかくアメリカにいるのですから、弁理士の勉強を始める前に、パテントエージェントの資格を取ってしまうのが良いと思います。
パテントエージェントの資格を持っていれば、弁理士の資格が無くとも就職がかなり楽になると思います。

なお、この場合であれば、日本帰国後に弁理士の資格を取得するのであっても、経験としては十分でしょう。

参考URL:http://www.lec-jp.com/benrishi/understand/index.shtml,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Q作業療法士、理学療法士の資格取得、どちらが難しいのですか?

理学療法士を養成する専門学校の方が、合格は難しいようですが、知り合いの作業療法士の養成専門学校にいっている知人が作業療法士の方が資格取得の勉強は範囲が広く難しいと言っていました。
専門分野が違い、個人の適正などもあり一概には言えないでしょうが、実際どちらが取得しやすい資格なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1ですが、こちらの掲示板に質問するか過去ログを参考になさってはいかがでしょうか。
http://pt-ot.xsrv.jp/cgi-bin/bbs/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報