オーディオを購入しようと思うんですが、
選び方がいまいちです。
基本は、デザイン、音、機能だと思います。
しかし、音について言えば、どれが
いい音なんでしょう。出力~Wとかありますが
それの高いほうがいい音なんでしょうか?
アンプと出力~Wは別物なんでしょうか?
また、デジタルアンプとはほんとにいい物
なんでしょうか?この三点について
教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

主にどんなジャンルの音楽を聴くのかによって変わってきますが、


さしあたって一般的な解釈を書いてみます。

まず、W数はアンプの出力の事ですので、大きい程が大きな音を出せます。
ただ、アンプは音量を上げ過ぎると歪みやノイズを伴って来ますので、
出力の小さいアンプで最大音量で聴くのと、
高出力のアンプでそこそこのボリューム位置で聴くのとでは、
同じ音量感でも音の豊かさに大きな違いが現れます。

その歪みやノイズに有利なのがデジタルアンプでしょう。
CDやMD等のデジタル信号はクォリティーの高い音質を持っています。
アナログアンプはそのデジタル信号を一旦アナログに変換するので、
アンプの中を音が駆け回る事になります。
当然途中でノイズを拾ったり電気的なロスが生じたりしますが、
デジタルアンプはデジタル信号のままアンプの中に入り、
アナログへの変換は最後になります。
デジタル信号は音ではないため、
ノイズを拾ったり電気的なロスが生じたりする事はありません。
CD等の高音質がそのままスピーカーの直前まで来る訳ですから、
出て来る音もかなり期待ができるでしょう。

さらに、いい音はスピーカーの大きさにも絶対的に比例しますので、
セパレートで選択する場合は必ず考慮に入れる事をお勧めします

かなり簡略した説明ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんの少しはオーディオの知識がついたと
思います。ありがとうございます。
出力が高いといい音が出るとは限りませんが
やはり40~60Wは必要と思いました。
例えばアイワの20Wのコンポの聞こえは
スピーカーから、がんばって音を出している
というような感じでした。
それと、同じ値段でも全然、音のよさが違う
から不思議です。

お礼日時:2001/06/10 00:37

追伸です。

(いい音の裏技書いて見ます 笑)
次の質問Q&Aの方と答えが重複しますが
デジタルアンプらしいのは、下記の製品とRoland UA-100G
くらいしか知らないのですが、12Wで想像できない音するハズです。
このシステムの構成のコツとしては、
www.sekd.com(sumplitude)やwww.sonicfoundry.com/download/などからダウンロードできる、sound forge体験版ソフトで再生すると良い効果があります。体験版はセーブできないけど、再生できるのがミソなんですが。(内部処理32bit デバイスも32bit 24bitでドライブできます)これは現在無料で入手できる波形プレイヤーとして使えばかなり高品位です。(一般的なメディアのプレヤーはこのへんが手抜きしてあります。)これらのソフトを使って、CDからデジタル波形をインポートして、高精度ビットレート変換などの処理を必要に応じて行い、再生すると、デジタルで出荷されたCDがほぼあなたの耳に届く直前までデジタルということになります。
セコイ音で著作権なんていうソフトと違い、ノンプロテクトで波形はつくれる
のですが、不正行為には使わないでくださいね (爆)

ただし、普通ここまでしてデジタルを再現したいとは思わないし、やってない
ですからマニアック路線の裏技としてご紹介しておきますね。爆
私は波形を作る立場から結果的にこうした方法でデジタルをモニター
しています。

ノートパソコンに波形を格納して、Roland UA-100をヘドホンアンプとして
使っていますが、かなりいい音しますよ。出力は10Wにも満たない機器ですけど
楽器メーカーだけあって、デジタルをうまく処理してると思います。

 

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/soundstat …

この回答への補足

こんにちわ。まだ、よく分からない、という
のは、デジタルアンプというのは、きれいすぎて
余計に、人間の耳に聞きづらくなるのでは?
デジタルアンプがそんなにすばらしいなら、
いままでのオーディオはなくなっていくのですか??

補足日時:2001/06/05 22:42
    • good
    • 0

□ デジタルについて 


 スーパーオーディオCDなどはいい音ですが一般的な価格でないしソフトが少ない ですね。むしろ一般的にデジタルとはノイズのカタマリですから、アナログと
 デジタルは徹底的に遮断してないと弊害のほうが多いです。
□ 出力について
 瞬間出力(ダイナミックレンジ)は多いほうがアタックも綺麗で歪みませんが、普 通の音楽スタイルでマニアみたいに大きなスピーカーの真ん中で位相を気にし ながら聞くようなことは現代では流行りませんので、出力はそこそこあればいい と思います。

□デザインと機能について
 機能はシンプルイズベスト、よけいなものがついてると途中にスイッチやら
 回路が入って音が悪いのが普通です。基盤にボリュームの多いものは経年変化
 で抵抗にガリや接点不良が発生しやすいものです。

□ 質ですが、
 所詮は音のことです人のハナシやカタログスペックより自分の耳を信じることで す、貴方がいいと思うなら良いと思います。自分の耳を洗練するためには
 ライブ演奏(生音)がベストです。それからFMライブ放送や高級コンポを聴けば
 いずれいい音と悪い音の違いはわかります。
 ライブを聴いてると高級オーディオでも足元にも及ばないのが解るはずです。


今はデジタルオーディオなんて言われてますが、パソコンはFMラジオにも及ばない
レベルなので、専用のミニコンポ買ったほうが耳が腐らなくてよいと思います 爆
デジタルにコダワルのであれば、YAMAHA RolandからUSB接続のデジタル機器が
発売されています。これは一般ユース路線と違った目的でいい音がしますが、音楽を聴くスタイルとしてはわざわざパソコン起動するとノイズ増えるだけですから
まぁ、目的によるといったところでしょうかね 笑
    • good
    • 0

「音」の要素を考えてください


「雑音」があると澄んだ綺麗な音は出てきません
「音の歪み」があるともとの音がそのまま再現できません
「音のエネルギー」が足りないと本来の音が出せません
以上から
S/N比
DISTORTION
POWER
を3つの要素と見る見方が大勢を占めてきました
S/N比を簡単に判別するには
アンプの電源を入れてCD,テープ、ラジオ等の
音が出ない状態でボリュームをだんだん大きくしていって
スピーカーから「サー」という音が大きく聞こえないこと
DISTORTIONとPOWERは関連があり
両方とも音の歪を起こします
よく選定判別に用いられるのはピアノとバイオリンの
音を聞き生で聞く音とどの位差が有るかを見ることです
POWERが足りないと音の伸び特に高音の詰まった
感じが出ますまた低音も厚みのない軽い音になります
POWERが有るのに生の音と違う時には音の
歪があると思っていいでしょう
しかし音はアンプだけで出るものでは有りません
アンプとスピーカーの組み合わせが大切です
アンプが良くてもスピーカーが良くないといい音が
出ませんしその逆も有ります
アンプはアナログもデジタルも関係なく
最後にはアナログの音になりますので
出てくる音がいいかどうかで判断してください
何か自分が普段聞いている楽器か歌手のCDなどがあれば
お店に持参して聞いて決めると良いかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼送れてすいません。S/N比というのは
やはり初心者のわたしにはわかりません。
しかし、ほんの少しはオーディオの知識がついたと
思います。ありがとうございます。
出力が高いといい音が出るとは限りませんが
やはり40~60Wは必要と思いました。
例えばアイワの20Wのコンポの聞こえは
スピーカーから、がんばって音を出している
というような感じでした。
それと、同じ値段でも全然、音のよさが違う
から不思議です。

お礼日時:2001/06/10 00:39

お気に入りのCDを持って、店頭でかたっぱしから聞くというのは


どうでしょうか。
音の良し悪しというよりは、自分の好みの音を出すシステムを選ぶ
のがいいと思います。
最大出力の大きいアンプが、いい音を出すとは限りません。
なんか、答えになってないような。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。多分迷惑がられる
かもしれませんが、そこまでしないと
いいものが手に入らないと思いました。
おきにのCD持参で行きます。

お礼日時:2001/06/10 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーディオ(専用)CDとデータCDでの違い

データCDにオーディオで普通に聞けるように焼くのと、オーディオCDにオーディオを焼くのとでは、データCDでオーディオプレーヤで聞くと異常発生すると聞くのですが、どうなんでしょうか?オーディオ用のCDに焼いたほうがプレーヤーが壊れないと身内の人から聞いたもので。。。

Aベストアンサー

オーディオ用CD-Rには著作権法上の定めによる、私的録音補償金が含まれていますのでデータ用CDよりは若干価格が高め。

また、音質にこだわれるように、データ用CD-Rとは
そもそも作りが違います。

音質に拘る方で著作権に敏感な方はオーディオ用CD-Rを使われてます。

プレイヤーの件は故障はしないでしょうが余計なノイズ拾う恐れはありますね。

Qアンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

アンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

素人でも調整出来るでしょうか?ヘッドホンを使う前までは、スピーカーから左右異常なく音が出ていました。

ヘッドホンで聴くと異常なくバランス良く聴こえます。ヘッドホンで今後聴く分には多分問題は無いと

思っていますが?矢張りスピーカからの音で楽しみたいですね。

何しろ古い機種で交換部品が存在してるのやら?機種は、sansui au-999です。

あまりお金を掛けずに解決できる方法が在ればご教示お願いします。

以前秋葉原から部品を取り寄せテープデッキを修理した経験ははあります。

ま〜ド素人に近い方です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スピーカープロテクションリレーの接点汚損が原因でしょう。
リレーのカバーを外して接点を洗浄するか
リレーそのものを交換する方法があります。
今後の憂いを払しょくするためにも交換してしまった方が良いでしょう。
リレーそのものは汎用電気部品なので安価で入手可能のはずですが
いかんせんAU-999は1970年発売なので
同型リレーが現在も市場流通しているのか不明です。

この型の汎用リレーはカバーが簡単に外れる物がほとんどですので
接点を磨くこと自体は難しくないです。
とはいっても他の部品で込み合っていてカバーを外せても
綿棒すら入り込めない場合もあります。
その場合は基板からリレーを外すして個別に接点洗浄しかありません。
カバーに穴をあけて接点復活洗浄剤を吹き付ける等の荒業を推奨する方もいるようですが
その後の問題を増加させるだけなのでこの方法は絶対に止めてください。

QDVDオーディオとSACD。どちらを選べばいいの

こんにちは。僕のオーディオシステムに次世代オーディオプレーヤーを導入しようと思って検討しております。という事でDVDオーディオプレーヤとスーパーオーデオCDプレーヤーのどちらにしようか迷っています。SACDプレーヤーの方は低価格になり、ソニーから4万円を切るSACDプレーヤーが発売されているものの、DVDオーディオの方はまだ高いですね。オーディオの世界ではこれからどちらも普及し、レコードがCDに取って代わったように、CDからSACD又はDVDオーディオにメディア供給がシフトするであろう(あくまで予測ですのできつい反論はやめて下さいね。)と言われていますね。(まだ当分の間このような事は起こらないと思いますが…)
話がそれましたがSACDとDVDオーディオ、好みもありますが、どちらのプレーヤーの方がいいのでしょうか?皆さんの意見を聞かせてください。 今、発売されているタイトル数はSACDの方が多いらしいのですが。

Aベストアンサー

まず、音楽とビデオ・データを混同されている方もおられますが、Blue-Ray-Discはオーディオフォーマットに用いられる可能性は現時点では低いでしょう。(これは、あくまでデータ、映像用に開発されており、音楽用の商用メディア規格はDVDとSACDが当分はハイエンドで使われるはずです・・・ただ、需要や次世代としての善し悪しは別でCDの方が人気です)
オーディオは既に記録容量では十分な量で限界に近い領域に達しています。そのため、これ以上容量を増やしてもあまり意味がないと言われています。
(簡単に言えば、求める人も少ないだろうと考えられています、DVD-AudioやSACDがそうであるように・・)

Blue-Ray-discはハイビジョン動画の記録やパソコンのデータ記録に扱われる予定で、次世代DVDで標準化されているものではなく、独自規格です。何せDVDフォーラム議長を務める東芝は、Blue-ray-Discにまだ賛同していませんからね・・・あくまでBlue-rayも一つのDVD規格の選択肢に入ったと言うだけで、開発はDVDの次世代で別にも検討されています。(その中でBlue-rayが規格になるかもしれないと言うだけ)

まず、その点は間違えないように・・・

で、どちらが良いかですが、録音を視野に入れないで音質面ではSACDの方が私は好きですね。
ソフトも豊富で、CDの発展として質も良いです。DVDオーディオはアメリカではそこそこ人気なようですが・・・

ただ、音質にこだわる方なら、silkroadさんがおっしゃるようにほんとに安物は止めた方が良いですよ。はっきりといってしまうと、下のモデルはあくまで付加機能のあるCDもしくはSACD、DVDプレーヤーでどこか音が悪いです。

また、必要性ですよね。どこかでこれが必要だとか、これを買うためにどうしても必要であるというなら良いですけど・・・製品の安さに妥協して将来のためというのは、止めた方が良いですよ。将来のためという口実は将来のためではなく、ほとんど使わないで買い換える運命かもしれません。買うなら、今すぐ使うためで定期的に使うために買うこと、しかも、それには製品を良く選んで妥協はしないこと。
もし、安いから買うなら来年まで待ってみると分かりますよ。来年はもう少し性能がよいのが安くなるかもしれません。再来年はさらに・・・

あとで後悔だけはしないように・・・

まず、音楽とビデオ・データを混同されている方もおられますが、Blue-Ray-Discはオーディオフォーマットに用いられる可能性は現時点では低いでしょう。(これは、あくまでデータ、映像用に開発されており、音楽用の商用メディア規格はDVDとSACDが当分はハイエンドで使われるはずです・・・ただ、需要や次世代としての善し悪しは別でCDの方が人気です)
オーディオは既に記録容量では十分な量で限界に近い領域に達しています。そのため、これ以上容量を増やしてもあまり意味がないと言われています。
(簡...続きを読む

QAVR-X1300W と RX-V581の音出力

RX-V581 : 115 W
AVR-X1300W : 80 W

出力の差は実際どのくらいですか?素人なのであまりわからないですが、
ヨドバシでdemonのアンプの音量をいっぱいあげたらあれ?これがいっぱいなのかと
思いました。機種は覚えてないですが、、やっぱり 80wって小さいですか?

どっちがオススメですか?
音楽、映画、ゲーム

現在スピーカーはns-b330を考えていますが、似たような音質のものってどれがいいですか?
ns-b330もいいですがちょい大きいかなと思っています。

ns-b330場合AVR-X1300Wとはよく合いますか?

Aベストアンサー

ボリュームMAX??
居合わせたほかの客やお店の迷惑にならなかったのでしょうか?
そこまで音量を上げたら耳が壊れるんじゃないかと思える爆音が出ます。
量販店舗の売り場面積が大きいのでそれほどでもなかったかもしれませんが
あなたの部屋の十倍以上の広さがあることも考慮しなければなりません。
音量の大小は繋いだスピーカーの能率に関わってきます。
ふた昔前のスピーカーは90㏈が標準的な能率でした。
6畳間程度の部屋であれば0.5W程度で大音量になります。
最近のスピーカーは80~85㏈と低能率なので
アンプ側は1~2W程度出力していますがそれで大音量再生可能です。

ではなぜそこまで大出力が必要か?は長くなるので省略します。

NS-B330は試聴されたうえで気に入っているのでしょうか?
ゲームでの使用が大半であればもったいない選択と思いますが
映画も見る音楽も聞くとなればそのグレードが最低限度の選択でしょう。
似たような音質でもっと小型のスピーカーでお探しならば同じヤマハ製品で探すしかありません。

アンプとスピーカーに相性はありません。
繋げば鳴ります。
出てきた音があなたの好みに合うかどうかだけです。
店頭でその組みあわせで試聴してみるしかありません。
もっともボリュームMAXで物足りないくらいような広い店舗ですと
試聴しても良く分からないかもしれません。
自室に持ち込んだ場合とで差し引きをしなければなりません。

これは悪意では無く、念のために付記します。
ボリュームMAXで物足りないと感じたのは聴覚障害の可能性もあります。
つまり難聴を疑いたくなります。

ボリュームMAX??
居合わせたほかの客やお店の迷惑にならなかったのでしょうか?
そこまで音量を上げたら耳が壊れるんじゃないかと思える爆音が出ます。
量販店舗の売り場面積が大きいのでそれほどでもなかったかもしれませんが
あなたの部屋の十倍以上の広さがあることも考慮しなければなりません。
音量の大小は繋いだスピーカーの能率に関わってきます。
ふた昔前のスピーカーは90㏈が標準的な能率でした。
6畳間程度の部屋であれば0.5W程度で大音量になります。
最近のスピーカーは80~85㏈と低能率なので
ア...続きを読む

QiTuneのバックアップとオーディオCD作成

iTune内の操作で、曲のバックアップをとるためにCDRに焼くことと、とオーディオCDを作成するためにCDRに焼くことの違いはなんでしょうか。

ヘルプで検索すると、「CDRにバックアップしたものはオーディオ再生ができません」とありました。でもそうであれば、オーディオ再生ができて、かつ、バックアップにもなるオーディオCDの作成のほうがいい、ということなのでしょうか?焼き方の違いで記録できる容量が違ったりするのでしょうか。

また、借りてきたCDをiPodなどの携帯音楽プレーヤーでなく、部屋でオーディオ再生するには、まだMDが主流なのでしょうか。またそれは、デジタルオーディオプレーヤーを持っている場合は変わってくるのでしょうか。

レベルの低い質問ですみません。
先週iPod買ったばかりの初心者です。

Aベストアンサー

初心者とおっしゃるのに、最初にバックアップのことを考えるのはさすがですね。
すぐ使いこなせるようになると思います。

iTunesで行なうバックアップ以外に、オーディオCD形式で焼いたり、MP3やAACなどの音声ファイルを
データCD形式で焼いたりすることも幅広い意味でバックアップになりますが、データ量や操作の
ことを考えると、iTunesでのバックアップもいいかと思います。

iTunesはiPodの母艦となるものですから、iTunes内のデータを失えばiPod内のデータも通常は
繋いだ時に失われます(いろいろ手段はありますが)。
iTunesやiPodは音楽だけではなく、画像もありますが、以下は音楽だけに限った話にします。

以下のような違いがあります。お好きな方法でどうぞ。

1、CD-RにオーディオCD形式書き込んだ場合
通常、オーディオCDをiTunesに取り込む場合、AACなどの圧縮音声ファイルとして取り込みます。
これを、オーディオCDとして書き込んだ場合、書き込む曲数は、元のオーディオCDと同じような
曲数しか書き込めませんから、効率が悪いです。
ただし、オーディオ機器の大半で聴くことができます。
なお、非可逆圧縮の音声ファイルをオーディオCD形式で書き込んでも、CD音質には戻りません。

2、CD-RにMP3やWMAなどのデータ形式で書き込んだ場合
圧縮した音声ファイルをそのまま書き込むので、効率はいいです。インストールしたままの設定
だと、1の10倍ほどの曲が書き込めます。
パソコンでは聴けますが、対応したオーディオ機器でないと聴けません(対応した音声ファイルだけ)。

3、iTunesでバックアップした場合
圧縮した音声ファイルをそのまま書き込むので、効率はいいです。
2との違いは、リストア(元に戻すこと)操作が非常に簡単なこと、1枚のCDやDVDに納まりきれない
場合でも複数のメディアに自動的に分割してくれること、差分バックアップに対応していること、
です。

一度試すとよくわかると思います。

>CDRにバックアップしたものはオーディオ再生ができません
というのは、データCD形式の音声ファイルを聴くことができるオーディオ機器はまだ少ないからでしょう。
聴けるといっても、MP3やWMAぐらいしか聴けませんし。

>借りてきたCDを・・・・・・・部屋でオーディオ再生するには
CD-Rにコピー、パソコンに取り込み、というところでしょう。

iTunesで、iPodと、採り貯める音質の両立は難しい問題です。私は、両建てしています。

初心者とおっしゃるのに、最初にバックアップのことを考えるのはさすがですね。
すぐ使いこなせるようになると思います。

iTunesで行なうバックアップ以外に、オーディオCD形式で焼いたり、MP3やAACなどの音声ファイルを
データCD形式で焼いたりすることも幅広い意味でバックアップになりますが、データ量や操作の
ことを考えると、iTunesでのバックアップもいいかと思います。

iTunesはiPodの母艦となるものですから、iTunes内のデータを失えばiPod内のデータも通常は
繋いだ時に失われます(いろいろ...続きを読む

Qアンプの音が片チャンネル&「A」「B」の音の違い

YAMAHA AX-570 を使用中です。

(1)「DirectMode」ですと両chのSPが鳴ります。
   これにしないと、右chのみしか出ません。
   通常時のリレーの接触不良でしょうか。

(2)SP出力の「A」と「B」では、
   「B」の方が若干ですが、音が小さいような、
   そして、高音が出ないように聞こえます。
   3組あるSPを相互に入れ替えて試してみました。
   Aのみで使用すればいいのですが、こうなったら
   もう寿命でしょうか。
   それとも、セッティングの問題でしょうか。

 SPは、D-202A D-202A II  D-202A LTD です。

 ONKYOよりもヤマハの音が好きで、アンプはヤマハです。
 SPは全て、エッジを張り替えています。

 ~~~~~~~

 もし、アンプが寿命でしたら、

  ONKYO TX-8150 
  ヤマハ  A-S801 R-N602

 などを候補にしています。SPは常時2組接続するので、
 DENONのPMA-50は該当しません。
 他にお勧めはあるでしょうか。

YAMAHA AX-570 を使用中です。

(1)「DirectMode」ですと両chのSPが鳴ります。
   これにしないと、右chのみしか出ません。
   通常時のリレーの接触不良でしょうか。

(2)SP出力の「A」と「B」では、
   「B」の方が若干ですが、音が小さいような、
   そして、高音が出ないように聞こえます。
   3組あるSPを相互に入れ替えて試してみました。
   Aのみで使用すればいいのですが、こうなったら
   もう寿命でしょうか。
   それとも、セッティングの問題でしょ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)プリ部のどこかで左chのみ接触不良になっています。
切り替えスイッチの接触不良や基板のはんだクラックが考えられます。
分解清掃、再ハンダ処理が必要です。

(2)スピーカープロテクションリレーの接点汚損でしょう。
使用頻度に関わらず接点に汚れが付着し導通不全になることがあります。
電気知識と機械の分解組み立てが得意な方であればリレーの交換も可能ですが
そうでない方には難しい作業になります。

プリ部の問題と併せて考えても製品としては寿命です。
古い機種なのでメーカー修理も無理と思われます。
買い替えを検討した方が良いでしょう。
ヤマハファンであるのならA-S801一択でしょう。

QオーディオCD(wav形式)を焼いたのにCDプレイヤーで聴けません。

先日パソコンを買い替え、CDのライティングソフトが変わりました。

以前はSOTECに付属していた「Drag'n Drop CD」というソフトでオーディオCDを焼いていました。
そのソフトはパソコンに入れてあるmp3をwavに変換し、オーディオCDに焼いてくれるので重宝していました。

しかし、パソコンをGATEWAYに買い換えてから、そのソフトが使えなくなりました。そのため次のパソコンに付属していた「NERO」というソフトや、windows media playerやituensを使ってmp3からオーディオCDを作ろうとしました。

どのソフトを使っても一応焼けることは焼けるのですが、できたCDは上手く再生できません。今まではCD-Rを普通に再生できいた機器でもそのCDは再生できません。

しかし、焼けたCDを確認してみても、中身はちゃんとwav形式で記録されています。

実は前のパソコンの時にもwindows media playerでオーディオCDを焼いたら同じように
「オーディオCDなのにプレイヤーで聴けないCD」
になってしまいました。


「オーディオCD形式で焼いているのにCDプレイヤーで再生できない」
これはいったい何が原因なのでしょうか?

色々調べましたが検討がつきませんでした。

みなさん、どうぞよろしくお願いします。

先日パソコンを買い替え、CDのライティングソフトが変わりました。

以前はSOTECに付属していた「Drag'n Drop CD」というソフトでオーディオCDを焼いていました。
そのソフトはパソコンに入れてあるmp3をwavに変換し、オーディオCDに焼いてくれるので重宝していました。

しかし、パソコンをGATEWAYに買い換えてから、そのソフトが使えなくなりました。そのため次のパソコンに付属していた「NERO」というソフトや、windows media playerやituensを使ってmp3からオーディオCDを作ろうとしました。

どのソフ...続きを読む

Aベストアンサー

オーディオCD形式とWAV形式は違いますよ。
WAV形式というのはデータ形式のCDのうち、ファイルをWAVファイルとして書き込んだ形式です。

あとは、オーディオ機器はCD-R対応なのでしょうか?対応と書かれていないものでも再生できる事はありますが、再生できないメディアなどもありますよ。

Qバランス出力アンプ 自作

この前、バランス出力(BTL?)アンプを初めて知りました。
その構造を見たときにふと思ったのですが、バランス出力アンプはステレオampICで作れたりしますか?
(つまり、ステレオampIC2つでバランス出力(ステレオ)になる)
L/R共に同じ入力(どちらかの位相は逆にしたほうがいいのか?)をいれれば、出力L/Rでバランス出力ということにできそうな…?
仕組み的には同じですよね?

文章が分かりにくいですが、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はい。 お考えの通りです。

多分、回路図もご覧になっていらっしゃるでしょうから、蛇足かも知れませんが、一応BTL回路を貼付しておきます。
http://www.njr.co.jp/j04/ju7084.htm
Amp Aの出力を、Amp Bの反転入力に入れ、Amp Bのゲインを1にとることで、OUTA,B間には位相が180度異なった上下対象の出力が得られます。

注意点を一つ挙げておきます。

一般に、アンプの出力を電源電圧から概算するとき下記の式が使われます。
 Po=Vc^2/(2xRL)
例えば、電源電圧Vc=15Vで負荷抵抗RLが8Ωであれば、出力は14.1Wと計算されます。
このときの電流は、
 I=Vc/RL=1.88A

BTLでは電源電圧が2倍になったのと同じ動作をしますから出力は、
 P=30^2/(2x8)=56.3W
と、同じ負荷抵抗でも、約4倍の出力が得られます。
(実際にはいろんな制約があり、きっかり4倍にはなりませんが)
このときの電流は、
 I=30/8=3.75A
と、これも2倍になっています。(当然のことですが)

このように、BTL接続にしたときは、IC自体が、
 (1)ステレオ動作時の2倍の発熱に耐えられること
 (2)同じく2倍の電流においても、性能が低下しないこと
が条件となります。

BTL用に作られたICは上記条件を備えています。
BTL用でないICを2個使った場合には、(一般的には)定格の2倍の電流が流れると増幅率が大きく低下し、4倍の出力は得られません。

はい。 お考えの通りです。

多分、回路図もご覧になっていらっしゃるでしょうから、蛇足かも知れませんが、一応BTL回路を貼付しておきます。
http://www.njr.co.jp/j04/ju7084.htm
Amp Aの出力を、Amp Bの反転入力に入れ、Amp Bのゲインを1にとることで、OUTA,B間には位相が180度異なった上下対象の出力が得られます。

注意点を一つ挙げておきます。

一般に、アンプの出力を電源電圧から概算するとき下記の式が使われます。
 Po=Vc^2/(2xRL)
例えば、電源電圧Vc=15Vで負荷抵抗RLが8Ωであれば、出力は14.1W...続きを読む

QPCで焼いた音楽CD-ROMはどんなオーディオでも再生できますか。

PCで焼いた音楽CD-ROMはどんなオーディオでも再生できますか。
会社で経営者の方に好きな音楽をかけていい、と言ってもらいました。ぜひ、PCで焼いたCDを持っていこうと思うのですが、会社にあるオーディオは古いです。
PCで焼いたCDって、CD-Rとかに対応していないオーディオでも聞く事はできるのでしょうか・・。

Aベストアンサー

私の持っている安くて古い・・・ 20年以上前のCDラジカセやCDウォークマンでもCD-R(もちろんCDオーディオ形式)の再生は可能です。当然それら20年以上前の機械にはCD-R対応などとは書いてもありません。
ただ、このごろは、CDウォークマンはご老体なのでレーザー出力が落ちているのか時々読めません。
参考まで・・・

Qアンプの出力について

アンプの出力について質問です。
カタログに"Output Power(max) : 400W×2" "RMS Power : 200W×2"と書かれている場合、一般的に言っている出力というのは400Wでいいのでしょうか?またRMS Powerとは何でしょうか?
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

>一般的に100Wアンプといった呼び方をしている場合は瞬間最大出力ではなくRMSの方を指すのでしょうか?

一般的には「そうです」なのですが、カタログを参照されたほうが無難です。

最近ではこういう表示は姿を消しているかもしれませんが、片チャンネル瞬間最大出力が例えば200Wであっても昔のUSA製に見られた「400W」などという表示がされてある場合もありますから注意したほうがいいですね。そのアンプのRMSが120W×2だったりすることもあります。

国内有名ブランドのURLを下に貼り付けました。
ここに書かれてある“定格出力”と称するのがRMS表示です。

参考URL:http://denon.jp/products/PMA2000IV.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報