仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

こんにちは。あまり詳しくはお話できませんが、親族が他人(学生時代の友達のようです)の連帯保証人になってしまい、先日、他人さんが自動車ローンを組んだという銀行から

「ローンの振込が無く、連絡も取れない状況。住居は既に退去しているようで、どこにいるかもわからない。請求できない。差し押さえもできないので、連帯保証人であるアナタが代わりに毎月払ってください」

などという連絡が来たそうです。
ようするに、親族の友人はバックれたようなのです。

親族からの又聞きなので真実かはわかりませんが、
 ・友達の両親は既に死んでいて、祖母しか親族がいない
 ・祖母とも疎遠で、今どこにいるのか祖母自身も知らない
 ・しかし、どうやら共通の友人宅に転々と居候しているらしい
  (海外に逃げる!とかホームレス!とかする根性のあるタイプでは無い)
 ・ローンの元金はほぼ減っていない

本人が精神薄弱なところがあり、混乱しているようで、あれやこれやと根掘り葉掘り聞けなかったのですが、下記が気になっております。


・バックれるなどということが本当に可能なのか?
→それこそホームレスとして、日雇い仕事もせずに空き缶広いだけで生活し、
 一切身分証明を求められるような事の無いような形なら逃げ切れるかもしれませんが、
 国内で普通に生活していれば、例えばツタヤカードを作るにも身分証明書を見せるでしょうし、
 バイトをするにも住民票など出す必要がありますよね。
 実際のところ、住民票は以前登録したアパートに今は住んでいなくても出せたりしますが(過去出せたことがあります)
 本気で探せば、簡単に見つかってしまうと思います。
 どうなんでしょう?
 ローン会社は警察とは違いますし、そういったお店の利用登録とかまで閲覧する権利は無いでしょうし、
 よほど高額なローンを踏み倒すとかならない限りは、本腰入れて探したりはしないものなのでしょうか?
 捜索願を出せば警察も動くわけですし、とても逃げられないと思うのですが…


・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来るのでしょうか?
 話を聞いていると、両親が死んでいるというのもウソっぽいな…と思っています。
 仮に本当に亡くなっていても祖母は生きているわけですから、祖母の方に支払督促が行くものではないのでしょうか?


・たとえば、私の親族がいくらか連帯保証人として支払いをした後に本人が見つかった場合、見つかるまでの間に支払った額は帰ってくるのでしょうか?
 ローン会社が返還してくれるのか、民事訴訟?などして本人に個人として請求することになるのでしょうか?


・仮に私の親族が全てを支払わなければならないことになってしまった場合。一括ではとても無理なので分割ということになると思うのですが、元本のみ返せば良いのでしょうか?
 それとも、普通に利息も返さなければいけないのでしょうか?
 どうやら600万円の車を10年ローンにしたようですので、年利率を7%で計算すると
 毎月の支払額は7万円前後かと思います。

 かりに私の親族が全て支払をするとした場合、ローンを引き継ぐ形で毎月7万円を払い続けるのか、
 それとも元本のみということで、600万円を分割して払う(利息は再計算でしょうか?さすがに無利息とはならないでしょうか)
 ことになるのでしょうか。



情報が少ないため申し訳ございませんが、わかる範囲で教えていただけますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

・バックれるなどということが本当に可能なのか?


    ↑
十分に可能です。オウムの逃亡犯を見てください。
住民票など要求しない職場はいくらでもあります。
アパートもあります。


”本気で探せば、簡単に見つかってしまうと思います。
 どうなんでしょう?”
    ↑
探偵者などのプロが探せば見つかると思います。
素人では難しいです。


”本腰入れて探したりはしないものなのでしょうか?”
    ↑
余程のことがない限り、ローン会社はそんなこと
しません。
人を探すのにどれだけお金が掛かると思っているのですか。
だから、連帯保証人をたてるのです。


”捜索願を出せば警察も動くわけですし”
     ↑
警察は動きません。断言できます。
毎年何万もの行方不明者が出ているのです。
犯罪性が顕著でもない限り、警察は動きません。
身元不明の死体が発見された時に照合するぐらいです。


・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来るのでしょうか?
     ↑
本人が生存している以上、親族には何の関係もありません。
親族が関係するのは本人が死亡して、相続が発生した時だけです。
法的には、本人を差し置いて連帯保証人に直接請求できる
ことになっています。
本人が見つからなければ、連帯保証人に請求します。
親族は関係ありません。


・たとえば、私の親族がいくらか連帯保証人として支払いをした後に本人が
見つかった場合、見つかるまでの間に支払った額は帰ってくるのでしょうか?”
     ↑
帰ってくるのではありません。
支払った連帯保証人が本人に請求するのです。
これを求償といいます。
本人が払わなければ、自分で提訴するしかありません。


”ローン会社が返還してくれるのか、民事訴訟?などして本人に個人として
 請求することになるのでしょうか?”
    ↑
ローン会社は返還などしません。


”元本のみ返せば良いのでしょうか?
それとも、普通に利息も返さなければいけないのでしょうか?”
    ↑
連帯保証人は本人と同じ責任を負います。
従って元本だけでは足りません。利息も全額支払う
必要があります。


”かりに私の親族が全て支払をするとした場合、ローンを引き継ぐ形で
毎月7万円を払い続けるのか、
それとも元本のみということで、600万円を分割して払う”
    ↑
親族は関係無いことは説明した通りですが
仮に支払った場合は、ローンを引き継ぐことになるでしょう。
勿論、ローン会社と相談して一括弁済することは
可能ですし、ローン会社が承諾すれば元本のみ、という
ことも可能です。
ローン会社次第です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

一つ一つご丁寧にありがとうございます。

結構大手のローン会社なので、元本のみとかは難しいのかなと思っています。
一括支払はなんとか勘弁してもらいたいところですが、法律屋を立てて交渉しないといけないでのでしょうね。

お礼日時:2014/03/09 17:47

すでに素敵な回答が付いていますが・・・



保証人 と 連帯保証人 2種類の保証人があります。
今回の連帯保証人とは・・・
その友人と全く同じ立場になります。

ですから、月々7万円を完済まで続けることになります。
ローン会社は、同じ立場の人間がいますから
友人を探す とか 親族に請求するとかしなくても
連帯保証人に請求すれば、足りる。

・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来ます。

・本人が見つかった場合
  見つかるまでの間に支払った額は返ってきません。

・本人に個人として請求することになりますが
  本人にお金などが無ければ、請求できるが回収できない。

これは、ここでの相談を超えています。
お金の問題ですから、法律で必ず解決できます。
そもそも
そんな本人に、600万円を貸したほうの問題はないのか?
ということも気になりましから
今後は、弁護士と相談して
法的解決の道を進むことになります。

個人でこの可決は、できません。

ちなみに・・・
その600万円の車が勝手に消える とか 海外に行く
なんてことは、考えにくいので、そこに何かヒントがありそうです。
ん?ローン会社と相談して、600万円で車を買ったことにしたか?
それなら、話は見えてきますね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

背景まではよくわかっていません。
恐らくは、私含めた親族でサポートしつつ、とりあえず友人さんとやらを捕まえて、話を聞くところからだと思っています。

もし友人がつかまらなければ、生きているとウワサの祖母様に改めて事情を伺うとか。
祖母様に支払義務はないとのことですので、支払いをお願いすることは当然できないですけど、孫の不始末ということで、お気持ちがあれば…くらいの希望になりますけど。

今は何もわからないですね

お礼日時:2014/03/09 17:42

連帯保証人は単なる保証人と全く違い、「借りた本人と全く同等」に扱われます。

単なる保証人であれば借りた本人が返済できない場合に代わって返済することを求められますが、連帯保証人であれば、債権者は「どちらに返済を求めてもかまわない」のです。つまり連帯保証人本人が債権者から借金をしたのと同じ扱いになるわけで、返済を求められたら拒否することはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/03/09 17:39

連帯保証とは、借りた本人と同じような支払義務が有ります。


貸し付けた側は、貸した本人からの支払いが滞れば、その理由いかんにかかわらず連帯保証人に請求できます。
ご質問の中で色々な疑問や状況を書いておられますが、借りた人と同じ立場で有ると言う事を理解できれば、借りた本人の状況や。、今後の返済状況が変わる事も関係ありません。
勿論、交渉次第では支払方法の変更もあり得ますが、あくまでも借りた本人が交渉するのと同じ立場で有る事に変わり無い事です。

その後の、借りた本人との連絡が付いた場合は、あくまでも連帯保証をした人と借りた本人との話し合いに成るだけで、貸し付けた方は途中経過には関係しません。
それが連帯保証をすると言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

・連帯保証人とは、借金した本人と同じ扱い

これを理解できていませんでした。
ありがとうございます。

確かに知れば知るほど恐ろしいシステムですね。

お礼日時:2014/03/09 17:39

借金した本人が金を返せなくなると、本人になり替わり連帯保証人が利息も含めて全額返さなくてはいけません。


(だから「たとえ親や兄弟の連帯保証人といえども、簡単に連帯保証人になっちゃいけない。」と言われるわけです。

連帯保証人になったご親族は、全額返済の義務があります。 (銀行からしてみれば、連帯保証人が払ってくれるから、行方不明になった本人なんて探す必要がないんです。)

当然連帯保証人は、本人になり替わって返済した金額について、後で本人に請求できます。ただもともと金がなくてバックれるような人からは多分お金の回収はできないでしょう。

なお借金をした本人の親や家族に請求するのは自由ですが、そもそも親や家族には本人になり替わり返済する法的義務はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、やはり親とかは関係ないものなのですね。
田舎で育ったもので、
「子の不始末は親が」
という認識でいました。

不勉強でしたので、助かりました。

お礼日時:2014/03/09 17:37

連帯保証人は連帯保証人自身が借金したのと同じことです。



>・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来るのでしょうか?

なので行きません。

>私の親族が全て支払をするとした場合、ローンを引き継ぐ形で毎月7万円を払い続けるのか、

金融事故になってますので全額弁済する義務があります。

カーローンは一括返済しなければならないので
別に600万+利息分をどこかから借りることになると思います。

>ローンが返還してくれるのか、民事訴訟?などして
本人に個人として請求することになるのでしょうか?

すでに返済義務が親族の方に移ってますので
親族の方とその友人の間の話になります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

了解です。
私自身は、親から口をすっぱくして
「家族以外は絶対に保証人になるな」
と言われていたので、正直「連帯保証人」が一体どの程度保障しなければならないのか、など知りませんでした。

カーローンについてはどうなのでしょうかね。
他の回答者の方のご意見も拝見させていただくと
 ・利息含めて一括返済しないとダメ
という場合と
 ・借金した人のローン支払いをそのまま引き継ぐ形
という場合があるようですが。

いずれにしても利息分も払わないといけないのは間違いないようですね。・

お礼日時:2014/03/09 17:35

 


貴方が考えてる様な身分を隠す必用は無いです
どこかでアパートを借りる時は現住所の住民票を見せれば普通に借りれます。
そして引越しして、住民票を移さなければ、ローン会社からすれば「消えた」事になります。

ローン会社は支払いが無い、本人と連絡が付かない・・・・これだけで十分、それ上の捜索はしません
後は連帯保証人に請求します

なお、親、親族には支払う義務はありません。
連帯保証人は請求されたら無条件に支払う義務があります、「借りた本人から先に取れ」と言うこともできません。
借りた本人が自己破産しても連帯保証人には支払い義務があるので、覚悟するべきですよ
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、意外と探さないものなのですね。
”連帯保証人”と連絡が取れるのだから、探す費用をかけるだけムダと言えば無駄ですものね。

お礼日時:2014/03/09 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯保証人もブラックリストに載りますか?

 夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。(オリ○ントコーポ○ーション)
今までに、何度か『支払いが遅れています。連帯保証人様からも、
ご契約者様にご連絡願います。』という内容のハガキが届きました。
ただ、1ヶ月に2回の通知が届いたことはなく、
オリ○に電話で聞いても1ヶ月以上の滞納はないとのことでした。
(遅れながらも、払い続けている)

しかし、今回、上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』
という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が
届きました。

弟には連絡がつかず、弟の妻に連絡すると
『すみません。電話するように言います。』という返事。
(でも、弟から連絡はありません。)

連絡をしてこない弟に腹が立ちますが、連帯保証人なので、
きちんとこちらで支払うつもりでいます。
ただ、うちが期日までに支払えないときには、
夫自身の履歴として、いわゆる”ブラックリスト”に載るのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。

連帯保証人は、債権者から返済請求があれば拒否する事が出来ません。
ただの保証人だと「借りた本人の差押でも何でもして、払って貰え!」と言う事が出来ます。
が、連帯保証人は「借金本人と同等の義務」を負います。

>上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が届きました。

この時点で、債務者は「あなたの夫」になっています。

>連帯保証人なので、きちんとこちらで支払うつもりでいます。

連帯保証人になったばかりに、自己破産をした人も多くいます。
不本意ですが、頑張って支払って下さい。
なお、契約書には「残金一括返済」となっていますが、「債権者と返済計画を立てる事も可能」です。
債権者は「1円でも返済を受けたい」のが本音ですからね。

>うちが期日までに支払えないときには、夫自身の履歴として、いわゆる”ブラックリスト”に載るのでしょうか?

残念ながら、連帯保証人の場合は「返済が無いと個人信用情報機関のブラック該当者」として登録されます。

>夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。

連帯保証人は、債権者から返済請求があれば拒否する事が出来ません。
ただの保証人だと「借りた本人の差押でも何でもして、払って貰え!」と言う事が出来ます。
が、連帯保証人は「借金本人と同等の義務」を負います。

>上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が届きました。

この時点で、債務者は「あなたの夫」になっています。

>連帯保証人なので、きちんとこちらで支払うつ...続きを読む

Q連帯保証人の時効?について教えてください

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連絡の無い場合には、
不本意ながら法的手続きにより回収することが・・・」
という内容で、下の部分に借金の額が書いてありました。

そこに、代位弁済というのがあるのですが、これは
なんでしょうか?
日付は昭和62年となっています。

結構昔のものだと思うのですが、時効?には
ならないのでしょうか?
父が時々返していたので、やはり最後まで返さなくては
いけないでしょうか?

父が亡くなってすぐにきた協会の回収者は、
母に払わなくてもいいですよと言ったそうです。
その後、現在の担当者に変わり、土地を抵当に入れると
言われたり、元金だけでもいいといわれたりしたようです。

この借金が何時のものか、他の連帯保証人がどうしてるのか、
父が何時ごろまで借金を返していたのか、分からないことが
多いのですが、それを知る方法や、時効?かどうか
調べる方法、それを申し立てる方法など、分かる方が
いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

宜しく御願いします。

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ」を相続放棄はできません。放棄するのであれば
土地や預貯金などのプラスの財産も放棄になります。なお、相続放棄
の手続きができるのは、通常亡くなってから3ヶ月以内です。それを
過ぎると自動的に相続したことになります。)

>この借金が何時のものか
>父が何時ごろまで借金を返していたのか

これは相手方に「取引履歴」を開示してもらえばOKです。
相手(債権者)は拒否できません。

>他の連帯保証人がどうしてるのか

これは興信所等で調べる手はありますが、当面あまり意味は無いと
思います。連帯保証人というのは何人いても、借金を頭割りして支払う
というものではありません。債権者はその中の一人に「全額」請求できます。

まずは
・借金(連帯保証)の契約書を見せてもらう
・取引履歴を開示してもらう

ところからはじめましょう。
いつの借金なのか、最後に支払をしたのはいつかを調べましょう。
なお、お父様が亡くなった後にお金を支払ってしまうと、例え相続放棄
していても「債務の追認」になる可能性があります。
(要は「代わりに支払うことを承諾した」ことになる)

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ...続きを読む

Q連帯保証人に家賃滞納を催促したのですが、関係ないと言われました。

アパートの大家をしています。
家賃滞納をしている入居者がおり、支払の催促を電話でしていたのですが、いつも電源を切っているか留守電で、伝言を残してもまったく無視されています。書面での催促は1回行いました。

まったく無視を続けられているので、連帯保証人(入居者の妻の父)に電話し、入居者に支払ってもらうように連帯保証人からも言ってほしい、支払ってもらえない場合は、連帯保証人に支払っていただくことになる、と伝えたところ、伝えておきますという返事でした。

それから数カ月、支払は滞ったままのため、連帯保証人に対して、家賃支払い請求の内容証明文書を送りました。

すると連帯保証人の代理人から配達証明(内容証明ではありません)があり、娘は5月に入居者と離婚したため、もう入居者とはアカの他人であるから、自分は連帯保証人の責任はない、この文書を持って連帯責任を解除する、よって支払の義務もない、と一方的な内容の文書が届きました。

そんな勝手な文書は有効なのでしょうか?このように自分勝手に連帯保証人をやめるなんてことが通用するのでしょうか?

入居者は低所得者で支払能力が低いので、支払督促は連帯保証人に行いたいと思っているのですが、できるのでしょうか。

当方の希望は、連帯保証人に対して支払督促を行い、入居者に対しては退去してほしいと思っています。
滞納金額は40万強です。
裁判で費用をかけるのはこちらとしても負担なので、できるだけ費用をおさえたいのですが、どのような手続きを踏んでいけばよいか、アドバイスをお願いします。

アパートの大家をしています。
家賃滞納をしている入居者がおり、支払の催促を電話でしていたのですが、いつも電源を切っているか留守電で、伝言を残してもまったく無視されています。書面での催促は1回行いました。

まったく無視を続けられているので、連帯保証人(入居者の妻の父)に電話し、入居者に支払ってもらうように連帯保証人からも言ってほしい、支払ってもらえない場合は、連帯保証人に支払っていただくことになる、と伝えたところ、伝えておきますという返事でした。

それから数カ月、支払は...続きを読む

Aベストアンサー

>そんな勝手な文書は有効なのでしょうか?このように自分勝手に連帯保証人をやめるなんてことが通用するのでしょうか?

通用しません。
入居者の妻の父は、入居者の連帯保証人になったのです。

娘と婚姻中は義理の息子、離婚すれば赤の他人ですが、入居者は入居者です。離婚したからといって勝手に辞めれません。

>支払督促は連帯保証人に行いたいと思っているのですが、できるのでしょうか。

出来ます。

>当方の希望は、連帯保証人に対して支払督促を行い、

これは小額訴訟を行えば、法的に請求できるようになります。

>入居者に対しては退去してほしいと思っています。

こちらは大変です。

家賃滞納を理由に、まず大家よりの賃貸契約解除を認めてもらう民事裁判をおこし、裁判所に契約解除を法的に認めてもらう必要があります。

法的に契約解除になったのに、それでも立ち退かない(居座る)なら明け渡し強制執行の申し立てを行い、強制執行して追い出すことになります。

強制執行費用は数十万から百万かかることもあり、それは入居者に請求できますが、払ってもらえない場合がほとんどであり、大家側が負担する覚悟でやるしかありません。

>そんな勝手な文書は有効なのでしょうか?このように自分勝手に連帯保証人をやめるなんてことが通用するのでしょうか?

通用しません。
入居者の妻の父は、入居者の連帯保証人になったのです。

娘と婚姻中は義理の息子、離婚すれば赤の他人ですが、入居者は入居者です。離婚したからといって勝手に辞めれません。

>支払督促は連帯保証人に行いたいと思っているのですが、できるのでしょうか。

出来ます。

>当方の希望は、連帯保証人に対して支払督促を行い、

これは小額訴訟を行えば、法的に...続きを読む

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q連帯保証人に対する債務履行の請求時期はいつごろになるのでしょうか

宜しくお願いします。

私は知人で商売をしている人の連帯保証人になっています。その人が、現在、破産宣告を申請しています。

その人の破産宣告が認められた場合に、連帯保証人になっている私のほうに債務履行の請求が来ると思い
ますが、その時期は破産宣告が認められてからになるのでしょうか、それとも、それ以前でも、債務の履行を
求められるのでしょうか。

専門的にご存知の方、以上の件につきまして宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の方の回答通りです。

破産宣告が認められなくても連帯保証人にはいつでも請求できます。
現在破産申請中なら債権者がそれを知り次第すぐ請求が来ると覚悟しておくべきです。

連帯保証人の特徴は、催告・検索の抗弁権がないことです。

催告の抗弁とは、債権者が「払え」と請求してきたときに、保証人は「まず債務者に請求しろ」と主張できる、という権利です(民法452条)。
また、検索の抗弁とは、債権者が「返せ」といってきたときに、債務者自身が資力を持っていて返せると証明できるときは、「まず債務者に強制執行しろ」と主張できる、という権利です(同453条)。

普通の保証人にはこれらの抗弁権がありますが、連帯保証人には認められていません(民法454条)。つまり、連帯保証人は、請求してこられたとき、防御する手立てがないのです。すなわち、債務者への請求を省略していきなり取り立てることも、法律上は可能です。

Q連帯保証人の逃げ道!

 
 連帯保証人になってます。
 融資は500万円でした。
 融資先は 主に個人事業主に対象とおもいます。
 現在の 残高は およそ1,000万円です。
 融資先の対応は 特に問題ありません、
 10年ほど 連帯保証人として 融資先と対応してきました。
 
 さすがに 融資主も 即処理対象にしたようです。
 借主も もう無理なようです。

 
 連帯保証人は 借主とは 借入前に 上司と部下でした。
 その関係で 個人的に断りきれない部分で 連帯保証しました。
 借入に時点では 借主は会社を辞め、個人事業主になってました。
 一切の 融資による 利益は得ていません。
 
 借主は 2年ほどで 行き詰まりましたが、裁判所が”自己破産を認めませんでした。”
 社会常識を 超えていました。
 融資先は 連帯保証人に 返済を求めてきました。
 経済的に困難であると申告したところ、、、
 融資先は 連帯保証人が個人的に借主と交渉して 毎月返済してくださいと、提案され 現在に至っております。
 
 融資先は 借主と直接電話連絡も取っております。
 返済が滞り、借主と連絡が取れなくなると、
 連帯保証人に 電話が来ます。
 勤め先にまで 電話が来ます。
 この10数年で 2度ほど”ヤバイ”と感じて 自分で 合計数万円振り込みました。

 幸いに 借主が 長年に渡り最低限の誠意を見せてくれているために 現在に至ってます。


 緊急ですが お知恵 拝借できませんでしょうか。
 よろしくお願いいたします。
 

 
 連帯保証人になってます。
 融資は500万円でした。
 融資先は 主に個人事業主に対象とおもいます。
 現在の 残高は およそ1,000万円です。
 融資先の対応は 特に問題ありません、
 10年ほど 連帯保証人として 融資先と対応してきました。
 
 さすがに 融資主も 即処理対象にしたようです。
 借主も もう無理なようです。

 
 連帯保証人は 借主とは 借入前に 上司と部下でした。
 その関係で 個人的に断りきれない部分で 連帯保証しました。
 借入に時点では 借主は会...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろな回答が見受けられますが心中お察し申し上げます。

他の方の意見のように基本的に連帯保証人を貴方の一方的な判断で抜ける事は出来ません。
(更に数回代理返済している事で100%保証人を認めていますので)

しかし不幸中の幸いなのが借主が自己破産出来なかった事です。
(自己破産していたらそのまま貴方に直接請求が来ます。)

>主に個人事業主に対象 とありますが
借りたのは銀行では無くノンバンク系でしょうか?

その場合、利息は結構高いのではないでしょうか?

借主に言って借りた金融機関に『取引履歴開示依頼書』を送付します。
金融機関によりますが1ヶ月程度で取引明細を送ってくると思いますのでそれを元に法律で決められた利息で『引き直し計算』を行なって下さい。

10年ほど連帯保証人として対応とありますが返済が延滞したのが10年前でそれ以上前の借り入れなのでしょうか?

10年以上の期間でノンバンク系なら殆どの場合大幅減額又は過払い金によりお金が戻ってくる場合もあります。

詳しい借り入れ期間と実質年利毎月の返済額が分からないと計算は出来ませんが減額の期待はあると思います。

気を付ける点は万が一借主が破産宣告をしたり夜逃げした場合貴方が債務者になりますが借入残高約1000万円をそのまま引継ぎ新たに貴方が1000万円の借り入れ契約をした場合その後減額の交渉は困難になりますので今の内に最悪の事態に備え少しでも減額(上手くいけば過入金)及び残金の金利を無利息又は2~5%以内の低金利に交渉しておいたほうが良いと思います。

どうしても手に負えない場合、弁護士に相談されるのが良いと思います。
弁護士は『法テラス』又は各都道府県の弁護士会に相談すると金融案件を得意とする弁護士を紹介してくれます。
(TVやネットで宣伝している所は相談無料とかありますが結果的に成功報酬など費用が高くかかりますのでお勧め出来ません。)

高額になりますので司法書士では対応できません。
弁護士費用は安いところで相談料も含め8~15万円でやってくれると思います。
(1000万円程度の引き直し計算と今後の利息交渉)
一般的には最初1~2万円で受け成功報酬として経済利益の8~20%です。
(経済利益は減額された金額例えば1000万が400万円に減額された場合経済利益は600万円)
仮に1000万円が過払い金が発生して100万円戻った場合経済利益は1100万円になりますので成功報酬学派8~20%でもすごい金額になってしまいます。(88~220万円)

取り合えず大至急取引履歴(詳細)を確認された方が良いと思います。

いろいろな回答が見受けられますが心中お察し申し上げます。

他の方の意見のように基本的に連帯保証人を貴方の一方的な判断で抜ける事は出来ません。
(更に数回代理返済している事で100%保証人を認めていますので)

しかし不幸中の幸いなのが借主が自己破産出来なかった事です。
(自己破産していたらそのまま貴方に直接請求が来ます。)

>主に個人事業主に対象 とありますが
借りたのは銀行では無くノンバンク系でしょうか?

その場合、利息は結構高いのではないでしょうか?

借主に言って借りた金融...続きを読む

Q困っています!!連帯保証人について教えてください!

お願いします。
離婚前に新車をJAのマイカーローンで買いました。未成年だった為連帯保証人が必要で元夫の両親は無職で頼めず、私の父親に頼み連帯保証人になってもらいました。
しかし、その後離婚してしまい車は元夫が持っていきました。
それから2年間ほど遅れながらも支払いをしていました。しかし、昨日2ヶ月の延滞をしていてJAからの電話も応答なしということでJAの職員が私の実家に債権の変更とか言って訪ねてきたようです。
連帯保証人になっているので、元夫側がこのまま支払わないと私の父親が毎月支払いをすることになってしまうのでしょうか?
母親に聞いた話では両親のクレジットカードも停止され、今両親が住んでる家が担保に取られて家のローンも一括て支払わないといけない、住む家がなくなると本当に精神的に参ってしまっています。
どうなってしまうかわかる方がいたら教えてください。
連帯保証人は辞められないですか?
連帯保証人を外れたい場合はどういう方法がありますか?
本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

連帯保証人を辞めるなんて甘っちょろい考えを持っている人間が、連帯保証人になどなるものではありません。

もちろん、理屈的には可能ですけど・・・債権者が認めるほどの信用がある代わりの人を立てない限りは、まず無理なのが現実ってやつです。

そしてお母様は精神的にちょっと・・・な方でしょうか。
たかが自動車ローンの未払いかぶったくらいで大げさです。そんなもの、一括で払ってしまえばソレで終わりなのですから。
ほかの借金には影響しませんよ。ちゃんと返せている間は。


もちろん、お父様に支払い能力も貯金も何もなく・・・なんてことであれば、クレジットカードなど本来は使えない状況なので止められてしまうかもしれませんし(保証債務を支払えない=借金しても支払えるハズがないのがばれる)、家のローンも払えないならば「家のローンが払えないから」家を取り上げられるなんてことになるかもしれません。

でも、そんな状況で婿の車の保証人になんかなりませんよね?
金融機関もバカじゃないし慈善事業でもないんだから、そんな人を保証人にお金を貸したりはしません。


いまの状況では、たとえ支払い能力がきっちりした代わりの人を用意しても、連帯保証人を外れるのは困難でしょう。
連帯保証人になったのはご自身なのですから、ここは仕方がないので全額払うよう腹を決めた方がいいと、お父様に仰られてはいかがでしょうか。

元夫への求償は・・・理屈上はできますけど、いま現に支払えていない人ですからねぇ。。。
クルマを転売されたり他の借金のカタにされるまえに、何とか押さえて売らせられればいいんですけど。

連帯保証人を辞めるなんて甘っちょろい考えを持っている人間が、連帯保証人になどなるものではありません。

もちろん、理屈的には可能ですけど・・・債権者が認めるほどの信用がある代わりの人を立てない限りは、まず無理なのが現実ってやつです。

そしてお母様は精神的にちょっと・・・な方でしょうか。
たかが自動車ローンの未払いかぶったくらいで大げさです。そんなもの、一括で払ってしまえばソレで終わりなのですから。
ほかの借金には影響しませんよ。ちゃんと返せている間は。


もちろん、お父様に支払...続きを読む

Q連帯保証人と自己破産、相続放棄について教えてください

過去の質問を見ても今ひとつはっきりしないので質問します。
1、連帯保証人は、債権者(銀行)から代位弁済を迫られたときには自己破産が認められれば連帯保証人の義務を免除されますか?

2、親の遺産の相続権を放棄することにより、子供は連帯保証人の相続も放棄できますか?もし出来るのならどの範囲(相続権のある甥、姪など)の人が放棄の手続きをしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>お答えの中の ”他に連帯保証人がいれば、連帯保証人間で負担部分の求償権が発生しますので、ご注意を(民法464条)”と言うのはどんなことでしょうか?

追加の質問の件ですが、多くの場合、連帯保証人は複数人います。分かりやすく具体例を上げます。主債務者が100万円の債務を抱えていて、連帯保証人が2人いたとします。債権者が連帯保証人の1人に100万円の債務のうち80万円を支払えと請求してきたとします。保証人と違って、催告の抗弁、検索の抗弁が主張できません。(454条)支払わされたとします。本来、金借りた張本人たる債務者が全額100万円払うべきですから、連帯保証人が支払った80万円も主債務者に請求できるのですが、多くの場合、主債務者が債務不履行に陥っているので、主債務者は払ってくれません。これを予測して、債権者は連帯保証人を立てているのですが・・・そこで、連帯保証人は主債務者のケツを拭くべく、債務を負担しなければならないのですが、払った人が80万円負担するのではなく、連帯保証人が2人いるのだから、自分の負担する額を覚悟している100万円÷2人の50万円を越えて支払った30万円についてはもう一人の連帯保証人に請求できるということです。そして、この30万円を逃れるためには自己破産の上、免責をうけてないと、免れないということを言いたかったのです。
蛇足ですが、連帯保証人ではなく連帯債務者であったなら3人が債務者(上で主債務者と連帯保証人2人)で、上記の主債務者にあたる連帯債務者の一人が履行不能な場合で、一人が80万円支払った場合、もう一人に40万円請求できることになります。

短い文章で説明しようとすると難しいものです。分かりにくい答えで申し訳ございませんでした。ついつい民法の論文試験と同様の書き方をしてしまって、専門用語で説明するのは良くなかったです。

別の方への質問ですが、ついでに答えておきます。
>”債務を相続したくないのであれば、今度は、兄弟、甥、姪が相続放棄をしなければなりません”と言うのは何親等まででしょうか?

相続で傍系は代襲の代襲はできません。(887条3項、889条2項)つまり、自分が死んで、自分に子や親が無く、もしくは相続放棄がなされていて、自分に兄弟がいて、兄弟が相続することになったとします。しかし、その兄弟も死んでいた場合は、兄弟の子、つまり甥か姪が相続することになります。さらに、甥や姪まで死んでいた時は甥や姪の子まで相続が代襲されるかというと、この代襲相続はされないということです。
直系の卑属であれば、自分が死んだときに、子や孫が先に死んでいても、孫の子に代襲の代襲相続されるのですが。(887条1項)

>お答えの中の ”他に連帯保証人がいれば、連帯保証人間で負担部分の求償権が発生しますので、ご注意を(民法464条)”と言うのはどんなことでしょうか?

追加の質問の件ですが、多くの場合、連帯保証人は複数人います。分かりやすく具体例を上げます。主債務者が100万円の債務を抱えていて、連帯保証人が2人いたとします。債権者が連帯保証人の1人に100万円の債務のうち80万円を支払えと請求してきたとします。保証人と違って、催告の抗弁、検索の抗弁が主張できません。(454条)支払わされたとします。本来...続きを読む

Q子供の借金を、親が絶対に払わなくてもいい方法

※過去の質問の見落としがありましたらすみません。

弟(成人してます)は、消費者金融などに100万円以上の借金をしています。
そのうえいつも母にお金を借り、結局返さなくなる。
もちろん貸す母も悪いし、母がお金を出してしまっては
この質問が成立しなくなってしまうのですが、 
成人している弟の借金を、母が払う義務はないですよね?
または姉である私に被害が及ぶこともないですよね?

サラ金屋の中には「払う義務があるんですよ」とか、平気でいうところもあるので、母が電話に出たりすると、母はそれを信じ込んでしまうんです。
私なら言い返せますが、私も別居のため、いつも傍にいてあげられません。

本当は、借金をきちんとするまで、親子の縁を切ってもらいたかったのですが、
そのような法的制度はないと、過去の質問で見ました。

私のしたいことは、弟の借金や、その他のツケから母を守りたいんです。
私は母が大好きです。世界一、大切に思ってます。
母子家庭で、1人で私達を育ててくれた母です。もう苦労してもらいたくない。
通常は払う義務がないとしても、たとえば
「こういう書類を作っておくと完璧!」というようなものはないでしょうか?

※過去の質問の見落としがありましたらすみません。

弟(成人してます)は、消費者金融などに100万円以上の借金をしています。
そのうえいつも母にお金を借り、結局返さなくなる。
もちろん貸す母も悪いし、母がお金を出してしまっては
この質問が成立しなくなってしまうのですが、 
成人している弟の借金を、母が払う義務はないですよね?
または姉である私に被害が及ぶこともないですよね?

サラ金屋の中には「払う義務があるんですよ」とか、平気でいうところもあるので、母が電話に出たりすると...続きを読む

Aベストアンサー

「成人」というのは「自分にしたことの責任は自分で取れます」と言う人を意味する言葉でもあるのですが、いつの間にやら「単に20年間生きてきた人」を指すようになってしまったのですね。

でも、法制度は「20年も生きて学んでくれば、自分の責任は自分で取れるはず」という前提ですから、当然のことながら母上様にも姉上様であるyuki_yuuさんにも、弟さんの借金を肩代わりしなければならない責任はありません。

「こういう書類」ということなら、思い切って弟さんに自己破産をさせてしまう方法があります。破産してしまえば信用情報が登録され、新たな借財の申込もできなくなります。定職があるのなら「民事再生」という方法もあります。

弟さん自らが申し出て新規の融資を止めるために信用情報を登録してしまうこと(タバコで言えば禁煙宣言のようなものか)も有効でしょう。
銀行系  http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/joho/pcic0300.html
サラ金  http://www.zij.co.jp/sinyo/zenjo.html
クレジット  http://www.cic.co.jp/inquire/inquire.html

母上様が責任を負わないのはあまりにも当然のことなので、「書面を準備する」というのは思い当たりません。
客観的な情報で母上様を納得させるのであれば、yuki_yuuさんが自治体の無料法律相談などに母上様を連れて行って、専門家である第三者に「責任ありませんよ」という話をしてもらうのが一番効果的かもしれません。

「成人」というのは「自分にしたことの責任は自分で取れます」と言う人を意味する言葉でもあるのですが、いつの間にやら「単に20年間生きてきた人」を指すようになってしまったのですね。

でも、法制度は「20年も生きて学んでくれば、自分の責任は自分で取れるはず」という前提ですから、当然のことながら母上様にも姉上様であるyuki_yuuさんにも、弟さんの借金を肩代わりしなければならない責任はありません。

「こういう書類」ということなら、思い切って弟さんに自己破産をさせてしまう方法があります。...続きを読む

Q連帯保証人をなんとか助けられませんか?

両親が離婚しそうです。
父と母は2人共同で自営業してまして、この度、事業継続が難しいと判断し工場を売ることに決めたそうです。
そこで借金の問題ですが、工場を売却しても5000万ほど借金が残ってしまいそうです。

父はもうあきらめてしまったのか、朝から飲み屋で飲んであちらこちらにツケをためているようであてにならない状態です。
そんな状態を見かねて、母もついに離婚の決意をしたようですが、借金の連帯保証人になっているのでどうしたものかという状況です。

私としましては、父には昔からいいイメージはありませんし、どうなろうが知ったことではないのですがそんな父を文句言わずに支えてきた母にはこれ以上不幸なことにはなってほしくないので、なんとか力になりたいと思っています。

連帯保証人になっている場合、たとえ離婚しても母の返済義務は消えないということは調べてわかったのですが、なんとか母名義の土地などの財産を守る方法、母が借金から逃れる方法はないものでしょうか?
素人考えでは「父が自己破産なり債務整理すれば母は関係なくなるんじゃ?」と思ったのですが、ネットで調べても連帯保証人から逃れるには「別の連帯保証人を見つける」などの対応策しか書いてなかったのでやはり無理なんですかね?


法律関係は素人ですので正直どう質問すればいいのかわからず、わけわからないことを書いてる部分もあるかもしれませんが、なんとか汲み取って答えて頂ければと思います。
また、今回のようなケースの場合で母が損しないよう、又わ、最悪の事態を避けるために事前にしておいたほうが良い措置などもあればぜひご教授願いたいです。

必要な情報かわかりませんが、一応書いておくと、私は23歳男、会社員で実家から10kmほど離れた場所でマンション1人暮らしです。

よろしくお願いします。

両親が離婚しそうです。
父と母は2人共同で自営業してまして、この度、事業継続が難しいと判断し工場を売ることに決めたそうです。
そこで借金の問題ですが、工場を売却しても5000万ほど借金が残ってしまいそうです。

父はもうあきらめてしまったのか、朝から飲み屋で飲んであちらこちらにツケをためているようであてにならない状態です。
そんな状態を見かねて、母もついに離婚の決意をしたようですが、借金の連帯保証人になっているのでどうしたものかという状況です。

私としましては、父には昔からいいイメ...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら債権者が認めない限り、連帯保証を免れる方法はありません。
別途有力な連帯保証人と差し替えるということでもない限り債権者も認めないでしょう。

勿論、父が自己破産しても債務整理しても母さんの責任は消えません。
土地など母さん名義の物も、債務額の範囲までは免れようがありません。
ご両親所有の全財産を注ぎ込んでも完済できない限り、両親とも自己破産せざるを得ないことになります。

このさいは、他の回答者もお書きですが、ご質問者が母さんに寄り添い心の支えになってあげてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング