スキーに行かなくなって、もう10年以上になります。当時、まだカービングスキーは無かったようにも思いますが、定かではありません。あまり上達とは程遠い状況で、止めてしまいましたが、今またスキーを始めようと思っています。また、すぐに辞めてしまう恐れもありますが、ヤフーオークション等で、手軽に買えそうなランクには、たくさんカービングスキーがあります。もう少し出せば、ロッカースキーと呼ばれる、スキー板も視野に入りますが、両方知っているのは呼び名だけ。ロッカースキーは知らなくて当たり前ですが、カービングスキーとは違い、ズラすと聞きます。昔から、切る、ズラすはよく聞きましたが、当方が会得しているとは思えません。しかしながら当時は、カービングスキーというのは、切れがあり、いかにも曲がりそうなイメージでしたが、今、web等を読むと、かえってそれが難しいともあります。と、言う事は、ズラすロッカースキーは、ひょつとして、昔のスキーしか知らないものには、良いのではないか?と思いますが、どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

従来のキャンバースキーに対してロッカースキーが出てきました。


スキーの前後部分が逆に(雪面とは反対の上の方へ)反った形状になっています。
これによりエッジが引っかかったりせずに容易にターンができるということです。

昔カービングスキーが出た頃はワールドカップの選手は見向きもしませんでしたが、今やSLは全てカービングスキーです。

世の中はより簡単にできるように進むので、もうすぐカーブ&ロッカーの時代になると思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。楽に楽しめるのは、良い事ですね。

お礼日時:2014/03/14 07:02

従来のキャンバースキーでカービングターンができる人はロッカーでもカービングができます。


一方、キャンバーでは上手くできなかった人がロッカーでできるようになる可能性はあります。

ロッカーは決してずらすためのスキーではありませんが、ずらしやすいでしょう。
そういう意味ではオールラウンド性が高いと言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 07:00

カービングスキーとロッカースキーは分類が別です。


以前からあるキャンバースキーに対し数年前からロッカースキーができただけです。
モーグル用やフリースキー用など特殊なモデルを除けばロッカースキーもカービングスキーです。

加重していないときにキャンバースキーは前後先端よりスキー中心部分が浮き上がっています。
一方、ロッカーの場合は程度はいろいろありますが、先端より中心よりの部分が接地しています
(中には本当にセンターで逆に反っている物まであります)

高速での安定性やエッジグリップはフルキャンバーが有利ですが、レーサーの様な技術がある人なら良いのですがそうでない人が使うと引っかかってターンしづらいことになります。
それを解消するためにロッカー構造が生まれたと考えていいと思います。
競技者レベルのようなハイレベルなカービングターンを目指さなければロッカーの方がメリットが多いと思います。
今年のモデルでは上級者用のデモモデルでもロッカー構造にしているのも少なくありません。
私も今年からロッカーを使用していますが、十分なエッジグリップは得られたカービングターンができます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 07:04

質問主様の頭の中で、ピボット、スイングアンドグライド、理解出来ますか?


出来るなら、滑れるならロッカーも良いかもしれません。
何の事?と思うなら、去年、一昨年辺りのカービング形状が良いかと思います。
一昨年辺りから、見た目はカービングだけど、捻れ剛性を弱くして、ズレルスキーがほとんどです。
通称ナンチャッテカービング。
これだと、スキーを傾けて切っていく風の運動をしても、ズレが入って、滑らかにターンできます。
プルークボーゲンが出来るなら、割と早く開脚のパラレルに行けると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。何のことやらです。

お礼日時:2014/03/14 07:05

自分も今はそれほど知っているワケではありませんが…10数年前にスキースノーボード専門店でバイトしてました。

ちなみにその当時からカービングはありました。主流でした。

選び方ですが、大事なのはスタイルだと思います。どんな滑り方が気持ちい良いのか。スピード感、カーブ時の感覚、トリッキーな滑り方、モーグルやりたい、ハーフパイプ入りたい。など
例えば私の場合、スピード狂⇒すごく硬い板。でも友人はキッカーやパークで遊ぶのが好き(トリッキーなタイプ)ですが、自分の板で滑るとすぐコケます。逆に私が彼の板を借りたらすごく怖いです。

あとは素人用か中上級者用か。ホームゲレンデはどこか。を店員さんに相談すると良いと思います。
(細かく言うと、全長や幅、レスポンスだとかトーションにフレックス、さらに雪質と専門的な話になりますが割愛します)
※本当に「ド」がつく素人には正直違いはあまり感じないかもしれません。でも10年以上前と言えど結構思い出せると思いますよ。でもテクニックに不安がありながら上級者用の板を買って、「いつかは上級に」と思っていれば、いつまでもその板に慣れず遠回りとなってしまうでしょう。

長くなりましたが、「フツーーでいいんです」と言われるならカービングではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 07:06

カービングスキーが難しいなんて言うのは、曲がらないスキーを一生懸命曲げるための技術を習得し、それが身体に染み込んで一種の「クセ」になってしまった昔のエキスパートが思うことであって、大半の素直な初中級者にとっては「思い通りの方向へ行けるので楽!」「短くて良いので楽!」でしかありません。


初級から中級へレベルアップする早さも段違いです。条件さえ揃えば全く初めての人を1日でパラレルで滑れるように教えることも可能ですから。

だいいち、カービングスキーと言っても初級向けの板はズレズレです。カービングしようにも低速でそーっと角付けしてなんとかカービングになるレベルで、ちょっとスピードを出すと板が耐えられずにずれてしまいます。

これは、「トーション」といって板のネジレ硬さが関係します。
初級用の板はトーションが弱く、カービングスキーの中の「曲がりやすい」性格がピックアップされます。
上級用や競技用の板はトーションが強く、アイスバーンでもガッチリ食いつくように、スピードを出しても怖くないようにできています。

カービングスキーが各社から出揃ったのは1997シーズンで、カービングスキーという名前に統一されたのは長野オリンピックの1998シーズンです。
私は、何故「カービングスキー」なんていう誤解を招く名前にしたんだろう?と思いましたよ。

ロッカースキーというのは「ロッカー要素入りカービングスキー」です。
これも板のタイプによって性格が様々ですが、一般的なレジャー用や基礎系は、ロッカーと言っても先端のそり上がり部分を従来より少し長めに設定したに過ぎません。
こうすると、板をフラットにした状態では接雪長が短くなって更にクルクル回りやすくなり、傾けていくに従って雪面に接するエッジが長くなり、従来のカービングスキーになるという仕組みです。

また、悪雪やパウダーも滑りやすくなっています。雪質が変わるとなかなかターンのきっかけを掴めなかった人にも福音です。
この性格をピックアップした、少し幅広な「オールラウンドタイプ」が増えています。カービングスキーが登場した当初はトップ幅100mm、センター幅62mmくらいが標準でしたが、現在はトップ幅120mm、センター74mmくらいが標準になっています。

今から10年くらい前、短いカービングスキーの流行ピークでした。「レジャーなら体格関係なく男子160cm、女子150cmで良い」という時代でした。
ロッカーが入ることで、165~170cmを選んでも小回りは従来の160cmの板並みにクルクル回り、カービング大回りすれば板の長さなりの安定性が出るというモデルが作れるようになったんです。これで全体的な板の長さが少しだけ長くなりました。

昔の板に比べて性格がものすごく広くなったので、予備知識無しにいきなり当てずっぽうに買うと失敗します。
例えて言うなら、昔はファミリーカーと言えばセダンやハッチバックを指していたのが、今はミニバンもあれば子育て軽もあるし、SUVという選択肢もあるという感じです。それくらい板の個性が広がっています。
カービングスキーに乗り換えて難しい難しいという人の中には、板の選択を誤ったと思える人もチラホラ見受けられます。

とりあえず、ブーツだけ購入したら板は一度レンタルで試してみてはいかがでしょうか?

まだパラレルになる前であれば通常のレギュラーレンタルで。(レンタル店もピンキリで、ロッカー入りカービングスキーを仕入れたスキー場や店もあれば、10年前の初期のカービングスキーを貸す店もありますけど…)

既にパラレルで大回り小回り可能ならば「エキスパートレンタル」があるスキー場に行って、店員と相談しながらレベルや志向に合った板を借りてみてください。
http://skireport.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
<個人経営のお店の例>
http://www.tomy-r.com/rental/skis.html
http://www.b-rental.com/
全く同じモデルが手に入らなくても「方向性」だけ見えればかなり楽になると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 07:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオフィス家具のスチール書棚・ロッカーは屋内で使用できるでしょうか?

オフィス家具のスチール書棚・ロッカーは屋内で使用できるでしょうか?


扉つきのもののことです。
頑丈なつくりのようなので、物置代わりに、屋内で使えそうに思えます。

水が入らなければ大丈夫かと思えるのですが、私はオフィス家具などにはあまり縁がなくてよくわかりません。

画像は拾いもので適当です。他、ロッカーみたいなものも、頑丈そうなものは、使えるのではないかなどと考えています。

Aベストアンサー

屋外として回答します。
内側/外側から金属の溶接面にコーキングして、さらに上から樹脂シート(ダイノック)を貼って雨のかなりかからない屋外で使用しています。(ロッカータイプ)

「雨のかなりかからない屋外」というのは、カーポートが家の壁面にかなり接近していて、その下に置いている状態です。

樹脂シートを貼ったのは、多少の防水効果、防汚効果および外に置くので見た目の味気なさを少しでも解消しようと思ったからです。

下部は雨水に濡れっぱなしにならないように少し上げています。

画像添付のものですと、引き戸になっていますから戸の部分にホコリが溜まったらどんどん重くなりますね。

まぁ、使ってますよと言う実例の紹介でした。

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qスチールロッカーに後付けで鍵を取り付けたい

イトーキ(ITOKI)製の30年以上も前の、古いスチールロッカー(3連式)に、
後付けで鍵を取り付けたいのですが、何か良い方法は無いでしょうか?
3連式の左端のロッカーで、サイドパネルに工作もできます。
電動ドリルとハンドリベッターは持っています。

希望としては、後付けだからといって安っぽく(簡単に開けられそう)見えないものが良いです。
でも、あまり高価なものは買えません。1000円以内で済ませられると助かります。
何かお勧めのアイテムは無いでしょうか?教えてください、お願いします。

ちなみにメーカーは鍵の在庫も無く、代替品での交換もできないとの事でした。

Aベストアンサー

錠そのものが壊れてしまっているのではないようにも見えますが・・・

単に鍵を失くしてしまったのならコード製作してもらえば良い。
マニアックなホームセンターでもなければ普通手を出さない分野なので、
鍵屋さんに相談です。
地域によって金額が違うと思いますが、1000円ではまるで無理。

裏側の形状が分からないですが、シリンダーが板バネでとまっているか、
錠本体部ブラケットがビス止めしてあって外せるなら・・・

交換用のデスク錠、ロッカー錠というのが鍵屋のカタログには載ってます。
写真と概ねの寸法が載ってるので適合するのを選び錠ごと交換。

多少(穴あけ、ヤスリがけ等)の技術は要りますが、面付け錠というのが各種あります。

しかし、いずれも1000円程度では済みますまい。
その程度しか出せないのならストロング掛け金をビスかブラインドリベットで取り付け、
安物のシリンダー南京錠、ってのが精一杯でしょう。
アルファから掛け金そのものが錠になっている掛金錠No2550というのもあります。
あまり頑丈な品物ではありませんが、予算と、取り付け難度の点ではお勧めかなあ。

http://www.kk-alpha.com/housing/hojojo/index.html

錠そのものが壊れてしまっているのではないようにも見えますが・・・

単に鍵を失くしてしまったのならコード製作してもらえば良い。
マニアックなホームセンターでもなければ普通手を出さない分野なので、
鍵屋さんに相談です。
地域によって金額が違うと思いますが、1000円ではまるで無理。

裏側の形状が分からないですが、シリンダーが板バネでとまっているか、
錠本体部ブラケットがビス止めしてあって外せるなら・・・

交換用のデスク錠、ロッカー錠というのが鍵屋のカタログには載ってます。
写真と概ねの...続きを読む

Qウェーデルンのコツ 急斜面でのショートターン

僕のレベルとしては、中回り、大回りに至っては、板をそろえエッジで回れていると思います。

しかし、http://www.youtube.com/watch?v=4d5as9V48K0&feature=related
このような急斜面でのショートターンがとことん苦手です。中、大回りでは踏ん張ってしっかり回れても
ショートターンでは、そんな時間もないため板の向きがうまく切りかえれません。

どうしたらよいでしょうか?
練習法などお願いします。

Aベストアンサー

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこう年配の方でしょうか?
今では、「小回り」か「ショートターン」と言いますね。

それはともかくとして、
この動画の様に小回りをするには、適度な斜面で練習するしかないですね。
完全に、板のエッジングの反動を利用して、次のターンに入っていますから、
脚力とバランスとしっかりとした重心が必要です。

適度にスピードの出る斜面で、連続ターンを続けて、
自分でそれを細かくして、板の反動を吸収しながら、次のターンにつなげられる様に、
ひらすら練習ですね。
多少強引にエッジングして反動を使っていると、
時に反対側に吹き飛ばされるかもしれませんので、
しっかりと前掲と膝を曲げて、
板も開き気味にして、チャレンジしてみてください。

適度な斜面で、小回りになって来て、スピードが出せるようになったら
自信がついたら、
少しずつ斜度を上げていけばいいのです。
いきなり、急斜面でできるわけはありません。

検討を祈ります。

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこ...続きを読む

Qロッカーの消臭・芳香

タイトルについてなのですが、検索しても欲しい情報がありませんでしたので、お尋ねします。
4連のロッカーで、区切りはスチール板1枚のみなので、両隣の方に迷惑にならない程度に、ロッカーの中をいい香りにし、ロッカーに入れているもの(衣服や布袋など)に付いたイヤな臭いを取りたいのですが、何か良い方法をご存知の方はいらっしゃいませんか?
自宅で布の臭いを取るのに、お香を焚いたりしていますが、ロッカーの中では両隣に匂いが移って迷惑になると思うし、警報器も心配です。
ファブリーズは乾くのに時間と場所が必要なので会社ではあまり効率的でない上、ロッカーの中全体の芳香には使えないなぁ、と思っています。

Aベストアンサー

私は、無香の消臭剤を一番下に置き、ハンガーの傍に小さな巾着に入ったポプリを吊るしていました。

結構、効果がありましたよ☆

Qスキー中級レベルでチューンナップって関係あるのよ?

 よく板のチュ-ンナップっていうけど、上級者やレースに出る人はとにかく、2級も取れないような、年間滑走10日程度のゲレンデスキーヤーにどれくらい影響あるの?
 小学生の子供たちはポールをやるし、1-2年で板が変わるのでいいのですが、親の分まで手間暇とお金が回りませんし、高いチューンナップ代出すくらいなら3-4シーズンで親の板も買い換えた方がいいような気がします。Hotwaxはくらいは家でやっています。
 (単なるショップの回し者的発言はご遠慮下さいませ。)

Aベストアンサー

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、シュテムターンを練習している頃かと思いますが、手入れをしていないと足が揃わなくても、きちんと手入れをした板なら足を揃えて回れますよ。

★手入れの方法
シーズンが終わったら、水分を取って、滑走面のワックスをきれいに落します。(専用のスプレーもある)
傷や穴があったら、補修材で埋めておきます。
エッジと滑走面に専用のヤスリをかけておきます。
エッジにミシン油などを塗って、板を新聞紙にくるんで、重ねずに保管します。
シーズン初めの使用開始前に、保管の時に塗った油をきれいにふき取ります。
白のベースワックスをかけ、削って、コルクでよ~くおさえます。
後は、スキーに行く度に、その雪質にあったワックスをかけて滑ります。

ワックスは必ずコテで溶かしながら塗り、余分なワックスをスクイーパで限界まで薄く削り落として、コルクでなめらかになるまでおさえます。

それと、スキー板の寿命は、ベンドが半分くらいになった時です。
つまり、板を平らなところに置くと、真ん中が膨れ上がっていますよね?
そのバネ状のものが、使うとだんだんたるんできて、バネ力がなくなってきます。
そして半分くらいになったら限界です。
目安としては50日くらい使った時ですが、板の固さなどによっても違います。

また、エッジが必要なのは、中央と後だけですから、エッジを研ぐ時に、板の先端から1/3くらいは角をとって、エッジを丸くしておいた方がよいですよ。
回転がものすごくやりやすくなります。

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、...続きを読む

Q電子暗証番号式ロッカーってありますか?

電子暗証番号式(電子キーロック?)のロッカーを探しているのですが、どなたか製品を教えていただけないでしょうか?
金庫みたいに重くなく、スチール製で、鍵が電子式になっているものがよいのですが、ネットで探しても見つかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのような場所で使うどのくらいの規模のロッカーをお探しなのかわかりませんが、とりあえずロッカーのメーカーを探して問い合わせてみてはいかがでしょうか。
参考URLはロッカーの大手メーカーで、色々な機種がそろっています。

多勢のアルバイト社員が出入りする職場で証番号式のロッカーを使っていたことがありますが、トラブルが絶えませんでした。以下はその経験に基づくアドバイスです。

・自分が何番のロッカーに入れたか忘れてしまうケース。
 →番号札の付いた鍵がないので、忘れるとどうしようもない。
  個人ごとに割り当てが決まっている運用方法なら問題ない。

・自分がセットした暗証番号を忘れてしまうケース。
 →場所さえ分かっていればマスターキーで開錠できる。
  マスターキーを操作できる管理者が常時いる場合は問題ない。

・暗証番号の設定間違いが多い。
 →携帯電話のボタン操作の気分で素早く押すと、押した通りの番号がセットされていないことがある。
  これはその機種の性能(ボタン操作の反応速度)の問題なので、導入時によく確かめて選べば問題ない。

参考URL:http://www.kk-alpha.com/locker/index.html

どのような場所で使うどのくらいの規模のロッカーをお探しなのかわかりませんが、とりあえずロッカーのメーカーを探して問い合わせてみてはいかがでしょうか。
参考URLはロッカーの大手メーカーで、色々な機種がそろっています。

多勢のアルバイト社員が出入りする職場で証番号式のロッカーを使っていたことがありますが、トラブルが絶えませんでした。以下はその経験に基づくアドバイスです。

・自分が何番のロッカーに入れたか忘れてしまうケース。
 →番号札の付いた鍵がないので、忘れるとどうしよう...続きを読む

Qファットスキーのターンについて

よろしくお願いします。
セミファットスキーを買ってパウダー練習中なのですが、
深雪になるとついついターンのとき足を持ち上げてしまう「悪癖」が出てしまいます。

「膝以上の雪でもなければ、足を持ち上げるような意識はいらない」と教えられるのですが、
なーんとなく「引っかかって転ぶんじゃないか…」という恐怖感?からか直りません。
足を持ち上げようとするせいで、後傾になってバランスを崩して転んでしまいます(昨日は8回くらい転びました@@;)

こういう人はもう一度ゲレンデで基礎からみっちり練習したほうがいいのでしょうか。
(スキー検定などは受けたことがありませんが2級レベルだねと人には言われます)
それともパウダーでとことんやれば直っていくものでしょうか。
またよい練習方法や、意識の持ち方などアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライン。深雪で斜滑降すると、どうしても片足加重になるのでバランスを崩しやすいです。
それにスピード出した方が浮遊感が楽しめるので私はおもしろいです。
(私は深雪でかっとんでスプレー上げまくるのが大好きなので・・・)

今のファットは驚く程かんたんに深雪を滑れるのでつまらないのですが、昔のシェイプの細板で深雪を滑る時は、板のたわみというか、板の反発力のリズムに合わせてターンしていました。
深雪をまっすぐ滑って、板を両足で強く踏みます。すると次の瞬間、板が返ってきて、ジャンプするような感じになります。これを何回か繰り返すとボヨンボヨンしながら滑るようになります。この飛んでいるような時にターンというか、両足同時に足を横に向けてターンするのです。
ターン終了と同時に踏み込みます。するとまた返ってくるので、その時に反対方向にターンします。
この繰り返しです。
ただこれだと浮遊感があんまり味わえなく、スピードも出ないので私は好きではありません。。。

ちなみに私はストックは全く使いません。ストックを「突く」意識でいると、ズボってはまったときにバランスを崩すからです。

あ、あとですね、基本は腰から下だけ使い、腰から上は腰から下の動作に追従するだけです。たまーにパラレルクラスで肩を振ってターンのきっかけをつくる人がいますが、そういう人は肩を振っても腰から下がついていかず、バランス崩して滑れません。あるいみ矯正になるので良いのかもしれませんがー

深雪の浮遊感を味わうと、ある意味圧雪バーンには戻れなくなります。頑張ってください!

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライ...続きを読む

Qオフィスロッカーで屋外収納

オフィースロッカー(スチール、開き戸 2枚)の中古があります。
これを使って、自宅の屋外用物置を作ろうかと考えています。
#雨のあたらない駐車場には、2x4などで物置を自作しました。

ただ、そのままだとあまりにも味気ないので、プリント化粧板を張るか、ダイノックなどで化粧する、もしくは、ロッカーを構造体として9mm厚くらいの木を打ち付けて行く(というか、皿ボルト/ナット止め?)事を考えています。

1)天井(屋根)は、少し大きめの板で傾斜を付けて付けようと思います(幾分かは雨がしのげる?)。
2)板を張る場合、扉の開閉を邪魔しない様に角は取るつもりです。
3)基礎代わりに、ブロック4個位を履かせようかと考えています。
4)戸の部分からの吹込みは仕方ないにしても、隅などはシーラーで埋めれば少しはマシかな?

あまりこんな様な利用・加工をした例が見つかりませんでしたが、やはりスチール製のロッカーだと、すぐに錆びてダメになりますかね?
過去にチャレンジされた様な方はみえないでしょうか。

Aベストアンサー

おもしろいアイデアなので注目していましたが、
さすが経験者は少ないようです。

自作で、屋外軒下に工具入れ扉付き棚やアウトドア収納を作った者として、
近所の屋外物置を観察しての感想と提案です。

1)屋根はキャビネットの上に横木を取付、それに塩ビ波板ではどうでしょうか。傾斜付きです。
2)防錆の為に、キャビネット外面に好みの色で塗装されたらいかがでしょうか。この際に、
キャビネット鋼板の合わせ目をシリコンシーラント
で塗装した後に塗装すると色の付きが良くありません。
3)基礎代わりにブロック4個位を履かせる場合、ブロックは2段積みにしできるだけ高くして、
雨の時の地面からの跳ね返りや地面からの湿気を避けるようにされたら良いと思います。

3)は近所の、下が錆びた物置を毎日見る度に思うことでした。
自分でもやって見たいアイデアですが、
我が家には自作の屋外収納が押し入れ2つ分も有り、小さな庭以外
スペースも無くなってしまいました。

ご健闘を祈ります。

Qスキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎ

スキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎるのでしょうか。自称中~上級者で小回りやコブ斜面で上達したい為、短い方がよいと思いますが、一方で安定性などが心配です。

Aベストアンサー

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます、回し込むなら短めを選び、縦に滑るなら長めを選びます



私も同じような体格ですが
ここ2~3年は手持ちの最も短い板は175cmでした、これでコブも整地のショートターンも問題なくこなしていましたし、コブなどは短い板より楽でした(例外的に凍ったコブだと165cmくらいの短い板の方が楽ですが)

去年165cmの板を入手したので使ってみましたが結局シーズン中1日しか使わず、7割が175cmの板で残りは190オーバーの板で滑っていました(どれもここ6年以内に製造された板ばかりです、念のため)

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング