いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

国内でも、海外でもかまいません。

一年から二年、期限限定で、住んでみたい所はありますか。
生活費は心配しなくてもかまわないし、そこに住んで、ご近所に小さな週末旅行に出かけたり、学校に通ったりも出来る、比較的自由な条件で、もし、”ここだったら、住んでみたい、と、思われるところがありましたら、お教えください。

私は、海外なら、サン・フランシスコ(気候がよいので)。。。国内なら、ううん、これは、皆さんのアドバイスをお待ちします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

こんにちは。



最近は寒さも随分緩んで春もそこまで来ているようです。

一年の期限付きで住みたい所?
私はやはり北海道でしょうね・・・
Ciaopolpoさんは北海道の最北端の町、稚内は御存知でしょうか?
そこから地図で言えば右側に下がります。
海はオホーツク海です・・・

興部(オコッぺ)まで小さな町を除き昔は村が点在しておりました。
にしん漁で賑わったのは昔の話で今は過疎化がすすんでいるようです。

冬になりますとね、一面もう真っ白で、
ポツンと家があったりします・・・私はここで暮らしてみたい。
夏のオホーツク海はとても青くて、
夜、波の音を聞きながら眠るのは想像するだに楽しい。

秋に入りますと海も濃い緑に色を変えます・・・
流氷の寄せる頃になりますと黒と見まごうばかりの緑です。
流氷が漂着しますと夜はとても煩いのです。
ギシッギシッ音がしましてね、先に着いた流氷が、
後ろからの流氷に押されて悲鳴をあげるのです・・・
昔は夜は静かなものでしたから良く聞こえたのです。

60歳の区切りに今の千葉を売り払い移住を考えました、
家内に相談しましたら「一人で行ってください」と言われました。
女はロマンがありません・・・文明と言う毒に侵されているのでしょう。

どうも長くなりました。
少し、アメリカの話をして終わりにしましょう。
私に宝物とも言える一冊のハードカバーの本があります。
50年以上昔に母親が私に与えてくれました・・・
「愉快なホーマー君」、
early americaの頃の鄙びてまことにのどかな片田舎の、
子供のお話です。
googleで画像検索しますと挿絵を見ることが出来ます。
これは是非、Ciaopolpoさんに見てほしい!!
今、このような田舎があるのなら私は住んでみたい・・・

どうも長々と申し訳ありません。
先日のURL、私のPCでは画像を見ることが出来ません。
英文の説明でまあ何となく・・・

これも先日、御紹介いただいたTVドラマ、
こちらでは来月からCSで放映予定のようで楽しみです。

ああ、それと少し訂正を・・・
「歩きたい京都」、伊勢ではなく出雲なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供の頃の、夜の闇の中に聞いた不思議な音や、ふと漂ってきた香りを、ありありと思い出すことがありますね。私は、この季節ですと、梅の香でしょうか。

Nitensさんのおっしゃる、流氷がぎしぎしと押し寄せてくるときの音は、暗い海の恐ろしさとあいまって、子供時代の心象風景が立ち現れるのでしょうか。青い海の色が、緑色になり、流氷のやってくる季節には、暗緑色に変わって行くのも面白く、そして、風の音や空の色も、それにしたがって変わってゆくのでしょうか。北風が強そうです。一面の丈の低い潅木に囲まれて、蹲るように丘にへばりついている、一軒家がNitensさんのお住まい。。。。ロマンですね~。

北海道と、九州の地理は、関東地方で生まれたものにはなじみがなく、稚内ときいても、らちが明かないので、グーグルしてみました。日本北端の宗谷岬かと思いましたが、間違いで、納沙布岬のそばですね。

これは、やり直しがきかないですが、奥様に”一年だけ、冬は札幌でかまわないから、夏の間だけ稚内で住んでみないか?”という風なアプローチをなさったら、いかがだったでしょう。???

夫も、今回のサウジへの単身赴任、”一年だけ”という約束でしたが、もう、かれこれ三年になります。また、同じような条件の仕事がきたら、”一緒に行ってくれる?”ときかれました。あれは、昨年のクリスマスでしたか。私は、首をかしげて、出来る限りの、一番いい笑顔で、にっこりしました。イエスと取ったかノーととったか???

”愉快なホーマー君”は、こちらでは、”Homer Price”という題名で、現在でもアマゾンで購入可能です。

http://www.amazon.com/Homer-Price-Robert-McClosk …

子供たちに、手に入る本という本を読んであげてきましたが、この本はみたことがありませんでした。夫なら知っていたかもしれません。挿絵は、懐かしい、昔風のアメリカの映画を観るようです。ノーマン・ロックウェルを、楽しくしたような雰囲気で、郷愁を誘います。お母様のお手柄ですね。

http://www.amazon.com/Centerburg-Tales-Adventure …

こちらは、続編です。オハイオ州の、センターバーグが舞台のようですね。

https://www.google.com/maps/place/Centerburg,+OH …

2012年現在、人口が2000人足らずで、

https://www.google.com/maps/place/Centerburg,+OH …

こちら、サテライトの写真ですが、五十年前と、街の様子は、そんなに変わっていないのではないでしょうか。私の住むテキサス州、ヒューストンも、三十分もハイウェイを走ると、牧場で、水を飲む牛しか見るものがありません。北海道と良い勝負です。アメリカは、そこいらじゅう、田舎だらけです。

お伊勢さんではなくて、出雲大社でしたか。奥様との良いご縁をいただいたお礼参りでしょうか。

TVドラマは、”メンタリスト”でしたか?主演のサイモン・ベーカー君は、”プラダを来た悪魔”にも出ていたのです。お好きだとよろしいですが。

最後に、先日のURLというと。。。印籠でしょうか。。。。それは残念。また何か見つかったら、添付いたします。

ロマンに溢れたご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/15 08:05

NO.14です。

お礼いただきまして有難うございます。

アバルト500CM~!日本でもマニュアル仕様が発売されています。個人的に欲しい車。
とっても挑発的で素敵な『さそりの女』です。オトコは刺すような視線だけで毒が回って既に骨抜きです・・・(苦笑)

大きいクルマ、パワーのある車の方が良いのもあるのですが、どこか身の丈というか全身四隅に手が届くミニマムだけど良いクオリティかな・・・です。(実車を東京で見てますがとてもタイプでした)
別でもOKなら空冷最後のポルシェ911(993)カレラRSも永遠の憧れです。一方、以前カイエンに乗せてもらった事あります。車高が高くて乗り心地良かったのですが恐ろしいほど速い車で、車に乗せられてる感覚でした(助手席にはイイ車でしょう)。どこか昔からヨーロッパの方はあんまり大きい車よりちょっと小さ目でピリッとした車を好むような・・・(維持費もあるけど)。

>食べ物が。。。もうひとつバラエティに欠けていたのと、海がないのですが、それは、贅沢というものでしょう!!

私はスイスは一度も無くて、駆け足出張でフランクフルト・パリ・北欧いくつか程度。ある種好き嫌いが殆ど無いので食は多分ほぼOKですが、仮に妻が一緒(に来てくれるか?)となると果たしてですね・・・海外生活は実質夢幻です(汗)
山の景色が好きで、一方で海に近い育ちでもあるため潮騒も恋しい・・・わがままですよネ。そうした意味ではスイスは内陸過ぎなのかもしれません。

>リフトで頂上まで登ったときに、周りを見回して、”天使が降りてくるのではないか”と思うような美しさ・・・

素敵です!想像を絶します!私の程度は苗場のナイターか、東北方面のナイター、特に蔵王(宮城・山形側とも)の景色や樹氷。スケールが全然違うのでしょうネ・・・想像を絶します。

>スキー自慢だった私は、心からがっかりしたのを覚えています。

スキーはかなり嗜まれてる!景色も最高で見とれていたのでしょう。私は専ら学生時代から20代まで。中級ぐらい?の腕でしょうか(苦笑)蔵王方面は上級コースも何とかでしたが、一番参ったのは雫石(岩手)のアルペンコース。雪質は良いですがもう必死でした。気が付くと膝が笑ってる(大汗)

>花屋さんの女性の彼がトゥール・ド・フランスに出ていて・・・

これまたスゴイですネ!彼女もやがて有名人で玉の輿?身近で世界的選手とは驚きです。何故か彼女が花屋さんなのが妙にまた良い感じです(思い込みです
そう、自転車はヨーロッパでも有数の競技。ツールに対してのジロ・デ・イタリアもまた楽しみです(ヒルクライム系)そして選手はみんな英雄です。日本より知名度や社会的ステイタスがあるような感じもします。昔の中野浩一さんのように。
他にもクラッシックレース(1日終了の昔からあるレース)が13(確か)あります。別名もあって、例えば『パリ~ルーベ』(北の地獄)とか『ミラノ~サンレモ』(プリマヴェーラ(春))とか。こうしたレースを傍で観たいものです。
余談ですが、私乗ってる自転車の1台もスイスメーカー(BMC)。ツールにも参戦・優勝しています。もう組んで8年が過ぎました。

>お寺めぐりがお好きかどうかで、京都での観光の仕方が変わりますね・・・

仰る通りで、私は実質設定コースを選んでばかりです(バリエーションがあるので)。でもより詳しい、造詣の深い方は独自のルートで歩まれています。芸術、歴史、文学など様々なアプローチで旅するも趣があり素敵です。と言っても私はまだまだ表面的で疎くてお恥ずかしいです。多々ご存じのご様子ですネ。羨ましいです。

>友人が、森見登美彦さんの小説を・・・

私がふと浮かんだのが『有頂天家族』でした。題名に魅かれたお粗末な出会いです。アニメにもなってますヨ(家人も観てます)。少々気になりウィキで見ますとなるほど・・・理系の方、在学中にも作品が受賞して文壇デビューと素晴らしい才能です。短編集等も興味深くなりました。
お題から京都、そこからまた新しい良いきっかけをCiaopolpoさんにご教示頂きました。感謝です。

つい私的なグダグダ脱線の長文になりすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、ありがとうございます。

花屋の彼女は、スイスには珍しい、北欧系の金髪美人でした。私も、友人も、見とれてしまいました。なるほど玉の輿です。日本でしたらプロ野球の選手や、相撲の横綱に匹敵するんでしょうか。

自転車も、スイス製となると、精密機械になりそうです。グーグルで探してみました。イタリアものに比べると、色も形も無駄のない、安定感のある、落ち着いたデザインのように思いました。女の子でたとえると、奥さんにしたいタイプ、でしょうか。ポルシェカレラのデザインが、ほぼ永久的に変わらないのに通じますね、きっと。

自転車レースを、ピクニックをしながら観戦するのも、(お天気さえ良ければ、)気持ちの良いことでしょう。フランスだけではなく、ヨーロッパの各地に遠征できるんですね。初めて知りました。

私の持っているもので、なにか、スイス製のものはないか。。。と考えたら、ありました。時計ではなくて、MBTという名の運動靴で、履いて歩くだけで”痩せる”という話だったんですが、これは、宣伝に偽り有り、で。。。二年たっても痩せません。

夫が、単身赴任中で、もし、次に仕事が中東に見つかったら、一緒に来てくれるか?という話になりましたが、いやいや、とても首をたてに振るものではありません。聞くところによると、豪華クルーズやら、ハンドバッグやら、指輪やら、買わされたご主人がいらっしゃるらしいです。(それでも、中東への同行は、普通、しり込みします。)スイスなら、夏季限定なら、奥様、喜んで来てくださるのではないでしょうか。

”有頂天家族”とは、面白い題名です。友人からたまに欲しいものはないか、ときかれることがあるので、ぜひ、リクエストをしてみたいと思います。なにか、私たちが日常生活で忘れてしまった感覚を、うまく物語にして聞かせてくださる作家さんのようです。京都大学近辺をうまく舞台にしていますね。森見登美彦の小説・舞台めぐりの京都は、斬新です。

私も、ガラス器が大好きなので、せっかく行ったのに、ゆっくり見られなかった、オルセー美術館の”工芸部門”を、もう一度だけ見にいけたらよいな~、夢想します。ドウム、ガレ、などご存知の有名どころも良かったですが、色とりどりの花々を散らしたセーブルの陶器をはめ込んだ、サイド・テーブルも、もう一度、見たいですね。垂涎のお品でした。

素敵なもの探しのスイスの旅が、ぜひ、ぜひ、実現しますように。京都にも、ちょくちょく足を運ぶ機会がありますよう、お祈り申し上げます。

お礼日時:2014/03/25 12:26

おはようございます。



1年限定ですよネ・・・

(1)海外編(仕事で数国の超短期ピンポイント以外全く経験ないのですが願望だけで)
スイスです。理由はお恥ずかしいのですが趣味の都合です。そして、スイスは山があるのでスキーもできるし、いざとなれば海ならイタリア方面で地中海。芸術ならフランス。それと、これも趣味好みの都合で東欧へもアクセスしやすいのかな?です。基本は愛車でGO!カーナビと紙ナビで楽しくでしょうか。
我がままを受け入れてもらえるなら、愛車は敢えて FIAT ABART 695 Tribute FERRARI あたり。田舎道を快走したいです。
http://jp.autoblog.com/2009/09/16/frankurt-previ …
(他に古い車の希望もあるのですが止めときます)
時計・ガラス・自転車・クルマ・バイク・万年筆・建築・デザイン・自然etc・・・大した知識は無いのですが、もう止まらないです(苦笑)

(2)国内編
京都です。理由は昔から好きな都市。亡母が独身時代特に好きで一人で何度も旅して、私もいつしかその時のスナップからいろいろ見入っていました。中学生の頃に用事で亡母と私で冬の京都に行きました。多分亡母は隠れ寺めぐりとかをずっと楽しんでいたので、初めての私と一緒のメジャールートはつまらなかったでしょうが、こちらは良い思い出になりました。それ以来回数は少ないですがチャンスあればです。
四季がはっきりしていて夏は暑く冬は雪も積もる・・・また、風情や建築・美術品も多く楽しみです。和菓子や清水焼等も好きです。どこか親の影響が出てるのかもしれません。古都の街並みを徒歩も良いですが自転車で散策するとまた楽しいものです。
今日はこれからお彼岸で亡両親の菩提樹へ。ふと昔を思い出しました。

夢見る私的な長文になりすみません。失礼しました m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして、申し訳ありません。

そういえば、スイスは、ヨーロッパの中心に位置しています。
イタリアの自動車を、運転なさいますか。スイスは、英語が通じやすいのも、良いですね。

以下、小粋なフィアット・アバルトの、アメリカでのCMです。
http://www.youtube.com/watch?v=78sB1fz58-E

一度だけ、スイス・アルプスに、スキーに連れて行ってもらったことがあるのですが、リフトで頂上まで登ったときに、周りを見回して、”天使が降りてくるのではないか”と思うような美しさでした。360度、雪をかぶった山に囲まれていたので。。。あんな美しい景色は、その後、見たことがないです。

で、苦労してほぼ一時間かかって、(スキーで)降りてきたのですが、スイス人の友人に聞いたら、”普段は十分以内で降りてくる”ときいて、スキー自慢だった私は、心からがっかりしたのを覚えています。

そうそう、自転車レースが盛んですね。たまたま親しくなった、花屋さんの女性の彼がトゥール・ド・フランスに出ていて、サイン入りのブロマイドをもらいました。スイスでは、子供でも知っている有名人だったらしいです。

スイスにいらっしゃると、本当にたくさんのことが楽しめそうですね。食べ物が。。。もうひとつバラエティに欠けていたのと、海がないのですが、それは、贅沢というものでしょう!!

いつか、長期滞在をするチャンスがめぐって来ますように。

国内なら、京都ですか。お寺めぐりがお好きかどうかで、京都での観光の仕方が変わりますね。桜、仏像、新撰組、坂本竜馬、西行さん、源氏物語、平家物語、太平記などなど、ゆかりの場所を季節ごとに訪れていたら、一年あっても足りないかもしれません。近郊に、宇治や鞍馬、伏見、桂や大原野もありますし。。。

大きなお祭りがあるのもよろしいですね。友人が、森見登美彦さんの小説を送ってくれて、久しぶりに京都を舞台にした小説を楽しみました。祇園祭りの一日を、何十年も繰り返すお父さんの話が、印象に残っています。

私も、京焼は洗練されているところが好ましいです。

ああ、お彼岸でしたか。お墓参りとは、親孝行でおられます。お母様といらした京都の旅の思い出とも、ご縁のあることですね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/22 11:14

こんにちは。



私は度々の回答は御迷惑かな?とも思うのです・・・
また、お話することもあろうしとも思いましたが、
人間、明日のことは分かりません。

>日本北端の宗谷岬かと思いましたが間違いで、
納沙布岬のそばですね。

間違いではありません。
北海道地図を見ていただくと分かるのですが、
一番上に角が二つあるように見えませんか?
左が野寒布岬(ノシャップみさき)で右が宗谷岬です。

納沙布(ノサップ)岬は根室ですから随分下がって知床の方です。

稚内と言う町はこの二つの角の根元にある町です。
宗谷岬からオホーツク海を左に見て下へ下がるのです・・・
ただ、海と何もない風景が続きます。

一面の雪景色の中に、蹲るように、あるいは埋もれたかのような・・・
おそらくciaopolpoさんが思い描く風景は、
私と同じなのでしょうね・・・ほう、と思い少し感心しました。

アメリカにもまだ田舎の風景はあるのですね?
>北海道と良い勝負です
私、おかしくておかしくて(笑)

「愉快なホーマー君」の続編を教えていただきました。
知りませんでした・・・・
URLを眺めていましてね、
50年以上昔の子供の頃の友達に会ったようで・・・・
「ホーマー、あれからまだ活躍していたのか?」
もう・・・涙がね・・・涙もろいのです

ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ありません。

いえいえ、私はいつも、相談箱の運営さんからご注意があるまで、しっかりと開けっ放しにしておきますので、お心おきなくご回答ください。しばらくしてから、雨だれのように、ポツン、ポツンとご回答があるのも、なかなか、味があります。

ホーマー君は、今で言う、オタク、とかNerdにあたりましょうか。なんだか、成長しないで、あのまま、まだ、オハイオのセンタービル(?)に住んで、元気にしているような錯覚に、たしかに陥りますね。

ホーマー君は、立派に成長して、今は、ホーマー・ジュニア君が、活躍しているかもしれません。

アメリカ中西部では、よっぽど独立心のある、進取の気風に恵まれた子供でない限り、大学も就職も州内にとどまり、親の近所に住んで、週末のたびに家族で集まるのが、普通です。夫も四人兄弟ですが、百人近くいる親戚のなかで、州外に住んで、ましてや日本人の女の子と結婚する、なんていうのは、大変な変り種です。

そういう風変わりが、NYやロス・アンジェルスの都会に住んで、都会文化を築き上げていますが、アメリカの本当の草の根文化は、親元から離れずに、ずっと同じ州に住んで、親から子供へ生活習慣を伝え続けてゆく人たちが、つむぎ続けています。

日本の地方文化と同じでしょうか。

北海道には、一度、雪祭りでお邪魔して、札幌と、定山渓、それから、たしか、小樽に蟹を食べに行きました。。。小樽でなくて、函館だった可能性もあるのですが。。。本当に頼りないことです。地理のテストで、カッコの中に地名を入れなさいというのがありましたが、あれをやられたら、北海道の場合、百点満点で五点も取れないと思います。知っているのは札幌とニセコだけで。。。納沙布とノシャップは別の土地だったんですねぇ。。。地元の方の言い方だとばかり思いました。アイヌ語からの転用でしょうが、意味もずいぶん違いましょうか。

つくづく、こうして地図を見ていますと、岬といっても、宗谷岬はまだ良いほうで、襟裳岬は、それこそ、原野を何時間か自動車で走らなくては到着しないように見えます。次に”遠隔地”なのは、知床岬のように見えますが、どうでしょう。冬は、行けどもゆけども雪ばかりのようです。

北方領土返還の交渉を再開するという風に聞いていましたが、クリミアを手に入れてしまったプーチンさんに、安倍首相、なんと言って、交渉するんでしょうか。興味深々です。

関東地方に住んでいると、他人事のような話ですが、北海道の方からすると、ほんの目と鼻の先の、切実な問題なのでしょう。中央政府が、きちんと対応してくれると良いですね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/20 12:34

>一年の期限付きで住んでみたい所はありますか。



幼心に抱いた憧憬も、人間誰しも眼前の生活がある為、徐々に薄れ行くのが現実なのでしょう。
ところが長じても変わらぬ拘りもあるようで、それが私の場合シルクロードへの想い。

何しろ子供の頃と聊かも変わらず、それと聞いて未だに血湧き肉踊ってしまう、中でもかつてシルクロード最大のオアシス都市・要衝にして現ウズベキスタンの古都、そして往時のティムールの栄華を偲ばせる、御存知「青の都」サマルカンドこそ永遠の憧れです。

過去幾多の民族が興亡し、血の交配を行ったであろうその地に於いて、往時に思いを馳せてみたい、そしてバザールで道行く人々を日がな眺め暮らしても、1年や2年では恐らく飽きる事がないでしょう。

当然直行便など無く、宗教・習慣・食生活その他の違いで、実際の距離以上に遠い異国の地でして、まあとても現実的ではありませんが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほう、ほう。

こちらでご回答をいただいて楽しいのは、私の脳みそからは絶対に出てこないアイディアをいただくからで、Isokenさんのご回答も、そのひとつです。オアシス都市の繁栄を、現在形で見るためには、タイムマシンがいるかもしれませんね。

早速、シルクロードについてググッてみました。サマルカンド、タシュケント、カシュガルあたりは、歴史の授業で聞いた事がありますね。その都市を征服する国は変わっても、地名が変わらない限り、歴史は死にません。ティムール帝国の遺産である、サマルカンドの建造物が、ソ連時代を経て、残されていて、本当に良かったと思います。中央アジアにも民族自決主義が存在していて、現在に至っているんですね。

マルコ・ポーロも、三蔵法師も、と聞けば、男性であれば、当時の砂漠の隊商の一員になって、らくだに乗って、テクテクと、旅してみたい思いが湧いてくるのでしょう。

こうして地図を見ていると(ググッています)有名な敦煌は、異境から、中華の国への入り口で、石仏が長旅の異人をお出迎えし、自国の商人を見送るのも、趣の深いことです。

中国は、現在でも新彊ウィグル地区の扱いに、手を焼いているときいています。人々は、現在でも自立心に満ちているのでしょうか。

日本から見ても、遠い国でしょうが、私のところからみても、歴史の向こうからやってきた国のように感じます。

思いがけないご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/15 11:07

スペイン、イタリア、ドイツ、フランス、イングランドなどわりとメジャーなサッカーリーグがあるところに行ってみたいです(笑)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アァ、サッカーのファンでいらっしゃるんですね。

一年間、ヨーロッパでサッカーの、好ゲームをスタジアムで観戦なさるんでしょうね。ご自分のお好きな選手の追っかけも、楽しそうです。

メジャーなリーグ、というと、やはり、ヨーロッパになるんですね。。。。日本からは遠いですが、それだけのことは、ありそうです。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/15 10:12

北欧…オーロラ&人魚姫の像を見てみたい



ちなみに人魚姫のモデルになった女性は岡田美里さんの大叔母さんだと聞いています

でも、実際には行けないので、「世界の車窓から」を見て行った気分になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

岡田美里さん、世界の車窓から。。。全部ググッてみました。

人魚姫の”銅像”のモデルが、岡田美里さんのご親戚なんですね。お顔は似ているでしょうか。

旅関係の番組制作は、日本のテレビ局に勝るものはなく、たまに、ルーブルだのバチカン美術館だの、やたらと長いカメラワークで、上から下まで舐めるようにとってあるので、”すごい集中力!”と感心していると、必ず最後のクレディットに”NHK”とでてきて、なるほど~、と思うのです。

世界の車窓から、は、テレビ朝日のようですね。NHKの撮影に迫る勢いです。

ミチヨさんのお気に入りのデンマーク・コペンハーゲンとオーロラの旅、いつか実現しますように。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 13:00

国内なら、宮崎ですね



国外はありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本は、住みやすいですね。やっぱり。

とてつもない話で申し訳ないんですが、宮崎というと、日向の国で、あの。。。神武天皇が、東征以前に住んでいたところらしいですが、そんなことも関係ありましょうか。高千穂も、宮崎県にあるんですね。。。

それでなくても、暖かそうな、のんびりと住みやすそうなところのように思われます。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 12:15

まぁ100%無理でしょうけど


米国『ホワイトハウス』です
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょ、ちょっと、無理かもしれませんね。

オリンピックの射撃で優勝なさって、永住権をおとりになり、屋根の上でライフルをかまえて警備をする、警備隊員として雇われるとか。。。今回オバマさんでもめましたが、大統領は米国生まれでないといけなかったんですね。日本でお生まれになりましたか。

911の際、ホワイト・ハウスも狙われたような話でした。あのあと、しばらくトラウマが残ったようですが、もう十年余が経ちました。

あの、もうひとつ踏み込んで、アメリカ大統領になりたい!、ということでしたでしょうか。皆さん、四年で白髪だらけになり、ご苦労の様子ですが、やりがいは、充分にありそうなお仕事です。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 12:08

こんにちは。



国内なら、奈良ですね。
奈良を舞台にしたとても好きな小説があって・・。
先日旅行してきました。
奈良市内や明日香村など・・。
住むなら明日香村がいいかなぁ・・。
また是非行きたいですね。
学生時代日本史が大好きでした。
日本史の先生(男性)も好きでした。
なので、テストもすごく頑張って・・
(関係ない話になってきてしまった・・)
というわけで、奈良に住みたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、中学の頃の美術の先生が好きで、せっせと写生をしては見てもらいに行きました。日本史の先生なら、テスト、がんばりますよね~。:)

小学生の頃、叔母が奈良市内に住んでいて、祖母と二人で訪ねたことがあります。石舞台の印象が強いです。あとは、あやめ池の遊園地!京都と違って、街がごちゃごちゃしていないところが、良いです。

ちょっと裏庭を掘り返すと、古墳が出てくるお国柄です。今、グーグル・マップで、明日香周辺の地図を見ていますが、曰くのありそうな地名が目白押しです。一年ぐらい、あっというまに過ぎてしまいそうです。

お天気のほうはどうでしょうか。京都に比べて、冬の寒さが厳しくないと良いですね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/14 11:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング