書店で売ってある本は定価○○円と書いてありますが、実際はその
金額よりも安い値段で書店は出版社から買い取るのですよね。
実は本を出版する話などがでているのですが、○冊は買い取りでと
いう話になっています。
ところがこの買い取り価格、定価からこちらが受け取る印税分が引
かれているだけなんです。
つまり書店で売った場合の利益分(本来なら書店が受け取る利益)
も出版社側にいくということなるのでは?思い、なんか納得いきま
せん。

いったい書店というのはどのくらいの利益を得ているのでしょうか?
例えば定価の何割かが利益になるとか、そういった事をご存じの方が
いらしゃれば教えて下さい。もちろん本の内容などによって違いは
あると思いますが平均これぐらいとか、少なくともこれぐらいとか
の程度で結構ですので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再販価格維持制度については他の方が記入していらっしゃるので、一般的な出版社と著者との関係を書きますね。

gayakoさんは著作者のようですので、出版社との関係で紹介しましょう。
(1)印税方式:本を刷った数だけ出版社が著者に対して印税を支払う方式。
 例)初版8000部で単価1500円、印税を10%と仮定
   → 8000×150=120万円が初回の印税
     その後の売れ行きに応じて、仮に2000部ずつ増刷されるとすると
    2000×150=30万円が増刷のたびに著者のところにバック
 大手出版社では、ほとんどがこの支払い方法を採用
(2)原稿料方式:出版社側が固定した金額で原稿を買い取る方法
 金額は原稿料ベースで換算
  例)400字×200枚の原稿を1枚 4000円で買い取りと仮定
   → 原稿料は4000×200=80万円
 原稿の単価は出版社や著者のランクによりまちまち
(3)成果報酬型の印税後払い方式:本を出版した時点で出版社が著者に対して印税を支払わずに、本が売れた数の印税だけ支払われる
 例)書籍単価1500円、初版8000部、実売3000部の場合
  (従来の印税方式)印税支払額(10%で試算)は120万円
        ↓
  (成功報酬型)45万円(3000部×1500円×10%)の支払い
 最近、小規模の出版社でときどき採用されはじめている手法

があります。gayakoさんがどのパターンかわかりませんが、いずれの場合でも警戒しているのは「返本リスク」ですね。大抵の場合は出版社がこのリスクを負います。

 で、一般的な書籍の売上分配比率となると、大体以下のようになります。
定価を100%として、
・著作者の印税:8~10%
・書店の収益:22~24%
・取次店の収益:8%程度
・出版社の収益:35~40%
・原価コスト(印刷・製本等)20~30%

 細かいですが、参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明ありがとうございました。
一口に印税と言ってもいろんなパターンがあるんですね。
私の場合は自費出版になるようですが、印税などの目安や
出版社の側の事情などよくわかりました。
参考にさせて頂いて、契約などもう一度良く読んでみます。

お礼日時:2001/06/05 00:13

本は下のasucaさんもおっしゃるように再販価格維持制度をとっている場合が大部分です。

この制度では書店(小売店)は定価販売をしなくてはいけません。売れないからと言って、割引して売ることを禁じられているわけです。その代わりに、委託販売制度といって、本の所有権は出版社にあり、書店はそれを預かって売れれば手数料(つまり利益ですね)をもらい、売れなかったら返品することができるのです。また、本の場合、出版社と書店の間に取り次ぎ(問屋)が入ります。現状ではこの取り次ぎの権力が大きいのですが・・

さて、一般的な単行本の場合で一冊売れたとすると
出版社:定価の5割、取り付ぎ:定価の3割、書店:定価の2割
の収入となります。

書店は売れれば収入、売れなければゼロ。取り次ぎは売れても売れなくても流通経費を負担、売れた時のみ収入あり。出版社は印税・印刷代・紙代などを支払い、売れればそれを含めて5割の収入、売れないとドーンと返品の山、ということになります。自費出版なんかだと、出版する側は売れなかったときのリスクを考えて、ある程度の冊数を著者に買い取ってもらうようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
買い取りがあるからでしょうか、印税の割合がちょっとは高いような
気がします。もう少し慎重に契約を進めようと思います。
いろいろと大変参考になりました。

お礼日時:2001/06/05 00:09

本屋の利益は最低15-20%は必用だと思いますが、取引形態はasucaさんが答えている通りです。



質問にはありませんが、あなたの出版契約はいわゆる自費出版と違いますか。契約書があると思いますが、自費出版は多くの場合、1)全数引き取り(書店ルートに乗らない)2)著者が5割とか引取り、残りを出版社が書店ルートで販売、一定期間後に売れ残りを著者が引き取る3)通常の書店販売ルートに乗せる。売れ残りは別途協議。あなたのケースは2)ではないかと思いますが、売れ残りについての契約はどうなっていますか。引き取り価格は出版の総費用をどう回収するか(出版社)にかかってくるので、本の定価とは関係ないと思われますが(暫定計算上定価を使うとしても)もう一度、契約内容全てを確認された方がいいような気がします。
自費出版業界でもまじめな会社とうさんくさい会社がありますので、慎重に契約内容を詰められるようお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
仰るように慎重に契約を結んだ方がいいような気がしてきました。
まだ具体的にまとまった話ではないので、これからいろいろと
考えてみようと思います。

お礼日時:2001/06/04 23:57

書籍販売業者は再販価格維持法と委託販売制度を取っているので決して買い取っているわけではないですよ。


ですから書店の利益の計算は結構難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答びっくりしました。ありがとうございました。
買い取りではないんですね、勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 23:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q持込原稿の出版社への持ち込み先は?

自分で書いた持込原稿(単行本)を出版社に持ち込みたいのですが、
持ち込み先としては何部となるのでしょうか。
また出版社内には、本を出版する以外にどういう部が存在するのでしょうか。
例えば、メーカーであれば、総務、人事、営業、技術、品質管理部。
商社であれば、総務、人事、営業部etc。

Aベストアンサー

出版社に勤務している者です。雑誌の編集をしております。

私の勤務先の場合は、書籍・雑誌に関わらず持ち込みは各編集部で受け付けています。
他の出版社さんも大体同じだと思いますよ。

一番確実なのは、質問者さんが原稿を持ち込みたい出版社・編集部に電話して確認することだと思います。
持ち込みは一切受け付けない、としている編集部もありますので……。


ちなみに出版社には、
○雑誌を編集・発行する部署
○書籍を編集・出版する部署
○校正・校閲を専門に行う部署
○出版物に載せる写真を撮影する部署(写真部)
○本を売る部署(営業部・販売部)
○雑誌に載せる広告をとってくる部署
○広報・宣伝を行う部署
○メーカーでいう「生産管理」をする部署
○WEB、デジタルコンテンツ、マルチメディア事業を扱う部署
○社内のITシステムを管理する部署
○版権の管理・セールスをする部署
○総務
○法務
○人事
○経理
などがあります。

Q出版社の人がこの本を出版すると決めるのにかかる時間はどれくらいかかるのでしょう?

今、ともだちと本を書いています。漫画の参考書です。
友人は頭がよく、一方私は頭はよくないのですが、絵がうまいので、友人が知識をもとにストーリーをを組み立てて、私がそれを絵にしていきます。
12月に、ある出版社の編集長さんと知り合いになり、「これおもしろいね、ぜひ原稿見せてくれないか、検討してほしい」と言われ、うちに帰ってから原稿を送りました。
そのあと何度かメールでやりとりさせてもらって、「では検討してみますね」と言われました。
でも1月になっても返事が来なかったので、連絡したところ「まだ検討中です、すみません、もうちょっと待ってください」とあり、2月、3月になっても同様の返事でした。
どうなのでしょうね。本当のところ、実際には駄目なのでしょうか?
もし、ダメならダメで、次の手を打ちたいのでダメならダメでダメでした、とすっぱり言ってもらった方がありがたいのですが。
またメールして聞いてみようかとも思いましたが、あまりに催促するのもあれかなと思って、先にこっちに相談してみました。出版化する、しないって決めるのに大体どれくらいの時間かかるのでしょうか?
本当にいい原稿であれば、きっと即採用でしょうけど、だらだらと2か月、3か月、4か月たっても検討中ということは実際はもう駄目という可能性が高いと考えちゃってしまってもよろしいんでしょうか?本当にいい原稿であれば、ぜひとなりますものね
状況がわからないので、どうしたものかなと思います。どうか教えてください

今、ともだちと本を書いています。漫画の参考書です。
友人は頭がよく、一方私は頭はよくないのですが、絵がうまいので、友人が知識をもとにストーリーをを組み立てて、私がそれを絵にしていきます。
12月に、ある出版社の編集長さんと知り合いになり、「これおもしろいね、ぜひ原稿見せてくれないか、検討してほしい」と言われ、うちに帰ってから原稿を送りました。
そのあと何度かメールでやりとりさせてもらって、「では検討してみますね」と言われました。
でも1月になっても返事が来なかったので、連絡し...続きを読む

Aベストアンサー

原稿を渡してから半年足らずで即出版、というのは非常にまれなケースでしょうね。
その編集長さんが社内で絶大な発言力を持っているのならともかく、普通の会社なら
「出版したらどれほどの利益が見込めるか」について慎重に話し合ってからでないと
なかなかGOサインは出ないはずです。
特に、今までそうしたジャンルの本を出した事のない出版社では、言ってみれば新規
事業に乗り出すようなものですから、そう易々と話は進まないでしょう。
私自身は出版社勤めではありませんが、ある程度以上にきちんと組織化された会社で
あれば、「4か月経ってもまだ検討中の段階」でもおかしくないと思いますよ。

Q出版社への企画持ち込みの方法

出版の企画を出版社に持ち込みたい場合、「正式な企画書の書き方」は存在しますか?
出版社によってまちまちなのか、
特に規定等はなく、内容を自分なりに分かりやすくまとめた資料でよいのか、ご存知の方がおられましたらご助言お願いします。
また「正式な書き方」がある場合、参考になる書籍などありましたら
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

雑誌の企画ですか、それとも書籍の企画?

書籍の企画ということで説明します。必要な項目は、

*タイトルとサブタイトル
*キャッチコピー(帯のイメージ)
*企画の背景
*企画内容
*類書
*略歴
*目次(ここをできるだけ詳しく)
*本文の見本(雑誌やミニコミに連載した物があれば添付する)

です。『「ビジネス書」を書いて出版する法』や企画のたまご屋さん(web)を参考にして下さい。

一般論としては、持ち込み企画が取り上げられる確率は低いです。しかし、それは水準の低い企画書だからです。素晴らしい企画書であればけっこう反応はくるものです。しっかりした企画書をつくる、あとは「下手な鉄砲数打ちゃあたる」です。

参考URL:http://tamagoyasan.net/

Q出版社から直接に本を購入することができますか

日本語を勉強中の中国人です。TOHANと出版社の関係を教えていただけませんか。読者はTOHANというところを通さずに、直接に出版社に連絡して出版社から購入、それから送ってもらうことは可能でしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出来ます。

ただし、海外と日本との違いは、直接購入した場合、書店やネットショップで購入するよりも必ず高くなります。
日本には再販制度があり、書籍は日本中どこでも定価で販売することが法律で義務づけられています。

トーハンや、日販は、日本の大手出版社が共同出資して作った流通会社です。世界で最も安い流通の仕組みを作り上げています。
書店店頭で購入した場合、日本どこでも、離島のように流通費用が高いところでも、定価で購入できます。

出版社から購入する場合、値引き販売はできませんから、かならず送料分が高くなります。

また、出版社には、在庫がない場合が多いです。
日本国内には、大小合わせて5万店の書店があります。書籍の多くは3千から1万部しか作りません。新刊8万種のうち、ヒット作でも10万部以上を刷るのは稀です。
そのため、出版社は本を作ったら、そのすべてをトーハンなどの書籍流通に渡します。その方が倉庫代もかかりませんしね。
なので、出版社に直接購入を申し込んでも、手元に本がない可能性が大きいです。本が戻ってくるまで、待ってもらうことが多いです。
書店に並んでいる本は、本屋さんが買ったものではなく、ほとんどが出版社の所有のママ置かせてもらっているものです。なので、書店はスペースがある限り、何冊でも、何年でも、その本を置きっぱなしにしても、売れない限りは、出版社に支払う必要がありません。
そのため、出版社に本が戻ってくるのに、ふつう2~3か月かかります。で、店頭に置かれた本であることも多いので、出版社に直接頼んでも、真新しい本とは限りません。

出来ます。

ただし、海外と日本との違いは、直接購入した場合、書店やネットショップで購入するよりも必ず高くなります。
日本には再販制度があり、書籍は日本中どこでも定価で販売することが法律で義務づけられています。

トーハンや、日販は、日本の大手出版社が共同出資して作った流通会社です。世界で最も安い流通の仕組みを作り上げています。
書店店頭で購入した場合、日本どこでも、離島のように流通費用が高いところでも、定価で購入できます。

出版社から購入する場合、値引き販売はできませんから、...続きを読む

Q自作童話の出版社への持ち込みはできますか

趣味で童話を作っています。ミュージシャン志望の人がデモテープをレコード会社に持ち込んで採用されたという話を聞きますが、童話を出版社に持ち込んで審査してもらうということは可能なのでしょうか。また、そのようなことを行っている出版社はどこでしょうか。

Aベストアンサー

童話を扱ってる出版社ならどこでも可能ですよ。
ご自身の好きな出版社に作品を持ち込みたいと電話してみてはどうでしょうか。

「じゃあ見てあげるから会社まで来てください」と言われると思います。

Q個人で自費出版したいのですが、出版社に頼まないでISBN(国際図書番号

個人で自費出版したいのですが、出版社に頼まないでISBN(国際図書番号)を取得する方法を教えてください。

Aベストアンサー

詳しくはこちら
http://www.isbn-center.jp/shutoku/index.html

Q出版社の持ち込みについて

本を執筆して出版社に持っていこうと思っているのですが、この場合、やはり400字詰め原稿用紙じゃないといけないのでしょうか?教えてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

持ち込みに関してですが、某大手出版社についての経験をお話します。その出版社は持ち込みOKなのですが、過去に他出版社の新人賞などで最終候補に残った作家志望者の原稿を優先して読むという話を編集者さんがおっしゃっていました。また、直木賞をとった作家の名前を挙げて、彼らのレベルでなければ出版は難しいとのことでした。
ぼくは運良く某出版社が主催している新人賞で最終候補に残り、その名前のおかげでほぼすべての出版社で持ち込みOKの返事をもらうことができ、今年の春には出版デビューすることになりました。まず新人賞で実績を残し、名前を売ることが重要かと思います。
持ち込み原稿に関しましては書式にはこだわりませんが、読みやすくという注文がつきます。
400字詰め原稿用紙に書く場合は、ボールペンか万年筆で丁寧で読みやすい字を書くこと。ワープロ原稿の場合はA4用紙に40文字×40文字程度で印刷してノンブルを振ると好印象です。もちろん、本の梗概とmiya_shiraishiさんのプロフィール、連絡先を別紙に書いておくことは必須です。
自費出版以外の出版社に持ち込むときはまず編集部に電話して持ち込みOKかどうか聞くことからはじめてください。
応募では角川NEXT、光文社カッパワンはすべての原稿に対して評価が郵送で戻ってきますから、新人賞で実績がない場合はこちらの応募のほうがいいかもしれません。

持ち込みに関してですが、某大手出版社についての経験をお話します。その出版社は持ち込みOKなのですが、過去に他出版社の新人賞などで最終候補に残った作家志望者の原稿を優先して読むという話を編集者さんがおっしゃっていました。また、直木賞をとった作家の名前を挙げて、彼らのレベルでなければ出版は難しいとのことでした。
ぼくは運良く某出版社が主催している新人賞で最終候補に残り、その名前のおかげでほぼすべての出版社で持ち込みOKの返事をもらうことができ、今年の春には出版デビューすることにな...続きを読む

Q自費出版を書店売りする方法

知人が過去に学校の先生をしていまして、在職中保護者向けに書いた文章をまとめて一冊の本にしたいそうです。
周りのすすめもあって出来ればいろんな人に読んでもらえるよう書店に売れるようしたいそうなのですがそういう場合どういった手続きをとるのでしょうか?

イメージとしては
・出版社に原稿を持っていって売れそうだと判断してもらえたら書籍化できて販売もできる。
・自費出版したものを書店においてもらうように頼む。
とこのような方法しか思いつかないのです。

全国販売という大規模のものでもなく
県内の書店でとりあつかってもらえればという感じでした。

漫画家や作家になって書いたものを書籍化するという道のりがとても大変なことは知っていますが
地方だとまた違ったやりとりがあるのかなと思って質問させていただきました。

お詳しい方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tina111さん、こんにちは。

元本屋のアマチュア・ライターです。

>・出版社に原稿を持っていって~~
 名の知られた出版社ならば、現実的には不可能です。原尞ばりの筆力をお持ちなら可能ですが・・・。商業ベースに乗れそうにないと判断された作品は例外なく蹴られます。
 その土地の老舗書店の中には出版社を兼ねているところがあります。尋ねてみてはいかがでしょうか。自費出版同然ですが、書店には並べてくれます。

>・自費出版したものを書店においてもらう
 これは可能でしょう。ある期間を置いてもらって、売れた分だけの請求ということになりますけど。掛け率などは交渉になりますが、普通の再販本では2割くらいです。
 自費出版最大手は文芸社です。その他にも多々ありますが、必ずしも良心的な会社ばかりではありませんのでご注意ください。

自身の本が出来る、本屋で売れるというのは素敵なことですね。その方のご成功をお祈りします。

Q出版社への企画書の持ち込み方についての質問です。

こんにちは。
受験に関する本を書きました。
企画書を持ち込むにあたっての質問をさせていただきますが、

(1)まず、ひとつの出版社に持ち込み、そこでの回答(出版可か不可か)を待って、不可とわかったら次の出版社に持ち込むべきでしょうか。

(2)それとも、複数の出版社に同時に送って回答待ち、というスタンスでも構わないものでしょうか。

一般人の書いた本は、なかなか取り上げてくれるところはないと聞いていますので、(1)の方法では時間がかかりそうです。
時期が遅れると、それだけ価値が下がる可能性のある内容なので、さしつかえなければ(2)の方法をとりたいのですが、いかが思いますか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

送ることは疑問です。
事前にアポを取り、1日に数件回る事はできないのでしょうか。
直接面談しないことには相手の反応・感触は伝わりません。
即答される会社や、高い関心を持つ会社もあるでしょう。
また、内容を見て、●●社にいってはどうかなどの
アドバイスも考えられます。

Q出版社を通さずに取次から書店へ

今年8月グルメガイドブックを出版しました。
自社出版なので現在1件ずつ書店をまわって販売依頼を行っていますが、書店によっては取次会社や紹介無しでは販売をして頂けない場合もあり、また経費と時間を要するため、取次業務をされている会社を通そうかと思案しています。

出版社を通さずに直接取次から書店等に卸すには、
1.どのような取次会社がありますか?
2.費用はどれくらいかかりますか?
3.別途運送料がかかりますか?
4.在庫管理やその他サービスをしてくれますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 取次ぎを通しての販売は事実上不可能に近いと思います。lazyblueさんの参考URLにある会社は大手の取次ぎです。
それよりも、取次ぎ業務を行っている出版社を活用してみてはいかがでしょう。
caorijpさんから出版社
出版社から取次ぎ
取次ぎから書店
たしか星雲社がそのような業務をしていたと思います。
取次ぎに相談してもいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報