最新閲覧日:

ギターを始めて1年経ちます 昔買ってた雑誌{GoGoGUITAR}の2000年3月号のこれでよしおのギター倶楽部の何でも答える質問こーナーで、プロのロックギターリストになるために絶対コピーしたほうがいいギターリストや曲を教えて。という質問がありました。これに対してよっちゃんは「この曲だというのはないんだな。僕が薦める曲をコピーしても、あまり意味がないと思うからなんだよ。(以降長いので中略)それからコピーはあくまでも耳コピをすることが大切。タブ譜を見て100曲コピーするよりも苦労しながら耳コピした1曲のほうが、体に深く染み込むものなんだ。もちろんポジションや音を間違ってコピーしても全然かまわない。それが後になってすごく役に立ったりするんだよ。本気でギタリストを目指すなら、これは絶対守ってほしいことだよね」って書いてありました。やっぱりそうなのでしょうか 

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

最近耳コピってみんな言いますよね~~コピーってのは耳でするからコピーだと思うんですけど・・。


それはともかく本題に移ります。

個人的には、ただフレーズをいっぱい知りたいと言うのが目的ならコピーするより譜面見たほうが早いんだからそれはそれで良いと思いますよ。ぼくも今でも譜面見るときありますから。

しかしやはり耳は大事でコピー慣れすれば確実に耳は良くなりますから、今後のためにもコピー慣れしておくといいとおもいます。

しかし『よしおさん』という方や下のcrimsonさんがおっしゃってるのはちょっと違う深い意味です。コピーしながら『あれ~フレーズコピーできたけど、なんだか本物と(CD)雰囲気がちがうなぁ』っていう局面が何度もあるんです。それはタイミングだったりチョーキングのタイム感だったり、スライドのスピードだったり、音色だったり..。その『なんか違うな』という感覚が感性を養うのです。

カラオケいくと女子高生やなんかが曲の頭から最後までまちがえずにうたえるでしょ?でも歌えるだけ、弾けるだけじゃしょうがないのです。

演奏においてフィーリングはとっても大事です。コピーをいっぱいするとフィーリングを大事にする気持ちが生まれてきますよ。がんばってね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 大変参考になりました

お礼日時:2001/06/15 16:55

当方、実を言うと本来はギターではなくキーボードの方


なんですが(汗)、一応楽器に触れる人間として。

もちろん、譜面を読めるにこした事はありませんが、最終
的に物を言うのはやはり耳だと思います。
楽譜に表せないけど、間違い無く音楽の一部になっている
微妙なニュアンスというのは確かにあり、そういうものは
目で見る「記号」ではなく、耳で聞く「音楽」として認識
しないと身に付かないのです。

それと、耳コピのやり方に関して面白い言葉を聞いた事が
あります(誰が言ってたのかは忘れましたが…)。

「Aの曲を完コピしたら、今度はBだったらその曲をどう
弾くかを考えてみる。
それができたら今度はその逆をやる」

…上手く説明できませんが、なるほどなー、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2001/06/15 16:50

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ