1.物が炎をあげて燃える現象というのは、全て急激な酸化反応なのですか、それとも酸化反応以外の化学反応でも炎は出るのですか?

2.プラズマや太陽のプロミネンス等も炎と呼べるのですか?

3.そもそも、炎というのは何なのですか、高熱が目に見えているだけなのですか?

以上3点が質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.酸化反応の速度で言えば、燃焼の場合は緩やかな速度で急激な速度の場合は爆発になるかと思


  います。
  燃焼の場合は発熱と発光ですが爆発の場合は更に圧力の変化が伴います。
  核爆発を化学反応とすれば、これによる発熱と発光によるものも炎であると思います。

2.プラズマは正と負の荷電粒子が共存している状態であり、プロミネンスはガス体だと記憶して
  います。
  この状態ですと炎では無いです。
  しかし、これらに何らかの条件が加えられ発熱と発光が伴えば炎の一種であると思います。

3.炎というのは気体が酸化反応する事による燃焼部分が高温になり、この熱により原子のエネ
  ルギー準位間の遷移が起こり発光するものです。
  燃焼物質、温度によってこの準位が変化する為炎の色も変化します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 11:00

1.元々、「燃焼」という言葉は光や熱を放出しながら急速に進行する


  酸化反応を示す言葉ですが、広い意味では光や熱を放出しながら急速に
  進行する反応全般に用いるようです。塩素とリンから三塩化リンが生じる
  反応も、広い意味での酸化還元反応です。

2.たぶん呼んでいいと思います。

3.燃焼反応そのものの機構がまだ完全に解明されていないようです。
  物によっては、手をかざしても熱いと感じないほど低温の炎を
  あげて燃焼する物もあるようです。

塩素とリンから三塩化リンが生じる反応は酸化還元反応です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/06/06 18:36

1.酸素をまったく介さない、たとえば塩素とリンとの急激な反応でも炎は出ます。



2.プラズマとは原子がイオンと電子に分離した状態のことなので、炎はプラズマそのものです。
プロミネンスは「紅炎」という訳語があてられるので、まあ炎の一種といえるのでは。

3.2.でも書きましたが、高温で分子が電離し、プラスイオンと電子に分かれた状態のことです。
このとき余分なエネルギーが光と熱の形で放出されるので、それが炎となって見えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほどプラズマですか。

お礼日時:2001/06/06 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリル絵の具で銀色の炎を表現したい

アクリルのリキテックスで絵を描いています。

銀色の炎を描きたいと思っているのですが、うまくいきません。

いつものように銀色を表現するとメタリックになってしまいますし、メタリック調を押さえると、銀色ではなく単なるグレイになってしまいます。

パール系の絵の具かメディウムを使うことも考えたのですが、私の力量では「ごまかし」に見えるような気がしてしまいます。

どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか?

Aベストアンサー

「銀色」というものは本来メタリックな質感そのものを差すもので、メタリック感を無くすと「銀色」ではなくなってしまうと思います。

ですから、一つの手段としては、「いつものようなメタリックで、炎を表現する」という手。まぁ可能性の一つです。グレーやその他のカラーなんかの通常色で、いつも「メタリック」を表現出来ているのなら、それも出来るはずです。

あるいは、グレーをベースに、光り輝く感じ(まんま炎の光)を出せれば、そのまんま「銀色の炎」ということになりませんか? いかがでしょう。

あるいは、銀色というのは(銀が鏡でも使われるように)周囲の色を強く反映しますから、その炎が周囲のモノの色を鏡のように部分部分反映していれば、より銀色っぽさは出るかもしれませんね。(勿論そんな炎は存在しないのですが、それを表現したいのなら、です。)

Q酸化銅と塩酸の反応

酸化された銅を塩酸に入れると光沢が戻ると思いますが
そのときに起こっている反応を化学式を交えて教えてもらえないでしょうか?。

Aベストアンサー

masa1000rx さんが回答されている通りです。

 空気中の酸素との反応によって銅は表面が酸化されて,酸化銅の被膜ができます(2Cu + O2 → 2CuO 銅の酸化数が 0 から +2 になるので酸化反応です)。

 この状態のものを塩酸に入れると,masa1000rx さんが回答されている反応が起こって,塩化銅ができ溶解します。この反応をもう少し細かく書くと,CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O となります。この時,銅の酸化数は +2 から +2 と変化しないので,この反応は酸化還元反応ではありません。

 一方,金属の銅はイオン化傾向が水素よりも弱いため,水素イオン(H+)に代わってイオン(Cu2+)になる事ができません。

 結果として,金属の銅が表面に現れて光沢が戻ります。

Q炎を表現したい

今度、文化祭で劇をします。
登場人物が、炎に巻かれるシーンがあるのですが、何かいい演出方法はあるでしょうか。

炎の効果音に、赤のスポットライト、というのを考えたのですが、観客に上手く伝わるでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずこれは照明さん音響さんのウデの見せどころ♪でしょう。

炎に巻かれる登場人物は、一人でしょうか?それとも舞台上の全員でしょうか?

一人であれば、「単サス」で役者の真上から一人分のスペースだけを赤く照らすのではいかがでしょ?
SEも同時にならしちゃいましょう。

舞台上の全員であれば、ロアーホリゾントライト、サイドスポット、コロガシ(照明を床置きして役者の顔の下から照らす。舞台センターの前ツラに置く場合もあれば、舞台両端の前ツラに置いて斜めに照らすのも有効です)
等を駆使して、舞台全体を炎に染め上げるかんじにしちゃってはどおでしょ?
このときの色は、全部同じ赤にしてはぺたーっとなって芸がないので、
オレンジや黄色っぽい色等をうまく織り交ぜましょう。舞台奥が濃い赤にするのがよろしいかと。
少しブルーも足すと、赤が引き立つ場合もあります。
SEには、リバーブ(残響)のエフェクトをちょこっと使うとよいです。

ライトの数も限られてるでしょから、どこまで出来るかわかりませんが…。

ご参考まで。

Q酸化還元の化学反応式について

あるものとあるものの科学反応式を求めよってやつでまずeみたいな記号を消してそのあとに何かを加えるんですが何を加えたらいいかってどうやってわかるんですか?

Aベストアンサー

>>最後にKをいれましたけど、どこにKを入れたらいいっていうのがわかるんですか?
はじめは陰イオンと陽イオンは釣り合っていましたね。
最後も同じように釣り合います。ですから、最後にカリウムを入れた場所はみんな、一つ前の式で(-)マイナスイオンが残っている場所です。カリウムイオンを入れて釣り合わせただけです。
#1のはじめの方にも書きましたがカリウムイオンは水の中で完全に陰イオンと分かれてしまうため、考えなくて良いのです。電荷さえ釣り合っていればそれで構いません。
>>一番最後に4O(2_)が4k2Oになるんですか教えて下さい。
O(2-)は酸素原子が電子二つを貰った、酸化物イオンです。実際には水の中では存在しませんが、この式の中に水を書き加えるとややこしいので除いてしまってあります。カリウムイオンが付くとK2O:酸化カリウム、水と反応すると2つの水酸化カリウムになります。
K2O + H2O→2KOH
KOHもこの形で水の中には存在せず、K+とOH-に分かれています。

Q脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)の洗顔石鹸について

脂漏性皮膚炎用の洗顔剤を探してるんですが、そもそも脂漏性皮膚炎の肌っていうのはどういうのになるんでしょう。
乾燥肌、敏感肌、というような表現をよく聞くのですが、脂漏性皮膚炎の場合は、

・脂ぎってるから、「乾燥肌」ではなく「オイリー肌」
・すぐに炎症をおこすので「敏感肌」

という感じで考えていいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

脂漏性皮膚炎はカビの一種です。
簡単に言うと油分の多い肌にカビが繁殖した状態です。

脂性肌の人がなりやすいようです。

油分を控えること、ファンデはなるべくしないようにする方がいいようです。

お医者様に相談するのが得策だと思いますが、界面活性剤の入っていない石鹸が
いいと思います。

私もなってしまってクリームをつけたら悪化しました。お医者様曰く、菌に栄養を与えているような
ものなのでやめなさいと言われましたw

お大事になさってくださいね。


http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/life/96

http://www.acseine.co.jp/shop/g/g4900421048055/

Q物質が燃えるか燃えないか

火の温度を1400℃と1600℃と仮定して以下の物質を燃えるかどうかを調べたのですが資料不足のためわかりませんでした。

珊瑚・花(薔薇でも百合でも)・甲羅(亀)・鱗(蛇)・羽(鳥)・紐・水晶・大理石・ルビー・サファイア・エメラルド・アメジスト・スピネル・オニキス・アクアマリン

()の中身は基準がほしい場合の値ですね

これらの物質を実際に燃やした方はどれが燃えたか記憶にございますでしょうか?
また、これは燃えるけど、これは燃えないっという資料を持っている方は教えていただけませんでしょうか?
燃えなかったけど、性質が変化したのでしたらそのように教えてください

時間がないため回答は一ヵ月後になります。
申し訳ありません。

Aベストアンサー

宝石の多くは、既に酸化物ですからこれらが燃えることはありません。
http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi2/stone.html
ただ、1600℃となると化学的に分解したり結晶構造が保てなくなる物もあります。

Q虫垂炎破裂後の処置について質問があります

友人が虫垂炎破裂により入院しています。医者は炎症が起きているので手術はできないと言い(腹膜炎のようなものと あいまいな表現) 抗生剤の点滴と痛み止めの点滴による治療を行っております。症状は度重なる腹痛が起きており お腹がはって息がしずらい状況です。(おそらく腹水によるものではないかと・・・?)また 状況からみて 腹膜炎を発症していると思うのですが、いろいろ調べてみると虫垂炎破裂にせよ腹膜炎にせよ 早急な手術が必要的なことが書いてあるのですが このまま医者の言うとうり炎症が治まるのを待ってていいのか不安でたまりません。病院は大学病院で大きなとこらしいので しっかりと治療していただけるものと思っていますが先ほども書いたように抗生剤で様子をみているだけで治るとは思えません。なにかアドバイスがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎症が起きているから手術ができないと言われているのですよね?
ならば抗生剤を用いて炎症を抑えないと手術は不可能です。

>抗生剤で様子をみているだけで治るとは思えません
腸に穴が空いている状態なので手術は必要です。
しかし今手術ができる状態ではないということなのではありませんか?

医師の言うことを信用できなければ転院するだけです。
しかし、大学病院より上の治療ができる病院はありません。

Qプラスチックごみはよく燃えますが、燃えても有害なガスが出ないと表記して

プラスチックごみはよく燃えますが、燃えても有害なガスが出ないと表記してあるものを適当な装置(石油ストーブのようなもの)を用いて個人住宅で安全に暖房に使えないものでしょうか。

Aベストアンサー

炭素と水素から出来ているプラスチックで構造がパラフィン(ワックス)に似ている樹脂は、原理的には、完全に燃やせて有害なガスも出ません。
ただ、完全に燃やすにはそれ相応の焼却炉や釜が必要です。

樹脂の分子は鎖の様に構造単位が繋がったもので、加熱されるとまず
溶け出し、それから熱分解し徐々に短く小さくなり、燃え易くなります。
ブタン(カセットコンロ用)、プロパン、エタンとメタン(都市ガスや
バイオガスの主成分)は完全燃焼します。しかし、ここまで分解する
過程で出てくる揮発成分やガス成分は炉や釜の中での滞留時間中には
燃焼せず焼却設備から出る悪臭成分となります。
(ポリスチレンもCとHからなる樹脂ですが、構造単位中のベンゼン環が
分解時に多量の酸素を必要とする(分解し難い)ので、悪臭と大量の煤が
発生します。)

これを避けるのは簡単で、炉や釜の温度を十分高くし、かつ十分な量の
空気を送り込む。加えて、悪臭成分が出た場合にそれを後燃焼させる
アフターバーナーを付ければ、排気ガスは原理的には無害です。
ただ、燃焼温度を700℃以上に上げると、空気中の窒素Nと過剰供給酸素O
が反応してNOxが発生し、ジーゼル車の臭いがします。

簡単な釜を自作して使った事が有りますが、樹脂中に塩ビ樹脂やナイロンが混じり易く悪臭(塩素ガスやシアンガス)が出ますので、使うのは
すぐ止めました。

それ相応の設備として、燃焼原料管理、温度管理、供給空気量等の燃焼
条件管理、排気ガスモニタリングとフィードバック等を備えれば
プラスチックの燃料化は可能ですが、家庭用は難しいと言うのが現状で
しょう。

炭素と水素から出来ているプラスチックで構造がパラフィン(ワックス)に似ている樹脂は、原理的には、完全に燃やせて有害なガスも出ません。
ただ、完全に燃やすにはそれ相応の焼却炉や釜が必要です。

樹脂の分子は鎖の様に構造単位が繋がったもので、加熱されるとまず
溶け出し、それから熱分解し徐々に短く小さくなり、燃え易くなります。
ブタン(カセットコンロ用)、プロパン、エタンとメタン(都市ガスや
バイオガスの主成分)は完全燃焼します。しかし、ここまで分解する
過程で出てくる揮発成分...続きを読む

Q頻繁に膀胱炎に・・・隠れている病気?

20代の女子です。
先日、腎盂腎炎にかかりましたが、完治しました。
しかし、1ヶ月も経たないうちにまた膀胱炎になってしまいました。
(今回は早めに病院に行き、今は薬を飲んでいます。)
これまで膀胱炎にかかったことはなかったのですが、立て続けにかかり不安になっています。
最近の生活で変わったことといえば、性行為をするようになったことです。
露骨な表現で申し訳ありませんが・・・
2ヶ月ほど前に初めての経験を彼として(するようになって)
その後、約1ヵ月後に腎盂腎炎にかかり、完治後2週間ほどでまた膀胱炎です。
腎盂腎炎になってからは清潔にするように特に気をつけていたつもりなのですが。
何かの病気(性病?)など隠れていないか心配です。
経験者の方などいらしたら、回答お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして!私と同じ表情ですね。性行為するようになったら、膀胱炎に、二回もなりました。相手に病気持ってるかもしれませんので、一緒に病院に行った方がいいかもしれませんね

Q炎色反応の実験

炎色反応の実験をしたいのですが、必要な薬品をどこで
買ったらいいのかわかりません。
ちなみに、
・メタノール・ステアリン酸・塩化リチウム・塩化ストロンチウム・ホウ酸・塩化カルシウム・ミョウバン・塩化バリウム・塩化カリウム・塩化銅・マグネシウムリボンです。
多くてすいません。どれかひとつでもいいのでぜひ!

Aベストアンサー

塩化カルシウム、道路の融雪剤として大量に目につきます。学校のクラブ活動でテニスコートにまいています。加湿剤として利用しています。砂ほこりが立つのを防いでいます。買う必要はないでしょう。豆腐の凝固剤にも使っています。
塩化バリウムは毒物指定ですから多分売ってくれないでしょう。水溶性のバリウム化合物は全て毒物指定です。メタノールも普通は売ってくれないでしょう。エタノールは手に入ります。胃の検査で硫酸バリウムを使います。これは毒物には指定されていませんので手にはいるでしょう。水に溶けなくても強く加熱すれば炎色反応が見えるのではと思っています。水に溶けない酸化銅でも銅の炎色反応を見ることが出来ますから。
ストロンチウムの炎色反応の色は花火の色の中にあります。銅も同様です。
銅の炎色反応、高等学校ではわざわざ試薬を買うということはしていません。廃物の銅線(撚り線よりは単線の方がいいです。)、または銅片を使います。直接コンロで加熱した場合と加熱したものを塩化ビニール(電線の被覆)や台所用のラップフィルムに接触させた後加熱した場合とを比べます。綺麗な色の炎が見えます。何故この様なことをやるかというとただ綺麗な色が見えたというだけのことにしたくないからです。見えるための条件や何に使うことが出来るか等に発展させることが出来ます。(塩素を含むプラスティックスと含まないプラスティックスの区別をすることが出来ます。どうして区別が出来るかは実験をやった後で考えて下さい)
マグネシウムは特徴のある燃え方をします。でも炎色反応とはいいません。何故だか分かりますか。マグネシウムは以前写真のフラッシュに利用されていました。
ステアリン酸、硼酸、みょうばんは何に使いますか。
ガスコンロで出来ることはアルコールを使わないでやった方がいいと思います。
カリウムの炎色反応は見るのが難しいです。
塩化リチウム高いと思います。廃物のリチウム電池をばらしたらどうですか。電池を分解しないようにと書いてあると思いますが化学の実験を志しているのならどういう注意が要るかも分かると思います。
ガスコンロの炎が青いのを炎色版のというかどうかは意見が分かれます。歴史的に金属イオンの分析に用いてきたということからすると炎色反応とはいいません。ある特定の物質が原因で炎に色が付く現象ということでいえば炎色反応です。ガスの炎の青い色はガスの成分が高温に加熱されたときに出ます。硫黄の炎も特別な色です。色々発展させることが出来ます。

塩化カルシウム、道路の融雪剤として大量に目につきます。学校のクラブ活動でテニスコートにまいています。加湿剤として利用しています。砂ほこりが立つのを防いでいます。買う必要はないでしょう。豆腐の凝固剤にも使っています。
塩化バリウムは毒物指定ですから多分売ってくれないでしょう。水溶性のバリウム化合物は全て毒物指定です。メタノールも普通は売ってくれないでしょう。エタノールは手に入ります。胃の検査で硫酸バリウムを使います。これは毒物には指定されていませんので手にはいるでしょう。水...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報