間接法によるキャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローの計算では売上債権の増加はマイナスになると教科書には書いてありますが、実際の連結キャッシュフロー計算書では貸借対照表の売上債権の増減額と一致していません(それも大きく)。在庫や仕入債務でも同様です。この原因を押しえて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下、原因となりそうなものを書き出しますので、チェックしてみてください。



売上債権の増減額:営業活動に係る債権から生じた破産債権・更生債権等を含む

たな卸資産の増減額:たな卸資産評価損を含む

仕入債務の増減額:設備の建設、固定資産または有価証券の購入その他通常の取引以外に基づいて発生した手形債務は含まない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどありがとうございます。でも有価証券報告書で破産債権や棚卸資産の評価損のうちわけが出てませんので検証することはできませんね。あと連結対象企業が増減することの影響もあるのかしらん?

お礼日時:2001/06/05 21:03

> 連結対象企業が増減することの影響もあるのかしらん?



おっしゃる通りです。
連結B/Sで単純に増減を比較すると、違った結果になります。
例えば、新たに子会社になった会社は、前期の連結B/Sには何も含まれていませんが、その会社のB/S増減は、0から増加したのではなく、みなし取得時のB/Sと期末B/Sの差額を増減額として計算します。
連結B/Sの単純比較だけだと、新たに子会社になった会社は、期末残高がそのまま増減金額になってしまうので、みなし取得時のB/S分、連結B/Sでの単純増減比較とは差異が出ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 13:26

間接法によって作成されたものであれば、基本的には一致するはずです。



なぜなら、たとえば間接法では売上債権の増減は貸借対照表の残高から計算するからです。しかし、売上債権の増減には、割引手形の増減、裏書譲渡高の増減を加味しますし、また貸倒償却やは長期債権への振り替え分なども含みますからこれらが差異の原因になっていると思われます。

在庫では、棚卸評価損、仕入債務では手形の裏書譲渡や設備関係の支払手形などが考慮されているためではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書の作り方

 仕事で貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書を作らなくてはいけなくなったんですが・・・作り方がさっぱりわかりません。

 初心者が作るにはどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

初心者とは?
経理の担当なら、先輩に聞く。
複式簿記を知らなければ、まず複式簿記を学ぶことが必要。
いくら初心者でも限度はある。

Q【キャッシュ・フロー計算書(間接法)】 引当金の増減について

間接法では、税前利益に「引当金の増加額」を加算調整して
営業キャッシュ・フローを計算することになっています。

しかし、たとえば「当期の退職給付費用300円」と「退職一時金
を支払ったことによる退職給付引当金の取崩し200円」の
差額の100円分、当期に退職給付引当金が増加した場合、
P/L上の費用(非資金項目)は300円なので、300円を
加算調整すべきなのではないかという気がします。

参考書などは、あくまでも引当金の増加額分(上の例で言えば
100円)を加算調整しているのですが、どうしてそうなるのか
教えて頂きたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

お書きの事例を仕訳にすると次のようになります。
(1)当期の退職給付費用300円
退職給付費用300 / 退職給付引当金300
(2)退職一時金を支払ったことによる退職給付引当金の取崩し200円
退職給付引当金200 / 現金預金200

この2つの仕訳により、税引前当期純利益には借方の退職給付費用300円が△300円として反映します。
キャッシュフローには貸方の現金預金200が△200円として反映します。
そして、引当金の増減額は、(1)の仕訳の貸方300円と(2)の仕訳の借方200円の差額100円が引当金の増(キャッシュフローの増)となります。

キャッシュフロー計算書上では、税引前当期純利益に△300円と、引当金の増に+100円が反映し、差引マイナス200円のキャッシュフローとなる訳です。

Qキャッシュ・フローと損益計算書と貸借対照表

(1)キャッシュ・フロー計算書に示される金額は、損益計算書あるいは貸借対照表に示されるどの項目かの金額と一致するのでしょうか。

(2)キャッシュ・フロー計算書に示される金額は、損益計算書あるいは貸借対照表に示されるどの項目かの金額と密接に関連しているのでしょうか。もしそうであるなら、どの項目とどのように関連しているのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっとややこしいのですが、キャッシュフロー計算書(C/F)の金額は、会計諸則に従って作成した場合には、直接法を採用すれば貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)のいずれの項目とも基本的に一致せず、間接法を採用すればC/Fの上方にある調整項目のうち一部がP/Lの一部項目に一致します。
具体的には、間接法のC/Fの「営業活動によるキャッシュフロー」区分のうち、「小計」より上にある項目はいずれも調整項目です。このうち「減価償却費」「支払利息」などは、P/Lのそれと基本的に一致します。

また、C/Fの下方にある「~期首残高」「~期末残高」については、これも会計諸則に従えばいずれも「現金及び現金同等物」ですが、これはB/Sの「現金及び預金」とは必ずしも一致しません。
例えば、3ヶ月を超えて満期が到来する定期預金は、B/Sの「現金及び預金」には含まれますが、C/Fの「現金及び現金同等物」には含まれません。
したがって、No.1の方には申し訳ないのですが、それらの増減額も一致するとは限らないといえます。

B/SとP/Lとが別の役割を持つためB/Sの各項目とP/Lの各項目とで基本的に一致するものが無いのと同様に、C/Fもそれらとは別の役割があるためC/Fの各項目もB/SやP/Lの各項目とは基本的に一致しないんです。

ちょっとややこしいのですが、キャッシュフロー計算書(C/F)の金額は、会計諸則に従って作成した場合には、直接法を採用すれば貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)のいずれの項目とも基本的に一致せず、間接法を採用すればC/Fの上方にある調整項目のうち一部がP/Lの一部項目に一致します。
具体的には、間接法のC/Fの「営業活動によるキャッシュフロー」区分のうち、「小計」より上にある項目はいずれも調整項目です。このうち「減価償却費」「支払利息」などは、P/Lのそれと基本的に一...続きを読む

Qキャッシュフロー計算書の間接法の可算調整について

キャッシュフロー計算書の間接法の処理のうち、減価償却費や貸倒引当金などは非資金費用項目でないため、可算調整するとテキストに書かれておりました。
で、疑問が1つ沸きました。

減価償却費はキャッシュインアウトに影響を与えないと書かれているのに、
なぜ、可算調整を行うのでしょうか? なぜ税引き前当期純利益に加算するのでしょうか?
非資金費用項目でなくキャッシュの増加に影響がないならば、プラスもマイナスもしないで除外項目として処理すればいいのならば、意味がわかるのですがなぜ可算調整するのでしょうか? 可算調整をする意味がさっぱりわかりません。貸倒引当金も同様にわかりません。

さっぱりわからないながら考えてみたのですが、
キャッシュフロー計算書の間接法の場合は、P/L の当期純利益が前提となり、それがなければ間接法で作れない。その前提となる当期純利益は、減価償却費や貸倒引当金などの販管費を引いて求めているものであるから、非資金費用項目を加算しなければ、当期純利益を求める段階で引いたままになってしまっている。だから、引いたままになっている減価償却費や貸倒引当金を加算して引いてない状態に戻して、さらに減価償却費や貸倒引当金は非資金費用項目であり、今回はキャッシュフローをみたいのであるから、引いたままにしておくのでは求められないから、加算する。


ということではないのでしょうか?

キャッシュフロー計算書の間接法の処理のうち、減価償却費や貸倒引当金などは非資金費用項目でないため、可算調整するとテキストに書かれておりました。
で、疑問が1つ沸きました。

減価償却費はキャッシュインアウトに影響を与えないと書かれているのに、
なぜ、可算調整を行うのでしょうか? なぜ税引き前当期純利益に加算するのでしょうか?
非資金費用項目でなくキャッシュの増加に影響がないならば、プラスもマイナスもしないで除外項目として処理すればいいのならば、意味がわかるのですがなぜ可算調...続きを読む

Aベストアンサー

質問文の後段に書かれている通りです。
P/L の当期純利益は、減価償却費などの非資金費用項目を控除されているので、これを元に戻すために加算する必要があります。

この考え方を独力で思いつかれたのなら、キャッシュフロー計算書については免許皆伝ですね。

Q「たな卸資産」「売上債権」などの増減について、貸借対照表とキャッシュフ

「たな卸資産」「売上債権」などの増減について、貸借対照表とキャッシュフローで数値が異なるのはなぜなのでしょうか?

例えば先日発表になったベネッセの決算短信をみてみます。
http://www.benesse-hd.co.jp/ja/ir/doc/latest/con2010_full.pdf 

● P.19のCF計算書をみてみると、たな卸資産は全然に比べ▲158百万円(つまり158万円増加)と記載されています。
● 次にp.13の貸借対照表をめくり、「商品及び製品」「仕掛品」「原材料及び貯蔵品」の3項目合計について前年と決算年を比較してみると、前年は19,577百万・決算年は19,010百万、と567百万減少しています。

● 他の会社さんや他の項目(売上債権、仕入債務)をみても、同様にC/F上の金額と、B/Sの前今期差とが一致しないケースが大半です。

●なぜなのでしょうか?とても初歩的な質問でしたら・・・ゴメンナサイ。なにとぞ、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

P21に事業損失に含まれる棚卸評価損730とあります。
これを当期の棚卸高に含めると、当期棚卸高19,740で、
棚卸増加によるキャッシュアウトは163になります。
今度は5百万円ちがいますね。
一覧した限りでは、私にはこれ以上わかりません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報