数枚購入したのですが、これらをバックアップ用としてCD-ROMやMDに複製することはできますか?
また、曲の雰囲気別などで内容を組み合わせて別の媒体に複製し直すことは許されますか?
いずれも目的は校内放送に限定し、営業などの目的には絶対に使用しません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に著作権者等の許可が必要な行為であると考えます。


学校での複製の場合、教師が授業の過程で使用するためにコピー・ダビングを行うことは、著作権者の利益を不当に害しない限り、無断で行うことができるのですが(著作権法第35条)、「生徒」が行うこと、「授業の過程」以外で使用するためのコピー、については、無断で行うことができるとはされていません。
(教師の指示のもとで「生徒」がコピーするのであれば、無断でできる、という意見もあります)

放送事業者については、放送することの許可をとっていれば、御質問のようなことができるのですが、校内放送の場合、放送することの許可がいらない(そもそも著作権が及ばない)かわりに、複製に関する特例がない、ということになります。

私的使用とは言えないのはご理解いただけるかと思います。CD-RやMDに含まれている使用料も、私的使用に関する使用料であって、それ以外の使用まで許されているわけではありません。

「校内放送用にならコピーしてもよい」ということがCDに書いてあれば、いいのですけどねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。
やはり、法律はシビアですね。正規な手続きをして、認められないのであれば、複製もあきらめます。

お礼日時:2001/06/06 06:13

売られている、CD-Rの種類に2種類有って、普通のデータ用CD(一枚約\100程度)と音楽用CD(一枚約\300程度)と言うのが有りますが、データ用CDに音楽を複製するのはできますが、これは著作権使用料が入っておらず私の考えでは「違法」と思っていますが、音楽用CDは著作権使用料がは入ってこの場合だと「大丈夫」だと思いますが?チャンとした事が知りたいのなら「deagle」さんが言った様に著作権協会に問い合わせてみてください。

間違っていたらゴメンナサイ
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおり、しかるべき筋に問い合わせてみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 06:14

 校内放送の場合、ちょっと「個人使用」の範囲におさまるかどうか怪しいと思います。


 使用場所が「学校」ですので、あるいは許可してもらえるかもしれません。
 「こういうことをしたいのですが」ということで、著作権協会に問い合わせてみてください。

 小学校5年生の頃、担任の先生が同じことを使用として「授業に使用する範囲を出なければギリギリOK」とのお達しを受けたことがあります。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。
営業用でなくても、厳しいところですね。
やはり、ちゃんと問い合わせてみます。

お礼日時:2001/06/06 06:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[著作権]企業内での非営利目的での書籍複製

弊社は中堅の製造業会社です。
製造業にはCADが欠かせないですよね。
弊社は原則コンプライアンスに違反しない方針なので
CADソフトのライセンスなどはすべて正規版を使用しております。
(それが当然ですが…)

本日ある担当から、「来月ある人の提案で定時後にサークル的な感じでCAD操作の勉強会をやろうということになった。」というような話を聞きました。

しかし、ちょっと問題なのが、定時後に自主的にやるもので「営利目的」ではないし(31条には抵触しない。)CADのライセンスとかは支払っているからという理由で、正規版は1冊5万円するマニュアルをサークルの人数分印刷して配布しようというのです。

私は人事担当の傍ら法務関係の仕事もしていますのでなんとかこの安易なコピーを食い止めたいのです。(もちろん豪放であれば問題ないのですが・・・)
あとから問題になってごちゃごちゃ言われたくないですしね。

しかし、勝手な憶測や見解でなく判例、条文から忠実に上記が著作権上問題あるといいたく、専門家としての意見をお聞かせ願いたく投稿しました。

皆様の意見をお待ちしております。よろしくお願いします。

弊社は中堅の製造業会社です。
製造業にはCADが欠かせないですよね。
弊社は原則コンプライアンスに違反しない方針なので
CADソフトのライセンスなどはすべて正規版を使用しております。
(それが当然ですが…)

本日ある担当から、「来月ある人の提案で定時後にサークル的な感じでCAD操作の勉強会をやろうということになった。」というような話を聞きました。

しかし、ちょっと問題なのが、定時後に自主的にやるもので「営利目的」ではないし(31条には抵触しない。)CADのライセンスとか...続きを読む

Aベストアンサー

http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000422

文化庁のQ&Aに、それに類するものが載っていました。
この内容で説得できませんか?

Q破産手続きの別除権の目的財産の受け戻しについて

破産法第78条第2項14号の「別除権の目的である財産の受戻し」とはどういう意味か教えていただけますか。
いろいろネットで調べたところ、弁済して別除権を消すって感じのことがかいてありましたが、任意売却をして別除権を消す場合、裁判所から任売の許可のみではなく、受け戻しの許可もしなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

>任意売却をして別除権を消す場合、裁判所から任売の許可のみではなく、受け戻しの許可もしなければならないのでしょうか。

 別除権(例えば抵当権)がついたまま、不動産を任意売却するのでしたら、不動産の売却についての許可だけでよいです。しかし、抵当権を抹消して売却するのでしたら(通常はこうするでしょう。)、別除権の目的である財産の受戻しについての許可も必要です。
 もっとも、許可の申請を別々にせよという意味ではありませんので、たとえば「破産財団を構成する甲不動産を誰それにいくらいくらで売却し、売却代金の中から、別除権者にいくらいくら払って受戻しをし、その他、仲介手数料、登記費用等をいくらいくら払って、残金のいくらいくらが破産財団に帰属することになるので、許可を求めます。」というような内容の許可申請について許可がされれば、それは売却と受戻しの両方についての許可があったということになります。

Q売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い

売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い
先日、ある試験でこんな問題がでました。

XはYに対して400万円の一時金の支払いを給付内容とする債権Aを有している。
Xは甲に対してこの債権Aを代金350万円で譲渡した。
甲がYに対して債権Aの履行(400万円の支払い)を要求したところ、
譲渡時の前にYからXに400万円の支払いがなされており、
その債権Aは既に消滅していた。
この場合に、Yから支払いを拒まれた甲がXに対して支払った
350万円を回収するために民法上どんな手段をとることができるか。

私は、X及び甲間の売買の目的物である債権Aに瑕疵があったのだから、
甲はXとの契約を解除できる(民570条)。契約を解除すると双方に
現状回復義務が生じるから(545条)、解除後にこの545条によって
450万円の回収ができると答えたのですが、模範解答は次のようなものでした。

X及び甲間の債権譲渡契約は、契約の時点で金銭債権Aが存在しなかったから
「原始的不能であって契約は無効」であり、不当利得として(民703条)
450万円の回収ができる。

この「原始的不能であって契約は無効」という考え方は
初めて知ったのですが、条文以外を別の法理を根拠とするものなのでしょうか。
570条→545条という理屈が当てはまる場合と
原始的不能であって契約は無効→不当利得という理屈が当てはまる場合の
違いはどう判断すれば良いでしょうか。
まとまりない質問で申し訳ございませんが、どなたかご教示ください。

売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い
先日、ある試験でこんな問題がでました。

XはYに対して400万円の一時金の支払いを給付内容とする債権Aを有している。
Xは甲に対してこの債権Aを代金350万円で譲渡した。
甲がYに対して債権Aの履行(400万円の支払い)を要求したところ、
譲渡時の前にYからXに400万円の支払いがなされており、
その債権Aは既に消滅していた。
この場合に、Yから支払いを拒まれた甲がXに対して支払った
350万円を回収するために民...続きを読む

Aベストアンサー

570条は、売主の瑕疵担保責任を定めた規定ですが、
同条を含む売主の担保責任は、
売買契約を代表とする有償契約の特殊性にかんがみ、
契約法の一般原則を修正したものです。

したがって、契約の原始的不能は無効という契約法の一般原則と、
瑕疵担保責任との違いの判断基準が何かといえば、
有償契約かどうかという話になります。

では、ご質問の問題では、有償契約たる債権売買なので、
質問者の答え通り、瑕疵担保の話になるかというと、それも違います。
売買の目的物が存在するものの、その瑕疵により価値が低い場合に、
等価的均衡を保つべく売主に課されるのが瑕疵担保責任なのであり、
売買の目的物がそもそも存在しない場合には、その瑕疵もあり得ず、
瑕疵担保責任が出てくる余地もないからです。
言うなれば、目的物がないことは、「瑕疵」以前の問題なのです。

なお、原始的全部不能による契約の無効の典型例として、
別荘の売買契約を締結したところ、その前日に別荘が落雷で全焼していた場合、
というのがありますので、これと同様に考えればよいのではないかと思います。

最後に、厳しいとは思いますが、あえて一言。
原始的不能の契約は無効、というのは、
契約の有効要件という、契約法の超基本中の基本の話であり、
どんな基本書にも絶対に書いてあることですので、
まずはその点をしっかり確認することをお奨めします。
基本をないがしろにして理屈だけ覚えても意味がありませんから。

570条は、売主の瑕疵担保責任を定めた規定ですが、
同条を含む売主の担保責任は、
売買契約を代表とする有償契約の特殊性にかんがみ、
契約法の一般原則を修正したものです。

したがって、契約の原始的不能は無効という契約法の一般原則と、
瑕疵担保責任との違いの判断基準が何かといえば、
有償契約かどうかという話になります。

では、ご質問の問題では、有償契約たる債権売買なので、
質問者の答え通り、瑕疵担保の話になるかというと、それも違います。
売買の目的物が存在するものの、その瑕疵により価...続きを読む

Q校内でのケンカ

高3の男ですが、きのう友達Nが食堂で2年生Kと口論になり、2年生にコップに入った水をかけられ、殴り合いになりました。NはKの顔を殴り、KはNの腹を殴りました。そこで僕が仲間2人と止めに入り終わりました。
しかし、そのKがひょんたれなので教師に報告し、病院に行き診断書をもらってきました。しかも、子供も子供なら親も親で、警察にまで言うというのです。診断書がある限り傷害罪にはなると聞いたことがあるのですが、この場合どうなるのでしょうか??またNは起訴されるのでしょうか??  知識のある方どうぞよろしくお願いします。僕は子供のケンカに出てくるような大人が大嫌いなのです。この親の思い通りになってしまうのでしょうか??

Aベストアンサー

通常では暴行罪、傷害罪などが考えられますが。

ただこの場合は、片方が一方的に殴ったなどというものではなく、両方による「喧嘩」でしょう。
しかも校内での出来事かな?


ただ診断書があり、それに基づいて警察に行かれると、捜査はされますね。通常であれば、警察に取り調べをされたとしても、起訴猶予が通常ではないでしょうかね。
それほどそっちは心配しなくてもいいと思います。

しかし問題となるのは、停学・退学等のほうが大問題だと思います。
その場合、こちらも診断書を取ってみたらいかがでしょうか?
医者に行き、ここが痛い…等言えば、ほぼ確実に全治1週間の診断書は出ますので。

親が出てきたのであれば、こちらも親を引っ張り出すしかないかもしれませんね。
それで親同士の話し合いで…となるしかないでしょう。
子どもの喧嘩に親が出るのは自分も嫌いですが、向こうが親を出してきた場合は、こっちが未成年だと何かと<不利>になりますので。

Q校内の張り紙

 息子の通う中学校(市立)なのですが、学校の至る所(廊下の掲示板や職員室の入り口)に特定の政党が発行する機関誌の購読を勧める張り紙がされています。
 こういう行為は法的に問題ないのでしょうか。抗議をしても思想信条の自由だとか、政党そのものへの支持を表明したものではないから問題無いだとか。なんだか釈然としません。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

端的に申し上げます。
義務教育の過程を執り行う学校での特定政党やそれらに関わる団体の「宣伝」行為は不当であるという意見をとある教育委員の方に聞いたことがあります。
この手の問題は学校への抗議よりも教育委員会への申し出の方が早いかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報