色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

「なにげなく○○する」って普通の日本語だと思うのですが
近年「なにげに○○する」って言葉が市民権をえだして、
今や普通の日本語顔しているのですが、いいのでしょうか?
たとえばテストの回答文なんかで使ってもよいのでしょうか?

よろしくお教えください

gooドクター

A 回答 (6件)

「何気に」



 個人的には、まだ俗語のレベルと感じています。
 しかし、一部の辞書が認めてしまいました(「さりげに」も)。
 こうなってしまうと、「俗語」とか「誤用」とか決めつけるのは無理でしょう。
 積極的に他者にすすめる気もありませんし、自分では当分使う気もありませんが……。

 詳しくは下記をご参照ください。
突然ですが問題です【日本語編139】──最近知ったこと5 なにげに/何気に/何げに さりげに
 以下は一部の抜粋(重言)。

 〈平成23年度「国語に関する世論調査」〉でも取り上げていました。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2499. …
================引用開始
〈「なにげなくそうした」ということを,「なにげにそうした」と言う〉ことがある人は、28.9%で、ない人が70.3%だったらしい。ほんとかなぁ。もっと多いと思う。ちなみに平成15年度の調査では、23.5%と75.7%だから、約5ポイント「なにげに」と言う人がふえたことになる。ほんとかなぁ。当方が見聞する限りだと、もっと多いと思う。とくに若い世代には相当普及している。
 どんなに普及しても誤用は誤用、だと思う。しかし、事態はもっと進んでいるらしい。辞書が採用してしまったら、もうどうにもならない。
================引用終了

■Web辞書『大辞泉』から
http://kotobank.jp/word/%E4%BD%95%E6%B0%97%E3%81 …
================================引用開始
なにげ‐に【何気に】
《「何気ない」の「ない」を取り、形容動詞活用語尾「に」を付けて副詞化した語》⇒何気ない[補説]
================================引用終了

http://kotobank.jp/word/%E7%84%B6%E3%82%8A%E3%81 …
================================引用開始
さりげ‐に【▽然りげに】
《「さりげない」の「ない」を取り、形容動詞活用語尾「に」を付けて副詞化した語》⇒さりげない[補説]
================================引用終了

 ただし、「何気に」は「何気なく」の意味ではなく、「実は」の意味のほうが主流の気がする。先行コメントや↑のリンク先にある『日本語俗語辞書』の[1]から[2]に移行したってこと。
■『日本語俗語辞書』から
http://zokugo-dict.com/21na/nanigeni.htm
================引用開始
何気に
何気にとは、何となく、さりげなく及び、実は、本当はといった形容動詞。
【年代】 1986年  【種類】 若者言葉


なにげにの解説

[1] 何気にとは「何気なく」「何となく」「さりげなく」といった意味で1980年代中頃、若者に使われた言葉である。
[2] 何気にとは「本当は」「実は」といった意味で使用する若者言葉である。
================引用終了
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明とご自身のお考えありがとうございました。

お礼日時:2014/03/20 21:24

辞書広辞苑には、「なにげに」何気に


 「何気無い」の連用修飾の形として「何気無く」「何気無しに」
というところを、1980年代から、誤って使われ始めた語形。

とでます。わたしも、「何気に」は使いたくないし聞いても落ち着きません。
中途半端な言葉だと思います。
さりげない,さりげなくと云う言葉も、さりげに、といわれたらいやですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りですね、ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/20 21:25

「なにげに」はもともと首都圏での新方言の形で現われたものが、幾段階かに変容しつつ「ヤッパ」同様に若者言葉としてマスコミも取り上げている段階でしょう。


用いる人ごとに意味が異なっている今の段階では、社会的道義や通念が求められる文書や会社勤めのステージではもちろん、通常での生活用語としても通じない程度の、いかにも意味曖昧な低俗語として忌避されている段階でしょう。

1)何気なげにの省略形
「何気ない」という形容詞を形容動詞に変化させると「何気なげに」となります。
ここでの「…げ…げ」の畳語が冗語として「ウザイ」と感じた関東の若者言葉で「何気に」と転訛したと思われます。
これは、既に若者言葉として全国区になりつつあります。
「この冷酒、ヤッパなにげにおいしくなぇー?」

2)「何気ない」+「然(さ)り気ない」の混同・混合
見た目からはさりげないが、気が付いて見たら、実は意外にというニュアンスへの変化形。
「あの子、何気にオッパイデカくねぇー?」

3)「実は」「本当は」の代用形
2)の「実は意外に」のレベルが強化され、肯定&強調形へと進化中。
「アイツ、なにげにあったまよっくねぇー?」

4)「なまら」「非常に」「すっごく」の代用形
3)からの一層のレベルアップが目下生成中?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国語的解説ありがとうございました

お礼日時:2014/03/20 21:26

http://zokugo-dict.com/21na/nanigeni.htm
によれば、1980年代半ばに生まれた造語、若者言葉とありますね。「何気なく」「なんとなく」という意味から、「本当は」「実は」という意味を表すようになった。
・お前、成績もいいし、インターハイにも出て何気にスゴイよな
・アソコ、こないだも弟が恐喝にあってるし、何気にヤバいんだって

日本語なんて、造語から生まれたものが多いので、これはいけないという必要もないでしょう。例えば、「きいろい」。これは、「黄色」の造語、つまり、これを形容詞化して「黄色い」としたに過ぎません。他にも造語の形容詞はいっぱいあります。赤い、青い…形容動詞に至っては、漢字の熟語を無理やり造語したようなもんです。偉大だ、などね。


まあ、市民権を得出しただけでは、テストや公式文書に使うのは控えた方がいいでしょうね。俗語辞典ではなく、広辞苑にでも載りだしたら使ってもいいでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お仕事では使わないように気を付けます。

お礼日時:2014/03/16 22:34

 本来の「なにげない」は「何という気もない」から来たのでしょうけれど、それとは別に形容詞の中には「いとけない」「あどけない」「しどけない」「ぎこちない」「えげつない」「だらしない」「あらけない」等の「ない」がつくけれど、何を否定しているのか分からないものがあります。

これらは否定ではなくて、単にその状態を強めているだけのように見られることから、「なにげない」も特に否定とは考えず、「なにげに」と言い出したのでしょう。
 今後もそういう使い方が拡がるのでしょうか。あまり広めてほしい言い方ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/16 22:35

若い人の勝手な造語ですね。


特に最近は、言葉を短くする傾向が多いようです。
その様な言葉が将来市民権を得て、通常の言葉として辞書に載る事も有りますが「なにげに」って言葉はまだ市民権を得ていません。
当然ですが、テストや公文書に使う事は今のところ許されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/16 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング