【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

トリスタンがイゾルデに飲まされた媚薬と
ジークフリートがグートルーネに飲まされた媚薬は
成分が同じものでしょうか?
この偉大なる2作品の最重要なターニングポイントに
何故こんな安易な発想しか出来まかったのでしょうか?
ご推測をお聞かせ下さい。

gooドクター

A 回答 (2件)

おはようございます。



先ず二つの媚薬の成分ですが、これは別のモノの気がします。ジークフリートは薬の作用で記憶喪失状態になりますが、トリスタンのそれは理性や建前を捨てた状態ですよね。効果が違う=別の媚薬と思います。

次に『安易な発想』の件ですが、ワーグナーが原作とした素材がそうだったのではないでしょうか。
『トリスタンとイゾルデ』の直接の原作は、13世紀の詩人ゴットフリート・フォン・シュトラースブルクの作品で他のトリスタン伝説も参考にしたようです。
『ニーベルングの指環』の直接の原作は『ヴェルスンガ・サガ』、『エッダ』、『ニーベルングの歌』などの叙事詩です。
私自身はこれらの作品を読んでいないので断言は出来ませんが、可能性は十分に有ると思います。

以上、素人なりに推測してみました。私の勘違い等ありましたらゴメンなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに・・ トリスタンは絶命するまで覚醒しませんが
ジークフリートは お友達ハーゲンの解毒剤で、斑ボケ的にも快復の兆しが現れましたものねえ・・

「原作とした素材」の件も、その可能性が大と納得いたしました。
実は私は、ヴァーグナーがコノ手のクスリを密かに所持しており、ヴェーゼンドンク婦人やコージマに使用して好結果を得ていたので、あのように話を急転させても
本人は不自然とは思わなかった・・と、睨んでいたのですが・・・
あさはかでした。

お礼日時:2004/05/08 20:08

 トリスタン伝説と媚薬について、こんなサイト(↓)もあります。



参考URL:http://www3.pinky.ne.jp/~pippo/page/finamour.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2004/05/08 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング