はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

デーモンを再起動する場合、/etc/rc.d/init.d/配下にあるものをrestartしますが、
rc.dはrc1.dからrc.6dまでありまして、ランレベルってことですが、
具体的にどういう意味でしょうか。

普通再起動する場合は、どれを使うのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>具体的にどういう意味でしょうか。



検索すればいろいろ出てくるはずですけどねぇ。
ちなみにDebianとかではまた違う割り当てになっていたりするのでご注意を。

http://thinkit.co.jp/free/compare/18/4/
ということで、Redhat系列だとランレベル3か5で運用するのが普通かと。
# ウチのCentOS 6.5の2台は3で。
# そもそも2台中1台にはキーボードもモニタもマウスも繋がってないし。

実行される順番については
http://www.3ware.co.jp/aboutus/linux_tips/redhat …
辺りが詳しいですかね。

>普通再起動する場合は、どれを使うのでしょうか。

ランレベルが3(または5)から6に移行します。
で、/etc/rc6.d/K~のスクリプトが順番に実行され(デーモンの終了処理などが実施され)、
最後に/etc/rc6.d/S~のスクリプトが実行されます。
ウチのCentOSだとS00killallで全てのプロセスにシグナル送って、S01rebootでリブート処理されます。

/etc/rc0.dのシャットダウンと/etc/rc6.dのリブートでは実施する内容はほとんど同じです。
最後に実行するのがシャットダウンかリブートかの違いがあるだけで。
# シンボリックリンクの名前が違うだけでリンク先は一緒…でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あれから色々と調べてみまして理解できました!!

お礼日時:2014/03/23 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング