グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

リコーの複合機と印字の黒い帯


 リコーの複合機を使用しています。

RICOH imagio Neo 220

 常駐のFAX機として使用して無いので、夜間は、電源を切る電源コードから抜くようにしています。
 ただ、ときどき、枚数の多い送信時には、よく使っています。受信には、別のFAX専用機を使用しています。

 夜間に電源を切っている性か冬は、ドラムの温度が冷えてコピーするとコピーされた用紙に黒い帯が印字されるようになります。

 今は、春に近づいて来たので、だいぶ、黒い帯は、小さく、少なくなりましたが、完全に無くなった訳では、ありません。

 原因は、ドラムについているブレードが、ドラムについたトナーのかすを剥ぎ取るのですが、冬は、ブレードが堅くなって、トナーを完全に剥ぎ取れないとのことです。ちょうど車についているワイパーのようなもので、ガラスについた水滴をワイパーで剥ぎ取ります。

●Q01. これから、温かくなると改善されるのでしょうか?

●Q02. 自分でドラムを抜いて、ブレードに付いたトナーのかすを清掃できるのでしょうか?

 作業上の注意などがあれば、ご教授方よろしくお願いします。

●Q03. この際、ドラムが、光に感光しやすいので、光を避けなければならないのでしょうか?

●Q04. ドラムを簡単に引き出せるのでしょうか?

●Q05. 本体の前カバーを外さなければならないのでしょうか?

●Q06. コンセントを抜いて電源を切らずに、元電源は、つけたままにしておく必要があるのでしょうか?

●Q07. コンセントを抜かないと機械の寿命を縮めるようなことは、ないでしょうか?

●Q08. 社外にコピー用紙を提出するのに、やはり、黒い帯が印字されるのは、好ましくなく何とかなら無いでしょうか?

 リコーのサービスマンに尋ねるとドラムごと交換しなさい。高価ですよ。
 と言っています。

 感光帯が支障をきたしているわけでないので、できたら、いま少し、このドラムを使用したい。

 誰か経験のある方、対策を取られた方、何か参考になることがありましたら、たとえ、一つだけでも、お知りのことがありましたら、ご教授方よろしくお願いします。

敬具

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現役サービスマンです(リコー製品は扱っていません)。




●Q01. これから、温かくなると改善されるのでしょうか?

→完全には改善できません。


●Q02. 自分でドラムを抜いて、ブレードに付いたトナーのかすを清掃できるのでしょうか?

作業上の注意などがあれば、ご教授方よろしくお願いします。

→基本的にはサービスマン対応です。
清掃は出来ないこともないですが、あくまでも一時しのぎに過ぎません。


●Q03. この際、ドラムが、光に感光しやすいので、光を避けなければならないのでしょうか?

→極力、光に当てないようにしなくてはなりません。


●Q04. ドラムを簡単に引き出せるのでしょうか?

→存じ上げません。


●Q05. 本体の前カバーを外さなければならないのでしょうか?

→存じ上げません。


●Q06. コンセントを抜いて電源を切らずに、元電源は、つけたままにしておく必要があるのでしょうか?

→存じ上げません。


●Q07. コンセントを抜かないと機械の寿命を縮めるようなことは、ないでしょうか?

→存じ上げません。
ただ、常識的に作業はコンセントは抜いて行うものです。


●Q08. 社外にコピー用紙を提出するのに、やはり、黒い帯が印字されるのは、好ましくなく何とかなら無いでしょうか?

→完璧に修復するのであれば、プロのサービスマンに依頼して、部品交換するか、あまりにも修理費が嵩む場合は買い替えも視野に入れたほうが良いかと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 レスありがとうございます。

 一時しのぎでも、一度直して見たいです。
 ドラムに光を当てるのは、危険ですね。
 やはり、電源を入れておくべきだったと後悔です。
 このような意味があるのは、知りませんでした。

敬具

お礼日時:2014/03/20 21:03

プリンタの修理屋です。



専門外のメーカーですけど・・・・・

サービスマンのいう事が正解ですよ。

また、トラブルの理由も少し勘違いしているかも。

●A01.直るかも知れませんし、直らないかも知れません。黒い帯の原因は気温だけとお考えのようですけど、実は結露のほうが深刻です。
黒い帯が出る時点でクリーニングブレードが永久変形していることが多いです。
ごく軽い症状のときは使っているうちにおさまることもありますが稀です。

●A02.消耗品リストに感光ドラムは出ていません。という事は保守契約が前提の機種では?この場合はサービスマンでなければ交換などは出来ない可能性がありますし、感光ドラムと一体型になっていて清掃不可というものもあります。
この質問に関して言えば、ドラムが抜けるか抜けないかの確認もしていないのですよね。
やめたほうがよいです。
クリーニングブレードはかなり神経質な部分ですから。

●A06.いつの時点での話でしょうか?ドラムの交換の作業中でしたら機種によりけり。寒冷時の夜間の話なら、結露防止で電源を入れっぱなしにするのが正解ですし、メーカーによってはそういう案内を出しています。
電源を入れっぱなしにすると、一定時間でスリープ状態になります。
消費電力は無視できる程度に落ちますが、そこで発生する僅かな熱のおかげで結露が防げるのです。

●A07.一般的にはコンセントをいちいち抜くほうがいためる可能性は上がります。
電源コードのプラグ部分が曲げられたりするわけで、そういったつまらないトラブルの確率が上がるはず。
本体自体の痛み具合は微妙ですね。
回路基板の素子などは電球と同じような物で、電気を流す時間に比例していたんでいきます。
でも、その影響はないに等しいほど小さいはずで、使用状況のバラツキとか、生産時点での部品のばらつきのほうがはるかに大きいはずです。

●A08.最初に書いたとおりドラムを交換してください。こういう仕事をしていると、それが常識です。
「感光帯が支障をきたしているわけでない」・・・いえいえ、感光体とクリーニングブレードは一体になっているはずですから、感光体(ユニット)が支障をきたしているわけです。
サービスマンは、これが分かっているのでそっくり交換を勧めたのでしょう。

「高価ですよ」と付け加えたのは、「この機種も古いですから、そろそろ買い換えては?」と言う意味でしょうね。
調べてみたら、2001年発売の機種のようですが、いかがでしょうか?
常識的にはメーカーの保守、サポートも終了しているのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 レスありがとうございます。
 専門的な解説ありがとうございます。
 敬具

お礼日時:2014/03/20 21:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務用コピー機で黒いラインが印刷される原因等について

自宅(自営)で事務用コピー機を使用しています。
(KONICA U-BIX1216…中古購入)
先日書類を印刷をしたら、7~8cm幅の黒い帯状のラインが出力されました。(他の部分は正常に印刷されます。)
内部を見てみると、ドラムユニット部分にある銀色の筒状のドラム?に一周、同じ幅のトナーが付着おり、トナーが付着している部分を拭き取ると、一時的には回避しました。
しかし、すぐに同じ症状になります。(黒く印刷される場所が変わり、ドラム?に同じようにトナーが付着してしまいます)

そこで教えていただきたいのですが…
(1).どうして、このような症状が出るのか?
(2).自分で修理できる事案か?(修理の仕方を含む)
(3).自分で修理できるなら、部品はどこで調達できるか?
(4).業者に修理依頼をすると、いくら位コストが掛かるか?

前回、コピー機を購入した業者にトナー交換していただいたら5万円程掛かったので、コスト次第では、修理するか新たにコピー機を購入するかも考えるところです。
うまくトラブルの状況を説明出来ず、回答が難しいと思いますがよろしくお願いします。

自宅(自営)で事務用コピー機を使用しています。
(KONICA U-BIX1216…中古購入)
先日書類を印刷をしたら、7~8cm幅の黒い帯状のラインが出力されました。(他の部分は正常に印刷されます。)
内部を見てみると、ドラムユニット部分にある銀色の筒状のドラム?に一周、同じ幅のトナーが付着おり、トナーが付着している部分を拭き取ると、一時的には回避しました。
しかし、すぐに同じ症状になります。(黒く印刷される場所が変わり、ドラム?に同じようにトナーが付着してしまいます)
...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

デジタルとアナログで若干プロセスは変わりますが、考え方は基本的に変わりません。
汚れが付いたドラムと言うのは「感光ドラム」といいます。
表面を帯電させ、原稿に光を当てて反射してきた光、あるいはレーザービームを当てます。
感光ドラムの表面は特殊な処理がされていて、光が当った部分は導電性がでて静電気が逃げていきます。
そこに帯電したトナーを近づけると、静電気の引力で文字の部分にトナーがくっつきます。
それを逆の方向の静電気を使って紙に転写していくわけです。
(後は加熱、定着となります)

トナーが紙に転写するときに100%転写すれば問題は無いのですが、数%程度はドラムに残ってしまいます。
それを自動車のワイパーと同じ方式のゴムブレードで拭いとっているのですが、それが劣化してくると質問のような現象が起きます。

このブレードはブレードのみで交換できるものもありますし、感光体カーとりっきに組み込まれている場合、キヤノンの様にトナーカートリッジにドラムもブレードも組み込まれているものもあります。

キヤノンの一体型を除き、普通は業者に修理を依頼する部分です。

サービスマンによる修理が前提ですから、普通は部品だけの販売もしていません。

修理に関しては、大型のコピーは保守契約を前提としたものが多く、スポットで修理依頼するとかなり割高になるケースは多いようです。
ただ、業務で使用していると壊れると困ることが多いはずで、定期メンテで安心して使っていただける・・・これがメーカーの考え方です。

また、このクラスでトナー交換で5万円なら妥当かも。

キヤノンの例ですけど、家庭用コピーやレーザープリンタでは1ページ3~5円で計算していますが、大型機ではトナーの容量も多くなり価格も上がってしまいます。


この機種の詳細の情報は知りませんが、記憶では「U-BIX」と言えばミノルタを吸収合併する前のコニカ単独の時代の商品だったはずです。
年数もかなり経過しているようにも思いますので、補修部品も入手しにくくなってきているかも。


こういう機械を購入されているのですから、A3とかB4のコピーが必要なのではと思いますが、それを何とかしてA4だけに割り切れば、5万円程度でレーザー複合機(コピー、FAX、スキャナ、プリンタ)も入手できる時代です。
大判のものはPC+A3レーザープリンタで逃げる方法もあります。

コストを下げるために中古を選択する人が多いのですが、現在では定形外といえるA3、B4の使用をやめることが出来れば、かなり安く上がります。

プリンタの修理屋です。

デジタルとアナログで若干プロセスは変わりますが、考え方は基本的に変わりません。
汚れが付いたドラムと言うのは「感光ドラム」といいます。
表面を帯電させ、原稿に光を当てて反射してきた光、あるいはレーザービームを当てます。
感光ドラムの表面は特殊な処理がされていて、光が当った部分は導電性がでて静電気が逃げていきます。
そこに帯電したトナーを近づけると、静電気の引力で文字の部分にトナーがくっつきます。
それを逆の方向の静電気を使って紙に転写していくわけ...続きを読む

QPDFに変換したものに線がはいる(特定のパソコンで

職場のパソコンで私のパソコンのみPDF化したファイルに線が入るものがあります。
全部ではないのですが、サイズの大きいものに白い線が格子状にはいります。
印刷しても同じようにはいります。

最初はPDFに変換がうまくいってないのかとおもったのですが
別のパソコンだと問題なかったりします。

私のパソコンは半年前に変えてもらったばかりで
Win7ですがスペックは悪くないようです。

今回はcubeソフトとPDFコンプリートでPDFに変換したのですが
どちらも線が入りました。

小さいサイズのものは大丈夫だったのですが・・・

なにか解決策はあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

んー。ソフトをまず疑いますかね。異常がない端末があるということ
は、データ的には正常の可能性があり、異常が起きるマシンのPDF表示
関係(もしくは読み込み関係)が正常に出来ていないのではないでしょ
うか。

表示にどんなソフトを使っていて(名前)、バージョンの違いなどは
ないか確認してみてはいかがでしょうか(バージョンが低い、または
逆に高いとか)。またそのソフトのメーカーのサイトなどに同様の不
具合報告がないか確認しましょう。

また表示関係で他のソフトでは試していませんか?。もし可能なら他
のソフトで表示されたらどうか確認してみましょう。


人気Q&Aランキング