お父さんが数十年前に使っていたアコギを使いたいなと思っているのですが、ホコリがついてたり弦が切れていたりしてます。

弦の替え方はとりあえず何となくわかったのですが、ギターをどのようにお掃除していいか分かりません。特に中のホコリとか…。
あと反り(?)等々いろいろ良くわからないです。

初心者でも出来るお手入れ、必要な道具を教えてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Cat'sEyeは、名品です。


私がはじめて買ってもらったギターも、それでした(まったく同じモデルではないですが)。
ので、他人事に思えず、テンション高めに書きこみます。

(1)ギター自体に価値があります。大事に使ってください。
(2)一度、専門家(リペアマン)に見てもらうことを薦めます。
(3)よいリペアマンを探すのは大変ですが、出会えることを祈ります。

(1)について。
自分がはじめて買ってもらったギターだからという(のもありますが)だけでなく、東海楽器自体が、大変良いメーカーでしたし、このシリーズは、10年くらい前から、好事家の間で評価が上がっています。さらに、(極めて、極めて、私見ですが)、この楽器は、「状態がよければ、現行の一流メーカーの数十万円のギターより、気持ちが良い音がする」楽器だと思っています。古き良き名品です。将来『なんでも鑑定団』に出していいくらいです。20年後もやってたら。

(2)について。
日常のお掃除はできますが、長く使っていなかった場合は、いわゆる「下手にさわらない方がいい」状態の場合があります。特に、「反り」などは、(程度によっては、慣れれば自分で調整できますが)、それでも、今回の場合は避けたいです。一度、専門家(ギターを弾く専門家でなく、ギターをいじることの専門家。リペアマンさん)に、トータルにメンテナンスしてもらって、その後、自分で手入れをするのが良いと思います。

(3)について。
ギターリペアは、特に資格などなく、極端に言えば、「僕、今日から、リペアマン!」と名乗ればだれでもできる仕事なので、色んな人がいます。人柄が良く、腕も良い人。嫌な人間だけど、腕はすごい人。人当りはいいけど、仕事が雑な人。偉そうな上に、仕事も悪い人。ネットを見ると、悪評は沢山あるのですが、良い評価は少ないです。誰もが「この人は嫌だ」と「この人に任せてよかった」を持ってますが、後者は、ネットには書かないことが多いです。ゆえに、身近でギターに詳しい人、信頼できる人を見つけて、直接のつながりから、良いリペアマンに出会うことが、一番良いと思います。勿論、ネットや専門誌の情報も頼りになりますが、情報の良し悪しを見分けるのが、ちょっと大変です。良い人に出会えることを祈ります。

と書いた上で、少しだけ。

・弦の交換ができたならば、まずはそれで弾いて良いと思います。
・中の埃は、エアーブロアー(ブロワ―)、で吹き飛ばすのが良いと思います。扇風機でも良いです。息でもいいです(顔が真っ赤になりますけど)。掃除機で吸うと、中の材に触れて、まずいです。
・楽器屋さんで、「ギターを拭く、クロス、を下さい」と言うと、布がでてきます。ボディの表面はそれで拭けばよいです。眼鏡拭きや、肌着・下着、も以外といいです。要は、繊細に作られた布で拭くのがよいです。
・楽器屋さんで、「指板を磨く、オイル、を下さい」と言うと、油の小瓶が出てきます。左手で触るところは、布にそれを着けて拭くと良いです。種類があります。私は、オレンジオイルを使っています。個人の好みと、指板によって相性があるので、実物を持っていくのが一番良いです。
・反り、とかは、触らず、任せられる人を探しましょう。

自分でも思い入れのある、そして、良い楽器、よい話、だったので、長々書きました。

>初心者でも出来るお手入れ、必要な道具を教えてください

端的には、「中の埃は、掃除機で吸うのでなく、風で吹き飛ばす。クロスとオイルを買い、表面を拭く。あとは、専門家を探して、一度トータルに調整する」、です。

お邪魔しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

とりあえず弦を取って、柔らかい布で軽くホコリを落としてみました。
ギターの中からは輪ゴムとおっきいホコリと謎の電話番号が書いてある紙の切れ端が出てきました。お父さんの次に使っていた従兄さんはどんな使い方をしていたのか…

それととりあえず弦付け替えて練習しようかと思ったらサドル(?)がないことに気づきました。これは替えられるものなのでしょうか…?

お礼日時:2014/03/21 02:23

サドルは、交換可能です。

楽器屋で売っています。
が、高さや幅など、技術の要る調整が必要になります。
「アコギ サドル 交換」などでネット検索すると、情報が出てきます。

やはり一度、きちんとメンテナンスをした方が良いかもしれません。
まずは、(ちょっと良さげなアコギを扱っている)楽器屋さんに相談するのが良いと思います。自力でできるか、専門家に頼んだ方が良いか、そうした判断もしてもらえると思います。

一本のギターから、一族の男たちの歴史を垣間見つつ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
楽器屋さんに見てもらったところ、何だったかがちょっと浮いてる(?)けど反りとかは特にないと言われました。
弦も張ってもらったのですがサドルは付いてませんでした!

お礼日時:2014/03/31 01:43

No.1です。


CAT'S EYES CE-400は東海楽器という良いメーカーのギターです。おそらく東海楽器がマーチンの代理店をやっていたころの製品です。
お父様が買われたのがもし1970年代後半であればラッキーです。70年代まではトップが単板でネックもマホガニーと良い材質が使われていますので。
すでにビンテージに足がかかるくらいの古い楽器ですが、今でも大事に使っている人は大勢います。
是非蘇らせてあげてください。

せっかくの良い楽器なので、あまり素人調整しようとせずに一度楽器屋さんに持って行って調整してもらうことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度も回答ありがとうございます!
良いもの、と聞くと怖くていじれないですね…
今度なんとか楽器屋さんに連れて行こうと思います!
ただ金銭的な問題がありますが…

お礼日時:2014/03/21 02:12

お父様の使ったギターだからでしょう。


このサイトを参考にしてください。
http://g-o.jp/akoginotyousei%20syuurinituite.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!
少し難しそうなのでレベルが上がったら挑戦してみます!

お礼日時:2014/03/20 00:02

素人にできるのは、弦を外してボディの中のホコリを掃除機で吸い取るとか、弦を貼り替える、ポリッシュとクロスで汚れをふき取るくらいです。


厳密にいえば塗装の種類によって使えるポリッシュも変わりますので、メーカーとモデル名(できれば買った時の値段)がわかれば補足してください。
もう少しやりたい場合は、フレットを磨いてピカピカにするとかオイルで指板をクリーニングするとか。

ネックの反りに関しては楽器屋さんで見てもらうか、ギターがわかる人に相談してください。
もし弦高が高いとかビビるような場合は、ネックの反り、ナットやサドルの状態、フレットの状態、ボディの状態など、トータルで調整すべきです。
もしかしたらネックをボディから剥がして角度調整が必要かもしれません。

もし数十年前に1~2万円で買ったギターであれば、あまり期待しないで新しいものを買った方が良いかもしれません。

この回答への補足

CAT'S EYES CE-400と書いてあるようです。

新しいのを買うことも検討したのですがお母さんに、馬鹿じゃないの?と言われてしまって…

補足日時:2014/03/20 00:00
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアコギ弦の触れ幅が、5弦だけおかしい

つい先日、アコースティックギターを初めて購入しました。
(といっても、ヤマハサイレントギター SLG100S フォークギタータイプです。)

1日2日目は特に問題はなかったのですが、
しばらく使っていると5弦が非常にビビリやすくなってきました。
他の弦は特に問題がなく、弦が悪いのかと思い
新しいものに交換もしたのですが、改善されません。

抑え方も工夫したのですが、
フレットの真上を押さえるくらいでないとビビリが出ます。
また、開放弦で弾いたとき、よく見ると他の弦と比べて
触れ幅がバタバタした感じになっています・・・。


なにか、考えられる原因や対処法などはございますでしょうか?
楽器店が家から遠いもので、できる限り自宅でできるなら
対処しようと考えています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も色違いですがサイレントギター持っています。

一般に弦のビビリはネック、フレット、ナット、サドル、弾き方
の問題で発生するものだそうです。5弦だけビビリやすいという
ことですので、ネックの反り・ねじれではないと言っていいのか
なと思います。

残りはフレット(リリース角の問題)とナット・サドル(弦高の
問題)・弾き方なわけですが、まず弦高を計ってみましょう。弦
高についてはバナナムーンさんのサイトにあったのでどうぞ。3)
目標弦高を決めるをある程度の目安にして、5弦だけ変に低いよ
うであればビビリは弦高の問題と考えていいでしょう。
http://www.ba-na-namoon.com/action/action1.html

弦高の問題であった場合、ナットの5弦だけ変に深くなっていた
りしませんか?その場合ナットを交換するのがいいと思います。
次にサドルの5弦部分は変に低かったりザラザラしていませんか?
そうでればサドルを交換するといいと思います。トラスロッドで
も弦高調整はできるようですが、我々のような素人にはあまりお
勧めされない手法のようです。
そのほか5弦にすり減ったフレットがあった場合もビビリの原因
になります。あった場合はフレットのすりあわせで解消できます。

以上のことは専門家に頼めばそれぞれお金がかかりますが、購入後
数日ということであれば購入したギター屋に持っていくと通常は無
料で直してくれます。

弾き方については、初ギターということですのでひょっとしたら初
心者さんかなという気もしますが、そうであれば弾き方に変な癖が
ついた可能性もあります。ギターのトップ面に対して垂直にピック
を振り下ろしてみて弦がビビらないようであれば、普段の弾き方で
は5弦へのアタックが強すぎるということだと思います。精進しま
しょう。

また3弦だけビビルギターのリペアファイルが同サイトにあった
ので参考までに貼っておきます。
http://www.ba-na-namoon.com/repair_file/464/464.html

私も色違いですがサイレントギター持っています。

一般に弦のビビリはネック、フレット、ナット、サドル、弾き方
の問題で発生するものだそうです。5弦だけビビリやすいという
ことですので、ネックの反り・ねじれではないと言っていいのか
なと思います。

残りはフレット(リリース角の問題)とナット・サドル(弦高の
問題)・弾き方なわけですが、まず弦高を計ってみましょう。弦
高についてはバナナムーンさんのサイトにあったのでどうぞ。3)
目標弦高を決めるをある程度の目安にして、5弦だ...続きを読む

Qアコギの弦を張り替えたいんですがどの種類の弦がいいとかあるんでしょうか

アコギの弦を張り替えたいんですがどの種類の弦がいいとかあるんでしょうか?
ギターはEpiphone AJ-45です。
趣味としてだけでの使用なのであまり高価なものは買えないので、お手頃でオススメなものがあったらぜひ教えてください。


また、4年ほどまえに購入したのですがすぐに挫折してしまってギターに関しての知識はほとんどありません。
自分でも調べていこうと思いますが弦の張り替え方のわかりやすい説明が書いてあるHPや本を教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

弦の張替え方は下のサイトを参考にされると良いでしょう。
http://www.j-guitar.com/ha/hajime/index.cgi?u=haji_aco1.html

弦は、ライト(スーパーライト)ゲージ(細)かミディアムゲージ(中)のどちらかで良いと思います。

私はマーチンなどを良く使っています。(1セット500円くらい)
楽器店か、CDショップなどでも売っています。

新しい弦に替えると、結構弾く気が湧いてくると思いますので、これを機会に是非復活してみてください。

Q最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの

最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの交換をやってもらおうと思っているのですが、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

ちなみに、アコギは島村楽器で買いました。

Aベストアンサー

ネックの順反りだけが原因で、トラスロッド調整だけで済むようなら通常0円~1000円位。保証期間中ならサービスで対応してくれるでしょう。
ナットやサドル交換が伴えばおそらく5000~1万円、フレットすり合わせが入ればさらに3000~6000円位。
原因がネックの元起きだとボディとネックをいったん外して再接着(ネックリセット)をしますので、その場合だと5万円前後でしょうか。
そのほかにもボディ側(トップのふくらみやブリッジの浮き)に原因がある場合も無いとは言えません。

なお購入したばかりの楽器に良くありますが、季節が変わって湿度が変化するとコンディション(弦高や音質)が変わることがあります。変化の幅は年季が経つごとに小さくなり落ち着いて行きます。

いずれにしても現物を見ないとわからないことなので、早めに信頼できるプロに相談するのが安心です。
保証期間中ならすべて無料で対応してくれるかもしれませんが、そのあたりは島村楽器に問い合わせるのが確実です。

Qアコギで、1弦から6弦まで全部セーハすることってできますか? 自分はできないんですが、できる人ってい

アコギで、1弦から6弦まで全部セーハすることってできますか?
自分はできないんですが、できる人っているのかなと思いまして。

Aベストアンサー

弦高が高すぎるのかも。

Qアコギのネックの順反りの直し方

ネックが順反りして、トラスロッドに頼りたくない場合、弦を張らないで一定期間放置して、またチューニングをするとネックが逆ぞり方向に行き、自然に直せますか?

Aベストアンサー

>弦を張らないで一定期間放置して、またチューニングをするとネックが逆ぞり方向に行き、自然に直せますか?

 結論から先に言うと、直りません。っと言いますか、一時的に直ってもやがてまた反ってしまいます。
 弦の張力は常にネックを順反り方向に曲げようとしており、対するトラスロッドの軸力が弦の張力とつりあってネックを真っ直ぐに保持する構造となっています。ギターのネックの機械的構造上、『トラスロッドに頼りたくない』というのは不可能です。

 クラシックギターや古いマーチンなどにはトラスロッドは入っていませんが、ネックを補強するための心材が埋め込まれており、またそれでもジリジリと反っていくので、定期的にネックを修正しなければなりません。

 尚・・・単純にネックの逆方向にチカラをかけて放置して修正する、というのは絶対にやってはいけません。冷間(室温)状態でチカラをかけてネックを反らせると、木材が弱くなってしまいネックの機械的強度が低下します。
 木材は熱をかけると強度が弱くなる特性を持っており、ネック修正ではその特性を利用して、ネックアイロンというヒーターをあてて温めながら反りを修正します。(木製の桶の側面の輪の部分を作るのと同じ要領です。アコースティックギターの側板やグランドピアノの側板なども、温めた板を型に沿わせながら曲げて作ります。)

>弦を張らないで一定期間放置して、またチューニングをするとネックが逆ぞり方向に行き、自然に直せますか?

 結論から先に言うと、直りません。っと言いますか、一時的に直ってもやがてまた反ってしまいます。
 弦の張力は常にネックを順反り方向に曲げようとしており、対するトラスロッドの軸力が弦の張力とつりあってネックを真っ直ぐに保持する構造となっています。ギターのネックの機械的構造上、『トラスロッドに頼りたくない』というのは不可能です。

 クラシックギターや古いマーチンなどにはトラス...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報