[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

借地の上に自己所有の家を建て住んで30年になります。

その借地は、地主の敷地を通り、すなわち、袋地になっているため、
地主の敷地(通路になってます)を通り公共道路に出ています
それに加え、下水道も地主の敷地を通り公共下水道に繋がっています
工事の際には、文面はありませんが了承いただきました

一年前に、その袋地だった隣の土地を買いました。
買った土地に駐車場を作り、地主のお宅を通らなくてよくなりましたが、
地主の敷地を通っていた下水道管も撤去し、そっちを(買った土地)通してくれと、地主が言いに来ました

毎月地代は払っております
それも、固定資産税の20倍払ってます
これも、おかしな話です

下水道の話に戻りますが、自己所有の土地を買ったからと言って、
付け替える?撤去しなければならないのでしょうか

借地は借地…自己所有土地は別のような気がします

法律的にどうなのでしょうか

長文すみません
回答をよろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>下水道の話に戻りますが、自己所有の土地を買ったからと言って、


>付け替える?撤去しなければならないのでしょうか
当たり前でっせ!
隣は「あんさんの土地」でっせ!
それにやのぉ~、住んでる家もあんさんの家。
唯一「土地を借りてる」だけ・・・
当然あんさんの土地が出来たんやったら、そこを通すんがセオリーでっせ!
>それも、固定資産税の20倍払ってます
>これも、おかしな話です
なにがおかしいんでっか?
その様に「納得した」から払っとるんでっしゃろ!
不満あるのに「ホイホイ銭を払う」ことしとるんか???
せやったら、ほんまの「あんぽんたん」でっせ!
    • good
    • 0

例えば、Aと言う土地があって、その所有者が甲だとして、A土地に行くために、甲所有のBと言う土地を通行しなければならなかったが、Aと言う土地に隣接するCと言う土地を買ったために、Bの土地を通行しなくてもAと言う土地の出入りは可能となったと言うことですか ?


それならば、Bと言う土地の通行はできなく、上下水道の撤去も仕方がないです。
「借地は借地…自己所有土地は別のような気がします」と言いますが、上記の例で言えば、Aの土地とBの土地の両方を借りているならば、そのとおりですが、借地のAと言う土地に隣接するCと言う土地が自己所有となって公道に出入りできるので、他人の土地であるBを通行する(利用する)必要がなくなったわけです。
囲繞地通行権は囲繞地に限ります。
    • good
    • 0

>下水道の話に戻りますが、自己所有の土地を買ったからと言って、


>付け替える?撤去しなければならないのでしょうか

質問者さん所有の家屋は今も借地の上に建っていて、今も固定資産税の20倍くらいの地代を払っている。

その借地に入る通路に当たる土地だけを今回買った。ということですね。

袋地の所有者には囲繞地通行権という権利があり、自分の袋地に入るのに必須となる土地を通行する権利を有します。(囲繞地通行権で認められるのは人の通行のみ、車両が通行できる程の幅員は認められない)

同じくライフライン(上水道や下水道)も他人の土地を通さざるを得ないので、他人の土地の最も邪魔になりそうにない場所を通すことが認められます。(おおむねは土地の端など)

そこで整理しなけけばならないのは所有権と賃借権です。

つまり借地であっても地代を払い続ける限り、その土地を使う権利がありますので、所有権より借地権が劣るなどは無い、どちらも法律で認められた権利です。(つまり賃借権も所有権と同じく不動産登記できます)

袋地を購入し、同時に袋地に通じる土地も購入した、となるとライフラインも引き直しますでしょう。(自分の土地建物に通じるライフラインが、他人土地を通ってる方が不自然)

借地権も所有権に準じると考えれば、その土地につながる通路用地を取得したのであれば、ライフラインもその土地に通すのが筋ではないでしょうか?

>法律的にどうなのでしょうか

法律でこう決まってますから私は従いません・・・で済まないのが世の中です。

大家の申し出を拒否したとして、これからも快適に暮して行けるでしょうか?

そのあたりもよく熟慮された方が良いように思います。

この回答への補足

さっそくの回答をありがとうございました

地主か隣人で長い付き合いだし、揉め事を起こすのは嫌です

しかし、地代も年々値上げされ、
袋地で道に面していないし、地価は下がっているのに4月からまた1000円の値上げです。そこに来て、下水道の撤去…
お宅のうんこが流れてると思うと気持ち悪い、あり得ない!
とも言われました。

嫌がらせにしか思えなくて。

借地人は地主に弱いです
文面で、地主にわかってもらいたく思います
一生、言うなりにならないといけないでしょうか

補足日時:2014/03/19 22:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣の家の敷地内にうちの排水管が通っています

先日、隣の家の方が引っ越しました。
隣の家をある建築会社が買い取り新築の家を建てる計画をたてているのですが、我が家の排水管がとなりの敷地内を通っていることがわかりました。
業者が来て配管を切断しますと言ってきました。
工事費はこちら側が負担でやってくださいとのことでした。
我が家は築40年以上たっています。
私といたしましては、いきなり言われて納得できないところがあります。
どなたか法律にくわしいお方がいらっしゃいましたら、どういう対応をすればいいかアドバイスをいただけたらと思っています
よろしくお願いします

Aベストアンサー

少なくとも、私が仕事を始めた30年前から15年くらい前までの間に、
「建築主Aが土地Bに住宅を建築するにあたり、住所Cの敷地に、Aだったか、Bだったかの排水路を設ける事を承諾します。/住所C土地所有者D・印」という様な内容の「隣地承諾書」だったか、「排水承諾書」なるものを作成し、確認申請時に添付して建築した記憶があります。法が整備された1950年以降は隣地の貸し借りは口約束では建築の許可が取れませんので、隣地承諾を取っていると思います。
確認申請の副本がとってあれば、役所に提出した確認申請の正本に添付した「隣地(排水)承諾書」のコピーが挟み込んであるはずです。

それが見つかれば、回答者No.2さんのご回答に準ずると思います。

Q隣家の地下の下水配管が越境しています。

隣家の地下の下水配管が越境しています。
土地を購入し建築工事をしています。基礎を掘るときに隣家の地下配管が私の土地の方に越境していることが判明しました。隣家は50年前から住んでいます。この場合、隣家は、この越境状態を解消する義務があるのでしょうか? 法的に、この工事費用は、相手が負担するのでしょうか?それとも私が負担すべきでしょうか? また、有効な解決方法はあるのでしょうか? (泣き寝入りするしかないのか。。。?)

Aベストアンサー

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通すことに↑に基づく合理性があれば違法ではなく、撤去の強制もできません。
また、あなたの敷地を通さなくても下水本管に通せる場合でも前所有者が埋設許可したのでしょうからその負担は継承されます。

建築が困難であれば話合いをするしかありませんが、↑のような法律や事情がありますからあなたの土地所有権が全てに優先されるわけではありませんので相手が移設を拒否する可能性もあります。
その場合には工事の兼ね合いから裁判とかまどろっこしいことはできないでしょうから、設計を一部変更するか、移設負担をお互いに折り合うしかないと思います。

あなたが負担したお金については、前の所有者と仲介不動産に請求できるかも知れません。
徹底的に白黒はっきりさせたいのであれば法律の専門家に相談したほうがいいと思います。

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通...続きを読む


人気Q&Aランキング