出産前後の痔にはご注意!

先日、高濃度ビタミンC点滴療法の有効性について回答がありました。
しつもんですが、高濃度ビタミンC点滴療法は、アフラックなどの先進医療(治療)特約が適応できるんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

出来ません


病気以外は対象外
    • good
    • 0

対象ではありません。



超高濃度ビタミンC点滴療法、樹状細胞療法
NK細胞療法なども対象外です。

先進医療とは、重粒子線治療などです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q超高濃度ビタミンC点滴療法

癌で、超高濃度ビタミンC点滴療法を、体験された方が、おられましたら
超高濃度ビタミンC点滴療法後の、体調変化や経過、効果について教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大腸からの肝転移があり、積極的治療が出来る状態ではなく余命3ヶ月との診断を受けた母が、高濃度ビタミンC点滴療法を週2回ペースで2年6ヶ月受けておりました。

点滴療法前は食事がとれず、身体のだるさが強いことから横になって過ごすことが多かったのですが、
点滴療法を開始して半月後あたりからベッドから離れる時間が増え、1ヶ月後くらいから食事がとれるようになりました。(この頃は週2回通院 1回 50グラム)

2ヶ月目以降は、週2回・1回 100グラムを点滴。 バスと電車を乗り継いでの通院が可能となり、洗濯物を干す等の軽い家事もこなすように。この頃から身体のだるさを訴えることがなくなりました。
点滴療法を受けた日は特に体調、気分ともに良く、食欲も増すようです。

私も50グラムを数回受けていますが、身体が疲れにくい、翌朝の目覚めがすっきりという印象。


癌が消失することはありませんでしたが、
最期まで寝込むこともなく、家族・友人との旅行(ゆったりペースではありましたが)食事会等も楽しめました。

母の場合、QOLを維持するという点では大変効果があったと思います。

大腸からの肝転移があり、積極的治療が出来る状態ではなく余命3ヶ月との診断を受けた母が、高濃度ビタミンC点滴療法を週2回ペースで2年6ヶ月受けておりました。

点滴療法前は食事がとれず、身体のだるさが強いことから横になって過ごすことが多かったのですが、
点滴療法を開始して半月後あたりからベッドから離れる時間が増え、1ヶ月後くらいから食事がとれるようになりました。(この頃は週2回通院 1回 50グラム)

2ヶ月目以降は、週2回・1回 100グラムを点滴。 バスと電車を乗り継いでの通...続きを読む

Qガンの痛みを和らげる方法教えてください。

父が末期ガンで苦しんでいます。
原発は大腸で、転移していた肝臓とともに切除しましたが、半年後に、肺、その三ヶ月後に脳に見つかり、一時、左半身マヒ状態でしたが脳へのガンマーナイフ照射により、マヒは回復し退院しました。
退院後、左足の痛みを訴えていたのですが、病院では原因がわからず「神経痛・もしくは、マヒの間の運動不足による後遺症か」と言われていましたが、
先日、MRIで検査、骨盤に転移している事がわかり、急遽入院しました。(国立病院)
現在、父は一人では歩けない状態で、痛みが激しく、
鎮痛剤(モルヒネ?)を投与しながら放射線治療を行っていますが、
放射線による吐き気、倦怠感、鎮痛剤投与による、失語(物の名前が一時的に思い出せなくなる)などの症状があり、それを本人がものすごく情けながるので、
なるべく、父が苦しい治療をさけたいと思っています。
父は、患部(左骨盤部)の痛みと、そして左足ふくらはぎがだるくて夜眠れないと嘆いています。(一時間くらいさすってやると、少しはよいようです。)
この痛みを少しでも和らげる事ができれば、
キツイ鎮痛剤を投与しなくてもよいのではないか思うのです。

ここを検索して、日々草(ニチニチソウ)というものを知ったのですが、ホームセンターへ行ってもよくわからない(見当たりませんでした)し、
三度の食事も満足にとれず、(おひたしや、野菜などは固いので食べれないといいます)
一日中ムカムカ気持悪いと訴えている父に、
これ以上なにかを飲ませるのは気がひけますし、
とてもガンコになっておりますので、たぶん、本人が嫌がって食べないと思います。

そこで、できるなら、飲む(食べる)ものではなく、
廻りのものが貼ってやる、塗ってやる、というような
外部から痛みを和らげる事ができるものがありませんでしょうか?

父が末期ガンで苦しんでいます。
原発は大腸で、転移していた肝臓とともに切除しましたが、半年後に、肺、その三ヶ月後に脳に見つかり、一時、左半身マヒ状態でしたが脳へのガンマーナイフ照射により、マヒは回復し退院しました。
退院後、左足の痛みを訴えていたのですが、病院では原因がわからず「神経痛・もしくは、マヒの間の運動不足による後遺症か」と言われていましたが、
先日、MRIで検査、骨盤に転移している事がわかり、急遽入院しました。(国立病院)
現在、父は一人では歩けない状態で、痛み...続きを読む

Aベストアンサー

 残念ながら特効薬はありませんが、何時もそばにいてどこでもいいですから触っていることでものすごく違うそうです。(母が言った) 私もこの2年で続けて両親をガンで亡くしました。モルヒネ入りの座薬もだんだん効かなくなりキツクなり副作用も出てきますが、ものすごく体力的に精神的にもキツイですがいつも傍にいてあげることです。 父は病院で寝たきりになりましたが、病院に任せて休みにしか傍についておけず後悔しました。 それから1年後、姉と二人で寝たきりになった母は自宅で看取りましたが、傍にいてくれるだけで嬉しいとも言ってくれました。 精神的にものすごく大変です、いまだに1時間毎にさすってと起こされて半年以上続けた私は熟睡はできません。母に対しては出来ることはやった。 父に対しての病院まかせの後悔が大きかったかもしれません。 だらだら書きましたが、家族でがんばってください。 あなたの温もりが痛みをやわらげてくれることを祈ります。

 

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q抗がん剤を断ることは悪いことですか?

母が抗がん剤治療を受けたくないことを、病院側に伝えられません。
いつも付き添ってくれる友人も、抗がん剤治療は絶対するべきだ、といい、
2回目は友人に連れていかれるようです。

私と父は母の気持ちをよく聞いて、もうしなくていいのではないか?と思っています。

しかし、抗がん剤をしないことに賛成した私にいわれることは、
しなかった結果がよくなかったときに、あなたに負担がかかる、といわれます。
病気の治療というより、周りの心理戦のような気がして、本人の意思は関係なくなってしまってます。

今は、抗がん剤を受けたくないという母に賛成してる私と父が悪者になっています。

実際、知り合いの父親が、元気に4クール目にいどんだ結果、
あっというまに亡くなりました。
家族は絶句だったようです。

病院に断りの電話をすることを母に頼まれていますが、
怒られるか、冷たくあしらわれるか、また考え直すように説得されるか、
話すのも億劫になっています。
断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもらった病院は 抗がん剤の専門チームです
主人は喜びました

命がつながった。。と思ったのでしょう

結局 抗がん剤の効き目を見るまもなく 機能が落ちていって・・
しかし主人は 亡くなるほんの少し前まで
治る!と言う希望を持つことが出来ました

お母さんの場合ですが
元気だから治ったと思ってというか 元気だから抗がん剤が必要ないと思われているのならちょっと話は違うかな。。。と思いますが 必ずしも抗がん剤をすることが延命になるとは限らないと・・・

その副作用はかなりのものだと・・・。

>断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?
 そんな事はないと思います
 断る勇気も必要です

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもら...続きを読む


人気Q&Aランキング