今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

引っ越し日が近づいて、フローリングの傷に気が付きました。

プロに頼む事が最良でしょうが、何分お金がありません。
素人で補修ができるならばと考えています。
傷はすり傷?ではなく圧縮??小さい車輪にテンションがかかってその部分が
1~2ミリ程度へこんでいます。

フローリングの材質ですが、光っています。写真で写してもほとんど傷は
見てとれません。
これはウレタン塗装というのでしょうか?
無垢材のフローリングは蒸気アイロンで直るそうですが、ウレタンに熱を加えたら
ぼつぼつができそうでやっていません。

他のサイトを調べましたが、文字ベースで補修のやり方がほとんどわかりませんでした、、

ご存知の方、やり方、材料、難易度などを教えて頂けますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

傷や凹みの補修方法です。



まず、クレヨンのようなパテ数色を溶かし、色合わせします。
それを凹んだところに塗り付けます。
乾いたら、平らに削りとります

その上から、ニスなどの透明塗料を絵描きようの細い刷毛で塗ります。
これで終わりなんですが、

もしも、塗膜塗装が無ければ、
塗らしたテイッシュペーパをおいておきます。
数回繰り返すと多少は復元します。

もし新築なら、通常2年間は無料で補修してくれますよ。

私は注文住宅なんかで補修を担当してましたので、
傷程度なら見た目分からないようにはやっていました。

大きな木目は、筆で絵を描くように塗るとかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信がおくれたことをおわびいたします。

詳しく書いていただけましたね。
ありがとうございました。
結局間に合わず、退去時に60000円を請求されてしまいました。
早くに業者に頼めば高くても四万くらいに収まるはずだったのね悔しいです。
同じような境遇のかたがおられましたら、
必ず先手です修復されることをお勧めします。

お礼日時:2014/04/23 23:34

追加の回答ですが・・・



参考に下記のHPを観て頂いてご判断されたらと思います。
リンナイの製品です。
http://www.rinrei.co.jp/home_care/category/item/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。

知り合いにこの商品の所有者がいて、状況説明をすると
オイルフローリングですがやっていただけました。

結果はミリ程度の陥没傷でも期待は出来なさそうとの回答。
難しそうでした。

お礼日時:2014/03/25 13:50

単純な補修方法になりますが。



ホームセンターに床補修用のワックスが売っています。
そのくらいの傷なら、たぶん埋めてくれますよ。
多少、高いとは思いますが・・・
厚めに塗って、数十分放置した後、ワックスがけの手順で
完了する代物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ウレタン塗装とはエナメル状のテカりのある
塗料を指して言うようです。
一般的なフローリングはオイル塗装や無垢材
など木目を生かしたフローリングで、
ご回答者さまの手法で直せるようですね。

悲しいことにエナメル状のテカりは得られず、
つや消しの直したあとだけのこってしまうようです。

お礼日時:2014/03/24 09:48

こんにちは



これでどうでしょうか、
ttp://www.youtube.com/watch?v=Kjtkm2Vj24A
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
ウレタン塗装とは言わないんでしょうか?
光沢のある樹脂塗料がぬってあるので、
この手の埋めるものでは元通りにならないようなのです。
また、これらの無垢に準ずる材質の浅い傷は
アイロン蒸気で簡単になおるようです。

お礼日時:2014/03/23 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリウレタン塗装のテーブルの傷の補修

テーブルのふちにフライパンをぶつけて傷を作ってしまいました。
白いポリウレタン塗装が1cmほど線状に剥がれ下地(木)が見えます。
その傷をかくすためのものをホームセンターに買いに行ったところ、SOFT99のチョット塗り筆付きペイント白が手軽でいいんじゃないかといわれ買ってきました。
フタをあけたところシンナーみたいな匂いがしたので、以前「ポリウレタン塗装のテーブルに除光液をこぼしてしまい塗装が変質してしまった」というようなことをここで読んだのを思い出し使うのをためらっています。
成分はアクリル、ニトロセルロース、顔料、有機溶剤となっています。
ポリウレタン塗装の上に使っても大丈夫でしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

アクリル
・極めて硬いアクリルを溶剤で希釈した物
・熱や有機溶剤に弱い・・多量の溶剤で溶かして塗料になる。
 そのために乾燥したときに体積が小さくなる。
 溶剤が他のものを溶かす。硬化後も溶剤や熱に弱い
そのために、塗ると色はつくけど傷までは隠せない。

 エポキシは反応硬化型で溶剤は使われていなくてそのままの体積で硬化しますから、塗料などが剥がれた傷を埋めることができます。溶剤を含んでいませんから、素地を炒めることもありません。また熱硬化性なので熱に強いしアクリルと異なり衝撃にもウレタン並みに強い。
 手順は
⇒ホーローのキズ修復( http://jonaden.jp/benri/20140210012340.htlm )
 と同じです。ホウロウよりもウレタンのほうが柔らかいため作業は楽ですね。

 垂直面など垂れ下がりが気になる場合は、セメダイン エポキシパテ( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3%20%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%91%E3%83%86&gws_rd=ssl&tbm=isch )の金属用かプラ用がよいかも。金属用のほうが白きて硬化時間が早い。

・ニ液を同量混合して良く練りあわす
・硬化直前に多少の修正が可能---このあたりの作業性はエポキシのよいところ
・余分な物はカッターナイフで削りとる
・完全に硬化後ペーパーで仕上げる
・光沢までほしいときはコンパウンドで周囲の塗料と一緒に磨く
 ---カー用品店などにもある。

アクリル
・極めて硬いアクリルを溶剤で希釈した物
・熱や有機溶剤に弱い・・多量の溶剤で溶かして塗料になる。
 そのために乾燥したときに体積が小さくなる。
 溶剤が他のものを溶かす。硬化後も溶剤や熱に弱い
そのために、塗ると色はつくけど傷までは隠せない。

 エポキシは反応硬化型で溶剤は使われていなくてそのままの体積で硬化しますから、塗料などが剥がれた傷を埋めることができます。溶剤を含んでいませんから、素地を炒めることもありません。また熱硬化性なので熱に強いしアクリルと異なり衝撃に...続きを読む

Qウレタン塗装フローリングのメンテナンス・掃除について

3ヶ月ほど前に新築いたしました。
床は無垢材でウレタン塗装を施したフローリングを使用しています。
合板フローリングは、ワックスを塗りメンテナンスする。また水拭きは厳禁と聞きますが、ウレタン塗装のメンテナンスおよび掃除はどのようにしたら良いのでしょうか?
ワックスで保護したほうが良いのでしょうか?また掃除の際は、水拭きしても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

ご使用されているフローリング板のメーカサイトにお手入れ情報が掲載されている事も多いです。お手入れ法が製品板に添付されている事もあります。
なお、保護塗装が単なるウレタン塗装でなく独自のコーティング技術を持ったもので施工されている可能性もあり、その場合は若干手入れが異なります。(朝日ウッドテックなど)

フローリングのお手入れ・メンテナンス・・・無垢材(ウレタン仕上げ)
http://kascomain.exblog.jp/i5
かなりわかりやすく手入れ法がまとめてあります。

日常のお手入れは化学雑巾もしくは、乾いた柔らかい布での乾拭きで十分です。水を使わないようにお手入れをしてください。
ワックスはほとんど必要ないかと思いますが、もしワックス掛けする場合は2~半年に1回程度、油性の木質フローリング用(メーカ推奨品を聞いた方が早いかも)

汚れたときのお手入れ・・・最初に乾拭き
油・ソース・マヨネーズ・・・台所の中性洗剤を溶かしたぬるま湯を使い、よく絞った雑巾で拭いてください。汚れが落ちたら、乾いた柔らかい布で、乾拭きしてください。

ご使用されているフローリング板のメーカサイトにお手入れ情報が掲載されている事も多いです。お手入れ法が製品板に添付されている事もあります。
なお、保護塗装が単なるウレタン塗装でなく独自のコーティング技術を持ったもので施工されている可能性もあり、その場合は若干手入れが異なります。(朝日ウッドテックなど)

フローリングのお手入れ・メンテナンス・・・無垢材(ウレタン仕上げ)
http://kascomain.exblog.jp/i5
かなりわかりやすく手入れ法がまとめてあります。

日常のお手入れは化学雑巾...続きを読む

Qウレタン塗装の剥離について、

中古テーブルを買ったのですが、ウレタン塗装がされていて、あまりよくないので、ウレタン塗装を剥がして、オイルフィニッシュで仕上げるということは可能でしょうか。

ケストルとか、ネオリバーという剥離剤があるようですが、実際の効果はどうでしょうか。

素材はチークの突板のようです。
ウレタン塗装は、工場塗装ではないようで、購入後、塗装屋さんに依頼してやってあるようで、あまり丁寧に磨いてない感じです。厚めのウレタンという感じがします。

Aベストアンサー

素材が突板か、無垢板かでは剥離方法に違いが生じます。無垢板の場合ならベルトサンダーやサンダーでウレタン塗料と着色塗料も研磨で落とします。この方法は難しいと思いがちですが、木材の素材部分まで研磨した方が、後の塗装が楽に綺麗に仕上がります。テーブル等の仕上げ塗料には、ポリウレタン塗料やポリエステル樹脂塗料がよく使われます。耐久性や耐磨耗性に優れているのは、ポリエステル樹脂です。塗膜が堅く、剥離材では、落としきれないかも知れません。研磨の方法の方が、時間はかかりますが確実に塗膜を剥離出来ます。突板が張り物の場合、研磨の方法で剥離すると、張ってある部分まで研磨してしまうので、難しいと思われます。テーブルの場合、使用頻度が日常生活で高い為、オイル仕上げのみの塗装だと、仕上げはナチュラルで綺麗ですが、キズやコップのシミが付きやすく、これから先のメンテナンス頻度が多くなる可能性はあります。どちらにしても今の状態の上から再度塗装するのは、オススメ出来無いので、塗装の専門の方に聞いてみた方が良いかも知れません。オイル仕上げ以外にも自然な仕上げにする方法があるかも知れません。下記URLでテーブル塗装の施工写真があったので参考までに。

参考URL:http://www.nozaki-tosou.com/

素材が突板か、無垢板かでは剥離方法に違いが生じます。無垢板の場合ならベルトサンダーやサンダーでウレタン塗料と着色塗料も研磨で落とします。この方法は難しいと思いがちですが、木材の素材部分まで研磨した方が、後の塗装が楽に綺麗に仕上がります。テーブル等の仕上げ塗料には、ポリウレタン塗料やポリエステル樹脂塗料がよく使われます。耐久性や耐磨耗性に優れているのは、ポリエステル樹脂です。塗膜が堅く、剥離材では、落としきれないかも知れません。研磨の方法の方が、時間はかかりますが確実に塗膜...続きを読む

Qフローリングの凹みの補修

今日、間違ってトンカチを落としてしまいそこだけ凹んでしまいました。
深さは1mmあるかないかで、1cm四方です。

クルマなどならパテを埋めて、乾燥させて、ならして塗装といった工程ですが、こういった木材の補修方法は見当もつきません。

何かよい方法はないでしょうか?

完全に綺麗にならなくても少しでも目立たなくなれば十分です。

Aベストアンサー

挨略、パテを埋めてやる方法もあります。ホームセンターへ行けば、ウッドパテと称して、床の木目にあった色合いの、ものがありますので、購入の際には色見本を持って行くことを忘れないでください。結構種類が多いので。補修方法もケースに記述されています。
これらのものは、常温での補修ですから、思い切り掃除すれば、また現れる傷がです。
ただ、その中でも、専門的なものとして、クレヨン状のものを、削り落として、それを、ペンティングナイフの上に載せ、ライターで下から熱して溶かし、凹に流し込む、タイプがあり、超専門的なものです。
それと、大工さんが使う手は、へこんだところに、水を含ませる方法です、圧力がかかって,凹んだのを
水で・・という方法です。コーティングされた材料の場合、針先で穴を開け、ティッシュに水を含ませ、しばらく放置。驚くほど膨れて、修理できる場合があります。いろいろ試してください、この床補修だけで生活している人もいます。
補足・・・ライターで焙るタイプは、名前忘れました・・・クレヨンちゃん?いや~クンだったか。
そんな名です。

Qウレタン塗装とラッカ-塗装の違い

ウレタン塗装とラッカ-塗装の違いってなんなのでしょう。もちろん一液性二液性の違いはわかるんですが、どういうところで使い分けるのでしょうか。また塗膜の強度はどっちがすぐれているのでしょうか。耐光性とかもあるんですかねえ。大きめの作品なんかだとウレタン塗装で仕上げてあるのをよく目にしますので何か理由があるのだろうと思います。どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点ですが、ウレタンは、一気に全面を仕上げる必要が有ります(厚塗りの為(垂れを防ぐ為の10-5分の休憩は除く)。
1日おいて、2度ぶきなどは、原則出来ないと考えてください。1回目の塗装が、うまくいって、すべてにクリヤーが乗ったときは別ですが、このときは、2回目を吹く理由はないでしょう。
問題は、拭き残しがあったときです。化け学的な正確な理由ではありませんが、一番考えやすい理由付けですが。

2回目のウレタンで、1回目のウレタンの隙間から(拭きのこしがある)シンナーがラッカーに到達。ラッカーがシンナーを吸って、膨張、でも、上のウレタンは、もう、シンナーで反応しませんから、伸びない。上下で、膨張に斑が起きて、塗装面がちじれる、しわがよる。が、発生します。(綺麗にウレタンでカバーされていれば、別)
同じことが、修理の時に 起きます。上のクリヤーウレタン、一部剥ぎ取る。色ラッカーで、修理。すると、禿げていない、ウレタンの下、ウレタンの際に ちじみがでます。

これが、仕上げのみ、ウレタンを使う時の最大の問題点です。

カラーからウレタンの時はまったく問題はありません。
ウレタンの難点は、乾燥が遅い。これだけです。
埃のつかない、乾かす場所があるなら、すべて、ウレタンをお勧めします。
下地は、ウレタンのプライマーがいいでしょう(FRPですから)

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点で...続きを読む

Qフローリングのワックスはするべき?しないべき?

フローリングのワックスはするべき?しないべき?

自分でフローリングにワックスを使用か迷っています。
ワックスはしたほうがコーティング効果で綺麗で傷にも強い。
反面、剥がれてくると見栄えが汚いなども聞きます。
しかも剥離剤で以前のワックスをはがさないといけない等聞くと
素人ができるのか・・・実際、素人がワックスを塗ろうというのも
どうなのか疑問に感じています。
どなたかご意見をいただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご自分でぜひどうぞ!
そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。

今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。
子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。

Qスチームアイロンで、フローリングの凹みが直るの?

過去の質問で、フローリングの凹みがスチームアイロンで直るとありますが、具体的にどうすれば良いのでしょうか?(温度、時間等の条件について)
合板のフローリングですが、引越しの際に、数箇所、押された時の凹みが出来ています。
合板でも直るのでしょうか?

Aベストアンサー

大家してます

ダメ元でやってみてください

・へこんだ部分に少量の水を垂らす

・針か押しピンを水の上から3-4ヶ所刺す

・水がしみ込むのを少し待つ

・布を当て、アイロンを5-10秒押しつける、離すを2-3回

しみ込んだ水で木材が膨張しへこみが改善されます

スチームアイロンだけを使っての作業もあて布をお勧めします

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Qフローリングのコーティングについて

一戸建てを購入し、来月引渡しとなっています。
フローリングのコーティングについて、するかしないかを迷っています。コーティングのデメリットとも言える「剥がせない、反射によってキズが目立つ」は認識しています。ただし、家には0歳3歳の子供も居るし、こまめにワックスの塗りなおしが出来るのか心配で、20万程度でワックスせず楽できるのであれば、非常に魅力的だと思っています。ちなみに、今考えているのはハードプロテクトです。

ここで何度か質問が出ているのですが、短中期的(2,3年後)ではなく、長期的に見たときにコーティングってどうなんでしょうか?コーティング業界がそんなに古くないので、問題が表面化してないだけなのでしょうか?「コーティングして良かった」とコメントしてる人も最近の人ばかりで、10年以降どうしていけばいいのか不安になっています。

また、コーティングを否定される方で次のようなコメントがありますが、本当のところどうなんでしょうか?
(1) 塗装であれば、通常3~5年経過すれば到るところはがれ始める。10年なんて持つはずが無い
(2) 短期間で剥がれれば業者も否を認めて補修に入るが、5年後剥がれたとして、10年の保証期間内であっても使用者の使い方のせいとされて対象外にされる
(3) ワックスであれば20年、30年持たせることができるのに、10年ちょっとすれば再コーティング(ん十万円)か総張替しなければならない

よろしくお願いします。

一戸建てを購入し、来月引渡しとなっています。
フローリングのコーティングについて、するかしないかを迷っています。コーティングのデメリットとも言える「剥がせない、反射によってキズが目立つ」は認識しています。ただし、家には0歳3歳の子供も居るし、こまめにワックスの塗りなおしが出来るのか心配で、20万程度でワックスせず楽できるのであれば、非常に魅力的だと思っています。ちなみに、今考えているのはハードプロテクトです。

ここで何度か質問が出ているのですが、短中期的(2,3年後)ではなく、長...続きを読む

Aベストアンサー

清掃業をしています。
今までフロアコーティングについて多数お答えしてきましたが、今回のようなご質問は初めてですのでいつもと違った角度から回答させていただこうと思います。

(1)塗装が3~5年で剥れるとは思いません。
通常使用されているのはウレタン樹脂塗料なのですが、合板フローリングの出荷時から表面に塗装されているものと同じとお考え下さい。
また窓枠等に使用されている光沢のある木枠、階段等に塗装されているものも同じものです。
油性、水性の違いはありますが、車の表面塗装に使用されているクリアもほぼ同じものです。
私はそうそう剥れるものとは思えません。
ただ業者が下地処理を怠らなければという前提ですが・・・。

(2)これはなんとも言えません。

(3)WAX掛けのメンテナンスで20~30年間、フローリングの美観を維持し続けるのは不可能だと思います。

まずは(3)の回答からになりますが、WAXの問題点は、
・WAX層自体が経年劣化で黄色化する。
・WAXの重塗り時に汚れを巻き込む。
・溶剤(例えば除光液)、アルカリ洗剤等に大変弱く、水分にも弱いので水ですら長時間放置しておくと白く変色してしまう。
などの理由から定期的に「剥離」が必要になります。
我々は歩行量の多い現場で半年~1年に1回、歩行量の少ないオフィス内等で1~2年に1回くらいのペースで剥離を行います。
土足ではなく、歩行量も少ない住居内であれば5年くらいは持つと思いますが、それ以降は黒ズミが必ず目立ち始めます。
剥離の問題点は強力なアルカリ洗剤と多量の水を使用することにあり、剥離時にはフローリングに直接これらが触れることになりますのでフローリングの継ぎ目からこれらが進入し、フローリングのヒビや反りの原因となりかねません。
これがフローリングの剥離で一番クレームが多いケースです(特に無垢材は難しく、当社は絶対に請けません^^)。

つまり「事実上、WAXも剥がせない」とも言えます。

またコーティングが10年で再施工や貼替が必要になるかも疑問です。
フローリングを20年持たせるようにマメにメンテナンスを出来る方であれば、コーティング層を20年持たせることも可能なはずです。

フローリングのコーティングが普及し出したのは確かに最近ですが、テナント等の木床へのウレタンコーティングはかなり前から施工されていて実績があります。

最後になりますが、コーティングという言葉に惑わされず、元々フローリングに塗装されている薄い皮膜に厚みを持たせ耐久性を上げると解釈して下さい。
同時に継ぎ目を埋め、水分の進入を防いで劣化の原因を絶ちます。
例えコーティングの皮膜に傷だらけになり、光沢が低下してきたとしても、貼替えや剥離をしなくても解決法もあります。
それはコーティングの上に汎用の樹脂WAXを塗布する事です。
コーティングをせずにWAXを塗布する場合との大きな違いは、上記の継ぎ目が埋まっている事です。
つまり水や強力な洗剤を使用してもフローリングを痛めることがないので、剥離も可能となります。
コーティングにはこういった利点もあります。

最後になりますが、フロアコーティングにも様々な種類があり、また様々な業者が乱立しているのが現状で、粗悪な商品が多いのも事実です。
ただハードプロテクトシステムのような大手であれば安心だとは思います。
私も自分で施工し1年が経ちましたが、普段のお手入れは楽なものですよ(^ ^;
十分、施工する価値はあると思います。

ご参考までに。。。

清掃業をしています。
今までフロアコーティングについて多数お答えしてきましたが、今回のようなご質問は初めてですのでいつもと違った角度から回答させていただこうと思います。

(1)塗装が3~5年で剥れるとは思いません。
通常使用されているのはウレタン樹脂塗料なのですが、合板フローリングの出荷時から表面に塗装されているものと同じとお考え下さい。
また窓枠等に使用されている光沢のある木枠、階段等に塗装されているものも同じものです。
油性、水性の違いはありますが、車の表面塗装に使...続きを読む

Qフローリングにたくさんの細かい傷がっ!

新築の賃貸マンションに住んで3年目です。

フローリングの床に椅子を直接置いて使ってしまったため、気付いた時にはたくさん傷がついてしまっていました。
えぐれたりする様な大きな傷ではなく、爪の先で引っかいたような浅い筋なのですが(椅子の足についているカバーが、4cm×3cm位の四角いプラスチックなんです)、椅子を使うたびに傷ついてしまっていたので、無数に出来てしまったんです。
何とか修繕することはできないでしょうか?

また、転居する際にもしこの修繕料を払わなければならないのなら、大体、どれくらいの額になるものなのでしょうか?
傷があるのは椅子の下の部分(約40cm四方)だけで、他の場所にはありません。
部屋は1Kで約9畳、フローリングはそのまま約3畳のキッチンまで続いています。

どうぞよろしくアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

キズ隠し系のモノならホームセンターにもあると思います。

浅い傷でフロアの色が剥げていないのならクレヨン状のキズ隠し「クリア色」
でいけると思います。(パッケージに「フロア用」とあるものの方が良いでしょう。)

使い方はクレヨン状の先端をドライヤーなどで加熱して柔らかくしてキズに擦り込みます。
その後でヘラ(多分付属してると思います。)で表面に残った余計なキズ隠しをこそぎ取って終了です。
最初はやり方に戸惑うかもしれませんが、すぐになれますよ。
材質は固形ワックス系なので、冷えて固まれば乾拭きしても水拭きしても大丈夫です。

茶系3色とクリアがセットになったキズ隠しを使っていますが、慣れると色合わせも
結構簡単に出来て、ちょっと楽しかったりします。(笑)

一度、試してみてはいかがでしょう?

注:筆で塗るタイプのモノもありますが、摩擦に弱いので床にはお薦めしません。


人気Q&Aランキング