『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

豊登と大木金太郎と山本小鉄は知っているのですが、他の弟子が居たのなら教えて頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

弟子と言う意味では、大木金太郎や山本小鉄のほか、前出の通り、吉村道明、グレート小鹿あたりが浮かびますね。


ほかに、ミツ・ヒライ、田中忠治、田中米太郎、マティ鈴木、マンモス鈴木がいます(日本プロレスに所属し、多かれ少なかれ力道山にコーチされています)。

また、当時日本プロレスに所属した、マシオ駒、松岡巌鉄なども、弟子と言えるほどではありませんが、影響は受けているでしょうね。
さらにマイナーどころだと、渡辺貞三、金子武雄、木戸時夫、玉の川、平野岩吉、長沢日一、宮島富男などが、力道山と同時代の日本プロレスに所属していましたが、力道山にコーチされたことがあるかも含めてよく分かりません。


関係ないですが、ヒロ・マツダ、竹村正明などは、力道山に反発して日本プロレスの主流派からは離れたプロレス人生を送っています。
    • good
    • 0

弟子というほど関係は濃くなかったものの、コテコテの力道山派・日プロ派といえばやはりまだら狼こと上田馬之助。

ただ力道山自身が入門前の出自で待遇に格差をつけていたので、上田は猪木同様(それでも大相撲出身者なので猪木よりはマシな扱い)力道山に本格的な稽古をつけてもらえたわけではないようで(力道山の場合稽古というよりいやがらせに近い珍トレーニングばかりだったようですが)。それでも一応あのBIとほぼ同期入門ということで。

一方でギリギリで力道山の弟子になりそこねたのがマイクの鬼・ラッシャー木村。64年入門ですが前年に力道山が亡くなっているため、名目上は豊登の日プロ入門という形。本来は高校中退で日プロに入門する予定が、(おそらく周囲の策略込みでしょうが)見学した宮城野部屋でちゃんこをごちそうになって入門(せざるを得なかった)という話もあります。これがなければ力道山直弟子の座は得られたでしょう。
    • good
    • 0

山本小鉄の前に グレート小鹿 という弟子がいました。



どちらが最後の弟子か?

デビュー戦は、小鹿のほうが早いので
最後の弟子は、山本小鉄だと思います。
    • good
    • 0

日本プロレスは、ほとんど見てないのですが、吉村道明の名前が浮かびますね。



やられ役のようなポジションですが、火の玉小僧の異名をとっていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最強のプロレスラーは・・・ビリージョイス???

ビルロビンソン自伝「人間風車」に有名レスラーの素直な感想が語られています。

★ロビンソンが対戦したレスラー達を語る

●ジャイアント馬場
「レスリングができないし、10回やれば9回ワタシが勝つだろう・・・プロモーターとして私にとても良くしてくれた」


●ジャンボ鶴田
「色々な(良い)評判を聞いたが、猪木の方がずっと上である。試合以外でグレコローマンスタイル(アマレス)でも手を合わせた事があるが、正直言ってそれほどのレベルではなかった」

●スタンハンセン
「レスリングテクニックはないが、気持ちが強く非常に強いレスラー。又、たいへんナイスガイだった」

●ブルーザーブロディ
「スタンハンセンよりあらゆる面でだいぶ落ちる。『こいつなら大丈夫』という選手には強いが、そうでない相手には弱気である。はっきり言ってレスラーとしては評価していない」

●ビリージョイス
「(戦ってきたレスラーの中で)ずば抜けた一位」
 どうやらジョイスは最強のようです・・。

●カールゴッチ、ルーテーズ、ダニーホッジ
「トップシューターであった事には間違いない・・・」

●バーンガニア
「技術はそれほどでもなかったが、勝とうとする意思が強く、決して悪いレスラーではなかった」

●アントニオ猪木
「私が戦ってきたジャパンのレスラーの中でナンバーワン」

●ブラッドレイガンス
「グッドレスラー」

●ボブバックランド、ジャックブリスコ
「グッドアマチュアというレベル。サブミッションを持たず、私から見るとプロとして甘く見えた」

●藤原喜明、藤波辰巳、坂口征二
「ゴッチから色々ときいているが、実際に手をあわしたり、動きをみた訳ではないのでよくわからない」


「私はビリー・ジョイス、ジョージ・グレゴリー、ギディオン・ギダ、カール・ゴッチといったヨーロッパの本当に強かったレスラー達を基準にしているから、日本の選手たちのレベルが低く見えてしまうのは仕方のない事だということを理解してほしい」



やっぱり最強のレスラーは「ビリージョイス」で確定ですか???

ビルロビンソン自伝「人間風車」に有名レスラーの素直な感想が語られています。

★ロビンソンが対戦したレスラー達を語る

●ジャイアント馬場
「レスリングができないし、10回やれば9回ワタシが勝つだろう・・・プロモーターとして私にとても良くしてくれた」


●ジャンボ鶴田
「色々な(良い)評判を聞いたが、猪木の方がずっと上である。試合以外でグレコローマンスタイル(アマレス)でも手を合わせた事があるが、正直言ってそれほどのレベルではなかった」

●スタンハンセン
「レスリングテク...続きを読む

Aベストアンサー

自伝を読まれたのであれば知っていることもあると思いますが少し述べさせてください。

日本ではカール・ゴッチはプロレスの神様として敬意を集めていますよね。私も大ファンです。そのカール・ゴッチがレスリングの修行をしたのが「スネーク・ピット(蛇の穴)」と呼ばれたイギリスのビリー・ライレー・ジムです。ビル・ロビンソンは14歳頃からスネーク・ピットに出入りしており謂わばヨーロッパレスリングの生き字引的な人です。

ベルギーにいたカール・ゴッチは26歳頃、ビル・ロビンソンの伯父のアルフ・ロビンソンからスカウトされてイギリスに来ました。そしてスネーク・ピットの師範代のビリー・ジョイスとレスリングのスパーリングをするのですが、カール・ゴッチは何もできないまま、あっという間にビリー・ジョイスに極められてしまったそうです。

それからカール・ゴッチはスネーク・ピットで3年以上に渡って修行するのですが、ビリー・ジョイスの強さは別格で、カール・ゴッチ、ビル・ロビンソンを含めた5,6名のレスラーと相手をして全く休憩無しで3周しても息切れすることは無かったそうです。ビリー・ジョイスは本当に最強だったと思います。

ビリー・ジョイスは9年間イギリスのヘビー級のベルトを保持し続けていました。ビル・ロビンソンが「ビリー・ジョイスはすごかった」と繰り返し語っていると、宮戸優光も自著の中で述べています。宮戸優光は現在ビル・ロビンソンからスネーク・ピットの技術を習うと同時に、二人は共に東京でレスリングの指導をしています。(高円寺のUWFスネーク・ピット・ジャパン)

19世紀以降の近代レスリングには様々なスタイル、ルールがありましたが、スネーク・ピットはイギリスのランカシャースタイルと呼ばれたキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの技術を受け継いでいます。今日のレスリングのフリースタイルも源流はランカシャーです。1900年代初頭、既にヨーロッパでレスリングは、日本の柔道・相撲のように競技文化として根付いていました。ジムも多く存在し、アマチュア競技として、また賞金を懸けたプライズ・マッチも多く行われました。

後にレスリングはサーカスなどの興行で行われるようになりカーニバル・レスリングと呼ばれますが、この頃に盛り上げるために演劇的要素が加わりました。これは純然たるレスリング競技では客が面白さを理解できなかったからというのが本当のところです。

しかしサーカス時代には飛び入りの素人との真剣勝負や、賞金を懸けた試合、ボクサーとの異種格闘技戦も行われていて、実は筋書きのあるものばかりではなかったのです。また興行主、レスラー同士の格付け争いもあり、隠れた真剣勝負もありました。チャンピオンは文字通り実力者であり力で納得させていました。その後、テレビ・メディアが誕生してからもルー・テーズなどの実力者がリングの上に君臨していました。

八百長、ショーと言われつつ、日々重いものを持ち上げたり、ジム内の練習においても真剣勝負が行われていたのには、このような歴史的背景があったからです。

ルー・テーズはそれぞれ個々のプロレスラーを「レスラー」「シューター(シュートは真剣勝負)」「ワーカー(ワークはアングル、脚本)」「パフォーマー」と区別して呼んでいました。おっしゃる通り、ビル・ロビンソンもルー・テーズのことをトップシューターと呼んでいます。これは、単に見せるだけでなく、ジム内のスパーリングの強さを重んじていた何よりも証左です。

ですから、競技としての伝統を持つレスリング、興行としてのプロレス、二つの側面を体験して知っているビル・ロビンソンの言葉は重いと思います。

自伝を読まれたのであれば知っていることもあると思いますが少し述べさせてください。

日本ではカール・ゴッチはプロレスの神様として敬意を集めていますよね。私も大ファンです。そのカール・ゴッチがレスリングの修行をしたのが「スネーク・ピット(蛇の穴)」と呼ばれたイギリスのビリー・ライレー・ジムです。ビル・ロビンソンは14歳頃からスネーク・ピットに出入りしており謂わばヨーロッパレスリングの生き字引的な人です。

ベルギーにいたカール・ゴッチは26歳頃、ビル・ロビンソンの伯父のアルフ...続きを読む


人気Q&Aランキング