『天飛む転嬢子/いた泣かば人知りぬべし/波在の山の鳩の/下泣きに泣く』
浪人時代の国語の先生が教えてくださった和歌で、教わってから7年たっても
忘れられません。

一度解説などを読んでみたくなって出典を探してみたんですが
自力では見つけられませんでした。 その先生はすでに亡くなっていて、
お聞きすることもできません。

そういうわけですので、出典と詳しい解説書も
あわせて教えていただけると幸いです。


それから別の長歌で、『なびけ この山』という言葉で終わる和歌も
教わったのですが、これは他の部分もすっかり忘れてしまいました。
こちらも合わせてお聞きします。
よろしくお願いします。
 

A 回答 (2件)

出展は「古事記」から、詠み人は「木梨軽王子」。

参考URLのひとつめを
ごらんください。


> 別の長歌で、『なびけ この山』という言葉で終わる和歌

は、万葉集の柿本人麻呂が詠んだ歌でしょうか?
参考URLのふたつめのページ、真ん中あたりにあります。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~mirage/story/kojiki.htm,h …
    • good
    • 0

 回答というわけではないんですが、和歌の出典を調べるには『国歌大観』という辞書があります。

文学関係の図書館などにはだいたい置いてあります。
 『国歌大観』の索引とかでは第一句目、三句目などの頭文字で和歌を検索することが出来ます。
 索引でその出典とかが載っていますのでもし、出典のわからない和歌があれば、それを使用してみるといいですよ。
 『国歌大観』は古典の和歌すべて(私家集、勅撰集すべて)を網羅しているのでこれをひいて見つからないということはまずありません。
 なにかの和歌の出典が不明であれば、使ってみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和歌の出典と解釈

質問は3つあります
1「よよふとも忘れ形見の思いでは 袂に月の宿るばかりか」
 耳で聞いたので原文が分からない。西行の「山家集」が出典らしいが出ていない。原文、解釈出典が分かればありがたいです。

2「思へども身をしわけねば目に見えぬ 心を君にたぐへてぞやる」
 これも聞いただけで、原文、作者、出展が分かりません。できればどういう場面で作者が読んだのかが知りたいです。

3 あと、月を詠んだ歌で、あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・といった意味合いの歌があったと思うのですが、原文を忘れてしまいました。もし心当たりありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
出典:『山家集』 636番
原文:世々経(ふ)とも 忘れがたみの 思ひ出は たもとに月の 宿るばかりか
大意:(あの人と別れてから)どれだけ時が過ぎても忘れられません。忘れ形見となる思い出といえば,叶わぬ恋の悲しみの涙に濡れる袂に宿る月影だけです。注:「忘れがたみの」は,「忘れがたい」と「忘れ形見」の掛詞です。

2.
出典:『古今集』 373番
原文:思へども 身をし分けねば 目に見えぬ 心を君に たぐへてぞやる
大意:旅立ったあなたのことを恋しく思っても体を2つに分けることはできないので,せめて目に見えない心だけでもあなたに連れ添わせます。
注:詞書きに「東(あづま)の方へまかりける人に詠みて遣はしける」とあります。

3.については,記憶をかすめるものはありますが,出てきません。分かったらまたご報告しますね。

上記の歌番号について,tenhouさんと食い違っていますが,たぶん私のもので間違いないと思います。ちがったらごめんなさい。(^^;

Qこの和歌の出典を教えてください

 ご覧いただきありがとうございます。

 以前なにかで読んだことをふと思い出して、気になっている和歌があります。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、出典をお教えください。

 友人か恋人と離ればなれになる(なった)人が詠んだと思われる歌で、「この同じ空の下にあなたがいると思えば、一人でいても寂しくはありません」というような内容のものです。全くのうろ覚えで恐縮なのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国歌大観で調べましたが、こんなのはどうでしょう。

「天つ空おなじ雲ゐにすむ月のなどか旅寝はさびしかるらん」
続千載集820番、大江宗秀の歌です。

和歌ではなくて漢詩だったり、あるいは近代短歌とかの可能性はありますか?

Q和歌の作者と和歌を教えてください

先日安部首相がトランプタワーを訪れた歳、内部を写真で公開してましたが、
絢爛豪華で昔の武将が詠んだ唄を思い出しました。
記憶が曖昧でなのですが、
「自分の人生は満月の様に欠ける所が無い」
と言うような人生、まさにに春を唄った武将の名前と和歌を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去ログ
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1526097.html

Q住吉明神は和歌三神の一とされていますが、どうして和歌の神様なのでしょう

住吉明神は和歌三神の一とされていますが、どうして和歌の神様なのでしょうか。
住吉明神が詠んだ歌ってあるんでしょうか。(ないですよね?)

ご自身の推論でも結構です。
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

ご参考までに。

京都史跡散策会 第三十八号 住吉神は和歌の神
http://www.pauch.com/kss/g038.html

この中に「住吉物語絵巻」が出てきますが、多くの(25首?)和歌が詠われているのがこの絵巻の特徴です。

住吉物語
http://www.weblio.jp/content/%E4%BD%8F%E5%90%89%E7%89%A9%E8%AA%9E

和歌の例としては次のサイトに何首か出てきます。
広島大学サイト 白峰寺本 住吉物語の再検討

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/kiyo/AN00090146/kokubungakukou_122_27.pdf

Q出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典

出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典を探しています。その問題集の巻末にある主な出典一覧の中では、「村中季衣 デブの四、五日」というのがそれらしいとは思われるものの、そういう本を見つけることができません。もしかすると、これは書名ではなくて、その中の1作品のタイトルかもしれません。まったく別の本である可能性も多いにあります。どなたか、ヒントになる情報をお寄せ頂けると幸甚です。以下に引用文の一部を掲載いたします。

おばさんにつれられて、歩いて歩いて、そして、場所のほとんどわからない犬小屋の前で、わたしはデブと再会した。「さあ、わん公、ねむいだろうが、しっかり食べときな。」デブは、においをかぎつけていたらしく、格子になっている戸のすきまから鼻をつきだして待っていた。

Aベストアンサー

「デブの四、五日」は『小さいベッド』の中の一話です。

小さいベッド 村中李衣 著 かみやしん 絵
偕成社 1984年7月 ISBN 4-03-635210-5

参考URLは国立国会図書館国際子ども図書館の書誌情報です。

※村中李衣(むらなか・りえ)さんですね。
    ̄

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fSS.pl?nShoshiId=30961&nKihonId=30952&sGamen=SI


人気Q&Aランキング

おすすめ情報