『天飛む転嬢子/いた泣かば人知りぬべし/波在の山の鳩の/下泣きに泣く』
浪人時代の国語の先生が教えてくださった和歌で、教わってから7年たっても
忘れられません。

一度解説などを読んでみたくなって出典を探してみたんですが
自力では見つけられませんでした。 その先生はすでに亡くなっていて、
お聞きすることもできません。

そういうわけですので、出典と詳しい解説書も
あわせて教えていただけると幸いです。


それから別の長歌で、『なびけ この山』という言葉で終わる和歌も
教わったのですが、これは他の部分もすっかり忘れてしまいました。
こちらも合わせてお聞きします。
よろしくお願いします。
 

A 回答 (2件)

出展は「古事記」から、詠み人は「木梨軽王子」。

参考URLのひとつめを
ごらんください。


> 別の長歌で、『なびけ この山』という言葉で終わる和歌

は、万葉集の柿本人麻呂が詠んだ歌でしょうか?
参考URLのふたつめのページ、真ん中あたりにあります。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~mirage/story/kojiki.htm,h …
    • good
    • 0

 回答というわけではないんですが、和歌の出典を調べるには『国歌大観』という辞書があります。

文学関係の図書館などにはだいたい置いてあります。
 『国歌大観』の索引とかでは第一句目、三句目などの頭文字で和歌を検索することが出来ます。
 索引でその出典とかが載っていますのでもし、出典のわからない和歌があれば、それを使用してみるといいですよ。
 『国歌大観』は古典の和歌すべて(私家集、勅撰集すべて)を網羅しているのでこれをひいて見つからないということはまずありません。
 なにかの和歌の出典が不明であれば、使ってみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「何れ○菖蒲か杜若」の意味

「何れ○菖蒲か杜若」と言う成句、あるいは諺は、○の中に入る文字(あるいは入らない)によって意味が違ってくるようです。ネットで調べましたら・・・・、
(1)「何れ菖蒲か杜若」
 どちらも甲乙つけ難いほど美しい、と言う意味で、「何れが菖蒲か杜若」とするのは、意味も言葉も間違いだとする見解が多いようです。太平記や源平盛衰記に由来するとする説もありました。
(2)何れが菖蒲か杜若
 よく似ていて区別がつけ難い、と言う意味で、元禄以前から使われている言い回しだ、とする説もありました。
(3)何れを菖蒲か杜若
 余り使われていないようですが、角川の某辞書に「菖蒲(アヤメ)」の使用例として載っています。意味は不明。

ネット上では(1)と(2)の言い回しは大量に使われているようですので、何れもすでに市民権を得た様にも思われますが、どなたかどれが正解か(あるいは他に正解があるか)白黒をつけて頂ける方はいらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

>Web辞書(三省堂大辞林/goo辞書もこれです)の説明では言葉は(1)ですが意味は(2)で出ています。

試しに手元の辞書を引いてみましたら(すでにいくつもご覧になったことと思いますが)
学研日本語大辞典: ちょうど逆です。言葉は(2),意味は(1)でした。出典はNo.1さんの引かれた歌。
広辞苑第5版: 言葉・意味とも(1)。由来・語源の説明はありません。
新明解国語辞典(最新の第6版は職場に持って行ってしまったので第5版): 言葉は(1)。意味はまず(2),ついで(1)を併記。

以下私見ですが,言葉そのものについては,元歌が「いづれあやめ」となっていることを考慮すると,(1)が正当派ということになるのでしょう。
元歌に「が」を入れて「いづれがあやめと引きぞわづらふ」としてしまうと,リズムが崩れてしまい,なんとなく締まらない。
(それに,無理に1文字入れるのであれば,疑問の「か」を入れて,「『いづれかあやめ』と引きぞわづらふ」のほうがまだましな気がします。係助詞が「か」「ぞ」と続いてくどいかも知れないけど。)

時代と共に,意味の上では助詞の「が」を補った方が分かりやすいと考える人が増えたのでしょう,「いずれがあやめか…」という言い回しが生まれました。
ただ,現在においても,「いずれあやめかかきつばた」のほうがリズムがしっくりきます。「が」を入れると字余りになってしまい,その犠牲を払うに値するだけのメリットも感じられません。

一方,意味のほうは,(1)と(2)は実際にはそれほど截然と区別できないのではという気がします。結果的に同じことになってしまうケースもあるでしょうから,(2)の意味に使うのも許容範囲ではないかなあ。

曖昧な決着で釈然としないと思われるかも知れませんが,なにぶんにも素人考えですので勘弁してください。

>Web辞書(三省堂大辞林/goo辞書もこれです)の説明では言葉は(1)ですが意味は(2)で出ています。

試しに手元の辞書を引いてみましたら(すでにいくつもご覧になったことと思いますが)
学研日本語大辞典: ちょうど逆です。言葉は(2),意味は(1)でした。出典はNo.1さんの引かれた歌。
広辞苑第5版: 言葉・意味とも(1)。由来・語源の説明はありません。
新明解国語辞典(最新の第6版は職場に持って行ってしまったので第5版): 言葉は(1)。意味はまず(2),ついで(1)を併記。

以下私見ですが,言葉...続きを読む

Q和歌の出典と解釈

質問は3つあります
1「よよふとも忘れ形見の思いでは 袂に月の宿るばかりか」
 耳で聞いたので原文が分からない。西行の「山家集」が出典らしいが出ていない。原文、解釈出典が分かればありがたいです。

2「思へども身をしわけねば目に見えぬ 心を君にたぐへてぞやる」
 これも聞いただけで、原文、作者、出展が分かりません。できればどういう場面で作者が読んだのかが知りたいです。

3 あと、月を詠んだ歌で、あなたと離れていても月を見ればあなたの事を思い出す。あなたも私も同じ月を見ているのだから・・・といった意味合いの歌があったと思うのですが、原文を忘れてしまいました。もし心当たりありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
出典:『山家集』 636番
原文:世々経(ふ)とも 忘れがたみの 思ひ出は たもとに月の 宿るばかりか
大意:(あの人と別れてから)どれだけ時が過ぎても忘れられません。忘れ形見となる思い出といえば,叶わぬ恋の悲しみの涙に濡れる袂に宿る月影だけです。注:「忘れがたみの」は,「忘れがたい」と「忘れ形見」の掛詞です。

2.
出典:『古今集』 373番
原文:思へども 身をし分けねば 目に見えぬ 心を君に たぐへてぞやる
大意:旅立ったあなたのことを恋しく思っても体を2つに分けることはできないので,せめて目に見えない心だけでもあなたに連れ添わせます。
注:詞書きに「東(あづま)の方へまかりける人に詠みて遣はしける」とあります。

3.については,記憶をかすめるものはありますが,出てきません。分かったらまたご報告しますね。

上記の歌番号について,tenhouさんと食い違っていますが,たぶん私のもので間違いないと思います。ちがったらごめんなさい。(^^;

Qこれから新しい勅撰和歌集を作成することは?

昔の日本では古今、新古今和歌集などと勅撰和歌集が
編まれましたが、これから新しい勅撰和歌集が
作成される可能性はあるのでしょうか?

天皇陛下が急に和歌に目覚めたとか、
悠仁さまが和歌大好きになるとか。

Aベストアンサー

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠進者の栄誉は勅撰和歌にも劣らないと思いますし…。)

 各勅撰和歌集が数十年のスパンで2千首前後が選ばれている事を考えると、現代の詠進歌に選らばれるのって勅撰和歌と同等以上の狭き門だと思いますし…。
 (100年でやっと千首ですし…。)

 個人的に勅撰和歌集が作られなくなったのは、歌会始と言った行事で名歌が披露されるのが慣例化(会の招者は慎重に厳選された筈ですし…。)したからだと思っているのですが…。
 (室町時代に一度中絶していますが、江戸時代以降に毎年行われる事が慣例化している。)

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠...続きを読む

Qこの和歌の出典を教えてください

 ご覧いただきありがとうございます。

 以前なにかで読んだことをふと思い出して、気になっている和歌があります。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、出典をお教えください。

 友人か恋人と離ればなれになる(なった)人が詠んだと思われる歌で、「この同じ空の下にあなたがいると思えば、一人でいても寂しくはありません」というような内容のものです。全くのうろ覚えで恐縮なのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国歌大観で調べましたが、こんなのはどうでしょう。

「天つ空おなじ雲ゐにすむ月のなどか旅寝はさびしかるらん」
続千載集820番、大江宗秀の歌です。

和歌ではなくて漢詩だったり、あるいは近代短歌とかの可能性はありますか?

Q和歌 春VS秋

甲乙つけがたいのですが、春を歌う和歌と秋を歌う和歌どちらのほうが優れていると思いますか??

○○の歌が好きだから~ではなく、和歌全体的にとらえて答えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

はい、それは秋です。

それは、輪廻を感じさせるからです。
ある詩人は、好きな金属はとの問いに
鉄と答えるそうです。

打たれて打たれて製品として出来上がり
使用(謳歌)されて後、錆びて朽ちてゆく
この一連の流れを、鉄は感じさせくれます。

秋も謳歌(春、夏)したあとの寂しさを示すも
また実を宿して、次の世代へとの繋がりを
のそもそと保つ輪廻(生死)からです。

このような記述では、あきまへんか??

Q和歌の作者と和歌を教えてください

先日安部首相がトランプタワーを訪れた歳、内部を写真で公開してましたが、
絢爛豪華で昔の武将が詠んだ唄を思い出しました。
記憶が曖昧でなのですが、
「自分の人生は満月の様に欠ける所が無い」
と言うような人生、まさにに春を唄った武将の名前と和歌を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去ログ
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1526097.html

Q源氏物語の和歌についてお勧めの本は?

源氏物語の和歌に興味を持っています。
物語自体は現代語訳や原文で読んでいるのですが、
和歌は解釈が難しい(と思った)ため、
和歌の隣に書いてある解説を読んで
「ふーん、こういう意味か」で終わりだったのです。

ところが最近、源氏物語の和歌を
きちんと読まなければ、登場人物の教養度(?)が
分からないのではないか、と思い始めました。

そこでご質問なのですが、
源氏物語の和歌についてお勧めの本はありますか?

現代語訳などについてある解説は内容が長くて
和歌を和歌として楽しむことが出来ないような気がして
抵抗があります。
俵万智さんの「愛する源氏物語」のように
現代風の短歌に歌いなおしたようなものがあると
楽しみやすいかなと思っているのですが、
このような内容の本は他にあるでしょうか?

また、現代短歌に直していなくとも、
源氏物語の和歌について書いてある本で
お勧めのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

和歌をきちんと読むことが目的であるならば、最初から注釈書などを読むことはあまりお勧めできません。
面倒でも最初は辞書片手に自分で一つずつ調べていくのが最良かと。
あくまで語句一つ一つの意味を地道に調べた上で、「こんな解釈があるのか」と参考にするのがいいのではないでしょうか。
目標としては、その解説が自分でも付けられるようになることですね。

何か回答になっていない気もしますが、ご参考までに、ということで。

Q住吉明神は和歌三神の一とされていますが、どうして和歌の神様なのでしょう

住吉明神は和歌三神の一とされていますが、どうして和歌の神様なのでしょうか。
住吉明神が詠んだ歌ってあるんでしょうか。(ないですよね?)

ご自身の推論でも結構です。
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

ご参考までに。

京都史跡散策会 第三十八号 住吉神は和歌の神
http://www.pauch.com/kss/g038.html

この中に「住吉物語絵巻」が出てきますが、多くの(25首?)和歌が詠われているのがこの絵巻の特徴です。

住吉物語
http://www.weblio.jp/content/%E4%BD%8F%E5%90%89%E7%89%A9%E8%AA%9E

和歌の例としては次のサイトに何首か出てきます。
広島大学サイト 白峰寺本 住吉物語の再検討

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/kiyo/AN00090146/kokubungakukou_122_27.pdf

Qセンターの国語(1)(2)の古文の和歌

国立医学部を志望しています。それゆえにセンターではかなり高得点を取らなければなりません。しかし、他の科目は何とかなるのですが、国語の古文で和歌が入っている文章がでると、ほとんど和歌の意味がわかりません。基本的な古文の知識はあると思います。ですから、和歌を集中的に勉強したいのです。センターでは、絶対落とせないので、文系の方並みに勉強したいのです。ですが、和歌についての参考書などはなかなかないですよね?みなさん、いい参考書、または大学受験用ではなくてもいいのですが、和歌を学習するのによい本を知りませんか?毎日こつこつ和歌を勉強したいと思っています。掛詞や枕詞などの解説もあるような本を知りませんか?また、こういう風に勉強するといいよとか、アドバイスでも結構です。教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

手っ取り早い所では百人一首でしょうか。
技巧的なものは様々ありますし,有名どころの歌人が
出てきますので,そこから芋づるで勉強して行く事が
できるかと思います。

解説書は旺文社ほか各社から出ていますし,学校の
副教材として既にお持ちかもしれません。


で,それよりもなによりも。

和歌に対して,難しい分かりづらいとか苦手意識はありませんか?
もしあれば,そこから解消してみて下さい。

百人一首は半分以上が恋の歌です。何百年経とうが,貴族
やお坊さんなどの上流階級であろうが,今の人間と悩みは
そうそうかわらないんだなぁ,と思えば少しは親近感が
わきませんか?

あるいはその他の歌でも,霧に煙る夕日がキレイだなぁ,とか
ああ花が以前と同じに咲いているなぁ,とか
友達や親と会えなくてとても寂しいなどといった
素直な感情を詠んでいるものがほとんどです。

そういう気持ちや風景を思い浮かべてみるというのが
一番重要なんじゃないかなと思います。

Q出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典

出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典を探しています。その問題集の巻末にある主な出典一覧の中では、「村中季衣 デブの四、五日」というのがそれらしいとは思われるものの、そういう本を見つけることができません。もしかすると、これは書名ではなくて、その中の1作品のタイトルかもしれません。まったく別の本である可能性も多いにあります。どなたか、ヒントになる情報をお寄せ頂けると幸甚です。以下に引用文の一部を掲載いたします。

おばさんにつれられて、歩いて歩いて、そして、場所のほとんどわからない犬小屋の前で、わたしはデブと再会した。「さあ、わん公、ねむいだろうが、しっかり食べときな。」デブは、においをかぎつけていたらしく、格子になっている戸のすきまから鼻をつきだして待っていた。

Aベストアンサー

「デブの四、五日」は『小さいベッド』の中の一話です。

小さいベッド 村中李衣 著 かみやしん 絵
偕成社 1984年7月 ISBN 4-03-635210-5

参考URLは国立国会図書館国際子ども図書館の書誌情報です。

※村中李衣(むらなか・りえ)さんですね。
    ̄

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fSS.pl?nShoshiId=30961&nKihonId=30952&sGamen=SI


人気Q&Aランキング