はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

お世話になります。

よく解りませんのでどなたか相談にのっていただけませんでしょうか。

どうしてサービス料に消費税が掛かるのでしょうか?

サービス料は海外のチップのようなものだと思っておりました。

そこからして私が間違えておりますか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

消費税は、「消費」したかがキーポイントです。


サービスを提供する。→サービスを受ける。消費しましたよね。

>サービス料は海外のチップのようなものだと思っておりました。
海外のチップは、「無償」のサービスに対して払うでしょ?
消費税の対象は「有償」のサービスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

チップは払わない選択肢がございます。
そういう意味でしょうか。

ワイン通の方と楽しくお話しする機会がございました。
酒屋さんで購入しますと1万円のワインが、レストランで注文しますと2万円から3万円いたします。
ワインはお酒ですので酒税がかかっております。そこで税金を支払い、レストランのマージンを含めた対価に消費税を支払い、サービス料を課金され、サービスにも消費税を支払いますと、消費税だけでも何重にも支払っているような気持ちになります。

ご回答はとても参考になりました。
有り難うございます

消費税のシステムにはどこか理不尽さを感じてしまいます。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/03/31 13:57

サービス料に消費税は何となく納得できないですよね。

おかしな課税をしている店・商品はなるべく使わないようにしてます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅くなり、申し訳ございません。

なにかにつけて国民から税金をとる政府にガッカリします。

サービス料をとっているお店のサービスは行き届いておりますから、サービス料に不満はございませんが、消費税には納得できませんよね。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/04/02 23:45

「サービス料に消費税がかかる」



チップに慣れていない私たちは「はぁ?」となりますよね

これも二重課税の一種でしょうか…

せめて差額の3%分がサービスマンの懐に入ってほしいもんです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅くなり、申し訳ございません。

そこなんです。
日本人はチップに慣れていないということで、日本のホテル業界は料金の10%をチップとして強制徴収すると決定したそうです。
しかし海外ではチップに消費税はかかりません。

チップはサービスへのお礼です。
お礼金を包む側に消費税を支払えとはなんともおかしいと思います。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/04/02 23:39

ガソリン税に消費税が課税される方が理解出来ません



税金に課税するなんて、明らかな二重課税

軽油は、純粋に軽油にだけしか、消費税が課税されていないのに

回答になっていませんね
失礼しました

この回答への補足

とんでもございません。

一つの疑問からお話しが広がっていきますのはとても勉強になります。

有り難うございます。

私には難しい問題ですのでお礼が遅くなっており申し訳ございません。

補足日時:2014/03/31 16:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

仰いますようにガソリンは明らかな二重課税ではないかと思います。

サービス料はとても微妙なところに位置しております。

サービス料という項目をあげずとも、人件費は食事代金に上乗せされておりますので、どの店舗におきましてもサービス料(人件費)に消費税は課せられていると言えます。

そうは申しましても食事代金の”10%”という、決して安くはない料金を強制的に徴収し、そこに消費税を課すなど少し納得できないでいます。

海外のチップ制であれば、サービスに満足しなかった場合、チップを払わない選択肢もございます。
そしてそこに消費税は課せられません。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/04/02 17:46

》 サービス料は海外のチップのようなものだと思っておりました。



レストランのサービス料は、その趣旨としては「チップのようなもの」です。でも、「チップ」ではありません。客が支払うべき食事代金の一部です。当然、消費税がかかります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

食事代金の捉え方には様々ございますね。
レストランは営利を目的にしておりますから、食材、光熱費、場所代、人件費などを差し引いた純利益をあげねば経営は成り立っているとは申せません。

日本は通常、全体の粗利から人件費を捻出しておりますが、海外からのお客様を迎えるホテル業界の安易なチップ制導入から生まれたのがサービス料だったように思います。

チップ制を導入している国の実情までは把握していなかったように見えてとても残念です。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/04/02 17:23

サービスも労働力によるものであり、経済においては労働力も商品であり消費されるものだからなんじゃないでしょうか。



労働力が消費されるってのは、もちろん人間ですから元気に働くためには休暇を取って休んだり食ったり家族を養ったりしなきゃならないわけで、マルクス経済学では、その労働力の再生産に必要なお金が、すなわち賃金です。

消費税がかからないものとしては土地がありますね。どう使おうと消えてなくなるもんじゃないですから。不動産の広告の仕事が多いんですが、建物の場合は消費税があり土地の場合は無いので、金額に(税込)を付けたり付けなかったり時々間違えます・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

広告関係のお仕事をなさっていらっしゃるのですね。

お話しを広げてしまって申し訳ありません。
建物は部材の仕入れ時に消費税を住宅メーカーなりが負担していますので、エンドユーザーに課す必要はあるのだろうか?などとぐるぐると考えてしまいました。

土地、建物を購入いたしますと不動産取得税が課せられます。
税金の質は違えど税金の二重取りはやめていただきたいと思いました。

消費税制度は多くの問題を抱えているとアナリストなどから指摘されて久しいように思います。
本気に取り組めばさらに複雑になり混乱を招くこととなるのは必至ではございますね。

明日より8%に引き上げされますが、10%はそう遠くないだろうと聞くことがあります。
小心者の私はとても不安になります。笑

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/03/31 14:24

ほんまやね。



何を「消費」したのか、さっぱりわからん。

ATMの手数料とかさ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

ATMの手数料もそうでございますね。
振込手数料はATMのほうが安くなっておりますが人件費でしょうか。
人件費の負担は理解できますが、手数料に消費税がかかりますのはどこかしっくりきません。

本当にさっぱりでございます。

ご回答いただきまして、有難うございました。

お礼日時:2014/03/31 14:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホテルやレストランのサービス料は税込み金額に掛かるもの?

私は下記のようにサービス料は税抜き価格にかかるものと思っていました。
例)サービス料15%の場合
食事:\5,000
サービス料:\750(\5,000×15%)
消費税:\460((\5,000+\750)×8%)
支払い合計:\6,210(\5,000+\750+\460)

ところがあるレストランのホームページを見ると
-----
ランチ:\4,300
(価格は税込みです。別途サービス料13%を頂戴いたします)
-----
と記載されていました。
この場合、サービス料はいくらになるのでしょうか?

\4,300×13%
なのか、
(\4,300÷108%)×13%
なのか、分かりません。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

税込価格にサービス料をかけた場合でも、最後に再び消費税を加えなければ計算結果は同じです。
(最後に加えてしまうと消費税を二重に徴収してることになる)

税抜きの料金をX、サービス料を10%、消費税を8%とします。

<税抜き価格にサービス料を加える場合>
(X+X*0.1)*1.08=支払い料金
1.1X*1.08=支払い料金
1.188X=支払い料金

<税込み価格にサービス料を加える場合>
(X+X*0.08)*1.1=支払い料金
1.08X*1.1=支払い料金
1.188X=支払い料金

ほらね。

Qレストランの税金とサービス料

こんにちは。全く知識がないのですが、仕事の関係である程度把握しなければならなくなったので質問させてください。
レストランなどのサービス料金とは例えば10%だと料飲の料金だけに10%かけるのでしょうか?それとも税金を足した金額にサービス料を掛けるのでしょうか?逆にサービス料金を足してその後税金を掛けるのでしょうか?
質問が下手ですみません。

レストランの税金とサービス料をどの様に掛けるのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、料飲の料金が10,000円の場合ですが

料飲料金  10,000 (税抜き)
サービス料  1,000 (税抜き)
小計    11,000 (税抜き)
消費税     550
合計    11,550

です。

Qホテルの「サービス料」

 なぜ、ホテルの料金表示は、「サービス料」を別表示にしているのでしょうか?
 例えば、ツイン料金20000円だとしたら、税込だけなら21000円ですが、これにサービス料が加わると23100円となります。
 「税・サービス料別」とか「誠に勝手ながら、上記の料金にサービス料10%・・」などと書かれてはいますが、サービス料の存在を知らない人にしてみると「何で?」という感じになるでしょう(ホテル内のレストランも同様)。ガイド等でも事前にサービス料込の値段で表示してくれれば、混乱しなくて済むと思うのですが・・・。
 ホテル側は何の為にサービス料を設けているの(サービス料の持つ意味とは何)でしょうか?そしてなぜ、サービス料をあえて別表示にしているのでしょうか?私には全く解りません。誰か教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ホテルにしろ、レストランにしろ、サービス料として10%~15%程度を、部屋代金や料理代金を上乗せするのは、いわば「慣習」をホテルやレストランがうまく利用して、増収を図っているのです。

ホテルによっては、「当ホテルでは、お部屋代金に10%のサービス料を頂戴いたしておりますので、従業員へのお心付けへご遠慮させていただいております」といった表示のあるように、もともとは、英語で言う「チップ」の代わりとして「サービス料」制度を作ったのだと考えられます。そのほうが、客としてもわずらわしさがありませんからね。

しかし、現実には、ご質問にあるように、客にとっては、納得の行かない料金制度です。

「サービス料込みの値段で表示すべき」というよりも、サービス料という考え方自体が、理屈に合わません。連泊する際に、「部屋の掃除やシーツ・タオルの交換は不要です」と言ったら、サービス料なしにしてくれますか。そんなことはありません。

サービス料が必要だというのなら、ホテルの「部屋代」とは一体何なのでしょうか。という疑問が生まれます。

つまり、部屋代金+サービス料が本当の部屋代金なのです。そして、ホテルは、サービス料が取れるという前提で採算をはじいて、部屋代を設定しています。

ホテルにしろ、レストランにしろ、サービス料として10%~15%程度を、部屋代金や料理代金を上乗せするのは、いわば「慣習」をホテルやレストランがうまく利用して、増収を図っているのです。

ホテルによっては、「当ホテルでは、お部屋代金に10%のサービス料を頂戴いたしておりますので、従業員へのお心付けへご遠慮させていただいております」といった表示のあるように、もともとは、英語で言う「チップ」の代わりとして「サービス料」制度を作ったのだと考えられます。そのほうが、客としてもわずら...続きを読む

Qサービス料の対象となるのは?

11月末に挙式/披露宴を行います。会場はいわゆる結婚式専門の式場(公的施設ではありません)です。
近々披露宴の内容や引き出物を決める打ち合わせの予定なので、ざっと経費を計算してみていて、サービス料がかかる事を思い出しました。
その式場では「持ち込みは一切ご遠慮願います」との事で、衣装や引き出物等一切を式場で用意する事になります。
そこで、お尋ねしたいのは消費税が全てにかかってくるのはわかるのですが、サービス料(10%)はどこにかかって、どこは除外されるのでしょうか?
衣装の予約をする際、衣装にかかる分の見積書を貰ったので見てみると、貸衣裳代金にはサービス料は付加されていませんでした。
貸衣裳代金を除外すると、おおまかに分けて、挙式費・披露宴の食事および飲み物・引き出物の代金・会場の盛花等になるかと思いますが、全体にサービス料がかかってくるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サービス料なので基本的には人件費がかかる部分に課せられます。
挙式料→神父さんやオルガン奏者への人件費及び会場設置をする人の人件費
披露宴会場費→会場設置をする人の人件費
料理飲み物→調理人や当日サービスをする人間の人件費
↑のように前日や当日の準備・サービスに携わる人間に対して支払う物ですので心付けの代わりと思って下さい。

会場の盛花や引出物には基本的にはサービス料は課しません。
一応税法で決まっていますから。ただ施設によってはごちゃ混ぜで課している所もあるようですが…

もし分からないようでしたら担当者に確認したらいいですよ。ちゃんと説明するのも担当の義務ですから。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q披露宴の席次表は1軒に1枚か、一人に1枚か

 披露宴の席辞表は1軒に1枚か(例えば夫妻の場合1枚)かそれとも一人につき
1枚か教えてください。個人の場合は問題ないのですが、夫妻で来る場合はどうなのでしょう。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1人1枚準備した方がよいです。

1.受付でトラブルになります。
受付で席次表を渡す場合ですが、記帳のときに代表で2人分まとめて記帳する人、ご夫婦・ご家族が1人ずつ記帳する場合などありさまざまですので、受付係では誰に渡して誰に渡さなくて良いという判断は不可能です。友人の結婚式で何度か受付を頼まれましたが、特に指示がないため全員に渡したところ途中で足りなくなって慌てたことがありました。

2.席札を準備しない場合、受付人数把握の目安になります。
「席札」は名前が違うかも。もしかしたら「もぎり」というかもしれません。受付で、記帳された名前から「◯◯様 寿(卓の名前)」と書かれた札を受付係が渡すやつです。席次表を準備すればこれを省略することが可能ですが、席次表と招待人数が対応していればこの残数から受付していない人数を把握するのが簡単で、会場スタッフが開宴の指示を出す目安になります。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q添付ファイルの拡張子がemlとなっているファイルの開け方

最近友人よりの添付ファイルの拡張子がemlとなっている為、開くとワードパット
で開いてしまい、文字化けして読めません。
ワードやエクセルにて読めるようにしたいのですが?
どうしたらよいのでしょうか?
当方IE5.5使用 OSはMEです。

Aベストアンサー

>添付ファイルの拡張子がemlとなっている為

Winodws98の方法ですがMeでもいけると思います。

1.このファイルを一旦、デスクトップとかに保存して
2.そのファイルを「Shift」キーを押しながら右クリック→「アプリケーションから開く」をクリック
3.Outlook Expressを選択
 一覧に無い場合は、「参照」をクリックして
 C:\Program Files\Outlook Express\msimn.exe
 を選択します。
4.「この種類のファイルを開くときは、いつも
   このアプリケーションを使う」のチェックを入れます

Q振り込み相手の口座名義はどこまで書けば振り込めるか?

例えば「株式会社 山田商店 代表取締役 山田太郎」さん
名義の口座へネットバンクから振り込むとします。
振込先名義人を「カ)ヤマダショウテン ダイヒョウトリシマリヤク ヤマダタロウ」
と半角カタカナで入力しないといけないと思うのですが、
これを「カ)ヤマダショウテン」だけにしたり、
半角を空けず「カ)ヤマダショウテンダイヒョウトリシマリヤクヤマダタロウ」
としたりしても問題なく振り込まれるのでしょうか?

そもそも、この口座名義人は銀行側はどうやってチェック
しているのでしょうか?

一件ごとにチェックするのも大変でしょうし、どこまで
正確に入寮する必要があるのかわかりません。

経験者の方、銀行にお勤めの方教えて下さい。

Aベストアンサー

正確には通帳の表紙裏などに書かれているカタカナの名義が正しい振込先になります。
漢字を読んだ内容が必ずしもそのまま出ている訳ではないのが難しいところ。
上記の例なら「カ)ヤマダシヨウテン ダイヒヨウトリ」な~んて文字数制限オーバーで中途半端に終わっている事もあります。

振込先が同じネット銀行同士なら口座番号を入れたら名前が出てくるような配慮もあります。だから同一銀行内なら24時間振込み可能なのです。

が、普通銀行では違った名前で振込みされると一旦ハジかれます。
(正「E.T.C」⇒「ETC」で振込み)くらいは自動で補正されますが、その補正具合はそれぞれの会社によります。

で、話を戻すと、一旦名義違いでハジかれますが、人間がそれを確認し、微細な違いであれば振込みを完了させ、そうでなければ振込み元銀行に確認をし、振り込むか差し戻すか判断します。
当の銀行側は結構面倒くさいです。

とはいえ、上記の例で正しく振り込まれるのはあまりないので#1の方が言われるように「カ)ヤマダシヨウテン」で振り込まれるとおもいます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング