乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

死後が死んだ後ってのはわかります。
生前は生まれる前じゃないのが納得いかないのです。
生きている間だったら、生間にすればいいのに。

納得のいく説明をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

先日の続きです。

記事が見つかりました。1994年6月3日に掲載されています。有料記事検索なので直接アクセスできないと思います。長い記事ではありませんので写します。ルビなどは省きました。


 先日死去した精神分析学者エリクソン氏の記事で「両親は彼の生前に離婚していた」の「生前」を「誕生前」に直した。「生前」でも意味は通るが、筆者は「生まれる前」の意味に「生前」を使っていたので誤用になる。

辞書を引くと「生前」は死なない前、生存時とあり、「死後」の対語。文字通り読めば「生まれる前」が、なぜ「死ぬ前」を意味するのか。こんな疑問から始まった語源探しは、仏教の死生観にまでいきつくことになった。

角川古語大辞典では、生前を往生前と説明している。「往生」は仏教語で、この世(穢土)を去って極楽浄土へ往き、生まれ変わること。つまり「死」は「生」を意味している。

仏教には輪廻の思想もある。穢土で生死を繰り返すことが輪廻で、それを脱して仏の世界に至るのが往生。仏に生まれ変わる前が「生前」ということになるだろうか。


以上です。なんか短いくせに(短いから?)難しい文章ですが、説得力はありました、少なくとも私にとっては。7年も前なのに覚えていたくらいですから。ご参考になりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

...そうすると、死後は往生後ですから「生後」になって、普段生後三ヶ月というのは「誕生後」に直すべきのような気もしてきましたよ。あれ? 僕の言っていることはおかしいですか?

参考にはなったものの、余計わからなくなってしまいました。勝手な解釈をすると、「生後」は仏教語ではないから、ということになるのでしょうが、そうすると、「生前・生後」でまぎらわしいじゃないですか。

しかし、これは新たな質問としていつか持ち出すとしましょう。どうも御丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 12:39

「生前」とは、仏教で使われていた言葉です。

仏教では死んで仏になることがすなわち真に生きることであるとしています。それゆえ、現世は「真に生きる前」だから「生前」です。

以上、大昔に朝日新聞で読みましたことの大ざっぱな記憶です。大意は間違っていないと思いますが、なにしろ古い記事でうろ覚えなので、仏教関係の方からおしかりを受けるかも…。このあと、その記事を検索して見つかればまた書き込みさせていただきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なあるほど。納得できてきました。発想の転換ですね。
では、記事が見つかればとのことなのでお待ちしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 13:26

その人が亡くなった瞬間を数直線のゼロ点と考えます。



生と死だけでも正と負に対応しています。
それをより明確にするために前と後をつける。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

死には2通りの意味があって、dieとbe deadという風になっているのですね。
で、僕はdieばかりで見ていたのではっとさせられました。
明確にするためだったら前後じゃなくてもよかったのではないのでしょうか。
まだちょっとこれは納得できないのです。

お礼日時:2001/06/05 13:22

大辞林によると。



せいぜん 【生前】
死んだ人がまだ生きていた時。存命中。死ぬ前。「父が―よく言った言葉」

と、書かれています。

おっしゃるとおり、生きている間のことを言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大辞林でも納得させてはもらえませんね・・・
実際そうだからそうなんだ、と言われているような感じで。

お礼日時:2001/06/05 13:17

下の方が答えているように現在生きている人に「生前」とは言わないですよね。


「生前のうちにこれを完成させるのが夢だ」なんて使い方はしませんね。
ちなみに「生前」というのはその人の生きていた状態でなく、
その人の生きていた時期を表すそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。死ぬ前ですから、死前でいいはずなんですよ。僕も用法は理解しているんですが、感情として理解できないんですね。

お礼日時:2001/06/05 13:15

「生」は状態、「前」は現在を基準とした時間で、


「(故人が)生きていた、(今現在より)前のこと」
というのはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかし省略されすぎで、ちょっと苦しいかと。

お礼日時:2001/06/05 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生まれる前と死んだあと…

人間って生まれる前は何処にいるのですか?死んだらどこにいくのですか?僕の友達が生まれる前の記憶があると真剣に語っていたのですが…。死んだらまた新しい人間としてやっていくのですかね?

Aベストアンサー

宗教的な考え方についていけないが、生まれる前は何もなく死後にも何もない、という考えにも賛同できないという方のために、
こういう考え方もある、ということをお伝えしておきます。

この考え方は、
人間は、その「肉体」と「意識」(俗に魂とか霊などと呼ばれているもの)とからできており
「肉体」は、その誕生から死までの間だけ存在するもの
「意識」は、生前・死後も存在し続けるもの
と仮定しています。

>人間って生まれる前は何処にいるのですか?
>死んだらどこにいくのですか?

人間は、現在の「意識」として生まれる前と死んだ後は、同じところにいるそうです。
(分かりやすく言うと、俗に「あの世」と呼ばれる場所です。)
その場所は、各宗教で言われているような「地獄」のようなところではなく、「天国」や「極楽」のようなところだそうです。

この、「地獄」とは、
宗教の指導者が、生きていく上で「悪い行い」を人々がしないように、
「悪いことをするとこのような場所へ行くことになる」という例えを表現したもので、
実際にそのような「場所」が存在するのではなく、
死後の自分の魂が、生前の自分の行いを振り返っているとき、自らの行為が他人へ及ぼした「悪影響」を知って、苦しむ様子を表したもの、だそうです。
この過程は、死後、誰もが通る過程であるため、「地獄」を避けることはできないそうです。
ただ、「地獄」の過程は、永遠に続くものではなく、死後の意識が生前の悪事を「反省」すれば、普通の「あの世」へ行けるのだそうです。

この、「あの世」へは、行ったきりではなく、多くの場合、また人間として生きるため、この世へ再び生まれてくるそうです。
#5の回答に、「すぐ」とありますが、「あの世」では「時間の概念」がないそうで、そのため「すぐ」と表現されてしまうようです。人間の時間に直すと、ほぼ死の「直後」から、数百年もの間があくこともあるそうです。
「あの世」では、次の人生のための準備をしているそうですが、特別な使命のある人はその準備を瞬時に済ませ、本当に「すぐ」に生まれ変わることもあるのだそうです。
ただしそれは、いわゆる「復活」ではなく、あくまで人生の最初からやり直すことになります。
逆に、準備が出来ない場合は、ある程度の期間、肉体を持たないままでいることもあるようです。
ただし、すでに人間として十分に修行を積んでしまった魂は、もう人間として生きる必要がないため、再び生まれ変わってくることは、(ほとんどの場合)ないのだそうです。

>僕の友達が生まれる前の記憶があると真剣に語っていたのですが…。

「意識」が存在し続けているので、その「記憶」もまた、存在し続けているようです。
ただ、これらの「記憶」は、「現在の自分の記憶」と混ざってしまうと不都合なことが多いので、通常の状態では思い出せないよう、隠されているようです。
たまたま、「現在の自分の記憶」がまだ少ない幼児の頃などに、そのような「記憶」を思い出す機会が度々あった人は、「現在の自分の記憶」にもそれが記憶されるため、「生まれる前の記憶がある」という自覚があるようです。

>死んだらまた新しい人間としてやっていくのですかね?

「意識」は存在し続けるようですが、それが以前と同じものである、ということは、表面的には分からないそうです。
以前生きていたときとは、入っている肉体の性質も違うし、違う人生を生きるために、性格も違っていることがあるからです。
その意味では「新しい人間」と言えますね。
次にどんな人間になるか、どんな人生を送るかは、ほぼ「あの世」で決めてくるそうですが、どこまできちんと決めてくるかは、その「意識」によって違うそうです。

ところで、いくつかの宗教では「魂」は不滅である等の考えを否定しているものがあります。
それらの宗教は人間が生きていく上で非常に厳しい気候・風土に根ざしたもので、
再びそのような厳しい「この世」に生まれて来ることなど、辛くて考えたくない、という人々にも教えを広めるために、
「死後は再び生まれ変わることがない」という考え方を取り入れたようです。
「生まれ変わることはない」のですから、いわゆる「前世」も、存在していてはいけないのです。
起こっている現象は同じことなのですが、それを表現する人のとらえ方・表現のしかたが異なるため、まるで違うことを言っているような、大きな相異が起こっているようです。
この「違い」のために、過去のみならず現在も、多くの人間の命が失われていることは大変に嘆かわしいことですが、もしかすると、それらの「違い」を理解し、乗り越えることも、われわれ「人間」の使命のひとつではないかとも思うのですが・・・。
 
以上に述べたような考えは、単なる空想だ、と片づけてしまうこともできるのですが、
ある程度の部分、「科学的に」証明されているようです。
それについて詳しくは、参考URLの本をご参照下さい。
宗教系の考え方になじめない人や唯物論者の方には、最適な参考書だと思われます。
実際、この本は、人の生死の場面に多く係わる医療系の方々や、「心の問題」を多く抱えてはいるが宗教を取り入れてはいけないことになっている公立校の教師の方々によく読まれているようです。

なお、このような考え方に賛同できない方もいらっしゃると思いますので、押しつけがましくならないよう、「自信なし」で書かせていただきました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569627943/qid=1105365406/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2739906-7833016

宗教的な考え方についていけないが、生まれる前は何もなく死後にも何もない、という考えにも賛同できないという方のために、
こういう考え方もある、ということをお伝えしておきます。

この考え方は、
人間は、その「肉体」と「意識」(俗に魂とか霊などと呼ばれているもの)とからできており
「肉体」は、その誕生から死までの間だけ存在するもの
「意識」は、生前・死後も存在し続けるもの
と仮定しています。

>人間って生まれる前は何処にいるのですか?
>死んだらどこにいくのですか?

人間...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報