これからの季節に親子でハイキング! >>

一行は、元弘2年3月7日に六波羅を出発し、鳥羽離宮で昼食しています。
ここから隠岐の島への道順を簡単でよいですから教えて下さい。
舟で瀬戸内海へ出たのですか。
また、京から北へ山陰道を選ばなかったのは何故ですか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

陸路か海路かに関しましては、


『増鏡』、『梅松論』、『花園天皇宸記』などで確認しましたところ、
『増鏡』の「第十九 久米のさら山(元弘二年)」の記述を信じれば、
陸路であった事が伺えます。

「昆陽野の宿」(現:伊丹市)は海岸線から遠く、
「広田の宮の渡り」「布引の滝」は海岸線から近いとは言え、毎回乗下船は考え辛く、
明石手前の「大倉谷と言ふ所少し過ぐる程にぞ、人丸の塚は有りける。」などからも
ほぼ陸路が推定されます。

・『国史大系.第17巻/経済雑誌社編/経済雑誌社/1901.12』
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991107/631
「増鏡/第十九 久米のさら山(元弘二年)」<630~641/652>(1229~1250頁)
<631~635/652>(1230~1238頁)

〇増補本系増鏡・全二十巻
http://www.j-texts.com/sheet/msk.html
HTMLファイル(読み仮名なし。増鏡・全二十巻)
http://www.j-texts.com/chusei/gun/masukall.html
P301~
第十九 久米の佐良山
P302/…三月の初めの七日に、都を出でさせ給ふ。…
P304/…六波羅より、七条を西へ、大宮を南へ折れて、東寺の門の前に御車抑へらる。…
P305/…鳥羽殿に御座しまし著きて、御よそひ改め、破子など参らせけれど、…
…淀の渡りにて、
(昔八幡の行幸有りし時、橋渡しの使ひなりし佐々木の佐渡の判官と言ふ物、
今は入道して、今日の御送り仕れるに、其の世の事思し出でられて、
いと忍びがたさに賜はせける。)
P306/…先帝は今日津の国昆陽野の宿と言ふ所に著かせ給ひて、…
…昆陽野より出でさせ給ひて、武庫川・神崎・難波、住吉など過ぎさせ給ふとて、
御心の内に思す筋あるべし。広田の宮の渡りにても、御輿止めて、拝み奉らせ給ふ。
葦屋の里、雀の松原・布引の滝など御覧じやらるるも、古き御幸共思し出でらる。
生田の森をば訪はで過ぎさせ給ひぬめり。湊川の宿に著かせ給へるに、…
P307/…播磨の国へ著かせ給ひて、塩屋・垂水と言ふ所をかしきを、問はせ給へば、
「さなん」と奏するに、「名を聞くよりからき道にこそ」と宣はせて、差しのぞかせ給へる…
…大倉谷と言ふ所少し過ぐる程にぞ、人丸の塚は有りける。明石の浦を過ぎさせ給ふに、
「島がくれ行く舟」共、ほのかに見えてあはれ也。…
…野中の清水・ふたみの浦・高砂の松など、名ある所々御覧じ渡さるるも、…
P308/…十二日に、加古河の宿と言ふ所に御座します程に、…
…十七日、美作の国に御座しまし著きぬ。
御心地悩ましくて、此の国に二、三日休らはせ給ふ程、…
P309/…二十一日、雲清寺と言ふ所にて、いと面白き花を折りて、忠顕少将奏しける。…
P311/…出雲の国やすぎの津と言ふ所より、御舟に奉る。…

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり陸路のようですね。
山陽道を選んだ場合、天皇の奪還を企む勢力もいたそうですから、また一行には女性が3人いましたから、舟を利用してなるべく早く姫路あたりに着いて、そして山越えの美作路へ進んだのではないかと想像していました。

太平記には、

…五百余騎にて、路次を警固仕て先帝を隠岐国へ遷し奉る。供奉の人とては、一条頭大夫行房、六条少将忠顕、御仮借は三位殿御局許也。其外は皆甲冑を鎧て、弓箭帯せる武士共、前後左右に打囲奉りて、…

とありますから、天皇とはいえ謀反人を護送する態勢です。
こんな先入観念があったものですから、「野中の清水・ふたみの浦・高砂の松など、名ある所々御覧じ渡さるるも」とは意外でした。
「御醍醐天皇、隠岐へ配流」という字面からは思いもせぬ様子が分かりました。

『増鏡』も『太平記』も後世の回想記ですから、山陰道は物騒だったからとは書けず、山陽道を悠々と護送された、という筋書きになったのかもしれません。
とはいえ『増鏡』で決まりですね。 すっきりしました。

お礼日時:2014/04/06 20:41

承久の変の後鳥羽上皇と同じ、山陽道から出雲街道、のようです。

なぜ山陰を行かないのかわかりませんが、江戸時代の江戸と山陰の大名の参勤交代も、山陽道から出雲街道だったそうです。街道の難路状態や、大人数が通り易いかなどの問題があったのかな?と思います。


下のサイトからの転載、引用ですが、

京都・・・加古川・・姫路・・津山・・(久米・・久世・・美甘・・新庄・・日野・・南部・・米子)・・安来・・美保・・隠岐

このルートのようです。
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/kamakur …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

素晴らしいサイト「鎌倉時代の勉強をしよう」ですね。
全部読みました。たいへん参考になります。

このサイトの回答のなかに「輿は加古川を超えて美作に入ります」とあります。
加古川を越えてという表現から陸路を通ったことになります。
が、疑問もあります。
この回答に示された太平記には加古川の地名が出てきません。
私もネットで太平記を読みましたが、加古川は出てきません。
また、加古川を越えて美作に入るというのもおかしいですね。
加古川は播磨一の川ですが、播磨の中ほどより東にありますから。
加古川あたりで御醍醐天皇の伝承があるのかも知れませんが、“美作”に引っ掛かりました。
美作に拘ると加古川ではなく、少し西の夢前川かも知れません。

太平記「備後三郎高徳事付呉越軍事」には、 
臨幸余りに遅かりければ、人を走らかして是を見するに、警固の武士、山陽道を不経、播磨の今宿より山陰道にかゝり、(以下略)
とあります。

今宿は、現在の姫路市今宿です。今宿を過ぎると夢前川で、美作に近付きます。
「今宿より山陰道にかゝり」もおかしいですが、出雲路と解釈することにします。
この地に来たことは分かるのですが、ここまで陸路だったのか、あるいは途中どこかで舟を利用したのでは、という疑問です。
女房3名を含む一行が、都を出てから出雲の見尾の湊まで13日間要しています。

>承久の変の後鳥羽上皇と同じ、山陽道から出雲街道、のようです。

そうでしょうね。

お礼日時:2014/04/04 20:03

太平記でその話は読みました。


山陽道を通ったと思います。当時治安が良かった地域を選んで言ったのだと思います。
反政府勢力に後醍醐天皇を誘拐されるのを恐れたのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

海路ではなく陸路を選んだのですね。
湊川、須磨の浦、明石の浦、高砂等の地名が出てきますので、どちらかと思いました。
山陰道を避けた理由は分かりました。

お礼日時:2014/04/03 19:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後醍醐天皇

後醍醐天皇は隠岐に流されたと聞きましたが、天皇が流罪になるなんてことがあるのでしょうか?
誰が流罪だと決めるのでしょうか?将軍でしょうか?
将軍が天皇を裁くことができるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 幕府側としては、後伏見院の第1親王殿下に天皇に御即位してもらって、その後に、新天皇陛下(光厳天皇)から「先帝を隠岐へ配流せよ」との命令を下していただくという具合にしました。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/e01/e04s03.html

Q流刑になった上皇などに家司は付き添っていたのか

主に『栄花物語』を勉強しています。『栄花物語』の中で源高明が大宰府に流刑になった時は「童なる君」の同行が許されたとありますが、流刑になった時一般的に家族や家司の同行は許されたのでしょうか?平安初期の小野篁や鎌倉時代の後鳥羽上皇など隠岐に流された人についても御存じだったら教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
そして、佐渡の出身です。

ですので、隠岐の後鳥羽院は余り研究?はしていませんので、佐渡へ流された順徳上皇について述べてみたいと思います。

承元4年(1210)第84代天皇になるも、鎌倉幕府と対立し、承久3年(1221)皇子の仲恭天皇に譲位して、父後鳥羽院とともに鎌倉幕府打倒に立ち上がった。(承久の乱)
しかし、尼将軍北条政子、執権北条義時姉弟の前に乱は失敗と化した。

鎌倉幕府は乱平定後、時を待たずして直ちに後鳥羽院を隠岐へ、順徳上皇を佐渡へ配流することと決した。

承久3年7月20日、覚悟はしていたものの、順徳上皇は配流の通告を受けると翌21日には京を発った。真に慌ただしい旅立ちと言わなければならない。
供回りはわずか6~7人であった。それまでの宮廷内での華やかな暮らしに比べて、何とも淋しい限りの離京であったことだろうか。

★なお、皇后(正夫人)や側室は決して同伴してはいけないことになっていました。
これには、皇后や側室という最小限の家族単位を切り離して禁欲生活を強いる、「付加刑」的要素を持っていたからです。
従って、隠岐に流された後鳥羽院も同じように正室や側室を同伴することはできなかったと思います。
家人(かじん)などや正室、側室以外の女房などは、身の周りのお世話をするために同行を許されました。
この後に書きますが、家族以外で身の周りのお世話をするために同行した女房とは、致し方ないことです。

佐渡に着いた上皇は泉(現・佐渡市金井地内)に御料地を与えられ、1年間位は扶持米が支給されたが、その後は供人が与えられた土地の一部を耕して自活の道を歩まれた。
一般に、島に送られた流人は、決して土牢などに閉じ込められる訳ではなく、国司や守護の計らいで寺や百姓の名主(みょうしゅ=庄屋)などに預けられた。しかし、上皇の場合は黒木御所と呼ばれて独立したものであった。

上皇は遠空の京を想い、堪えがたい不安と悲しみを数々の歌にされています。
”秋風の うら吹(き)かへす さよ衣 みはてぬ夢は みるかひもなし”

苦節22年、いつの日か再び京へ帰れることを夢見ながら、仁治3年(1242)9月12日、京より差し遣わされた薬師(くすし)和気有貞(わけのありさだ)の治療も虚しく崩御されました。御歳46才の心情はいかばかりであったことだろうか。

翌13日御火葬となり、明くる年の春、供人の左衛門太夫康光法師(さえもんだゆうこれみつ・上皇崩御直前に出家)の胸にいだかれて京都大原御墓所に納め祀られた。

上皇の在島中に、同行の女房たちに皇子が誕生しています。
史実としては、貞応2年(1223)に供の女房従三位清季(きよすえ)の女(むすめ)に忠成王(ちゅうぜいおう)、天福元年(1233)には右衛門督局(うえもんとくつぼね)との間に善統王(ぜんとうおう)がお生まれになっています。
上皇の崩御された翌年の春、忠成王と善統王や供人は上皇の遺骨と一緒に京へ帰っています。

なお、伝承として、上皇が在島中、土地の熊野権現の社人の女(むすめ)が召されて3人の宮を生み、第一皇女慶子女王(けいしじょおう)、第二皇女忠子女王(ちゅうしじょおう)、第三皇子千歳宮が現、畑野地区宮川(はたのちくみやかわ)、佐和田地区二宮(つわだちくにくう)、畑野地区三宮(はたのちくさんぐう)にそれぞれ住まわれたと言われており、二宮、三宮などの地名が残っていますが定かではありません。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
そして、佐渡の出身です。

ですので、隠岐の後鳥羽院は余り研究?はしていませんので、佐渡へ流された順徳上皇について述べてみたいと思います。

承元4年(1210)第84代天皇になるも、鎌倉幕府と対立し、承久3年(1221)皇子の仲恭天皇に譲位して、父後鳥羽院とともに鎌倉幕府打倒に立ち上がった。(承久の乱)
しかし、尼将軍北条政子、執権北条義時姉弟の前に乱は失敗と化した。

鎌倉幕府は乱平定後、時を待たずして直ちに後鳥羽院を隠岐へ、順徳上皇を佐渡へ配流...続きを読む

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。


人気Q&Aランキング