プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日、信号のない交差点にて事故に遭いました。
そこで過失割合について教えていただきたいです。

場所は住宅地内の交差点で道幅はほぼ同じです。
道路幅は4~5m。

私が右方[ B ]で相手が左方[ A ]です。
ぶつかったのは交差点の真ん中よりやや奥(私から見て)です。

一般的に左方車[ A ]が優先ですので過失は私が60で相手が40だと思います。
今回は私が減速していたので、私が40相手が60と言われました。

私が納得できないのは、確かに左方が優先なのは分かりますが、ぶつかったのは私の車のリアタイヤです。
私の車は大型で5.2m以上あります。
小型車だったらあたっていない場所に衝突してきました。

衝突時、運転席はすでに交差点から出ておりました。
どこにぶつかったとか、車両の長さとかに関係なく一律で過失割合が決まってくるのでしょうか?

私としては通り過ぎた後に衝突してきたにも関わらず、40もの過失があることに納得がいきません。

過失割合をもっと有利にすることは可能でしょうか?
専門家・詳しい方のご意見をお聞かせください。

「交差点での交通事故の過失割合について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

車両保険に入ってるのなら過失割合は気にするな。



100:0以外は保険を使うのだから一緒です。

>過失割合をもっと有利にすることは可能でしょうか?
保険屋は、被害者の時もあれば加害者の時もある。
お互い顔見知りですから、お互い貸し借りもあるでしょう。
だから、過失割合は曖昧な時もあるみたいですよ。

なぜ事故が起きたか?
お互い、相手が止まると思っていた。
お互い、車がいると認識できていた。
ならば、左方優先かな。お互い認識できてるからね。
誰が、止まらなければならなかったかということです。
    • good
    • 1

追加で回答します。



説明が不十分でしたが、調査費用の件負担は保険会社なのはもちろんです。ただ、前述の件では相手がごねてかなり悪質に脅しをかけるように調査会社を入れたにもかかわらず、結果100対0になってしまい、相手側完敗。で相手側保険会社が調査費用も丸かぶりになり、余計に出費する羽目になりました。こちらにいろいろと脅しの嘘をついたことも発覚しました。

相手側保険会社は相手の言い分をはじめは鵜呑みにしていたようでかなり強気にこちらへもプレッシャーをかけてきましたが、第三者機関の調査結果を受けて平謝りに転じ、(当事者は最後まで謝りませんでしたが‥)、穏便に解決できるようにとの必死の謝罪が哀れでした。

で、相手側は悪質ということで、任意保険契約継続は拒否したようですよ。相手保険会社としても私に裁判にでもされたらもっと賠償請求されるところでしたからね。少しでも嘘をついていた契約者に制裁を加えたいといったところでしょうか。

いずれにしても、事故の事実は一つしかなく、双方がもめても調査をすれば事実と異なることは矛盾としてあぶりだされてしまいます。どうしても納得いかないのであれば、解決が長引くのを覚悟で過失割合については話し合い、交渉してみてはいかがですか。

過失割合が動くかどうかはわかりかねますが。
    • good
    • 1

大型免許を所持されている方でしょうか。

だったら言わなくても分かると
思いますが、減速と徐行は全く意味が違うと言う事です。減速したから
40:60になったのです。もし減速ではなく徐行や停止していれば減速
の時より割合は少ないはずです。交差点内ですから0:100になる事は
ありません。悪くて30:70、運が良ければ20:80になったかも知れま
せん。あくまで左方優先が原則ですから、大型車ですから普通車よりは
見通しが良かったはずです。停止させて相手を通させた後に通過すれ
ば、もしかしたら事故は起きなかったかも知れません。

とにかく交差点内だったのは運が悪かったですね。後は示談で相手と
交渉するしか無いでしょうね。
    • good
    • 3

あ、そうそう


他回答で調査費用の話がありますが、調査費用は保険会社負担ですよ。
過失が大きいからって、調査費用を契約者に負担させる会社などないでしょう。
モラル事案は別ですけどね。

これで、だいたい私が何者かはわかるでしょ?(笑)
    • good
    • 2

>私の判断が間違っているのであれば、すべての交差点で一旦停止して左方車に譲らなければならないのではないでしょうか?



その通りです。
それが道路交通法です。
私の方が先に通過できるだろう・・・・
明らかにだろう運転ですね。
先に通過できなかったからぶつかったのです。
自分の車がでかいと認識しているなら、なおのこと自分の車が通過する前に左方車が交差点に到達してしまうと予見することが必要です。
他の方も書いていますが、それはあなたに不利に働く要素です。

専門家の話が聞きたければ、お金払って弁護士にでも聞いて下さい。
ここで、私が専門家と名乗っても、信頼できるかどうかわからないでしょう?(笑)
    • good
    • 0

今までに、二輪、四輪ともに、ほとんどが私の過失0対相手の過失100という事故に7回ほど会ってきました。



過失割合については質問者さんの任意保険会社が言ってきたものなのでしょうか。だいたいは双方の保険会社で確認し、折り合いをつけるということですが、その基本になる事故例を集めたデータブック、業界では「赤本」と呼ばれるものがあります。これで、このような事故の時は過失割合がどのくらいと載っているので、ほとんどズレはありません。

住宅地の中の同じ道幅の交差点で、「止まれ」の一時停止表示もないのは不思議ですが、なければ当然左方優先。でも表示がなければ尚のこと一時停止をしたくなるような怖い交差点ですよね。

両方とも動いていたのであれば、この場合は双方過失を取られると思いますし、停止表示がなければ右方がやや不利で、その意味ではかなり寛大に過失を減らしてもらえているとは思います。質問者さんの車のリアに衝突ということですが、相手からしてみれば急ブレーキをかけてもギリギリでもリアにぶつかるぐらいに、直前に交差点を横切られた、とも解釈できます。

相手が止まるだろう、という考えは事故の典型「だろう運転」です。安全運転のためには相手が出てくるかもしれない、止まらないかもしれないという危険予測をする「かもしれない運転」といわれます。一旦停止していれば防げた事故ですね。

どうしても納得がいかない場合は、保険会社に頼んで、第三者調査機関に事故調査を依頼するという方法もあります。中立な第三者の立場で車体の傷、現場調査、警察の事故調査の検討などをして、最終判断をしてくれます。私はこの方法で自分の過失0を証明してもらいました。しかし確信がなく調査依頼をして、結果自分に過失大と判断された場合には、賠償に加算して数十万円の調査費用も負担することとなりますので、よく検討する必要があります。

あとは任意保険に弁護士特約がつけてあれば、弁護士さんに依頼して交渉に当たってもらうことです。

いずれにしても、100対0には決してならない事故なので、この寛大な過失40で示談するのが一番早い解決かと思いますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0

http://www.jiko-online.com/jiji1.htm
信号機のない交差点
【54】四輪車同士、信号機のない交差点、直進車同士の事故
AとBが同程度の速度の場合は40:60です。
Aが減速せずBが減速した場合は60:40です。
Aが減速してBが減速しない場合は20:80です。
主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
見とおしのきく交差点Aに-10
夜間Aに-5
Bが大型車Aに-5
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20

あなたの主張は逆効果。
あなたの車が大型だったために事故になった+5過失
あなたが減速しなければ当たらなかったのに、故意に減速して進路を塞いだ+10 or +20過失

あなたの過失が40で示談できれば、よほど相手がお人よし。
普通はあなたの過失60で決着
相手が知恵をつけたら以下の論争になります。
(1)あなたの過失60に大型+5で過失割合65%
(2)あなたが減速で過失40を主張すれば、
それが原因の進路妨害、著しい過失+10
大型車+5で過失割合55%
(3)自分も減速していた、いやあなたの減速は証拠が無い、
優先車の前で止まれないほどスピードが出ていた。
あなたの過失は80~60%

事故の映像や第三者の目撃証言がないと、あなたはどんどん不利になります。
    • good
    • 0

住宅街の信号もセンターラインもない交差点であれば、徐行の義務があります。


双方が徐行の義務を怠った結果、事故になっているわけですから、基本は50:50
左方優先で、60:40
減速度合いの修正で40:60
という判断経過ですね。

衝突部位など、双方の速度、回避行動で変わるので、関係ありません。

衝突部位で過失が変わるなら、極端な話、ぶつかりそうになったら、加速すれば有利になるなんておかしな現象が起こります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

n_kamyiさまの言うとおりぶつかる直前で加速すれば有利になるなんてことがあれば問題だと思います。

しかし、その点は車に付いた傷をみればすぐに分かることだと思います。

今回、事故が起きた時間が夜間で私はミラーでも相手の車を確認し減速してから通行いたしました。
徐行とはいきませんが、時速20km程度の速度で交差点に進入しました。
私の方が明らかに先入だったので、相手が止まってくれるものだと思っておりました。
私の判断が間違っているのであれば、すべての交差点で一旦停止して左方車に譲らなければならないのではないでしょうか?

当たった部位に関しても全く車の大きさが関係しないのは納得できません。
運転席が完全に通り過ぎた後でぶつかってきて右方車が悪いとなるのでしょうか?

そのあたりが私は納得できないと思っております。

ちなみにn_kamyiさまは専門家の方でしょうか?

補足日時:2014/04/04 08:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手車の側面に衝突したら過失が重くなるのでしょうか?

少々長くなりますが、、、

東西に走る、センターラインはなくて左側に歩道のある道を東進中、
信号のない交差点で右から出てきた車の助手席側に衝突してしまいました。

他の交差点は、南北に走る道側が一旦停止になっているので、
この交差点も自分が優先だと思いこんで(10年来!)走っていました。
しかし! この交差点「だけ」一旦停止標識がなかったのです。

保険共済の方に、「過失は5:5から4:6になります」と言われましたが、
こちらは歩道のある広い道で、脇道から飛び出してきた相手が悪いのに、
そんな過失では納得できるはずがありません。
すると、共済の方はご丁寧にも事故のガイドブック(判例集?)を持ってこられて、
 「この交差点は歩道を含まない車道幅が同じで5:5となりますが、
  道交法の左方優先があるので過失は≪私:相手=4:6≫で納得して下さい。」
と説明されました。
ガイドまで持ってこられて説得されては文句の言いようもないので、
4:6で納得することにしました。

ところが、相手の方が「ぶつけられたから5:5」と主張されているので、
相手の保険会社の方が5:5でないと示談に応じないそうです。

やっぱり、ぶつかり方で過失割合は変わるのでしょうか?
ちなみに、双方共20km/h制限のところをおよそ30km/hで走行していて、
全くの減速なしで交差点に進入しての事故です。

ご意見など、よろしくお願いします。

少々長くなりますが、、、

東西に走る、センターラインはなくて左側に歩道のある道を東進中、
信号のない交差点で右から出てきた車の助手席側に衝突してしまいました。

他の交差点は、南北に走る道側が一旦停止になっているので、
この交差点も自分が優先だと思いこんで(10年来!)走っていました。
しかし! この交差点「だけ」一旦停止標識がなかったのです。

保険共済の方に、「過失は5:5から4:6になります」と言われましたが、
こちらは歩道のある広い道で、脇道から飛び出してきた相手...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
>標識を立てずに優先表示をするよう公安委員会(でしょうか?)に訴えて、この度やっと実現したようです。

・・・これって、相手に4:6で示談していただく材料にはならないでしょうか?
事故時点ではなかった標識ですので「関係ない」と言われればそうなんですけど。

・標識がなかったとしても道幅が同じ又は同じ位なら「左方優先」であるというのは「道路交通法」で定められています。
「自動車」を運転する資格(運転免許)を持っているのなら知っていて当然であるべきルールです。

>なぜ相手の方は過失に関係ないことで5分5分とおっしゃっているのでしょうか・・。

・心情的に「追突されたのに」という気持ちがあるのでしょう。
相手保険会社も法的根拠がないとは知りつつも会社の「利害」にも絡む為、加入者さんの為にと奮闘するのです。

>こちらは正当な判断として、4:6以外譲らない方向で様子を見ることにします。

・それが良いでしょうね。質問者さん加入の保険会社も感情論などは相手にしないでしょう(説得には相当な労力でしょうが)。
質問者さんに他の落ち度(過失)が無い限りは、これ以上過失を修正する余地はありません。

No.4です。
>標識を立てずに優先表示をするよう公安委員会(でしょうか?)に訴えて、この度やっと実現したようです。

・・・これって、相手に4:6で示談していただく材料にはならないでしょうか?
事故時点ではなかった標識ですので「関係ない」と言われればそうなんですけど。

・標識がなかったとしても道幅が同じ又は同じ位なら「左方優先」であるというのは「道路交通法」で定められています。
「自動車」を運転する資格(運転免許)を持っているのなら知っていて当然であるべきルールです。
...続きを読む

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q今朝、交通事故に遭いました。一時停止エリア内での車対車です。(長文です)

保険屋さんによると、事故を起こしたのは私の方で、
過失割合は8対2(8が私)になるだろうとのことでした。
しかし、事故の発生状況と相手の対応の仕方を考えると納得できません。
もちろん5対5というのは無理でも、せめて、6対4になればと思っています。
そこで、皆様の意見や体験談などを教えて頂きたいのですが
よろしくお願いします。

発生状況は、住宅街の中央線のない十字路で、
横の道を挟んで、縦の道が一時停止になっている道です。

私が縦の道を一時停止し、左右を確認した後、
右側の奥のほうに車がいたのですが、離れていた(遠くにいた)ので
そのまま直進したところ、その直後、
私の車の運転席のドアに車が衝突してきました。
それは、相手側から見ると、目の前を横切る車の側面に直進して衝突する
という感じでした。衝撃で私の車はエアバックが開きました。
相手の車はフロントのバンパーがへこんでいました。

実は、遠くにいた車が結構な速度で走っていたのです。
私は住宅街なので、まさかそんなに速度は出さないだろうと思っていた
のですが、相手は住宅街などおかまいなしの速度で走っていたのです。

私は、一時停止の停止線で停止し、発信したところに相手が衝突
してきたので、相手の方が過失は大きいだろうと思いました。
ですが、そんなことより、とりあえず、どちらが悪いにせよ、まずは
お互い大丈夫かどうかを確認し、その後事実をはっきり確認させようと
車から降りました。
相手は、電話をしていてなかなか車から降りてきませんでしたが、
降りてくるなり、私に「いきなり出てきたからぶつかったじゃないか!」と
どなりつけてきました。

私は思わず謝ってしまったのですが、相手の方から衝突してきて、いきなり
文句だけ言ってなんと身勝手で横柄な人間なんどと思いました。

今回、私は車だったのですが、もし、これが生身の人間だったら
確実に死んでいたと思います。
それを考えると、保険屋さんのいう過失割合はどうしても納得できないのです。

保険屋さんによると、基本的に一時停止のエリアに関しては、
停止線を超えた場合、その、停止線を越えた車両に交差する一時停止のない
道を走る車両が優先されるとの事です。

つまり、停止線のところに降り積もった雪が集められた雪山があって
左右の確認ができないという悪条件で、
やむ終えず停止線と雪山を越えて左右を確認しようと、ほんのわずかでも
車の先端が出ただけでも、そこへ交差する車が衝突すると、
停止線を越えた車の方が悪くなるというのです。

私は理不尽さを感じました。
正直なところ、このような過失割合は認めたくありません。
私の考え方は間違っているでしょうか?
皆様の意見や体験談を教えてください。

以上、文が長くなってしまったのですがよろしくお願いします。

保険屋さんによると、事故を起こしたのは私の方で、
過失割合は8対2(8が私)になるだろうとのことでした。
しかし、事故の発生状況と相手の対応の仕方を考えると納得できません。
もちろん5対5というのは無理でも、せめて、6対4になればと思っています。
そこで、皆様の意見や体験談などを教えて頂きたいのですが
よろしくお願いします。

発生状況は、住宅街の中央線のない十字路で、
横の道を挟んで、縦の道が一時停止になっている道です。

私が縦の道を一時停止し、左右を確認した後、
右側の奥の...続きを読む

Aベストアンサー

まず、確認したいのですが人身事故での届けですか、それとも物損だけの届けですか?

物損だけでしたら、どうせ怒っても保険で処理されるので怒り損です。まあ、相手が保険に入っていなかったら回収できるかが問題になるので割合は大事でしょうが。
人身もあるのでしたら割合は結構重要です。賠償金のやり取りで慰謝料が減っちゃいますものね。

とりあえず腹の立つのを抑えて、冷静に参考URLをご覧になり近い割合を探してみてはどうですか?私も過去に損保代理店や事故調査員をしていたのである程度はお力になれると思いますが、まずはご自分で努力してください。
それと警察には有りのままを述べてくださいね。他の回答者で保険会社に警察の判断を聞かせたりとか警察の判断がとか回答していますが、警察は判断しないものと思ってください。実況見分等での当事者間の言い分をそのまま聴取するのが仕事です。

私が調査員の時はお互い過失なんて認めないのが普通でどちらも嘘をついているものとして調査していました。その中から客観的な事実で警察に対しての質問をつくり、×××はこうですか?言う質問でイエスノーを確認するのが主です。(書かれた事実に対する質問には嘘を言わないので)
また、警察の調書はどちらかが罰金刑等にならないと見ることも出来ないものと思ってください。

すみません、話が大分はずれてしまいましたが、
(1)冷静になり、判例を調べ、類似判例があれば保険会社を交渉する
(2)事実を有りのまま確認し、無茶な請求はしない(警察・保険会社・相手に対して)
(3)たら、ればは言わない。今回の事故には関係ない
(4)保険会社同士で協定した過失割合に文句を言わない
(5)過失割合協定に文句があるのなら自分で弁護士を選任しなければならない(50から100万は出費を覚悟して弁護士費用の回収見込みなしと考える)

ちなみに、あなたの方に停止線があって相手に無いのなら基本は9:1になるでしょう。特にあなたは相手車を認識しています。後部に当たるならまだしもドアですと相手のスピード云々は困難でしょう。下手したら相手が人身申請して、最悪免停になりますよ。

よくよく冷静にお考えください。事故は決して自分に過失が無いものと考えがちです。

何かありましたらご質問ください。気分を害したら済みませんでした。

参考URL:http://amami.rindo21.com/

まず、確認したいのですが人身事故での届けですか、それとも物損だけの届けですか?

物損だけでしたら、どうせ怒っても保険で処理されるので怒り損です。まあ、相手が保険に入っていなかったら回収できるかが問題になるので割合は大事でしょうが。
人身もあるのでしたら割合は結構重要です。賠償金のやり取りで慰謝料が減っちゃいますものね。

とりあえず腹の立つのを抑えて、冷静に参考URLをご覧になり近い割合を探してみてはどうですか?私も過去に損保代理店や事故調査員をしていたのである程度はお力に...続きを読む

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は右前のバンパー、ヘッドライト、フェンダーです。

こういったケースでは過失割合はどうなるのでしょうか?

保険会社からは

相手7
こちら3

を提示してきました。こちらの保険会社もそれで納得しています。

ただ自分としては8対2ではなくては納得がいきません。

こちらの言い分は止まっていたので譲ってくれたと思い進んだら左後方からぶつけられた感じなので
とても避けることはできなかったという事です。明らかに相手が出るタイミングを間違えたか操作ミスかに思います。

そこのT字路は民家が車にぶつけられないように少し下がって建てられており、左折しようとする車は
直角に曲がるT字路よりは早く直進車を発見しやすいような道路です。

相手は70歳を超えていて仕事で配達をやってる最中に起きました。
あまり相手の方を悪く言うのも大人げないのですが警察の方も認めるほど少し反応が鈍い方だと
思います。事故後の対応もこちらで全部してその後の謝罪の連絡も一切なしです。

相手には怪我がなかったのですがこちらは首と腰が痛く只今通院してます。
なので人身事故にさせてもらいました。

自分の保険会社の担当は7-3で納得していてこちらが納得していない旨を伝えても事務的な処理しかしていない気がします。
納得いかないのであれば相手の保険会社と話してみたり、直接 相手の方と当事者同士で話してみればいいと言ってます。
操作ミスとかわき見であって、相手がそれも認めれば8-2位にはなる余地はあると。

相手の保険会社は操作ミスもわき見もない、車の破損もチェックして現場検証もしてから言ってるんだとの事です。
こちらの保険会社は私が相手の保険会社から聞いた所によると現場検証もしていなくお互いの車の破損状況もみていないで事故に対する意欲がみられないと思うとおっしゃってました。
こちらの保険会社にそれを伝えたら後日また人を向かわせると言ってました。ワゴン車に関しては決まりがあって現物を見ることはできないそうです。

真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます。
左前がぶつかってて出合い頭にぶつかっているのであればまだわかるのですがどうも納得いきません。

相手の保険会社にも途中で2週間程連絡も無しに待たされ、整備工場からも「どうなってるんですか?
そろそろ代車を返してください」と催促がくる程で、総合的に非常に不安ですし一体何を信じていいのかわかりません。

加害者とも話しましたがやはり相手が操作ミスを認めない限り過失割合はかわる事はないのでしょうか?

後もしわかればこういったケースでは免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?
免許センターに問い合わせても具体的な事は言えないとのことです。

長文すみません。

画像は相手側の運転席側から見た事故現場です。
警察がチョークで付けた後を元に位置取りしてます。


ご意見聞かせてください

よろしくお願いします

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じようなものです。交渉事が苦手な人もいますし、大好きな人もいます。
質問者様の保険会社あるいは担当者は交渉事が苦手なのでしょう。

質問者様が30:70で納得できないのであれば、質問者様の保険会社と相手側に「私は相手車の動向に注意し、15km/h程度に減速して直進したが、交差点中央部付近まで進行後、右折を開始した相手車にぶつけられており、本来は0:100と考えるが、交差点内の事故であるのでそれでは示談できないだろうから15:85までは譲歩する」と伝え、修理工場へは自費で修理代を支払っておきましょう。

それでも質問者様の保険会社が動かなかったら、次回更新時には保険会社を変えればよいのです。人身事故となっていますし、相手が職業運転手であることから、相手と直接交渉すれば、15:85や20:80は十分可能な話です。

>真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます

現場を見ないからそんな放言がでるのです。40~60km/hで走行する広い道の交差点なら、衝突箇所が前方か後方かは過失割合にほとんど影響しませんが、住宅街の狭い交差点で、しかも15km/h程度の低速度あれば判例上、修正要素として考慮されています。

>免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?

相手にけががありませんから、質問者様には基本点・付加点とも加算されません。

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じ...続きを読む

Q車で直進中。横から激突。保険は2対8。どうして?

優先道路を制限速度内で直進中にT路地から一時停止線を無視して進入してきた車と激突しました。激突直前に急ブレーキを掛け、急停止しましたが、相手は反対側を見ていたため、そのまま激突されました。おかげで前方バンパー左側が破損し、相手ドライバーも責任を認めています。
しかし、両者の保険会社が話を進めて行く中で保険負担は相手が8、自分が2という結果でした。
おかしくないですか?こちらとしては、青信号を進行中に赤信号を無視してきた車両にぶつけられたと同じです。(さらに自分は一時停止もしてますし・・・)
自分の保険会社は「アメリカンホームダイレクト」。相手は「日新火災」で業務用車です。相手の会社は最大50万円までは支払える保険であるため、それ以上の金額はこちらで負担して下さいというもの。これではやられ損です。エンジンの修理が不可能となれば、車を購入せざるおえません。世の中の車両保険ってこんな感じなのでしょうか?それとも保険会社の権力差なのか?
保険に詳しい方、全額先方で負担させる方法など豊富な知見のある方のご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道路と優先権のある道路とは違います。
優先道路は、非優先道路側に、前方道路が優先道路であると言う標示がある事、貴方の道路の側で、中央線が一切途切れずに、交差点を通過している。条件が必要です。
これがない道路は、優先権のある道路であって、優先道路ではありません。

優先権のある道路の場合の過失割合で、相手7、貴方3が通常の過失割合がスタートになります。

過失割合での無過失の基本の考え方を勘違いされている方もいますが、無過失を主張できるのは、
・一切の法的違反をしていない。
・回避措置が行えない。
・事故の予見性がない。
状態です。
動いているかどうかは関係ありません。

回避措置には、相手に対しクラクションなどで危険を促すなどがあります。
脇の道路から車が出始めていたのをあなたが知って居たのであれば、警告、回避などを行って居なければ、過失が問われる事になります。


車両保険は、自分の車に対して掛ける保険で、相手の車の保証は行いません。
保険の内容を勘違いされているようにも思えます。

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道...続きを読む

Q交通事故の際に制限速度をオーバーしていた事を証明する方法

お世話になります。
先日交通事故(車対車)に会いました。

住宅街から車道に出る際の出会い頭の事故でした。
車道を走る車に気づかずに、住宅街より車道に出た直後に、正面からぶつかってしまった事故です。

車道に出たのは私で、先方は1本道を直進していただけです。車道に出る前に、一時停止・左右確認を行いましたが、気づけませんでした。
なので過失割合は当然、当方が高いと認識しております。

車道は制限速度30Kmの道ですが、
その事故により私の車は反対方向を向くほどの衝撃を受け、エンジンもつぶれるほどの被害にあいました。
体感的にも先方は軽く60Km以上だしていたと思っています。また修理工場の方や、近所の事故の音を聞いた方に聞いても明らかに30Kmの衝撃ではない。と聞いております。

しかし、先日先方の保険会社の主張を聞くと、速度オーバーは一切していない(30Kmで走行していた)と主張している事がわかりました。

私の保険会社の方が言うには、物損事故では正確な検証が行われるわけではないので立証が難しいといわれている状態です。(言い値が通る)
警察の事故証明も簡易的なものですし、実況見分の結果を見せていただけそうにもありません。

当方としては、
「飛び出したのは私が悪いです。但し、事故被害の大きさはあなたの著しい速度超過が影響しているはず」
というのが言い分です。
自分の過失も相手の過失も正当に評価してほしいです。

今の状態で相手の速度超過を立証するよい方法がないでしょうか?
宜しくお願い致します。

お世話になります。
先日交通事故(車対車)に会いました。

住宅街から車道に出る際の出会い頭の事故でした。
車道を走る車に気づかずに、住宅街より車道に出た直後に、正面からぶつかってしまった事故です。

車道に出たのは私で、先方は1本道を直進していただけです。車道に出る前に、一時停止・左右確認を行いましたが、気づけませんでした。
なので過失割合は当然、当方が高いと認識しております。

車道は制限速度30Kmの道ですが、
その事故により私の車は反対方向を向くほどの衝撃を受け、エンジ...続きを読む

Aベストアンサー

質問文を読んで何かご質問者の意向に沿える内容はないかと探してみましたが、なかなか見当たらないのが現状です。

お互いの言い分と事実との照合は「物証」がないとかなり難しく、ご近所の方、修理工場、おのおのの意見は参考とはなっても人身事故でないので証言として効力は期待できないと思います。

また、すでにNo2でmorito_55さんがご回答のとおり、何度も事故を体験しているひとでなければ体感で速度はわかりにくいと思います。もっとももし自分が同様の事故にあったら「相手は○○kmは出していた(と感じた)or(はずだ)」とたしかに主張するとは思います。

事故時の速度については、たしかに調べる方法はあります。お互いの車の損傷度と、ブレーキ痕などから衝突時と走行時の速度を費用をかけて専門家に計算してもらうことです。ただ問題なのは、ALB搭載車はブレーキ痕が残らない、衝突時の正確な位置関係や衝突角度の割り出しが難しい、両方の車両の合計速度は算出できても単体ごとの速度は算出がむずかしい、などです。ですからこれは現実的にはお奨めしにくいです。


正面衝突と言うことはどちらかが完全停止していない限り
停止している車や物に衝突したときよりはかなり衝撃があることも一応念頭においておくべくかと思います。

それと最近の車は乗員の身体を守るために、エンジンルームはつぶれやすくしてある車が多いということもあります。

ご質問者のプラスになることを模索して回答を書こうと思ったのですが結果として良い材料が見つかりませんでした。

今いえることはご自分の保険担当者の方と速やかに対策を練ることだと思います。

質問文を読んで何かご質問者の意向に沿える内容はないかと探してみましたが、なかなか見当たらないのが現状です。

お互いの言い分と事実との照合は「物証」がないとかなり難しく、ご近所の方、修理工場、おのおのの意見は参考とはなっても人身事故でないので証言として効力は期待できないと思います。

また、すでにNo2でmorito_55さんがご回答のとおり、何度も事故を体験しているひとでなければ体感で速度はわかりにくいと思います。もっとももし自分が同様の事故にあったら「相手は○○kmは出していた(と感じ...続きを読む

Q出会い頭の衝突事故でなぜ左方が優先される?

家の者が自動車で走行中、同幅員・信号、標識無し・センターライン無しの農道で出会い頭の衝突事故を起こしました。衝突場所は交差点の真ん中。見通しは良かったのですが、お互いが相手を認識できていなかったようです。
相手は交差点の左方から直進、こちらは相手から見て右方から直進です。
どちらも相手を認識出来ずの衝突事故なので、過失割合は5:5か?と思いきや、「左方優先で4:6からの交渉スタート」となりました。もちろんうちが6で相手は4です。
ここで疑問なのですが、なぜ「同幅員の交差点で左方優先」となるのでしょうか?右直事故などなら「直進優先」は理解しやすいのですが、どちらも直進でなぜ左方が優先となるのか、その理由が分かりません。狭い農道などでは左方優先は意味をなさないように思えるのですが?
ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

道路交通法
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
2.路面電車である場合
交差道路を左方から進行してくる路面電車

これを左方優先と呼んでいます。つまり法律で決まっているというのが答えになりますが、その理由も知りたいですよね。

見通しの悪い交差点では、少し交差点に侵入しないと左右からの車が見えないことがあります。
ところが少し侵入すると言うことは右から来る車と衝突する危険があるわけです。
それに対して左から来る車であれば、左から来る車のレーンに侵入する前に確認が出来ます。

そこで、左方優先にすると、自分の右から来る車はその車の方に停止して譲る義務があるので、衝突を避けることが出来、左からの車については、こちらで視認して避けることで回避が出来るという仕組みです。

このようにヨーク考えると、右からの車、左からの車は視認性に違いがあるため左方優先となっています。

では。

道路交通法
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
2.路面電車である場合
交差道路を左方から進行してくる路面電車

これを左方優先と呼んでいます。つまり法律で決まっているというのが答えになりますが、そ...続きを読む

Q事故で車の破損状態からみる状況把握の仕方を教えて下さい。

とても困っています。
経験がある方、車に詳しい方、是非教えて下さい!

今日衝突事故に、あってしまいました。
状況は、十字路の交差点で、私は直進をしていて、交差点に差し掛かったとき信号が青から黄色に変わったのですが、ここで止まると危険なのでそのまま直進。相手は対向車線から、ちょうど交差点で左折(海外に住んでいます)をしてきて、私の車の左前に突っ込んで来ました。私は、衝突前このままでは突っ込まれるっということに気づきブレーキを踏んでいたので、追突されその衝撃で少し進んだところで止まりましたが、相手は、衝突後随分前まで進んで止まりました。

幸いなことに、双方運転手同乗者ともに怪我はなかったのですが、車の破損が、私は左前側の破損(いちおエンジンは掛かります)、相手は、バンパーなどフロントの部分をかなり破損していて、動きもしないようです。

海外(アメリカ・カリフォルニア州)で(左車線・双方左ハンドル)で起こした事故で、日本のようにこちらの警察は細かい現場検証等(ブレーキ痕など)一切しませんし、事故を起こしても警察が到着する前に、周りの人たちに「車が邪魔だからどけろ」と、手で押されて勝手に動かされ(双方とも)、事故当時の証拠の写真等も一切ありません。

当然相手は、「自分は悪くない!信号は赤だった!!」などと主張しています。

警察は、簡単な状況説明を双方から聞き、車両から、きちんとした持ち主名などを割り出し、免許書や保険証書と照らし合わせ、間違いがなければ、双方に相手の名前や住所・保険会社名などの情報を書いた紙を渡し、「後は保険会社に判断を仰いで」っといった感じで去ってしまいました。
あとから写真を撮った方がいいということに気づき、車の破損状況の写真を取りましたが、すでに車も動かしたあとでそれ以外に証拠となるものが一切ありません。

相手は、「保険会社を通さずにお互いに相手の車を修理して示談にしよう」っと言ってきましたが、それは、断りました。
相手は、運転手と車の持ち主が違ったので、事故を起こした人では保険に入っていない可能性もあり、示談が無理なら、自分には過失がないとどうしても主張したいようです。

皆さんにお聞きしたいのは、

(1)車の破損状況から、どちらがスピードを出していたか判断できるかどうか。もし出来るとすれば、スピードを出してぶつかった車と、スピードを出していなくてぶつかった車、どちらの方が、破損は大きくなるのでしょうか?

(2)それから、衝突するまでに出していたスピードの違いにより、衝突後の車の移動距離は違ってきたりしますか?その場合、スピードを出していた方が衝突後の移動距離も長くなるのでしょうか?

ちなみに、私の車は、HONDAのSUV車で、相手の車は、HONDAの普通車です。

もし、このような衝突事故の経験が過去にある方、車に詳しい方がいらっしゃいましたが、お手数ですが、ご意見お願いします。

海外で、しかも人生で初めての事故で右も左も分からず大変困っています。とりあえず、保険会社にこちらの主張をきちんとしなければいけないと思っていますが、英語のあまり出来ない私にとっては、英語が普通に話せる相手にうまく都合のいいように言いくるめられそうで不安です。

皆さんのご意見や体験談を参考にしたいので、
お忙しいとは思いますが是非、ご意見宜しくお願い致します。

とても困っています。
経験がある方、車に詳しい方、是非教えて下さい!

今日衝突事故に、あってしまいました。
状況は、十字路の交差点で、私は直進をしていて、交差点に差し掛かったとき信号が青から黄色に変わったのですが、ここで止まると危険なのでそのまま直進。相手は対向車線から、ちょうど交差点で左折(海外に住んでいます)をしてきて、私の車の左前に突っ込んで来ました。私は、衝突前このままでは突っ込まれるっということに気づきブレーキを踏んでいたので、追突されその衝撃で少し進んだとこ...続きを読む

Aベストアンサー

日本では、相手のスピードは過失を判断するうえでさほど影響を与えません。
せいぜい修正要素として基本の過失割合に10%加算される程度です。
日本での過失割合の考え方は、道路上の優先関係が基本になっています。
直進車両は優先の度合いが高く、脇道からの進入車両や右折車両は直進車両の走行を妨害してはならないとされていますので、今回のようなケースであれば、相手の過失が70%~80%と判断されるのが一般的です。
ただ、アメリカでこのような考え方が通用するのかどうかが全くわかりません。
日本では多重事故防止のため、事故車両を安全な場所に移動させなければなりません。
事故の原因究明よりも、道路上の危険防止を優先させます。
邪魔な車がどかされるのは、日本でも同じことなのです。

>車の破損状況から、どちらがスピードを出していたか判断できるかどうか
保険会社のアジャスターならある程度はわかると思います。
より詳しい調査が必要であれば、事故調査会社の出番となります。

>スピードを出してぶつかった車と、スピードを出していなくてぶつかった車、どちらの方が、破損は大きくなるのでしょうか?
これはケースバイケースだと思います。

>衝突するまでに出していたスピードの違いにより、衝突後の車の移動距離は違ってきたりしますか?
違ってきます。

>スピードを出していた方が衝突後の移動距離も長くなるのでしょうか?
車の重量も関係してきますので、一概にはいえないと思います。

日本では、相手のスピードは過失を判断するうえでさほど影響を与えません。
せいぜい修正要素として基本の過失割合に10%加算される程度です。
日本での過失割合の考え方は、道路上の優先関係が基本になっています。
直進車両は優先の度合いが高く、脇道からの進入車両や右折車両は直進車両の走行を妨害してはならないとされていますので、今回のようなケースであれば、相手の過失が70%~80%と判断されるのが一般的です。
ただ、アメリカでこのような考え方が通用するのかどうかが全くわかりません。
日本では...続きを読む

Q過失割合でもめています

先月交通事故に遭い1ヶ月以上たっても話がまとまらないので少しでもアドバイスを頂けたらと思い投稿させていただきます。
長文・乱文で失礼します。

参考のため以下のURLを載せます。

http://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu7-1.htm

上記サイトの図をもとに状況説明致します。
相手がコンビニから出てくるB車(右折)、私が左下のA車(直進)です。
図の通り私の前方や側面で相手とぶつかったのなら予知できる範囲として2:8(私:相手)で全く問題ないと思います。
ですが私が相手の前を通り過ぎきる前に相手の車が右折を始めたため相手の左前方と私の左後方がぶつかりました。
私は左リアバンパーを損傷しました。
その道路は50キロ制限ですがコンビニ前ということもあり減速して30~40キロ程度で走行していました。
それゆえにぶつかったのかもしれませんが・・・。
相手の保険会社はコンビニ出入り口で右折の相手(B車)を目視で確認しているはずなので事故は予知できたはずということで2:8だと主張してきます。
確かに目視で確認していますが停まって右折待ちをしており出てくる様子はありませんでした。
頭出しもしてませんでしたし動いてもいなかったのでそのまま直進しました。
私の中では通り過ぎていましたが左後ろからわずかな衝撃を受けたので振り返ったところ相手の方が手を合わせて謝罪のポーズを取っていたのでそれで初めてぶつけられたということがわかりました。

一度相手の保険会社から直接連絡がありましたが「2:8は納得できません」と拒否した後から全く連絡が来なくなりました。
私も保険会社に連絡していたので相手の左右確認不足・前方不注意というのを主張して1:9で話を進めてもらいたいとお願いしていました(0:10を主張したいところでしたがお互い動いていたので)。
ですが全然連絡が来ないので自分の保険会社に確認してみたところ話が進んでいないとのことでした。
理由を聞くと相手の保険会社に連絡は入れて折り返し連絡を待っているがなかなか連絡が来ないと言われました。
どうにかして連絡取って話を進めてくれませんかと何度かお願いしたら「担当者が体調不良でしばらく休んでいるので対応ができない」と相手保険会社に言われたと返答が来ました。
全く意味がわかりませんでした。
相手の保険担当が体調不良になろうがなるまいが私には一切関係ありません。
担当を代えて対応すべきではないのでしょうか?
話を先延ばしにして落ち着くのを待ってるとしか思えませんでした。
2:8ならその理由があるはずなので教えてほしいと自分の保険会社を通してお願いしましたが一向に相手側から理由は説明されず数字のみが浮いている状態でした。

1ヶ月もほったらかし状態にされあまりに対応がひどいので加害者本人に直接電話で保険会社との状況を確認してみたところ「まだ過失割合が決まってないのでもう少し時間がかかる」と言われているとのことでした。
保険会社に全て任せきりだったので話が進んでいると思っていたと言われました。
当然相手の保険会社から提示された過失割合(2:8)も私の主張(1:9)も知りませんでした。
てっきり加害者本人が過失割合を認めていないと思っていたので呆然としました。
「あなたの保険担当の○○さんが体調不良でしばらくお休みされてるのは知ってましたか?」と言ったら知らなかった上にその担当者の名前も知らないとのことでした。
ますます意味がわかりません。
とりあえず1ヶ月以上もほったらかしにされている旨を伝え理由だけでも説明してほしいから連絡入れてもらうように加害者の方にお願いしました。
すると今まで全く連絡が来なかった相手保険会社から翌日すぐ電話が来ました。
体調不良で休んでいたらしい担当者本人です。
体調不良の話をしたらその内容には触れず「ご連絡が遅くなってしまったことは誠に申し訳ありませんでした。」とマニュアル謝罪。
「担当の○○様とは何度かお話はしていたんですが。」とも言われました。
「加害者本人から連絡が入ったから電話してきたんですよね?」と聞くと「○○様の保険担当者様から○○様にご連絡を入れるようお話を伺ったのでご連絡しました。」だそう。
「理由を説明してほしかったのになかなか説明してもらえなかったのは何故ですか?」と聞くと「保険担当者様からはそのようなお話は伺っていなかったもので。」と返されました。
そしてまたマニュアル謝罪。

とにかく過失割合の理由を説明してもらいたかったので理由を聞くと「判例に基づいて判断しているので私どもに譲る部分はありません。今回の件はぶつかった箇所は関係ありません。予見して回避できたであろう事故だと思います。」とのこと。
それしか言わず埒が明かないので「判断しているという資料のコピーを送ってもらえますか?それが自分の目で確認できればその過失割合で問題ないと思います。」と言うとその担当者も「わかりました。弊社は判例タイムズというものを基にしていますのでコピーをお送りします。届きましたらご連絡下さい」と言われたので電話を切りました。
その後資料のコピーが届くのを待っていましたが送られて来ませんでした。
そしてその翌日から私が仕事で出られないタイミングでしつこく着信が来ていて数日後タイミングが合った時に電話に出ると別の担当者で「第三者機関に依頼することにしましたのでご連絡しました。」と説明されました。
は?????
全然意味がわかりません。
私は資料を自分の目で確認できたら2:8を認めますって言って相手の担当者もわかりましたと了解したので資料届いて確認したら話が終わると思っていました。
そしたらいきなり電話で第三者機関に依頼しただのよくわからないことを言われ混乱しています。
相手の保険会社は何故こんなに解決を先延ばしにしたいのでしょうか?
単純に私がごねているだけなんでしょうか・・・?
今までこんなこと一度もなかったのですごい不安です。
1ヶ月もほったらかしにされていたことだけでも精神的にまいっていて体調崩したりしていたのに訳のわからないことを言われおかしくなりそうです・・・。
どうすればいいんでしょうか?
ここまできたら紛争処理センターに依頼するべきですか?
保険に弁護士特約がついていないので裁判はしたくありません・・・。

ちなみに相手保険会社は東京○上です。
保険使ったら1割も2割も同じでしょ?もめること自体が無駄と思う方もいるかもしれません。
私は「任意保険に加入しているから事故を起こしても全て保険会社でやってくれるから問題ない」という考えが大嫌いです。
今回みたいな任せっきりも大嫌いです。
高いお金払ってるから当然ですか?
ぶつけられて保険使って保険料値上がりするのも当然ですか?
そういう考えの人がいる限り事故がなくなることはないと思います。
そういう人こそ車を運転する資格ないと思います。

先月交通事故に遭い1ヶ月以上たっても話がまとまらないので少しでもアドバイスを頂けたらと思い投稿させていただきます。
長文・乱文で失礼します。

参考のため以下のURLを載せます。

http://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu7-1.htm

上記サイトの図をもとに状況説明致します。
相手がコンビニから出てくるB車(右折)、私が左下のA車(直進)です。
図の通り私の前方や側面で相手とぶつかったのなら予知できる範囲として2:8(私:相手)で全く問題ないと思います。
ですが私が相手の前を通り過ぎきる前に相手の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

はるか昔に、自動車保険金の支払い業務を担当していた者です。

大変でしたね。心中お察し致します。

前回の質問は見ていませんが、今回の質問を読んだ限り、相手方が悪いというよりも、相手方の保険会社が、保険金の支払いを抑えるために画策している印象です。

NO.1さんが書いていらっしゃる通り、過失比率が折り合わないとほったらかしにされるし、あと、担当者の性格で、過失比率が大きくて、車両保険が付いている対物保険の支払いは特に、契約者の車の修理さえ終われば、半年とか1年ほったらかしでも平気なツワモノ、いました。

地域によるかも知れませんが、私が支払をしていたとき、東京○上の担当者は最悪で、ものすごく感じが悪くて、話すと必ず不愉快になる相手たちでした。

過失比率は、判例で決まっているものに重過失があれば±10-20%程度ですが、憶測ですが、東京○上は、社内での勉強会が活発で、「弁護士事案にしたと話して相手を心理的に揺さぶったり、早期解決を望んでいる人をのらりくらりとかわして、相手が折れてくるのを待つ」と指導している可能性もあるので、保険会社の思惑にはまりたくなかったら、気持ちをしっかり持って、長期戦に持ち込んで、粘り勝ちを狙うのもよいと思います。

ご質問者様の保険に、車両保険が付いているのなら、まず、車両保険で、ご自身の車両を修理して、過失比率が決まった段階で、支払額が少額なようなら、請求放棄(ノークレーム)にすることも可能なので、是非、冷静に、淡々と対応して、不愉快な保険会社(東京○上)に一矢報いて下さい。

こんにちは。

はるか昔に、自動車保険金の支払い業務を担当していた者です。

大変でしたね。心中お察し致します。

前回の質問は見ていませんが、今回の質問を読んだ限り、相手方が悪いというよりも、相手方の保険会社が、保険金の支払いを抑えるために画策している印象です。

NO.1さんが書いていらっしゃる通り、過失比率が折り合わないとほったらかしにされるし、あと、担当者の性格で、過失比率が大きくて、車両保険が付いている対物保険の支払いは特に、契約者の車の修理さえ終われば、半年とか1年ほ...続きを読む


人気Q&Aランキング