ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

40代男性です。

ゼニアのスーツ、ブリオーニのネクタイ、時計はロレックスデイトジャスト(黒文字盤)かオーデマピゲ ロイヤルウォーク(白文字盤)のどちらかで考えています。


上記のファションの場合、下記の写真の靴でサントーニとジョンロブでしたら、どちらがオシャレに見られますか?

夜、女性のいるクラブやラウンジで飲みに行くのを前提で考えています。
男性、女性問わず、ご意見、アドバイス等を頂ければ助かります。

(1) サントーニ (SA26365)


http://www.queenclassico.com/fs/qrcweb/sa26365

http://store.shopping.yahoo.co.jp/queen-classico …

http://item.rakuten.co.jp/brianza/sa-26365-bk/



(2) ジョンロブ(シティ 2)

http://www.natoriya.jp/cgis/goodslist.cgi?mode=v …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

内羽根、ストレートチップ、つま先の形状、色・・・正直どれも殆ど同じですよね。

靴自体のシルエットも似ています。
思うに、ブランドだけでファッションを判断し過ぎではないかと思います。
上から下までアイテムのブランドには触れているのに、一番大事な色柄や質感すら挙げられていない。

「オシャレか否か」というのは、結局他人から見てのパッと見が一番左右します。オーソドックスなスーツスタイルでもです。オーソドックスなアイテムであれば、ロゴでも付いていない限り多くの人はそれがどこのメーカーかなんて判断出来ません・・というか、知ろうとすらしないかもしれません。同じブランドでも新旧のアイテム色々ある訳ですから、ブランドに特に関心がある人ですらもわからないかもしれません。
でも、最低限ちゃんとした作りのアイテムと、センスのある組み合わせ(こればかりは本人の「センス」としか言えないのですが・・)、美しいシルエット、きちんとアイロンのかかった綺麗な質感のスーツ、手入れされたレザーシューズ・・・なんかであれば一目でオシャレだとわかりますよね。
そういった観点から見直してみた方がいいのではないでしょうか。


大人ファッションの「組み合わせ」については以下がバリエーションも数もあるので参考になると思います。利用シーンから人種から、オーソドックスから上級向けまで幅広いですので。
http://blog.trashness.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自分は、サントーニのほうが細くてシャープな感じがして、ジョンロブのほうが、少し幅広な感じがしました。
たしかに、見た目でブランドはわかりませんよね。
ぱっと見、皮質の品質、シルエットなどで判断すると考えたら、どちらなのかという感じです。

いろいろアドバイス、ご意見を頂きまして、ありがとうございました。
ご紹介して頂きました「組み合わせ」のホームページ、非常に参考になります。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/07 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオールデンは本当に良い物なんでしょうか?

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデンのコードバンシューズを考えてみたのですが、巷間言われてるように本当にいい靴なんでしょうか?
あまりに雑誌(Begin、メンズクラブ等々)で「いい!いい!」の大合唱で、逆に胡散臭く感じています。
実際、雑誌で大人気のクロケット&ジョーンズも↓のように「決して質の高い物ではない」と言われており、オールデンもひょっとしたら「大して良くも無いものを雑誌が勝手に持ち上げてるだけ」なのかなぁと疑問に思いました。
流石に10万円の靴であり、おいそれと買えるわけでもないんで、その辺りの実感を皆様にお聞きしたいのですが。
(「店で試し履きすればいい」というのは重々承知なんですが、やはり高額な靴なんで躊躇してしまいます。「履きジワが付いたから買い取って下さい」と言われるのも嫌ですし。それに、たかだか数分の試し履きじゃ分らない部分も多いと思いますので。)

http://blog.tsushin.tv/alceste/item/19857

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデ...続きを読む

Aベストアンサー

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、いわば”もの”の良し悪しではなく、好き嫌いの問題となるのではないでしょうか。 こればっかりは、実際に購入をされてみて5年10年履き続けてみないと、しかもたった一足だけであるメーカーについて判断をくだすのは、いささか不公平ということもあるかと思います。 今後は、特別知的水準が高いとは言えない日本の雑誌や各ショップのセールスの言い分の全てを鵜呑みにはせず、少しずつ自分で買っては試しを繰り返し、何が、どこの靴が自分に合うのか、感覚を磨いていくしかないと思います。私自身について言えば16年ほどニューヨークに住んでおり、当地で服飾関係の仕事をしています。仕事がらマサチューセッツのオールデンの本社には何度も訪れたことがありますし、クロケットについても昔からよく知っています。社長のジョナサン ジョーンズとも話したことがあります。またグレンソンの日本でのセールスの責任者はかつて日本で仕事をしていた時代の上司でもあります。トリッカーズには友人がおり、話を聞く機会があります。これら各メーカーについて、まず私たちが認識、かつリスペクトしなくてはいけないことは、これらの会社が全て、19世紀後半以降、3世紀に跨ったビジネスを続けてきている、という事実で、浮き沈みの激しい欧米のビジネスの世界においては 極めてマレなことであり、彼らが存在し続けることが出来てきたその理由と意義について 一度ならず考えるてみるべきではないでしょうか。 個人的には、どの社にも共通していることとして、勤勉、誠実、堅実などなど、マックス ウエーバー言うところの”プロテスタンティズムの精神”を体現化しているところにその秘訣の一部があるのではと思っています。
 各社ともほんの数十年前までは、ほとんど自社の名前も出さず、取引先の靴屋やメンズショップのリクエストに応じて、日本人の好きな、いわゆる”別注品”を手がけてきていたわけです。 ここで私が何を言いたいのかというと、いい意味で不器用なオールデンはともかく、クロケットについて、メイクに関しては、必ずしも自社の主義主張ではなく、マーケットに応じて、つまり取引先の意向がかなり反映されたものもある、またはあったということです。 これは、例えば価格帯をどのあたりで設定して、販売時の利益率をどの程度見込むかというビジネスの基本の部分でもあるのですが、これに柔軟に応えられるクロケットであるからこそ取引先から重宝がられてきたわけで、そのためにクロケットのメーカーとしての真の実力を見誤るということのないようにしたいものです。 実際クロケットは、パリのジョン ロブが高級既製靴を開発する際、1980年代初頭にもかなりの貢献はしました。この際の実績は、彼らのハンドグレードラインと現在呼ばれている商品にも当然活かされていますし、パリに直営店を開いて以降、新しい木型にも積極的に挑戦をし、新境地を開いてきました。 とは言え、もしクロケットを買われるのであれば、日本の各ショップが”別注”している、そのシーズン限りの”旬”なデザインのものを買うのではなく、出来ればロンドンまで出向き、直営店において、もっとも靴をよく知っているセールスマンから購入されたら如何かと思います。
 私はオールデンのコードヴァンの靴だけで 合計40、50足は持っていますが、確かに一足一足 シワの出方も異なるし、シワの部分から色素が逃げて 白っぽくなったりするものさえありますが、逆に言えば、一足とて同じものはないということなのです。試しにお店で代表色であるバーガンディのご自分のサイズを全部出させて見るといいです。染料をあまり使わないこともあって、一足づつ全て微妙に色合いが異なっているはずです。別の言い方をすれば、コードヴァンの靴は、製品ではなく、むしろ作品に近いニュアンスを持っていること、そして購入してからか手入れを行い、自分で靴を育てていかなければいけないところがコードヴァン素材の魅力であり、大変さであると思います。手入れをきちんとしないと、日本の冬の乾燥時に皮が切れてしまうことさえ起こりえます。 以上、その靴の出来が良かろうが、悪かろうが その事実を受け入れがたいというのであれば、コードヴァンを買われるのは、しばらく見合わせておかれた方が良いかもしれません。
 オールデン社について付け加えると、オーソぺディックシューという足の形に問題のある人向けに いわゆる矯正靴を開発して業界内で認められてきた会社で、ビジネスの規模そのものは昔から決して大きくはありません。また軍靴についても有名です。こうした実績が第二次大戦後にブルックス ブラザーズ社の目に止まり、取引が始まったわけです。特にシェルコードヴァンは、その独特の風合い、色合いからブルックスを代表する商品に成長し、オールデンの評判も合せて高まっていきました。 かつてのブルックスの商品部には、靴の神様のようなバイヤーがいて、オールデンの営業マンが 新作の靴の品定めをそのバイヤー氏に依頼し、彼は指一本を靴底にあてて、重量のバランスをチェックしていました。 また当時のブルックスにおいては、コードヴァンのオックスブラッドとも呼ばれる、バーガンディの深みのある色合いは、あらゆるスーツの色に合うものと教えられたものです。但し、今でこそ希少価値ゆえに高級素材とされているコードヴァンですが、ヨーロッパ、特に英国では、昔からクラップcrapと呼ばれ、ちょっとした屑物扱いでした。私はロンドンのバーリントンモール内で、 プラダに買われる以前のチャーチ社のグラフトンという名のウイングティップを買いましたが、その名もGrafton Crapでした。店長と話をしましたが、”ものによってだが、シワがひどく出るし、皮の質も個体差が激しく(馬一頭から一足分しか取れない)、しかも履いてみないことには わからない。靴の素材としては、質のいいカーフの方が適しているのではないか。もともとこの靴もロンドンで仕事をしているアメリカ人のリクエストで生まれたようなものだ。”などということを言っていました。実際、現在 農耕馬の激減にもよりますが、質の高いコードヴァンは、ほとんどが米国製であって、そのためヨーロッパのメーカーが使用すると米国製の靴よりも日本においては、販売価格が2割以上割高となるようです。個人的には、オールデンを試されたいのであれば、Jacobson(ジェイコブスンと発音するのが正解ですが、多分日本では ジャコブソンと言われているでしょう。)という矯正靴を改良したモデルで、カーフ素材のものから試されたらよいか、と思います。それから、履き心地ということであれば、米国製のもうひとつの雄、アレン エドモンズを試されてみては如何でしょうか。米国においては、両者とも価格帯はほぼ一緒なのですが、日本での価格は オールデンの方が 総じて高めのように思えます。アレン エドモンズのパークアヴェニューは普段履きのドレスシューズとして個人的にもお薦めです。ヨーロッパのような繊細さは感じれられないかもしれませんが、男には、タフさ、力強さの方が重要なのではないでしょうか。

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、...続きを読む

Qサイズの大きな革靴を買ってしまいました

私の足のサイズは、25.5です
1年ほど前、気にいった革靴があったのですが
26.0でした
一度履いてみて、合いそうな感じがしましたので
購入しました
しかし、1週間ほど履いて通勤しましたが、やはりすこし
ぶかぶかで歩きにくく、以来そのまま置いてあります
もちろん、いまさら返品も出来ません
といって、新品同様のものを捨てるのはもったいない気が
します
何か良い知恵・方法は無いものでしょうか
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

革靴は履いているうちに伸びてくるので、
最初に比べて、より大きさが気になるのかも知れませんね。

よくある手段は「中敷を入れる」ことです。
中敷一枚で…と思われるかも知れませんが、
意外と効果ありますよ。
今でしたら冬用の厚手の商品もありますので、
一度、品揃えの多そうな靴屋さんで見てみてください。

Qブリオーニのスーツを所有している方へ質問です

このたび、念願が叶ってジェームス・ボンドの愛用だったブリオーニのスーツを購入が40代後半にしてやっとできました。今まではヒューゴ・ボスのスーツやリチャード・ジェームスのスーツを着てきましたがブリオーニのスーツを所有している方は普段どのような時に着ていますか?仕事着として着ていますか、又、長年着てみて、よい点、悪い点を教えて下さい。

Aベストアンサー

ニューヨークから失礼します。Brioniは世界のスーツ縫製メーカー
の中でもトップランクとされる中の一社です。御購入おめでとう
ございます。ピアース ブロスナンの時に007に採用され、ダニエル
クレイグの前作までBondのスーツをBrioniが製作を担当しました。
 同社は、第二次大戦直後の1945年イタリアのローマで二人の男性、
(一人はテーラー、もう一人は服のフィッターでもあり、優秀な
セールスマンと)の協力によって創業されました。
 二人共エキスパート中のエキスパートでした。テーラーの名は、
ナザレノ フォンテコリ、セールスマンの名はガエターノ サビー二と
言います。二人が目指したのは、最高レベルの縫製をいかに質を維持
しながら量産、生産ラインを構築出来るかということと、いかに
男性用の服とは言え、従来のものに比べ、より軽くて柔らかい縫製と
時にはカラフルな装いを楽しんでもよいのではないか、という二点を
打ち出し、英国的ラインを維持しながらも、イタリア的な華やかさと
当時のアメリカ製品に見られた均質な量産品の良さを同時に追求しよう
としたのです。ゴッドファーザーを見られれば理解出来ると思います
が、イタリアとアメリカの洋服業界における関係はことの他深く、
手縫いの服の量産を歴史上初めて手がけたのは実は1910年代の
アメリカであったのであり、そのコンセプトのお手本となったのが、
1918年頃にフォード自動車が開発したT型フォードの生産ラインで
あって、手縫いの洋服において、工程を極細分化することにより、
単純作業を増やし、熟練工でなくても生産ラインにすぐに入れるよう
にしたわけです。
 こんなわけで、既製服とはいってもHugo Bossや、日本製のRichard
Jamesとは、少々次元の違う服なのであり、欧米の常識から言えば、
本来ならば一緒にローテーションに組み込むことなど決してあっては
ならないことなのですが、そこは何といっても日本での話であるわけ
ですから、よしとしておきましょう。
 Brioniに限らず、本来のスーツは、Formal, Official, Business,
Townの大きく4通りに分かれています。とりあえずスーツを着ていれば
何処に行こうが無問題の日本とは違うのですが、まず確認すべきは
どのような生地、色のBrioniのスーツをお求めになられたのかです。
 基本的に、Official/Businessの場においては、スーツの色は
紺とグレー以外ありえません。Townというのは、所謂”お洒落着”の
ことで、一般にはベージュ、茶系、グリーン系などの色調をも含めた
ファンシーな色と柄の生地のスーツを意味し、もし会社で着られる
のであれば、おそらく金曜日に限られます。
 Brioniの顧客で世界的に有名なのが、前国連事務総長のコフィ
アナンです。彼は一端Brioniの顧客となってからは、同社以外の
服は身に着けなかったと思いますが、全て紺とグレーでした。
勿論、紺とグレーと言っても、柄や色調のバリエーションは無限に
あるわけで、”紳士の服”というものは、素材の上質さと、そして
たとえ周りからは同じような色、柄に見えたとしても、微妙な差異
を同じレベルの仕立てと同じシルエットで表現することが、男と
して、時には組織のリーダーとして、部下に安定感と安心を与える
ために肝要なこととされているのです。
 ま、とは言っても、所詮日本なわけですから、ワードローブの
全てをBrioniで揃えられれば、それはそれで最高なことなのですが、
そうはいかない場合には、もし購入されたBrioniが紺かグレー系
であって、Serious Businessに対応が可能であるならば、大切な
ミーティング等”いざという時の一着”、もしくは本当に”貧乏臭い”
モノ言いで大キライなのですが、”勝負スーツ”とされるのも
いいのかもしれません。なぜ”勝負....”がキライなのかと言えば、
ビジネスの場においては、毎日が”勝負”だと考えているもので。
 最後にBrioniを着る際、最も肝要なことは、一端着たならば
Brioniを着ていることを忘れて普段通りに動き、ふるまうことです。
日本人のほとんどは、Brioniのスーツなどと言ってもわからない
でしょうが、本物が理解出来る人、そして欧米の知的上流階級には
必ず”この人はいい服を着ている、普通とは違う。”と通じるものが
ありますので、どうぞ御心配なく。なぜかというと日本と違って
欧米の上流階級にとっては、”装いは教養”を示す以外の何物でも
ないからです。
 最後に、永年着用して良い点というのは、着るほどに身体に
なじんでくるなど、色々あるとは思いますが、悪い点は特にない
でしょう。一番悪いのは着過ぎと、クリーニングのし過ぎで、
Brioniレベルの服であれば、本当はクリーニングなどなるべく
しない方が良いのですが、どうしてもという場合には、信頼
出来るクリーニング店におまかせしましょう。それと、上質の
洋服ブラシの購入を忘れずに。これは繊維の中に入り込んだ埃
を掻き出すのに必要です。


追記:
 ”Brioni”の名は、オーストリア・ハンガリー帝國時代に
アドリア海に浮かぶ14の島々からなるBrijuni(Brioni)島に
由来し、欧州貴族達のための世界最高のリゾートとして開発され、
ポロの競技場などもありました。ポロは最高にお金がかかり、
最高にタフで危険なスポーツで、本当の上流階級にのみ許される
スポーツなのです。日本でも極少数の現役プレーヤーがおります。
それ故ラルフ ローレンが自身の商標としたという事実もあります。
Brijuni(Brioni島)は、欧州の歴史の波にほんろうされ、現在では
クロアチア領となっています。
つまりBrioniという名前からして、欧州の教養豊かな上流階級には、
どのようなレベルの服を目指したものであるのか、ピンとくるもの
があるのです。

ニューヨークから失礼します。Brioniは世界のスーツ縫製メーカー
の中でもトップランクとされる中の一社です。御購入おめでとう
ございます。ピアース ブロスナンの時に007に採用され、ダニエル
クレイグの前作までBondのスーツをBrioniが製作を担当しました。
 同社は、第二次大戦直後の1945年イタリアのローマで二人の男性、
(一人はテーラー、もう一人は服のフィッターでもあり、優秀な
セールスマンと)の協力によって創業されました。
 二人共エキスパート中のエキスパートでした。テーラーの名は...続きを読む

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Q百貨店でロレックスを安く買いたいのですが。。。

お世話になります。

50代半ば、今まで贅沢なことは一切せず生活してきたのですが、
この歳になり自分へのご褒美として、憧れだったロレックスを
購入したいと考えております。

安く買いたいのですが、並行輸入品は安くても買う気になれず、
百貨店で安く購入したいと考えております。

たとえば、百貨店株主優待カードで10%割引があって、
且つロレックス(60万円台)を購入できる、東京都心の百貨店は
どこかありますでしょうか?

あるいは百貨店のゴールドカード?や、個人外商を使う手など、
なんでも結構です。

よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。外商は知人に紹介してもらうのが一番だと思います。
私もそうでした。

当時、大学を卒業して1~2年目でした。クレジットカードが欲しくてダイナースカードを申し込みました。今はどうか分かりませんが、勤続年数とか年齢の条件が厳しく満たしていなかったのですが意外とすんなりメンバーになれました。

そこで、今度はセゾンゴールド(駐車場が無料になるので欲しかった)を申し込んだのですが、あっさり却下されました。ハードルが高かった。そんなとき知人が外商を紹介してくれ、再度申し込んだところメンバーになれました。

それから外商を通して買い物をするようになったのですが、今でも記憶にあるのは結婚指輪を買った時です。定価で給料5ヶ月分ぐらいだったものを3~4ヶ月分程度に割引してもらったのを覚えています。

割引率の違いや割り引けないものもあるとは思いますが、外商から買うと高い、ということはありません(くどいようですけど)。知り合いがいれば紹介してもらうのが良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報