レーザ光の波長と散乱粒子の大きさに関わる粒径パラメータ
α=πD/λ
λはレーザ光の波長、Dは粒子の直径
レイリー散乱はα<0.4の範囲とされているようですが,なぜに0.4なのでしょうか?α=0.4は何散乱になるのでしょうか?

A 回答 (1件)

こういう話は,水の液体-気体の転移点が1気圧で100℃というような


割り切れる話とは違います
α=0.4 というのは,レーリー散乱の式を導くときに使った近似(α→0)が
使えなくなるところの単なる目安に過ぎません.
したがって,α=0.4 は何散乱かということ自体も意味を持ちません.

sin x を x で近似していいのはどこまでか,という範囲が厳密に定まらないのと
同じようなことです.

似たような事情は近似を用いた結果のあちこちで見られます.
例えば,
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=73429
の私の回答の最後のところをご覧下さい.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.はっきりとした答えがないということですね.
すっきり出来ないものですね...

お礼日時:2001/06/06 07:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報