痔になりやすい生活習慣とは?

VBAで、様々な大会のためのスイスドローマッチングツールを作ろうとしています。
今困っているのはスイスドローの大会で必ず発生する階段の処理です。

スイスドローは同じ勝利数の人同士が対戦するようになっていますが、例えば1回戦を終えた時点で1勝の人が奇数人しかいない場合があります。
その場合、1勝の人と0勝の人が対戦する組み合わせが1組発生します。

現在は勝利数ごとに対戦の組み合わせを作り、作った後でそれらを統合して一つのペアリングシートにして印刷、張り出しています。
しかし勝利数ごとに参加者を分けて組み合わせているため、この階段の処理をうまく行うことができません。

どうにかして階段の処理を滞りなく行いたいのですが、どのような処理を行えばよいでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ANo.1をベースに処理を考えると、(2),(3)の部分で


出場者ごとに「勝利数をベースに乱数を加えたスコア」を計算し、そのスコアでソートします。

例1) スコア = 勝利数 + Rnd(乱数:1未満)
例2) スコア = 勝利数*10000 + レート(4桁) + Rnd(乱数0~1未満)
例3) スコア = 勝利数*10000 + レート(4桁) + 登録順/100(1未満)

1勝のスコアが2勝を上回らなければ、どんな計算でも構いません。不規則に結果が変わるのが嫌なら、レーティングなどの情報を用います(例2,3:レートが同じ場合は乱数や登録順で調整)。

・・・という感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/28 10:52

VBA はわからないんですが、Excel でやるとしてこんな感じでできませんか?



(1)出場者リスト(勝利数記録欄つき)をシートとして用意しておく
(2)マッチング開始時に上記シートを複製してマッチングリストシートにする
(3)マッチングリストシートを勝利数で降順ソートする
(4)マッチングリストシートで同一勝利数の選手をランダムに入れ替える
(5)マッチングリストシートを上から2名ずつ読み、その2人をマッチングさせる
(6)対戦が終わったら出場者リストの勝利者の勝利数記録欄を+1する
(7)そのラウンドのすべての対戦が終わったら(2)へ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/28 10:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング