私は、耳が不自由です。
 困っているろう者に相談のってあげ、
 色々助けてあげたいと思い、将来、ろう者相談員に
 なる夢を描いています。
 ろう者相談員になるために、何か資格とか必要なものは
ありますか?
 教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私はろうあ者です。

ろう者相談員になるのは、地域によってまちまちとおもいます。そちらの地域の場合はろう協会会長から自動的にろう者相談員をなっております。学歴とか資格等関わらず、地域にすんでいる聾者から信頼があるろう者を選び事が出来ます。まず、貴方が住んでいる地域があるろう協会に会員になった後、ろう者同士に交流して、役員経験を経て、会長になる方法しかないと思っている。
    • good
    • 0

 現在、ろうあ者相談員の資格はありません。

ろうあ者相談員になるには、それぞれ、募集している国とか地方公共団体の試験を受けて採用されます。相談員になるためには、社会一般の常識とか規則を理解し、一般健常者と障害者のかけはしになることが要請されますので、ある程度の学歴も必要です。なお、まだ、正職員として募集していない自治体もありますし、不定期募集が多いのも事実です。ろうあ者の権利拡大を目指している全日本ろうあ連盟およびその傘下の団体に聞いたり、個別にお近くの自治体で募集方法を聞いてみることです。ご健闘をお祈りします。
(全日本ろうあ連盟)
http://www.jfd.or.jp/index.html
http://www.t3.rim.or.jp/~love/jfd/index_t.html
 
    • good
    • 0

大変立派なお志であると思います。


お役に立ちたい人が、どのような人、例えば、児童なのか、大学院の学生なのか、
で、必要とされる資格が違ってくるのは明白ですよね。
重要なのは、自分が好きなことと、自分に向いていることに違いがあることをシッカリ認識されること、ではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険の資格取得について

資格取得届の提出が所定の期限を相当期間経過して行われた場合、資格取得日が被保険者資格取得の確認が行われた日の2年前の日より前であるとき(遡及適用の特例に該当しない場合)は、被保険者期間を計算する場合、資格取得の確認が行われた日の2年前の日が、その者の被保険者の資格取得日として取り扱われる。

↑上記の解釈として・・・

2年であれば、遡れり資格取得ができる。しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?

他に、問題ありますでしょうか?

Aベストアンサー

社労士の勉強ですか?

> 2年であれば、遡れり資格取得ができる。
本来の資格取得日までさかのぼって記録が修正可能ですね。

> しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?
解釈が間違っています。
本来の資格取得日までさかのぼってはくれませんが、2年前の日を資格取得日として取り扱います。
よって、実際には5年前に雇用保険の被保険者となる要件を備えていた者が、離職に際して本条文に基づき2年前が資格取得日と認定され場合、失業等給付の日数を決めるための期間は2年となりますね。


なお、「雇用保険法の一部改正」により、現在は2年を越えて資格取得日を認定することもできます[条件に合致していることが必要]。
 http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51784979.html
 http://www.hoshina-sr.jp/article/13822902.html

Q生活相談員と支援相談員の違いとは?

少し長文で失礼します。
以前、特養で生活相談員として勤務していた時は、とにかく人手が足りなかったようで、現場のシフトに組み入れられ、相談業務なのか介護業務なのか分からない状態になり、介護職員さんが休憩に入っている間に相談業務や書類手続きなどの事務作業をしていました。
現在、就職活動中でハローワークから勧められたのが老健の支援相談員なのですが、そちらもやはり同じようなものなのでしょうか?
利用者さんの処遇一般を扱う以上、ある程度現場に関わるのは当たり前だと思いますし、細々とした雑用は業務のうちだと思っています。
支援相談員という職種は、どのくらいの割合で現場に入り、関わるものでしょうか?

Aベストアンサー

【特養-生活相談員】=【老健-支援相談員】です。
介護保険法の人員基準で定められています。呼び名が違うだけです。
何故違うのかというと、長くなるので止めます。

業務内容は施設によって異なるとは思いますが、大差は無いのではないでしょうか。

古いですが、双方の人員基準の記述があります。
★特養
  http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000039.html
★老健
  http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000040.html

ケアマネの試験に出ますよ~~~(^ ^A

Q資格取得について

現在、国の省庁の地方出先機関に勤めているものですが、資格取得を考えています。既取得は簿記3級と宅建です。
資格取得後すぐに転職等とは考えてはいませんが、収入や勉強内容からみてお奨めの資格はありますか?
また、資格取得にかかる高収入度ランキングはどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

資格は取ればいいと言うものではなく、実務ではそれをいかに活用できるかということが大切です。

今までの自分の職務経験、スキルを活用できるものを取得すればいいのではないでしょうか??

高収入度でいけば、医師免許がいいと思います。大学に6年通う必要はありますが、卒業時(資格取得時)では職務経験からくるスキルは全員ほぼ横一線ですので、お勧めです。仮にスキルが劣っていても、高度な医療は全く行わず、風邪だけを診る専門医となれば、食べるにこまることはありません。

また、司法試験もお勧めです。職務スキルは資格取得時に大きな差はありますが、高度な案件は取り扱わない、少額自己破産専門の事務所を開設すれば、食べるに困らないと思います。

Q耳の不自由な方とできる ちょっとしたゲーム

私は現在 手話サークルに入っているのですが、今月の半ばに食事会をすることになりました。
私は司会と幹事を任されているのですが、その中でちょっとしたゲームをすることになっています。

しかし、そのゲームが思いつかなくて困っています。
ビンゴゲームが有利だったのですが、予算がないので肝心の商品を用意できないことが判り
ダメになりました。

人数は全部で30人くらいで、聾唖者の方は10人程度です(他の方は健聴者です)
全員が参加できるいいゲームはないでしょうか?
ちなみに手話のレベルはあまり高くありません。
健聴者は全員 手話を始めて一年の初心者です。
指文字や日常の簡単な会話は可能です。

どなたかいいゲームをご存知の方は 教えてもらえれば幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

知人が現在手話サークルに通っているのですが、
なかなか手話が上達しないので困っていてサークルでやっていることの一つに、
「指文字しりとり」というものがあるのだそうです。

指文字って自分で表現することはできても、なかなか反対側から読むのは難しいですよね。
指文字を読む訓練にもなるのでなるほど、と思いました。

あとは、だいぶ前、自分が4日だけ手話教室に通ったときの経験談ですが、手話は一切使わず、逆にジェスチャーでなんかのかを当てる伝言ゲームなんかもありました。
なかなか当たらないですが、これも楽しく出来ました。

紙と鉛筆があればこのあたりなら予算があまりなくても可能なのではないでしょうか?

あまり参考にならなかったら申し訳ありません。

Q児童指導員の資格取得について

児童指導員の資格について最近知りました。
私は、教員免許(中・高)は、取得しています。児童指導員の資格はどのようにしたら取得できるのか教えて下さい
 また、児童指導員の資格を取得された方で、取得してどのような職業に就職されたか教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

児童指導員は任用資格です。
養成校と認定されている学校を卒業されていなければ、あとは就職する際の雇用先が判断することになります。

就職する際、雇用先へ例えば大学時代の成績証明書を提出し、大学時代にこういう勉強をしてきたから児童指導員として任用するにふさわしい、と雇用先が判断すれば資格を有しますし、判断してもらえないければ、資格はないということになります
都道府県によっては、心理学士・教育学士であれば成績証明書の提出まで求めないところもありますし、教員免許を取得していても、具体的な成績証明書や当時の授業の講義要綱の提出を求めることもあります。

参考のホームページにも、教員免許取得者は都道府県知事が適当と認定したものは資格を有する、となっていますので、一度お住まいの県庁に問い合わせてみたらいいと思います。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/aosyakyo/si/si02/sikaku/gi-n.html

Qテレビ番組の字幕は耳の不自由な人にとってどのような意味を持つのか

テレビ番組の字幕は耳の不自由な人にとってどのような意味を持つのかについていろんなご意見きかせてください

Aベストアンサー

こんにちは。難聴者です(中途障害)。

ご質問の件ですが、字幕は、難聴者・中途失聴者にとってはかなり助かります。
耳が不自由になる前に、既に文字・言語を習得していますから、字幕をはじめとする文字媒体(たとえば、筆談やFAXやEメール)があれば、内容をかなり補うことができるわけです。
事実、難聴者・中途失聴者は、手話よりも文字媒体に頼る傾向が強いですよ(ですから、手話をマスターしきれない人も少なくありません。)。
また、話されている内容と文字とが頭の中で一致する、ということが実は大事(「聴く」だけではなく「聴き取る」ということですね。)なのですが、難聴者・中途失聴者の場合には、一般に、それほど大きな支障はありません(細かい部分では目立ちますが、カバーしきれる範囲内です。)。

これに対して、ろう者、特に生まれつき耳がきこえない人にとっては、文字媒体は身近なものとは言い切れません。
ろう者の人からもらった手紙やEメールを読むと、接続詞に重大な誤りがあったり(言っている内容が全く逆になってしまったりします。)、文脈が全くつながらなかったりすることがかなりの頻度で見られます。
これは、「ろう者にとっては、話されている内容と文字とが一致するとは限らない」ということを意味しています。つまり、字幕が効果を挙げるとは限らない、というわけですね。

このように、一口に「耳が不自由な人」と言っても、実は、180度異なる障害像がそれぞれ存在します。
したがって、その聴覚障害の内容や障害を持った時期(言語習得前か、それとも言語習得確立後か)によって、字幕が持つ意味も大きく異なってくると言えるでしょう。

私の場合、アニメ番組に付く字幕(文字放送チューナーを通して、見ることができますね。)には感激しました。
吹き替えで見る映画も同様です。
ニュース番組などは口唇の動きを見ていれば、読話によってある程度内容がわかりますが、アニメ番組や吹き替え映画ではそうはいきませんよね?
字幕がなければ、内容がわからなくなってしまうのです。
そのせいか、映画は大好きですが、地上波用の文字放送チューナーを導入する前は、BSばかり見ていました。BSでは字幕スーパーの映画も多いですものね。

収録・編集された番組に字幕がつく場合には、放送される場面と字幕とのタイムラグがほとんどありませんので、字幕は効果が大きいと思います。
ところが、ニュース番組など生放送の番組ですと、その都度その都度変換して字幕化するわけですが、どうしてもタイムラグが大きくなってしまいます。字幕と放送場面が全く合致していないことも多々見られます。
そのような場合には、よっぽど手話通訳のほうが適しています。即時性があるわけです。
これが字幕の持つ最大の欠点かもしれませんね。要約筆記(耳の不自由な人のために、話されている内容をPCやOHPを使って要約して示すこと。)でもほとんど同様の問題になっています。

こんなところでよろしいでしょうか?
また別の角度からも、もっといろいろと調べてみるとおもしろいと思いますよ。

こんにちは。難聴者です(中途障害)。

ご質問の件ですが、字幕は、難聴者・中途失聴者にとってはかなり助かります。
耳が不自由になる前に、既に文字・言語を習得していますから、字幕をはじめとする文字媒体(たとえば、筆談やFAXやEメール)があれば、内容をかなり補うことができるわけです。
事実、難聴者・中途失聴者は、手話よりも文字媒体に頼る傾向が強いですよ(ですから、手話をマスターしきれない人も少なくありません。)。
また、話されている内容と文字とが頭の中で一致する、ということ...続きを読む

Q放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

当方、看護師資格を目指していません。
試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
選科履修生として出願しようと思います。

入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

Aベストアンサー

放送大学では、

<生活と福祉コース専門科目>

在宅看護論、看護学概説、基礎看護学、疾病の成立と回復促進、疾病の回復を促進する薬、
人体の構造と機能、感染症と生体防御、がんの健康科学、リハビリテーション論、公衆衛生

<夏季集中科目>

成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、

・・・といった科目を用意していますね。



>試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
>入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
>そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

こういった詳しいことは、

放送大学お問い合わせ窓口 043-276-5111
受付時間・・・月~金 9:00~18:00

へ電話をかけてきいてみるというのが確実だと思います。

参考URL:http://www.u-air.ac.jp/hp/nyugaku/new/suguwakaru.html

Qろう者で小説家はいるのでしょうか?

わたしは本が好きでいろいろ読んできましたが、ひとつ気になることがありましてここに質問させていただきます。
わたしはろう者です。だから他のろう者の書いた本を読んでみたいと思うのですが、調べてみてもいずれもが海外ばかり。
日本で、ろう者の小説家はいないのでしょうか。
日本手話が日本語と文法的に違うということもわかるのですが、ひとりぐらいはいてもいいはずだと思うのですが。
ちなみにろう者のエッセイはもうお腹一杯です。内容や言いたいことなどは確かに勉強になります。しかし…極端に言えば芥川賞、直木賞などの賞はもらえないな、というものでもあります。万人の目にも耐えうるだけの文章を備えたろう者自身が書いた本を読みたいのです。
だれかご存じないでしょうか?また、上記のわたしの考えがおかしいとお思いの方も是非とも意見を言っていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

昨年12月の読売新聞の記事です。

http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/human/human_031207.htm

muzinaさんが既にご存知なら申し訳ありませんが、ひとまず見つけました。
ただ、記事内容からは、芥川賞云々という段階ではないようですね(muzinaさん更にお腹一杯になるかしらら^^)。

最後に、muzinaさんのお考えについてですが、なぜご質問が「文学」のカテゴリじゃなく「福祉」なのかなぁ~と単純に思いました。
これ以上邪推はしませんが、「ハンディキャップを持っているから(文学的才能のような)特別な能力がある」というお考えではないと信じています。

Q簿記会計の資格を極めるかそれとも別資格を取得するか

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。

できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)

それでも資格の勉強をして知識を増やしていきたいと思っています!!

取り留めのない文章になってしまいましたが、お暇なときで構いません。
回答をよろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格とい...続きを読む

Aベストアンサー

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
> 直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
> FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。
偶々、例示された資格は両方所持していますが、現在の仕事で使用しないのであれば「趣味の世界」。特に社会保険労務士は勉強に要する時間と金額を考えると、安易に選択しない方がいいです。

> できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
> と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
> 就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)
現時点で経理のお仕事をなされているとの事ですから、簿記のほうを選んだ方が有利と考えます。
 ⇒取得した上級資格に対応する実務経験が無いとしても、現在行っている業務に対する
  理解が深まりますし、予め作業準備に取り掛かれたりします。
一方、社労士やFPは『独立開業のための資格』と言う正確が色濃く、特定の業種でなければ資格者を優先的に採用いたしません。又、過半数の方が最初に目指していると思われる「3級FP技能士」は、チョット気にしている人間であれば持ち合わせている日常生活での知識程度と考えておりますので、FPを取得するのであれば国際資格であるCFPにつながる、日本FP協会認定のAFPの勉強から始めた方がよいです。因みに、AFPの認定講座を修了してFP試験に合格すると、2級fp技能士とAFPの両方の資格が自動的に取得できます。

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは...続きを読む

Q地域生活支援センターで指導員として勤務。ケアマネ受験資格はある?

現在、精神障害者の地域生活支援センターで
指導員
として勤務中.相談業務もしています.
現在は使っていませんが、
ホームヘルパー2級課程
を修了しています.
今年の11月で満5年の実務経験になりますが、ケアマネの受験は受けることができるでしょうか??

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、「施設等において必置とされている相談援助業務に従事した経験が5年以上あること」が、介護支援専門員(いわゆる「ケアマネ」)の受験資格要件の1つになっています。
ここでいう「相談援助業務」とは、精神障害者保健福祉の分野では以下のとおりです。

1)精神保健福祉相談員
 ・精神保健福祉センター/精神保健福祉法第6条
 ・保健所/地域保健法第5条
2)精神障害者社会復帰施設での相談援助業務(4を除く)
 ・精神保健福祉法第50条の2
3)精神障害者グループホームでの相談援助業務
 ・精神障害者地域生活援助事業
  (平成4年7月27日 健医発 第902号通知)
4)精神障害者地域生活支援事業を行なう精神障害者社会復帰施設での相談援助業務
 ・精神障害者地域生活支援事業
  (平成8年5月10日 健医発 第573号通知)

一方、精神障害者社会復帰施設の範囲は、次のとおりです。
いわゆる「小規模通所授産施設」「小規模作業所」および「福祉工場」は含まないものとされています。

a.地域生活支援センター
地域で生活する精神障害者の日常生活の支援、日常的な相談への対応や地域交流活動などを行なうことにより、精神障害者の社会復帰及び自立と社会参加の促進を図る
b.通所授産施設
相当程度の作業能力を有する精神障害者に利用させ、必要な訓練及び指導を行ない、その社会復帰の促進を図る
(定員20名以上)
c.入所授産施設
相当程度の作業能力を有する精神障害者に利用させ、必要な訓練及び指導を行ない、その社会復帰の促進を図る
d.生活訓練施設
回復途上にある精神障害者に居室その他の設備を一定期間利用させることにより、生活の場を与えるとともに、生活指導等を行ない、社会復帰の促進を図る
f.福祉ホーム
一定程度の自活能力のある精神障害者であって、家庭環境・住宅事情等の理由により住宅の確保が困難な者に対し、一定期間利用させることにより生活の場を与えるとともに必要な指導等を行ない、もって社会復帰と自立の促進を図る

参考URL:http://www.fukushi-work.jp/job/qual/qual18-1.html

ご質問の件ですが、「施設等において必置とされている相談援助業務に従事した経験が5年以上あること」が、介護支援専門員(いわゆる「ケアマネ」)の受験資格要件の1つになっています。
ここでいう「相談援助業務」とは、精神障害者保健福祉の分野では以下のとおりです。

1)精神保健福祉相談員
 ・精神保健福祉センター/精神保健福祉法第6条
 ・保健所/地域保健法第5条
2)精神障害者社会復帰施設での相談援助業務(4を除く)
 ・精神保健福祉法第50条の2
3)精神障害者グループホーム...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報