自分のお店を開く時の心構えとは? >>

del squaredを日本語にすると、どういう意味ですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 お礼、ありがとうございます。

#1です。

>delはナブラのこと、という理解でよろしいでしょうか?

 いいと思います。IMEによっては「でる」を変換すると、「∂」が出て来ます。∂がdelなんでしょうね。

 ですので、delはもともとは∂の意図だと思いますが、x, y, z等それぞれについての偏微分の和が∇(これも「なぶら」で変換すると出る)ですので、delが∇、del squaredが∇^2だと解釈して差し支えないでしょう。
    • good
    • 0

1.ラプラシアン(ラプラス作用素、ラプラス(の)演算子)


2.エイトケンの∇^2加速法の∇^2

のどちらかでしょう(2はあまり目にしないと思う)。どちらでも通用する読み方は「ナブラ(の)2乗」です。

 1については、2乗を外すと、∇(ナブラ)で、例えば変数がx, y, zであれば(「≡」は定義の意味で使っています)、

∇≡∂/∂x+∂/∂y+∂/∂z

といった1階偏微分の略記です(右辺の各項には単位ベクトルを掛けることが多い)。

 それに対応させると∇^2は、

∇≡∂^2/∂x^2+∂^2/∂y^2+∂^2/∂z^2

という2階偏微分の略記となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かりました!delはナブラのこと、という理解でよろしいでしょうか?

お礼日時:2014/04/07 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング