はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

エレベーターの固定資産税について質問致します。
昨年12月エレベーターが動かなくなりました。設置して28年部品はもう無く、修理は不可能と言われました。新たに入れる資金もなく、使わない事に決めました。
その場合、今年の固定資産税は下がるのでしょうか?
下がるのでしたら、いくらぐらい下がるでしょうか?
28年前の建物の建築費が1,400万円、エレベーターが600万円でした。
現在の市の評価額は、約500万円、再建費点数約1,300万円です。
ご回答よろしくお願い申し上げます。

A 回答 (1件)

 建物としての固定資産税は下がりません。


 あくまで自治体が評価した金額により課税標準額を算定し税額がはじき出されます。

 償却資産税の対象として申告しているのであれば下がる可能性もあります。
 ただし、昇降機の耐用年数は17年で既に耐用年数経過しているものですから、
 下がったとしても微々たるものです。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
今日、市が来てエレベーターを見に来ました。エレベーターの床面積分だけ固定資産税が安くなるそうです。壊れて使えなくても、建物としてあるのだからと言う説明でした。エレベーターは償却資産として課税されるのであれば納得できるのですが。

補足日時:2014/04/16 15:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

この建物は、エレベーター付きの車庫で登記しています。
課税標準額を決める時、再建築費評点×経年減点補正率×上昇補正率×1.1で評価価額が出る聞いています。
計算だと昭和61年を1とした市の累計上昇率は1.01だと思います。課税標準額は実際の価格の6から7割と聞いています。 
エレベーターの場合、償却資産の対象にならず再建築費評点額に含まれるので、現在の再建築費が約1,400万円。建築費とエレベーター合わせた約7割計算だと妥当だと思うのですが?

お礼日時:2014/04/10 15:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q設置したホームエレベーターのメンテナンス契約について

設置したホームエレベーターのメンテナンス契約について
新築にて、近い将来の介護の必要性(可能性)から、ホームエレベーターを設置しました。三菱日立製の2~3人用です。メーカーの系列会社でしょうか、連絡があり、メンテナンス契約の必要性を色々説明されました。1年間はメーカー保障があるのでは?と思ったりもしますが、法律で云々ともいう話です。エレベーターなんてそんな故障しないのでは?とか思ったり、保守契約していないと修理代が高くつくと聞いたり・・・。最初からわかっていたことだろうと言われると何も言えないところなのですが、できる限り出費を抑えたいと考えますが、何かよい方法はないでしょうか?やはり、何かあった時のためにメンテナンス契約をしておくのが安全だとは思うのですが・・・。 メーカーとは直接関係のない独立系の会社との保守契約というのもあると聞きましたが、金額的にあまり大きな差がないようなら、メーカー系の方がやはり安心か・・・とも思います。たとえば医療保険などは、結構の掛け金を毎月払いますが、安心を買っていると言えば、そういうことだろうとも思いますが、出費としてはいざという時に必要な額を支払うほうが、得策では?と考えたりします(といって、安めのをかけていますが・・・^^;) エレベーターも故障したときは故障したときで、そのときに修理代を払えば・・・と思ったりしますが、そこはエレベーター会社もメンテナンス契約で儲けるような構造もあるのだろう・・・と考えると、単発の修理はかなり金額がかかるような設定にしているのか・・・等等考えます。
 どういった方法をとるのがベストか、ご助言頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。 

設置したホームエレベーターのメンテナンス契約について
新築にて、近い将来の介護の必要性(可能性)から、ホームエレベーターを設置しました。三菱日立製の2~3人用です。メーカーの系列会社でしょうか、連絡があり、メンテナンス契約の必要性を色々説明されました。1年間はメーカー保障があるのでは?と思ったりもしますが、法律で云々ともいう話です。エレベーターなんてそんな故障しないのでは?とか思ったり、保守契約していないと修理代が高くつくと聞いたり・・・。最初からわかっていたことだろうと言わ...続きを読む

Aベストアンサー

ホームエレベーターの設置費は兎も角、定期点検の費用に悩まれるのは当然です。

私の家も平成9年に2階建てですが、2階にDKも風呂もあり、1階に寝る事になる年老いた母の為にホームエレベーターを設置しました。

完成後は文章や訪問などで同じようなご案内が嫌になるほど来ました。

当時は年間10万円くらいで、とても高く思い、新しい間は故障も無いだろうし、一度でも点検や修理が必要になった時点で契約しようと思い断わりました。

そのまま13年になりますが、一度も何も有りません。

主に使っていた母が3年後に亡くなり、その後は大きな荷物や大量のゴミだしなど程度で使用する頻度は減りましたが、意外と丈夫な物かもしれません。

その後メンテナンス料が5万円代になった連絡も頂きましたがそのままです。

法的に点検や報告を義務つけられている地区の方が僅かで、東京都内あたりだけかも知れません(これは確認していませんが)それを盾に法的に必要だからと営業されている可能性もあります。

確かに安心と安全のためにはメンテナンス契約をする方が良いし、人にはお勧めしますが、住宅用の割りには割高のような気がします。

安いからと言って、業務用でなければ製作メーカー以外との契約も疑問に気がします。

単発の修理代などの覚悟があれば、数年間様子を見られても良いかもしれません。

法的義務のない地域である事を確認できれば・・ですが、これは所轄の市役所や県庁で確認できると思います。

ホームエレベーターの設置費は兎も角、定期点検の費用に悩まれるのは当然です。

私の家も平成9年に2階建てですが、2階にDKも風呂もあり、1階に寝る事になる年老いた母の為にホームエレベーターを設置しました。

完成後は文章や訪問などで同じようなご案内が嫌になるほど来ました。

当時は年間10万円くらいで、とても高く思い、新しい間は故障も無いだろうし、一度でも点検や修理が必要になった時点で契約しようと思い断わりました。

そのまま13年になりますが、一度も何も有りません。

主に使っていた...続きを読む

Qエレベーター補修工事の資産計上に「ついて

エレベーター補修工事の資産計上について
新設したエレベーターは法定耐用年数17年で建物付属設備で処理すると思いますが今回修繕を行い約150万円かかりました。この場合も建物付属設備で17年償却するべきなのでしょうか?そのほかの処理の仕方があれば教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エレベーターの維持管理や原状回復のために要したと認められる補修工事代金は、修繕費として損金算入が認められます。 しかし、その補修工事が、エレベーターの使用可能期間を延長させたり、エレベーターの価値を増加させる効果がある場合は修繕費とはならず、資本的支出となります。

以下、エレベーターの補修工事代金(150万円)が資本的支出に該当するものとして回答します。

(1)エレベーターに対して平成19年4月1日以後に資本的支出(150万円)を行った場合は、その資本的支出の金額を固有の取得価額として、エレベーター本体と同じ耐用年数を有する減価償却資産を新たに取得したものとして償却を開始するのが原則です。

ただし、次のような特例があります。

(2)特例

平成19年3月31日以前に新設したエレベーターに対して平成19年4月1日以後に資本的支出(150万円)を行った場合は、従来どおり、その資本的支出の金額をエレベーター本体の取得価額に加算して償却を行う方法も認められます。この方法による場合には、エレベーター本体の耐用年数及び償却方法に基づいて、加算を行った資本的支出部分を含めた減価償却資産全体の償却を行うことになります。(以下略)


つまり、今回修繕でかかった約150万円を建物付属設備で17年償却しても良いし、150万円をエレベーター本体の帳簿価額に加算して償却を行っても、どちらの方法でも構わないということです。

エレベーターの維持管理や原状回復のために要したと認められる補修工事代金は、修繕費として損金算入が認められます。 しかし、その補修工事が、エレベーターの使用可能期間を延長させたり、エレベーターの価値を増加させる効果がある場合は修繕費とはならず、資本的支出となります。

以下、エレベーターの補修工事代金(150万円)が資本的支出に該当するものとして回答します。

(1)エレベーターに対して平成19年4月1日以後に資本的支出(150万円)を行った場合は、その資本的支出の金額を固有の取得価額と...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q介護用ホームエレベーターと階段昇降機

家の建て替えを計画しています。
体に障害のある子供がいるので、バリアフリーな家にしようと考えています。

2階建ですが、1階は車いすで移動でき、1階のみで生活できるようにするつもりですが、
子供が大きくなって2階へも自分で上がりたくなった時のために、設計の段階から準備をしておきたいと思います。

当初階段昇降機を考えていたのですが、実際に車いすで生活されている大人の方に
使い心地を聞いてみたところ、椅子への乗り換えや高さがあって怖いなど指摘されました。
ホームエレベーターの場合、メンテナンス費など維持費がかかり心配です。
どちらにも対応できるようにすることも考えていますが、階段昇降機を設置の場合は
直線階段が取り付けやすいのですが、幅を広めにとっておく必要がありスペースをとることと、
直線階段は普段の上り下りも危険度が高いと聞きました。
(階段昇降機不要の場合、曲り階段にしたいと思っています)
また、ホームエレベーターの場合、1・2F通して収納スペースを作っておき、
必要になったときにエレベーターを設置すれば可能だとは思うのですが、
スペース確保が間取り的に取りにくく、また事前にどの程度壁の補強などをしておくべきなのか悩みます。

どちらも不安な点があり、どちらにするべきか迷っています。
実際に使用されている方、専門家の方のご意見をお聞きしたいので、
よろしくお願いします。

家の建て替えを計画しています。
体に障害のある子供がいるので、バリアフリーな家にしようと考えています。

2階建ですが、1階は車いすで移動でき、1階のみで生活できるようにするつもりですが、
子供が大きくなって2階へも自分で上がりたくなった時のために、設計の段階から準備をしておきたいと思います。

当初階段昇降機を考えていたのですが、実際に車いすで生活されている大人の方に
使い心地を聞いてみたところ、椅子への乗り換えや高さがあって怖いなど指摘されました。
ホームエレベーター...続きを読む

Aベストアンサー

3階まで対応する段差解消機があるとは知りませんでしたが、やはりコストはコストと思います。100万以上のさなんてとても無いと思います。定価ベースでもそんなに差があると思えませんし、家自体をハウスメーカーなら難しいですが、工務店などでしたら、うちのように工事から外せば、1流メーカーですが直接契約すれば30%以上の値引をしてくれましたから案外安上がりです。
しかも業務用のエレベーターも扱っている所でしたから、24時間の管理体制が整っています。
前述のように維持管理契約は、故障があってから入りますから先にして下さいと言えば了解してくれて、「エレベーターの中に電話わ付けさせてください、一番多いのは閉じ込め事故です、メンテ契約が無くてもこの電話に電話をすれば何時でも駆けつけます」との事で無料で電話機まで付けてくれて10年以上故障も無く1円も払わずに済んでいます。

一度故障で呼べば数万円の出張費用や修理代や部品代を請求されるのは覚悟の上ですが、心配するほど故障はありません。
段差解消機は安いかもしれませんが何年かして、何度も故障で修理に来てもらえばそれ以上に費用がかかるかもしれませんし、休日に途中で止まってしまったりしたらそれこそ大変です。
あえて、多少の費用をかけようと、緊急時の事も安心できるようにする方が良いと思います。
今後、維持管理費も年を追うごとに台数が増えれば安くなりそうですし、万が一支払えなくなればメンテを断って自己責任で乗るか、エレベーターの使用をやめようとうちでは思っています。
どうにでも出来ますが、最初の費用だけはケチらない事をやはりお勧めします。

3階まで対応する段差解消機があるとは知りませんでしたが、やはりコストはコストと思います。100万以上のさなんてとても無いと思います。定価ベースでもそんなに差があると思えませんし、家自体をハウスメーカーなら難しいですが、工務店などでしたら、うちのように工事から外せば、1流メーカーですが直接契約すれば30%以上の値引をしてくれましたから案外安上がりです。
しかも業務用のエレベーターも扱っている所でしたから、24時間の管理体制が整っています。
前述のように維持管理契約は、故障があってから...続きを読む

Qパナのホームエレベーターの高額な修理費用につ

パナソニックの油圧式のホームエレベーターですが17年たっています
メンテナンス契約をして毎年7万円ぐらい払っていますが
このところ毎回別途費用を請求されています。
今回特に基盤が経年劣化でどこも問題が起きていないのに
交換を強要され30数万円を請求されています
これが普通なのでしょうか?
これから更にシリンダー、なども言われていますのでもっと
高額な請求をされると思うと憂鬱です

購入するときは何も説明を聞いていなかったので正直ほかのメーカーに
すればよかったかなと後悔しています

Aベストアンサー

 うちもホームエレベーターを導入したことがありますが、断念した理由がこの保守点検費用でしたね。あまりにも高すぎます。

 その時に色々調べたのですが、契約には保守点検のみのものと、保守点検と部品代込みの物がありました。部品代込みのほうが年額での費用は高くなりますが、20年スパンという長い目で見れば安くつく計算でしたね。あと、メーカーと直の保守契約ではなく、エレベーター保守管理の専門業者の契約だとかなり安くなったと記憶しています。それでも高額だったので…。とりあえずネットで検索してみればいろんな保守点検業者が見つかりますので、問い合わせてみてはどうでしょうか。それで契約の乗り換えができるようならそれなりに費用は低減させることが可能かもしれませんよ。

 うちではけっきょくエレベーターは諦め、将来必要になった時に階段設置型のエレベーターにでもすればいいという判断にしました。駅とかの階段にある、椅子だけが動いて人を運ぶアレですね。

 あと、ネット検索すると保守点検をサボってしまっている方もけっこういるようです。点検は数年に一度だけ依頼をして、あとはほったらかしというお家も多いようで。最近は携帯電話もあることですし、閉じ込みを食らってもいくらでも助けを呼べますしね。使用頻度が低いお宅とかならそういうのもアリなのかなとは思います。でも今では年一回の報告義務がありますので法律違反ですけどね。

 とりあえず業者に聞いてみては?基盤交換とか言っていますが、それを交換しないと法律違反になるのか?交換しなかった場合、致命的な事故が発生する危険があるのか?他に安い契約はないのか?などです。法律違反でないのなら壊れるまで使いますって言えばいいですしね。

 あとエレベーターに限ったことではなく、工事が必要な物はいろんな保守業者に複数の見積もりをとるのが重要ですよ。電気工事、水道工事、リフォームなど。最近ではネットで悪徳業者の情報なども収集できますので、それを参考にするのもいいでしょう。

 うちもホームエレベーターを導入したことがありますが、断念した理由がこの保守点検費用でしたね。あまりにも高すぎます。

 その時に色々調べたのですが、契約には保守点検のみのものと、保守点検と部品代込みの物がありました。部品代込みのほうが年額での費用は高くなりますが、20年スパンという長い目で見れば安くつく計算でしたね。あと、メーカーと直の保守契約ではなく、エレベーター保守管理の専門業者の契約だとかなり安くなったと記憶しています。それでも高額だったので…。とりあえずネットで検索し...続きを読む

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q固定資産税の計算方法

こんばんは。マイホーム取得を検討中の者です。
最初は50坪くらいの土地で注文住宅を考えていたのですが、
先日、不動産屋さんから100坪の建築条件付土地を紹介して頂きました。

土地の広さは当初の倍になりますが、少し田舎になることと、
建築条件付ということもあり、一応予算内にギリギリ収まります。
100坪あれば広い庭も取れるし、言うことないのですが、
固定資産税はかなり高くなるのでしょうか?

単純計算で50坪の2倍の税金を払うことになるのですか?
そもそも固定資産税は年間どれくらい(何万?何十万?)でしょうか?
予算内で希望以上に広い土地を買えたとしても、今後の税金で四苦八苦するのは困るので・・・。

ちなみに購入価格は土地2000万+建物2000万くらいです。
その地域の路線化を調べたら、1平方メートル当たり92,000円でした。

ほかに足りない情報があれば追記いたしますのでお知らせ下さい。

Aベストアンサー

某市の現役固定資産評価補助員です。

固定資産税は土地及び家屋(償却資産もですが、住居には関係なし)に対して課税されるのはご承知のとおりです。

土地の場合、住宅用地の特例がききますので、課税標準額を算定するにあたり、
評価額から、200平米までにつき1/6、200平米以上(延床面積10倍まで)につき1/3となります。
評価額が路線価そのままの単価と仮定した場合、
100坪は330.57平米ですから、92,000*330.57=30,412,440円となります。
(購入価格よりかなり高いですが、路線価に間違いないでしょうか?)
これに前記の特例を加味して、30,412,440/330.57*(200/6+130.57/3)=7,070,813円が(最大限の)課税標準額となります。
これに税率1.4%を乗じた、98,991円が土地の(最大限の)固定資産税額です。

家屋につきましては、延床面積、構造(在来木造・2x4・プレハブ等)、建設地(補正関係)が不明ですので、なんともお答えできません。(購入価格は全く参考になりません)

なお、都市計画税がかかる地区はさらに税負担(最大0.3%)があります。

某市の現役固定資産評価補助員です。

固定資産税は土地及び家屋(償却資産もですが、住居には関係なし)に対して課税されるのはご承知のとおりです。

土地の場合、住宅用地の特例がききますので、課税標準額を算定するにあたり、
評価額から、200平米までにつき1/6、200平米以上(延床面積10倍まで)につき1/3となります。
評価額が路線価そのままの単価と仮定した場合、
100坪は330.57平米ですから、92,000*330.57=30,412,440円となります。
(購入価格よりかなり高いですが、...続きを読む

Q資産計上対象のOA機器の保守サービスパック費用の会計処理?

社内のPCやプリンター等のOA機器を発注・調達する業務を担当していますが、会計処理については素人です。

PCやプリンターなどは、いざ壊れると業務に多大な支障をきたすため、スポット保守よりこのような3年程度の保守サービスをセットすることが多いと思います。見積書の段階でセットされていた場合、保守パックそのものは物件価格に入れず、経費処理で問題ないと思っていました。

しかし、弊社の経理部では「その機器が向こう3年にわたって機能するためには、事実上必要な保守サービス費用であり、3年間という長期的な性格のものを事前にセットしているような場合は、あらかじめ物件価格に含めて資産計上する」という見解でした。すると、見積書の段階で保守パック費用をセットしていれば、これは計上対象の物件価格に含まれてしまい、セットしていなかった場合は「後で追加する」ことで物件価格に含まれない…。後者の方法を使えば、価格によっては20万円をきって、少額資産として仕訳可能となる。

はたして、この方法は大丈夫なのでしょうか?また、物件価格に保守費用を含めるということは、そもそもおかしくないのでしょうか?

ちなみに今回問題となっているのは大手メーカーのプリンターの保守サービスパックで、1つの商品として別に購入するという形態です。ウェブによるサポート、出張サポートがあるようですが、消耗品は適用外です。一方、PCの場合は機器の構成の中の1つとして明記されています。用途に応じてサービス内容をプラスαしていくと、物件価格もあがるといった形態です。この他にもコピー機や複合機などは、トータルパックと称して消耗品や定期点検が含まれる場合もあります。いろいろ種類がありますが、少しでも20万円を超えないように、姑息とは言え保守費用を物件価格に入れないようにするほうが良いと思ったのですが?いったい何が正しいのでしょうか?

社内のPCやプリンター等のOA機器を発注・調達する業務を担当していますが、会計処理については素人です。

PCやプリンターなどは、いざ壊れると業務に多大な支障をきたすため、スポット保守よりこのような3年程度の保守サービスをセットすることが多いと思います。見積書の段階でセットされていた場合、保守パックそのものは物件価格に入れず、経費処理で問題ないと思っていました。

しかし、弊社の経理部では「その機器が向こう3年にわたって機能するためには、事実上必要な保守サービス費用であり...続きを読む

Aベストアンサー

3年分の一括払いでしたら、一度に全額の経費処理はまずいですね。
前払い費用として計上し、時の経過にしたがって経費に振り替えていくのが経理的な考え方でしょう。
また、時間的に分割するのが適当でないようなサービス内容でしたら、やはり機器の取得価額に入れるのが妥当です。

Q保険の免責分の消費税は不課税?

保険の免責分の消費税について教えてください。

損害保険に入っています。
事故があった場合、免責分5万円のみを当社が負担して、後の全額は保険会社が相手に払ってくれています。

この場合、当社の負担する免責分の消費税は不課税で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

修理代を支払ったのは相手先であり、これは課税取引です。
geronimo99さんの会社が負担する弁償金の一部(免責分)は不課税です。
相手先が受け取る弁償金は不課税です。

Q国家資格の受験料等の消費税課税区分について

いつもお世話になっております。
いまいちすっきりしない事柄がございまして質問いたします。
会社で土木施工管理技士の受験料を支払ったのですが、私はこのような国家資格試験の受験料は全て非課税だと思っておりました。というのも下記の文言に該当すると思っていたからです。
『国等が行う一定の事務に係る役務の提供
国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料。なお、この一定の事務とは、例えば、登記、登録、特許、免許、許可、検査、検定、試験、証明、公文書の交付などです。 』
しかし担当の税理士から課税仕入れとして訂正されております。税理士さんが言うのならそうなのかなと思いつつもいまいちスッキリしません。今回のような受験料は上記の条件には該当しませんでしょうか。
また、そうなってくると、弊社でいろいろ受けている講習(足場組立や車両機械関連等の業務をする上で受けないといけないとされている講習の受講料)も非課税ではないのでしょうか。
非課税の場合もあるし課税の場合もあるとなると混乱してきそうです。案内にも消費税のことまではっきり明記していないことも多いです。
このことについても何かいい判断基準みたいなものがあれば教えていただきたいです。
何卒よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。
いまいちすっきりしない事柄がございまして質問いたします。
会社で土木施工管理技士の受験料を支払ったのですが、私はこのような国家資格試験の受験料は全て非課税だと思っておりました。というのも下記の文言に該当すると思っていたからです。
『国等が行う一定の事務に係る役務の提供
国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料。なお、この一定の事務とは、例えば、登記、登録、特許、免...続きを読む

Aベストアンサー

>土木施工管理技士の受験料を支払ったのですが、私はこのような国家資格試験の受験料は全て非課税だと思っておりました。
>しかし担当の税理士から課税仕入れとして訂正されております。

「土木施工管理技士資格試験の受験者から受験料を徴収する」と法令に規定されているならば、受験料は消費税非課税ですから、税理士は間違っている事になります。


なお、消費税非課税となる行政手数料等は消費税法基本通達に例示されていますので、ご参考に。↓

国税庁>>消費税法基本通達>国等の手数料、国際郵便為替及び外国為替業務等関係
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/05.htm


人気Q&Aランキング