利用規約の変更について

今年から国立大学工学部に入学した者です。私の受かった大学は偏差値が高い大学ではありません。しかし系統は自分の希望通りとなり、これからその勉強を頑張っていこうと思っています。私としては出来れば院まで行って知識を深めて行こうと思っていて、大学院の進学について色々と調べたところ、学歴ロンダリングという言葉を知りました。
学歴ロンダリングについて色々と調べる中で、大学はランクが低くても院のレベルが高ければ就職で一流企業に入れるから院はレベルの高い名の通ったところにした方がいいという意がある一方で、自分の学歴を少しでも良くしたいが為に院をレベルの高いところに行くのならばそれは良くないというまるで違う意見もありました。
私としては就職が大変な今、特にレベルの低い大学に進学した私の場合では、自分のしたい勉強をして就職をしたならば、例え就職先が一流企業じゃなかったり、もっと言えば自分の学んだ知識が活かせない様な職業に就いてしまったとしても、大学大学院でやりたい勉強できたらそれで良いのかなと考えています。
でも今まで学歴がものを言うんだと言う人は大勢いましたし、同じ大学にも大学院はもっと上のところに行きたいと言っている人がいました。
そこで聞きたいのは私は自分の学歴を少しでも気にした方がいいのでしょうか?院は今の大学よりレベルの高いところに行くべきなのでしょうか?そもそも私のような立場の人間がこのような疑問を持つのは全くの無意味なのかもしれませんが…
回答よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ざっくり言えば工学部の場合 ○○先生門下 ってが、少なくとも研究者を指向するならついてくる。


企業でも言われちゃったりするそうだ。

「で、誰のところにいたの?」って。

気にすべきは、師事するであろう先生がガッツリ予算をぶんどって研究している先生かどうかじゃないかな。

工学部の先生など仕事は
「研究テーマを見つけて、予算をぶんどってきて、学生にやらすこと」
と心得ているように見える < すくなくとも私の知り合いはそんな手合だ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は以前高校の担任から、理系は教授の紹介で就職することもあるという話を聞いたことがありましたが、自分が入る研究室の教授が誰なのかということはやはり重要なんですね。

お礼日時:2014/04/10 06:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング