仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

根抵当権とは、具体的にやさしくいうと、どういうものでしょうか
元本が確定したら、普通の抵当権になるのでしょうか。
(1)例えば、下記だった場合、「Bは1月15日までに、Aへ8千万円弁済しなければ、X土地は競売にかけられてしまう。」ということでしょうか。
(2)1月2日以降のAB間の取引については、どうなるのでしょうか。
等、内容が難しく理解できません。
よろしくお願いいたします。

※根抵当権者:A
※債務者(設定者)根抵当権者:B
※抵当物:B所有のX土地(時価1億円)
※極度額:1億円
※毎月の支払い日:15日
※元本が確定した時点で、債務が8千万円
※元本確定日:1月1日

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いいえ、返済期日を決めた時点で債務額が確定出来ます。


すなわち、そのときの元利合計が質問者様のいわれる元本額です。

なお、抵当権実行はあくまでも債務不履行の場合であって、正常に支払われるのであれば問題ないのですが、支払期日が来ていて支払いできない場合、そのときの元利合計(他の支払期日が到来していない債務も含めて)が支払うべき債務となります。

具体的な事例でいえば、100万円と200万円の2件の借金(どちらも金利10%で1年間の借用とする)があり、100万円口が今月末、200万口が6ヶ月後に支払期限がきており、今月末に元利合計110万円が支払えない場合は、110万円+200万×(1+0.1/2)=320万円が債務の総額となり、これが抵当権実行の対象です。
逆に320万を支払えば、根抵当権を解消することができます。

この回答への補足

「下記のようになると、Aは根抵当権を実行して、X土地を競売にかけることになる。」との解釈でよいでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。

◆債権者A、債務者Bで、「極度額:5,000万円」「担保物:X土地」「弁済期:毎月15日」とする根抵当権を設定する契約をした。
◆4月1日につぎの状態で元本が確定した。
※甲商品を仕入れた代金の残額:100万円
※乙商品を仕入れた代金の残額:200万円
◆4月15日に、これらの全額は弁済できなかった。

補足日時:2014/04/11 14:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただき、誠にありがとうございました。
なお、後ほど、補足にて質問させていただくかもしれませんが、その際、ご返答いただければ幸いに存じます。
お忙しい中誠に恐縮ですが、もしできましたら、何卒、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/04/11 13:47

#1でのご質問、そのとおりです。

この回答への補足

「元本が確定すれば、普通の抵当権と同じ扱いとなる。」でよいとのことですが、この時点(元本確定日)で、弁済期などを決め、その時(元本確定日)での残高について、それ(弁済期)までに、弁済がなければ、抵当権が実行されるのでしょうか。

補足日時:2014/04/10 22:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/10 22:26

ちょっと考え方が違います。



元本確定とかではないです。
根抵当とは、特定の債権にひもづけされていない、つまり債権者と債務者との間で複数の借金があってもどの分の借金であろうがこの根抵当で担保されるということです。

複数あるうち、いずれか支払期日が到来した借金で返済できなくなった場合は、他の債務も期限の利益を失って、全部の債務がその根抵当権の担保となります。

これで分からない場合は追加して質問してください。

この回答への補足

乏しい能力で、自分なり思考したところ、下記のようになると認識しましたが、はっきり申しまして、その意味するところが、全く理解できません。
ご教示よろしくお願いいたします。

※債権者をA、債務者Bとする。
※X土地を担保とする。
※「上限額(極度額)」と「債権の種類」を決める。
※Aは、定期的に、仕入れや製造機械を購入するために、Bからお金を借りては、返済をすると、上限額(極度額)までは何度も借りることができる。
※期日を決めて、その期日の時点でいくらお金を返済する義務が残っているのかハッキリさせる。→「元本確定」
※元本が確定すれば、普通の抵当権と同じ扱いとなる。
※Aが全て弁済しても当然に根抵当権は消滅しない(付従性がない)。
※つぎの理由から、元本確定前は、被担保債権が譲渡されても、根抵当権は移転しない(債権者Bが機械購入の為に貸したお金の貸金債権を第三者Cに譲渡しても、根抵当権はBにとどまる。)。=随伴性がない。
もし、随伴性があって、根抵当権がCに移転してしまえば、Bがこれまで貸していた、AとB商品仕入れのための債権が無担保になり、Bにとっては不利益となり、また、Aとしては、Bから以後借りることができなくなって、Aも不利益となる。

補足日時:2014/04/10 19:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/10 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング