無垢材と集成材を比較した場合、どちらが総合的にいいでしょうか。
集成材は比較的最近、使うメーカーが増えていますが、寿命はどちらが
長いでしょうか。
無垢材においては、従来使えなかった材木を集成材においては、混ぜて
使われてしまうことはないのでしょうか。

A 回答 (3件)

寿命は無垢が長いと考えて差し支えないのではないでしょうか。


構造用集成材はどうしても剥離が心配です。
レゾルシノールという接着剤を使用した大断面集成材は数十年の実績があり大規模な公共工事でも使用され心配ないと思いますが、一般住宅によく使用されているイソシアネート系の接着剤はまだ実績が充分では無く、はっきり解りません。(イソシアネートはレゾルシノールより安価で、性能が劣るとされています。)
また、前に仕事で集成材などに関わったことがありますが、集成材や合板に接着不良が発生することは珍しいことではありません。

集成材は木材を板(ラミナと言います)にして、強度を低下させる欠点(大きな節や腐れなど)を除去して接着してあり、無垢材よりも強度のバラツキなどは少ないです。これはJAS規格の構造用集成材の製品についてですが、JAS製品でないものについては心配されるような悪いものもあるかもしれません。

短期間の強度は、集成材は強度の等級が数値で示されていますのでハッキリしています。
一方、無垢材は強いもの弱いものいろいろです。(無垢材でも強度を計測した「JAS機械等級区分製材」というものがありますが、流通量が少なく一般的ではありません。)

結論としては、寿命を考えるなら無垢の大きめの断面の材を使用するのが良いと思います。材の断面を大きくすると当然金額も上がりますが・・・。しかし、木材の価格は住宅価格の一割程度ですので私なら安心できるものを使いたいです。また、大きな無垢材を使用する工務店のほうが技術もあることが多いのではないかと感じます。
    • good
    • 4

無垢材と集成材は、「良い」「悪い」で比較するのは適当ではありません。

要は、使う方がどのような特性を必要としているかということです。
その上で、それぞれの特性を住宅に関して簡単に言うと。
 集成材は、住む人の利便性や快適性よりも、作る側の利便性から使われています。耐久性は、未検証です。メーカーではうん十年持ちますといいますが、使われる環境しだいです。
 また、無垢材は取り扱いに技術を必要とします。使いこなせば耐久性は集成材の比ではありません。ただし、材料一つ一つに個性があり工業製品としては扱いにくいのが欠点です。見た目に関しては接着技術の進歩によって素人では見分けがつかないほどです。しかし、集成材の泣き所は必ず強力な接着剤を使用しなければならず、これがハウスシック等の問題を引き起こしています。
    • good
    • 1

 集成材の場合、JIS規格に準拠または合格していれば問題はありませんし、合格していない材料は少なくとも”建材”と言う名目では販売されていません。


 どちらがよいかは一概にはいえません。強度的なことをいうのであれば全く問題ありません。ただ、例えば20ミリ厚みが必要なところ、10ミリにしてしまったとか、無垢材でも木の種類を選び間違えた(力のかかる所に杉板を使ったなど)なんて凡ミスは別ですが。
 近年では、環境対策などから、解体木材や、古紙、ごみなどを原料に集成材を作ろうと研究開発されているようです。商品化されてるかどうかはちょっと知りません。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q集成材について・・・

私の会社では主に欧州赤松の集成材を使用して住宅建築をしています。しかし、最近は欧州で立派に育った赤松があまりとれずにそろそろ赤松の集成材がなくなるのではないかという事を聞きました。そこで唐松の集成材を使用してみようかという話が出ています。それで質問ですがこの欧州赤松集成材と唐松集成材の特徴や大きな違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

現在流通している唐松の集成材は、ロシア産(シベリア)の唐松から作られています。
強度的には、欧州産赤松と比べても遜色無いと思います。
価格的には、欧州産より若干安いかもしれません。
参考的な話ですが、日本産の材種では、赤松より唐松が強度は高いはずですが!

Q建材は檜と集成材のどちらがいいの?

三階建てを建築します。今、設計をしてい最中です。
業者から建材を檜の四寸角か、集成材かを選んで欲しいと言われました。説明は受けたのですが、業者的には集成材がアバレが無くてお勧めらしいのです。素人考えでは無垢材の檜の方がいいような気がするのですが・・。詳しい方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>建材に詳しいようですが、大工さんですか?
>暴れが出た場合、今後どの位の影響が出るのでしょう?実家は築26年の戸建ですが、引き戸の建てつけが悪くなったり、ユニットバスのドアが開かなくなったりして補修してます。実家の場合、地盤の影響もあるようです。一概には言えないと思いますが、ドアが開かなくなったりしてしまうのでしょうか?

建築士です。
普通に乾燥材を使えば生活に支障の出るようなアバレはほとんどありません。ドアが開かない云々は地盤の問題か、工事の不良だと思います。
ただ何らかの不具合が出たときに、「あなたが無垢材を選んだから仕方ないですよ」と口実にする可能性はありますね。

Q檜の集成材と無垢材・・・そのランク。

新築一戸建て建設にあたり、ご質問させていただきます。
檜の集成材と無垢材だと、集成材のほうが耐久性・コスト面などでオススメなのでしょうか。
住林に行った時に無垢材はワレてしまうので、集成材を使用しているとのことでした。
地元の工務店に行った時は無垢材しか扱えないと言われましたし、
また別の工務店では檜の集成材を扱えます。ランク(等級)は集成材にはありません、とのことでした。
檜の集成材のランクはないのでしょうか。
いろいろと質問させていただきましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、無垢材の良いところは、防蟻性、防腐性が高いのは芯付近で、無垢の芯持ち材には必ず、この部分が含まれていることです。無垢材を使うなら、樹齢の長い木材で谷間に育った木を使うと、木は真っ直ぐに伸びて、かつ、年輪が細かいので、固くて、狂いも少なく、防蟻性、防腐性の高い木になります。桧では良材が取れる地域として木曽や吉野が有名です。次に、無垢材が良いところは、ほぞ穴を空ける時、ほぞ穴が年輪に垂直に空くことです。なので、荷重が幾重もの年輪を渡って支えられるので荷重に強くなります。

集成材は、蟇目や板目の木を寄せ集めたものです。特に板目の木は湿気による膨張収縮が激しいです。集成材が狂いが少ないという人がいますが、集成材の内部では季節によって膨張や収縮を繰り返していて、それらの力は全て接着剤で支えています。特に柱では常に荷重を支えています。そして、その荷重を支える力も全て、接着剤で支えています。接着面には常に大きな力が掛かり続けています。その結果、経年的に剥離を起こすことが多いです。一旦、剥離を起こした柱は、荷重を支える力は殆ど期待できません。特に、最近の集成材の接着剤には、ホルムアルデヒド対策で、水性高分子イソシアネート系接着剤が使われることが多くなりました。この水性高分子イソシアネート系接着剤は、従来のレゾルシノール樹脂接着剤と良環境下での耐久性はほぼ同等ですが、耐水性が悪く、湿気の多い環境に放置すると剥離を起こすようです。建物は常に雨漏り、水漏れなどのリスクがあります。また、壁体内結露が起こることもあります。どんなに丁寧に施工しても、全く壁体内結露が起こらない住宅を建てるのは難しいです。

また、最近の剛金物構造は、梁の荷重が一点に集中します。板目で年輪方向や接着面に平行にボルトが入った時には、木材が裂けたり剥離の要因になることもあります。更に、集成材は辺材で作られていることが多く、辺材部分は桧でも防腐性、防蟻性があまりありません。柱を単にヤング率が幾つの建材と見てしまうと見えないところも、木というものの内部で強いところ弱いところを考えると見えてくるものは沢山あります。長い目で見ると、集成材の柱は多くのリスクを内在しています。

では、何故多くのHMで集成材を使っているかというと、供給が安定していることと、下手な大工が施工しても、そこそこの家になることだと思います。僕も自分の家を建てるにあたり沢山のHM説明を聞いたり、現場を見ましたが、大手HMは良い住宅を作る技術に秀でたHMということでは無いと感じました。沢山の住宅を売ることが出来るHMだと感じました。その為には建材の安定供給、下手な大工でも施工が可能ということは大きなメリットです。ただ、それらが消費者にとってメリットであるかは、別の問題だと思います。

まず、無垢材の良いところは、防蟻性、防腐性が高いのは芯付近で、無垢の芯持ち材には必ず、この部分が含まれていることです。無垢材を使うなら、樹齢の長い木材で谷間に育った木を使うと、木は真っ直ぐに伸びて、かつ、年輪が細かいので、固くて、狂いも少なく、防蟻性、防腐性の高い木になります。桧では良材が取れる地域として木曽や吉野が有名です。次に、無垢材が良いところは、ほぞ穴を空ける時、ほぞ穴が年輪に垂直に空くことです。なので、荷重が幾重もの年輪を渡って支えられるので荷重に強くなります。
...続きを読む

Q床暖房と無垢材、どちらを薦めますか?

 現在、家を新築しようと計画しております。ハウスメーカーも決まり、間取りもきまりましたが、予算の都合上、床を無垢材にするか、または、無垢材を止めて床暖房にするか、悩んでいます。リビングに吹き抜けがあるのですが、その場合、床暖房が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

#7の方の言われるとおり欠点もあります。

温水式床暖房の場合、

・部屋が快適になるまで(立上がり)に時間がかかる。
  約3時間~半日。
  低温水式の場合、ボイラーを最低にしてシーズン中つけたままです。
  1日家を空けるとしても、つけたままの方が燃料代も安いです。
  立上がりが一番燃料を要します。

・初期投資が結構かかる。
  電気式床暖房より高いです。が燃料費は安いです。

・メーカーによってはボイラー・循環用不凍液にメンテナンスが必要。

・ボイラーに寿命がある。
  ボイラーの寿命がくると交換費用がかかる。約10~15年?

・なるべく広範囲に床暖房を設置したほうがよい。
  リビングに設置して、トイレ・脱衣所・廊下等が寒いと後悔します。
  あとから、床をはがして設置する事もよくあるそうです。

>子供がアレルギー体質なので、無垢材も捨てきれないところがあり

床暖房にもアレルギーによい面がありますが、床材で住めない家になると大変ですね。
ハウスメーカーといえど全ての建材・設備に通じている訳ではないと思うので、ご自身で色々調べて検討する事をお薦めします。

#7の方の言われるとおり欠点もあります。

温水式床暖房の場合、

・部屋が快適になるまで(立上がり)に時間がかかる。
  約3時間~半日。
  低温水式の場合、ボイラーを最低にしてシーズン中つけたままです。
  1日家を空けるとしても、つけたままの方が燃料代も安いです。
  立上がりが一番燃料を要します。

・初期投資が結構かかる。
  電気式床暖房より高いです。が燃料費は安いです。

・メーカーによってはボイラー・循環用不凍液にメンテナンスが必要。

・ボイラーに寿命が...続きを読む

Qむく材と集成材

家の土台に使う材木で「集成材」と「むく材」がありますが「集成材」の方が値段は高いのですか?  土台にはどちらの方が良いのでしょう

A社はむく材B社は集成材をすすめます  

Aベストアンサー

集成材、無垢材一般の話ではなく、土台に関しての観点ですが、
土台の役割は、柱から受ける力を出来るだけ均一に均して、
基礎に伝えるためのものです。

なので、重要になるのは、ヤング係数では無く、圧縮応力です。
集成材は強いと宣伝するところは多々ありますが、
それはヤング係数に関してが主です(一部、間違っていますが)。
土台のような置き方での圧縮応力は、集成材を使おうが、
無垢材を使おうが、素材の性質で決まります。
ただ、集成材の場合は、床下は湿度が上がりやすいので剥離の心配があります。
土台の使い方では、剥離しても強度への影響は少ないですが、
剥離を起こすと、腐りやすさは増すので、
そういう意味で無垢の方が望ましいです。

無垢とした場合の樹種ですが、桧は固いという概念があるかも知れないですが、
正確には軽い割には固いので、柱に向いている素材だと言うことです。
昔から土台には栗、ヒバなどのもっと重くて堅い木が使われていました。
また、土台に使う場合は、防腐性、防蟻性も大切になります。
防蟻剤を塗っても5年程度で揮発してしまうので、
ある程度は防蟻性のある樹種を選ぶことが良いと思います。
なので、米松などは桧よりも圧縮応力は高いですが、
防蟻性の観点から土台には向いていません。

また、防蟻性を考えて加圧注入材を使うこともありますが、
加圧注入しやすいと言うことは、柔らかい木だと言うことです。
土台によく使われる米栂は、桧よりも柔らかい(圧縮応力が低い)木なので、
本来、土台としては適切な木ではありません。

土台に向いている建材は、圧縮応力、防蟻性、防腐性を考えて、
国内のものでは、ヒバの芯持ち材が一番だと思います。青森ヒバが有名です。
栗も固くて良いのですが、狂いが大きいので、
上手な大工さんでないと狂いの面から問題を起こすこともあります。
外材でも良ければ、豪州サイプレスは、固さも防蟻性もヒバよりも上です。
ただ、同じ樹種でも、木の中心部分の赤身と、周辺部分の白太では、
固さも防蟻性も全く違います。赤身の多く入った建材を使って下さい。

理想論を言えば、これらの樹種を使うのが良いですが、
予算との兼ね合いもあるので、バランスを考えて選択して下さい。
ただ、青森ヒバや、豪州サイプレスを使っても、1本辺りの単価は1万から2万円で、
一軒の家では20~30本程度の話なので、コストの面からは見れば、
そこまで大きな影響が出るところでは無いと思います。
長く住む家を建てたい場合は、土台は一番の要の部分なので、
多少予算をかけても良いところだと思います。

集成材、無垢材一般の話ではなく、土台に関しての観点ですが、
土台の役割は、柱から受ける力を出来るだけ均一に均して、
基礎に伝えるためのものです。

なので、重要になるのは、ヤング係数では無く、圧縮応力です。
集成材は強いと宣伝するところは多々ありますが、
それはヤング係数に関してが主です(一部、間違っていますが)。
土台のような置き方での圧縮応力は、集成材を使おうが、
無垢材を使おうが、素材の性質で決まります。
ただ、集成材の場合は、床下は湿度が上がりやすいので剥離の心配...続きを読む

Q保管していたパイン集成材にカビが生えてしまいました。カビを落として少しサンダーをかけて使用しようと思

保管していたパイン集成材にカビが生えてしまいました。カビを落として少しサンダーをかけて使用しようと思いますが作成した後からカビが生えてくるようなことがありますでしょうか?
仕上げはワトコオイルを塗る予定です。

Aベストアンサー

カビ駆除剤を散布し木材を日当たり良く
風通りの良い所へおいておく数日後に削る。
表面を処理して完成
家庭用の漂白剤、カビキラーでも効果はあります。

一度カビが生えると
湿度がある場所に使うのは向きません 
乾燥してるとろろに使うなら問題なしです

Q集成材の柱について

新築の柱材ですが、外国産のスプルース、オオシュウ アカマツ ベイマツ ベイヒ 等の集成材で
防腐 防蟻に強いランクはあるのでしょうか。
国産 (桧の無垢材は 反る) (KD乾燥材は 精度が落ちる) (集成材は 接着剤)
どれを選べばよいかわかりません。
後 ○ 是非知りたいのですが 国産桧の集成材は 外国産の集成材より 防腐 防蟻に強いですか、是非教えていただきたいと思います 宜しくお願いします。。

Aベストアンサー

私も戸建住宅を建てる際とても悩みました。


私の古くからの友人が製材屋をしています。叔父は1級建築士です。
この二人に色々相談に乗って頂きました。

結果としては無垢材が一番良いと言う解釈にいたりましたので無垢材を使用しましたよ。集成材は違う目の材木を接着しているのでとても強いですと言う建売業者がいましたが材木同士嵌合する部分は集成材の一部のみで建てている住宅を見に行って、ぞっとしました。集成材や吹き付けやカラーベストなど本当にコストダウンの事しか考えていないですよね。 相談した二人からの回答の一つに集成材で30坪の戸建を建てると材木費の原価はいくらになるか解りますか?と聞かれ、全く無知な私は150万円~200万円位でしょうか?と答えると二人共に大笑いされました。今はカナダから輸入している青と白のラベルが貼っている集成材が多く原価は35万円程と聞かされビックリでした。いくら無知な私でも30坪の戸建の材木費が30万円なんてビックリです。何でも安く仕上げコストダウンばかり考えているのでしょうね。

昔と違い現在はベタ基礎なので基礎部分に土がないので材木が腐る事が激減していると二人から聞いていましたので安堵しましたが材木は自分が住んでる地域の材木を使用に乾燥しシロアリなどの処理をするのが良いと言う答えにいたりました。無垢材がやはりいいですがツーバイフォー住宅もかなり勧められました。
バランスがとれている事で耐震性にも優れ機密性にも優れお勧めと言われました。

建てる近くで取れる材木が、その地域での四季で育ち一番良いと言う結果でした。無垢材でもツーバイフォーでも住まれる地域の国産材木が一番ですと言う答えでした。

非常に納得出来ましたので完成まで二人に任せて今はとても良かったと感じています。
色んな方の意見で困惑すると思いますが良い住宅を建てて下さいね。ある意味一生モンですからね。

私も戸建住宅を建てる際とても悩みました。


私の古くからの友人が製材屋をしています。叔父は1級建築士です。
この二人に色々相談に乗って頂きました。

結果としては無垢材が一番良いと言う解釈にいたりましたので無垢材を使用しましたよ。集成材は違う目の材木を接着しているのでとても強いですと言う建売業者がいましたが材木同士嵌合する部分は集成材の一部のみで建てている住宅を見に行って、ぞっとしました。集成材や吹き付けやカラーベストなど本当にコストダウンの事しか考えていないですよね。 相談...続きを読む

Q第一種低層住居専用地域に材木屋の材木倉庫

第一種低層住居専用地域に材木屋の材木倉庫があります。
建築基準法違反ではないでしょうか?

Aベストアンサー

>昭和60年項には、都市計画区域に指定されています。

都市計画区域内だからといって倉庫を建てるのが禁止されているわけではありません。都市計画区域内でも倉庫が建設可能な地域もあります。
また住宅用地として開発した場合でも、用途地域が住宅専用の地域でないこともあります。

その建物の建てられた時期の都市計画図などから所在地の用途地域を調べ、その当時の建築基準法に照らし合わせて用途地域に倉庫が建設可能かどうかを調べれば、違反しているかどうかはわかります。
建設当時に問題ない建物でしたら、先の回答にあるように違反建築ではなく、既存不適格建物として扱い法建築基準法上は、特に問題はないことになります。

調べるのは、市役所などに問い合わせるのが一番だと思います。

なお、違反している場合、建築確認の申請(担当は東京都の建築主事)をしていなかったり、虚偽の申請をしている可能性もありますので、これも併せて調べるとよいのではないでしょうか?

なお、違反建築であっても、何らなの指導は入りますが、すぐに取り壊せなどということにはあまりならないようです。

>昭和60年項には、都市計画区域に指定されています。

都市計画区域内だからといって倉庫を建てるのが禁止されているわけではありません。都市計画区域内でも倉庫が建設可能な地域もあります。
また住宅用地として開発した場合でも、用途地域が住宅専用の地域でないこともあります。

その建物の建てられた時期の都市計画図などから所在地の用途地域を調べ、その当時の建築基準法に照らし合わせて用途地域に倉庫が建設可能かどうかを調べれば、違反しているかどうかはわかります。
建設当時に問題ない建物...続きを読む

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Q無垢材のフローリングについて

現在、建売の住宅の購入を検討しています。リビング、2階の床に桜の無垢材を使用してある住宅です。合板とは違い味があるのですが、歩いていると凹凸感があります。手で触ってみると1枚1枚とはいいませんが、高さが微妙に違います。無垢材を使用するとこのような凹凸感がでるものなのでしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

新築で早くも3~5mmも凹凸があるというのは いかがなものかなぁーという感じです。
その桜が「水目桜」なのか「かば桜」なのか又は他国の桜なのかはわかりませんが いずれにしろ癖の有る無垢材を使う場合は特に乾燥が大切です。
水目桜などはとくに そりやすいため何年もかけて乾燥させ 反るだけ反らせたあともう一度すりなおし(のこやカンナなどで加工する事)をして使うくらいです。その為に最初はかなり厚めに製材します。(それでも長い年月で反りが出るときがありますがその時こそ無垢の味といえるでしょう)
水目は品薄で入手しにくいし高価なのでその他の桜だと思われます。(もっとも長い1枚物では ないでしょうけど)
水目より反りにくいはずですからそれでも3~5mm程度の違いを感じるということは はっきり言って(住宅屋さん、ごめんなさい。)乾燥材を使っていなかったと言えるのではないでしょうか?
または施工法もわるいのか?(大工さん、ごめんなさい)
反りではなく厚みが違うとは考えられないし・・・
知らなかったのか(知識がなかったのか)そこまでの気遣いがなかったのか それとも わざとそんな作りにしたのか よくわかりませんが・・・
※無垢材は反ってあたりまえと言うのは多少なりとも年月が経ってからで新築時には・・・?
No1さんが言われるように今はエアコン・床暖房などで家の中がすごく乾燥しています。無垢材にはかなり厳しい環境だといえます。
反り・ひねりが出やすいのであれば 施工方法や使う場所にも配慮が必要でしょうし事前の説明等が住宅会社には不可欠だろうと思います。
それを買主さんが承知されれば問題はないと思うんですが・・・
(専門家のチェックは材木に関して)

新築で早くも3~5mmも凹凸があるというのは いかがなものかなぁーという感じです。
その桜が「水目桜」なのか「かば桜」なのか又は他国の桜なのかはわかりませんが いずれにしろ癖の有る無垢材を使う場合は特に乾燥が大切です。
水目桜などはとくに そりやすいため何年もかけて乾燥させ 反るだけ反らせたあともう一度すりなおし(のこやカンナなどで加工する事)をして使うくらいです。その為に最初はかなり厚めに製材します。(それでも長い年月で反りが出るときがありますがその時こそ無垢の味といえるで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報