ステンレス板を重ねてくっ付けたいです。
どのような種類のロウとフラックスを使えばいいのでしょうか?
板の厚さは0.5mmくらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ステンレスハンダより強い接続なら、コスト上問題がなければ銀ろう、大量に使うのであれば、真鍮ろうなどの銅合金ろうがあります。

銀ろうのほうがよく流れます。
 フラックスは同じものでよく、ホームセンターなどでも販売されております。

 ステンレス薄板は、均一な加熱が比較的難しいく、過熱が足りなければ当然ろうが流れませんが、過熱しすぎても表面に厚い酸化膜ができ、磨き直しが必要になることもあります。

 端材でよく練習したほうがよいと思います。

 なお、ろうは少量であればホームセンターにありますが、多めに必要なら溶接機材店などを探してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真鍮銅のロウを試してみたいです。練習をしてから本番をやろうと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/18 20:48

「ステンレス用ハンダ」って商品があるからこれでいいんじゃないの


https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%8 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

便利そうで使ってみたいですが、ある程度の強度はほしいところです。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2014/04/11 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIY洗面台修理/陶器とステンレスをくっつける方法

洗面台のシャワーヘッドをのせる台の付け根が写真のようにネジが緩み、
根元がもち上がって隙間ができてしまいました。
現在、水漏れをしています。

ネジがバカになっているようで、洗面台の下に出ているでっぱった棒を押さえながら回してみても、
グラグラの状態です。

そこでボンドでくっつけてみるのはどうだろう?と母と2人で考えました。
しかし、下のピンクの洗面台は陶器、上の銀の部分はステンレスです。

「陶器」と「ステンレス」をくっつけられるボンドは市販で売っているのでしょうか?
また、他に女性でも修理できる方法はあるのでしょうか?
業者さんに頼まないで修理したいと思っています。
よろしくお願い致します。

(隙間の幅は、ひっぱれば下に伸びた棒がどんどん出てくるので、何センチにも広がります)

Aベストアンサー

接着剤はだめですよ。

洗面台のシャワーヘッドは一般に下記のようになってます。
http://www.kvk.co.jp/products/upload/save_image/KF312MS_B.pdf

その図の10番のナットが取れてしまっているか緩んでいると思います。
>ネジがバカになっているようで
おそらく以前より緩んでいてネジ部が擦れてバカになっているかもしれません。

もし、ネジ山がつぶれているなら、臨時処置としてそのネジ部にテープを
巻いてその上でナットを締めていきます。

本作業は洗面台の中で上向きになるためちょっと大変です。
中のものを全部出して、下に座布団などを敷いて、洗面台の中に
上向きで寝るような形での作業となります。
その部分のナット締めはボール部分があるので手を伸ばして
締めることになります。

まずは、中を確認してみてください。
手で締めるぐらいはできると思います。

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Q木製キッチンカウンターの天板を、ステンレスに・・・

木製のキッチンカウンターをDIYする予定です。 それで、天板にステンレス板(2ミリ厚)を貼って、耐熱性を持たせたいのです。

耐熱といっても、コンロから下ろした土鍋、フライパン等を一時的に置くだけです。 しかし、木の上に直接ステンレス板をはることを躊躇しています。

木とステンレス板の間に、耐熱性の物を入れたいと思います。 耐熱性のゴムシート(適切なものがあれば)等、このような用途に適する部材をご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

ケイ酸カルシウム板を張るのが簡単です。水にも熱にも強いです。
ステンレス板は2mmも要らないです。重くて扱えません。
フラットだと水があふれてしまうので縁をすこし上げないとなりませんから、縁に2mm程度のステンレスフラットバーを接着して仕上げることになるかな?

Q重荷分散の為に敷く板には木製板とステンレス合板のどちらがよいですか

一畳ほどのスペースに2つの機械(合計200キロ弱)を設置するので
重荷分散板を敷きたいと思っています
そこで以下質問致します

1.1.2~1.5cmの木製板と3~5mmのステンレス合板のどちらが重荷分散効果が高いですか?
2.一畳よりある程度大きめに板を敷いた方が効果的なのでしょうか?
3.木製板で防水効果を得るよい方法はありますか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

>3について塗装はホームセンターで加工してもらえますか?

してくれません

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8D&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjBp6Cx0ebTAhWCUbwKHdLhAH4QsAQIRw&biw=1680&bih=913

防水タイプのコンパネがありますので、上面はそれで事足りると思います
側面は木がむき出しですから、刷毛でペンキを塗りましょう

200kg程度なら1.5mm厚のコンパネで充分ですが、更なる過重分散を求めるのであれば、それを2枚重ねてネジ止めしておきましょう

Qステンレスに文字を入れたい

ステンレスのものに、文字を入れたいと思っています。(トレイに)
簡単にきれいに仕上がる方法をご存じの方がいらっしゃったらぜひ教えてほしいです。

ちなみにパソコンとプリンターはあります。
DIYなので、家庭でできる範囲でお願いします。

Aベストアンサー

私が良くやる方法はパソコンで文字を書き、ラミネートフィルムに入れて、文字部分を切り抜いて型紙を作ります。

それを対象物に貼り付け、上からスプレーでペイントします。

一回で使い捨ての場合は、シールになっているプリンター用紙で型紙を作れば良いです。

Qアクリル板かポリカーボネート板で扉を付けたい

DIYで洗面所の洗濯機置き場の上部にある棚部分に、アクリル板かポリカーボネート板を使って観音開きの扉を付けたいと思っています。

大きさは横82センチ×縦92センチです。

いくつか疑問がありますので、ご存知の方どうかよろしくお願いいたします。

(1)アクリル板とポリカーボネート板のどちらが適しているか。(その他に適してるものがありますか?)
(2)蝶番はどんなものを、どのように、付けたらいいか。(ネジの付け方なども)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)アクリル板とポリカーボネート板のどちらが適しているか。(その他に適してるものがありますか?)

我が家の場合はアクリルのほうが入手可能だったので、アクリルを使いました。

>(2)蝶番はどんなものを、どのように、付けたらいいか。(ネジの付け方なども)

ガラス用蝶番を使いました。
使用した蝶番はアクリル側に丸穴をあけ固定し、
収納棚側には木ネジで固定しました。

使用した蝶番はアトムリビングテック株式会社の物で
スカーレットヒンジと言う製品です。
ホームセンターになければネット販売もしていますので便利かと。

参考URL:http://www.atomlt.com/catalog/adl/adl0608_pdf/split_ver/ADL0608_04.pdf

Qステンレス天板のエッジ処理方法

ステンレス製の天板がついたキッチンカウンターワゴンを通販で購入したのですが、作りがお粗末でステンレスの縁の処理がほどこされていません。

組み立て式でしたので、半日がかりで組み立てて キッチンに設置してみてから初めて天板のステンレスの鋭い角が脇を通るときに危険だと気付きました。
子供や老人が通ることもあるので、怪我をしないか心配です。

組み立ててしまったので返品はできないと思うので、自分でDIYして何か工夫をしたいと思っていますが、どなたか良い方法をおしえてくださいませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

100円ショップに行くと、コーナー用のプロテクターが両面テープ付で売っています。エッジ用とコーナー用があったと思います。透明なPVC製です。アマゾンでもあります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/baby/1910047051/ref=pd_zg_hrsr_ba_1_5_last

Q銅管のロウ付け中管の中から青い液体が

ロウ付け初心者です、銅管を洗いフラックスを塗りバーナーで炙り炎が緑色になったらバーナーを外し裏側からハンダを押し当て、これは面白いと熱中してソケットやチーズを次々とロウ付けしていたら、銅管の中から青い液体が出てきました、確か昔銅の青錆は青酸だから青錆を綺麗に落とさないといけないと理科で習った記憶が。
もしぞやこの青い液体は青酸が混じっている?給湯管に使う為にロウ付けしているのにこんな銅管を給湯管に使っても大丈夫なのかと疑問を感じ出しました、綺麗に洗ってから使えばその青い液体はとれても、給湯管設置後しばらくお湯を使わないと管の中で青い液体が発生するのではと疑問を感じてきました、いかがなものでしょうか

Aベストアンサー

銅の青サビ、いわゆる緑青の毒性はそれほどでも無いです。大量に摂取してもお腹を壊すくらい。
命に関わるようなものなら、銅製の鍋なんて作るはずがありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92

Qステンレス管  どこで販売していますか? 懸垂用

http://www.geocities.jp/otukadai/DIY/burasagari/burasagari.htm

 以前にも質問し締め切りしましたが、その後、どのように検索しても
わかりませんでした。
 ステンレスパイプはどこに販売していますか?

  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.rakuten.co.jp/nonaka/437306/533205/
どうでしょうか?
検索すれば他にも出てくると思いますよ。

現物が見たければ近所のホームセンターを探せばあると思います。

Q真鍮のロウ付け

真鍮のロウ付け

カバーオールのボタン(裏側の鉄を表の真鍮で包んでいる感じです)を
リメイクしてペンダントトップにしたいのですが、問題があり困っています。
最適な加工方法をご存じでしたら教えてください。

1.作成イメージ
 以下のURLを参照していただくのが、理解しやすいと思います。
 <http://specialoldandnew.com/eccube/html/products/detail.php?product_id=469>
 現状のボタンの雰囲気を損なわない(熱により真鍮が銀色になるとか)感じで、
 必要以上に奇麗な感じではなく、ボタンに丸かんをロウ付けする。
 ロウ付けした部分は真鍮や銅色のようする。

2.問題点
 ・自分で半田付けしたが、半田の銀色が浮いてしまう及び強度に難がある。

 ・自分でロウ付けしようと考えたが、東急ハンズで相談した店員さんの意見では、
  腕が無い且つ細い火が出るバーナーを使って局所的に短時間で作業しないと、
  真鍮側に熱が伝わりすぎて、真鍮のメッキが無くなって銀色になってしまう
  だろうと聞いたので断念しました。

真鍮のロウ付け

カバーオールのボタン(裏側の鉄を表の真鍮で包んでいる感じです)を
リメイクしてペンダントトップにしたいのですが、問題があり困っています。
最適な加工方法をご存じでしたら教えてください。

1.作成イメージ
 以下のURLを参照していただくのが、理解しやすいと思います。
 <http://specialoldandnew.com/eccube/html/products/detail.php?product_id=469>
 現状のボタンの雰囲気を損なわない(熱により真鍮が銀色になるとか)感じで、
 必要以上に奇麗な感じではなく、ボタンに丸かんをロ...続きを読む

Aベストアンサー

ロウ付け、半田ではなくヒートンで考えてはどうでしょう。
アクセサリ用のヒートンもありますが、デザインのこだわりがあるなら
少し大きめを丸カンをヒートン状にして、ネジを切ります。
ボタンはドリルで穴あけしタップを立てます。
M2ぐらいが妥当な寸法でしょう。
空回り防止にネジ部にエポキシ接着剤を塗ってねじ込みます。

M2のタップは折れやすいので1/2回転くらいで外して、
スプレイオイルで穴を掃除しながら進めましょう。
(加工後は脱脂も忘れずに)

ハンズに行けるなら、丸カンの色付けの薬品か塗料が売っている
はずなので探してみてください。

参考URL:http://www.punto.co.jp/buzai/shopping/hiton_shopping/Q20000-02GOKI.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報