ステンレス板を重ねてくっ付けたいです。
どのような種類のロウとフラックスを使えばいいのでしょうか?
板の厚さは0.5mmくらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ステンレスハンダより強い接続なら、コスト上問題がなければ銀ろう、大量に使うのであれば、真鍮ろうなどの銅合金ろうがあります。

銀ろうのほうがよく流れます。
 フラックスは同じものでよく、ホームセンターなどでも販売されております。

 ステンレス薄板は、均一な加熱が比較的難しいく、過熱が足りなければ当然ろうが流れませんが、過熱しすぎても表面に厚い酸化膜ができ、磨き直しが必要になることもあります。

 端材でよく練習したほうがよいと思います。

 なお、ろうは少量であればホームセンターにありますが、多めに必要なら溶接機材店などを探してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真鍮銅のロウを試してみたいです。練習をしてから本番をやろうと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/18 20:48

「ステンレス用ハンダ」って商品があるからこれでいいんじゃないの


https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%8 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

便利そうで使ってみたいですが、ある程度の強度はほしいところです。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2014/04/11 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚さ0.5mmのステンレスをジグソーで切りたい。

http://item.rakuten.co.jp/kureyonkan/10021980/
この調理用品にホールソーで穴を開けたり、ジグソーでカットしようと考えています。

12Vのインパクトドライバーを使ってホルソーで穴あけしたり、ビス止めしたいのですが、
0.5mmならあまり心配せずに加工できますよね?

しかしジグソーで切断するときに、少しでも刃が噛むとステンレスが曲がってしまわないか心配です。

最初は0.8mmのアルミバージョンにしようかと思いましたが、さすがに柔らかすぎだと思いステンレスにしようと考えました。

結構ぶつけたり、落としたりするので変形してはこまります。

ステンレスはどのくらいの強度があるかはわかりませんが、0.5mmでも落としたり、ぶつけたりしたくらいじゃ凹んだりしませんよね?

もしかしたらいくらステンレスでも0.5mmだとフニャフニャだったりしますか?

教えてください。

Aベストアンサー

そのままですと、心配している通り歯が噛みますね。
1mmの板を約1mほど切ったことがありますが、歯は噛まないものの
焼きが入ります(実際は真っ赤になっていました)
0.5mmならその容器の両側に板を挟んで切るといいかもしれません。
薄物ではよくある手法です。

0.5mmに穴あけは楽ですがキリが噛みます。
ネジのようになってしまいます、キリがネジのように入って行きます。
これも板を利用します。
ホールソーもセンタのキリがありますので注意してください。
焦らずに少しずつ、オイルを塗りながらすれば焼けもなく可能と思います。
多分思った以上に固いと感じると思いますので無理をしないことです。

ステンレスのフニャフニャの件ですが、フニャフニャになると思います。

Q移動棚厚さ20mmの変わりに金属板は何mm(材料力学)?と購入先は?

移動棚厚さ20mmの変わりに金属板は何mm(材料力学)?と購入先は?

こんにちは。テレビ台の上の移動棚を薄くしたいです。現在、幅1150×奥行き400×厚さ20mmの合板です。
4角をL型金具(8×25mm)で支えています。L型金具は側面板のダボ穴に挿しています。

これを薄くするには、例えば、アルミ板なら何mmで同等でしょうか?
5mmだと薄いですか?
また、購入方法も教えていただけると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

時々木材やアルミ板で遊んでいるので、アルミ5mmは十分硬いが巾が
1mも有るので撓むかな、10mmなら大丈夫かな?と手計算で
両材料で撓みが同じとして求めて見ると
アルミ厚み11.5~13.9mmと出ました。

思ったより厚く、自信も無いのでいろいろとネットを探したら、面白い
頁見つけました。
http://rakutin.himegimi.jp/tawami-ryous-02top.html

この頁に棚板材質と棚板寸法と均等荷重80N(8kgf)を入れると
唐松20mm棚板の撓み量と同じアルミ板は13.5mmとなりました。
梁と平板は多少違い数%の誤差が有ると言われていますが、
誤差は両材質に同じ傾向に出ると考えれば、両材料の差はそれ程間違っては
いないのでは無いでしょうか。
支え部のL金具が突き出して、実質スパンLが短くなると結果は大分違います。
へりを曲げたコ字形等に付いても遊んで見てください。

アルミと木材の違いは、金属では撓みは瞬間撓みで経時変化は起こりません。
木材では瞬間撓みの後でじわじわとへたります。
これを考慮すると規格板厚12mmで間に合うのでは無いでしょうか。
高張力アルミなら10mmで間に合う可能性も有ります。

アルミ板の購入は、例えば下記でネット通販から可能です。
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/hanbai/al/alita.htm

時々木材やアルミ板で遊んでいるので、アルミ5mmは十分硬いが巾が
1mも有るので撓むかな、10mmなら大丈夫かな?と手計算で
両材料で撓みが同じとして求めて見ると
アルミ厚み11.5~13.9mmと出ました。

思ったより厚く、自信も無いのでいろいろとネットを探したら、面白い
頁見つけました。
http://rakutin.himegimi.jp/tawami-ryous-02top.html

この頁に棚板材質と棚板寸法と均等荷重80N(8kgf)を入れると
唐松20mm棚板の撓み量と同じアルミ板は13.5mmとなりました。
梁と平板...続きを読む

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Q0.5mm厚のゴム板で工作をしていますがふさわしい接着剤を教えてくださ

0.5mm厚のゴム板で工作をしていますがふさわしい接着剤を教えてください。ゴム板はDIYの店で売っているありふれたものです。

G17を両面に薄く塗り、ペトペトとした膜が出来てから圧着しましたが数ヶ月で剥がれてきました。のりしろ部分は幅2cm、長さ18cm程です。剥がれた側のゴム板の表面が非常にきれいなもので「馴染まない」のかな?と思っています。

今度はG17以外のボンドを試そうと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ゴムと言っても、今はさまざまなゴム状のものがあって、一概に言えませんが、本当のゴムでしたら、選択は正しいです。
ゴム - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%A0 )
ゴムの耐溶剤、耐薬品、耐油性一覧表 ( http://www.packing.co.jp/SIRYOU/taiyozai/taiyozai-index1.htm )

 耐油性のゴムにはG17でも接着できないものが存在しますが、ここでは通常の天然ゴムとして説明すると

 ゴムの表面に離型剤が残っている場合は溶剤で拭き取ります。塩化メチレンとか二硫化炭素があればベストなのでしょうが有毒で一般的ではないので、ラッカーシンナーでも代用できるかも。
 ゴム/その他、耐溶剤ら行 ( http://www.packing.co.jp/SIRYOU/taiyozai/taiyozai-ra-f1.htm )

 場合によったら紙やすりなどで表面を荒らしておく方が良いですね。そしてG17をうすくのばして(厚いとだめです)、溶剤を完全に揮発させます。

>ペトペトとした膜が出来てから
 それでは早すぎる。
 ゴムは溶剤を透過しませんから、必ず揮発させておくことが必要です。そのうえで圧着します。

 接着剤が剥がれたときは、素材-接着剤、接着剤層、接着剤-素材のどの部分で剥離したかを見ないと原因の特定はできません。

 相手が金属など変形しない場合は、エポキシなどが使えます。

 いずれにしても、ゴムの素材(NBR,SBR・・)が記述してあれば、それと、接着する相手の素材の情報が必要です。

 

 ゴムと言っても、今はさまざまなゴム状のものがあって、一概に言えませんが、本当のゴムでしたら、選択は正しいです。
ゴム - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%A0 )
ゴムの耐溶剤、耐薬品、耐油性一覧表 ( http://www.packing.co.jp/SIRYOU/taiyozai/taiyozai-index1.htm )

 耐油性のゴムにはG17でも接着できないものが存在しますが、ここでは通常の天然ゴムとして説明すると

 ゴムの表面に離型剤が残っている場合は溶剤で拭き取ります。塩化メチレンとか二硫化炭素があればベス...続きを読む

Qアクリル板の幅を1〜2mm削りたいです。 アクリル板をオーダーしたのですが、幅が1〜2mm大きく枠に

アクリル板の幅を1〜2mm削りたいです。
アクリル板をオーダーしたのですが、幅が1〜2mm大きく枠に収まりません。
(サイズ 350mm×410mm 厚さ2mm)

予算的な問題から、電動工具は買いたくないのですが、どのような方法で削るのが良いでしょうか?

自分で調べたところだと、平やすりで削る。もしくは、かんなで削る。と、行き着いたのですが、他に良い方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚さ2mmで削り幅2mmだと、面倒ですけど平ヤスリですかねぇ。結構時間と握力を使います。握力。

私がやるならアクリルカッターを使い慣れてるので、アクリルカッターでやると思いますが、慣れてない人が2mm(刃の厚みが0.5mmあるので実質1.5mm幅)だけをまっすぐに切るのはかなり難しいと思います。アクリルカッターで切ってもヤスリで仕上げが必要ですし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報