高齢化が進む中での孤独死や、自殺の増加などの影響もあり、UR都市再生機構が管理している事故物件の件数は、2009年には約600件、2012年には約800件に増えており、全国では少なくとも1万件以上あるという。宅地建物取引業法では、契約前に、自殺や孤独死があったなどの物件に関する情報(重要事項)を、説明することが義務付けられている。借り手にとってはそうした部屋は敬遠しがちで、不動産業者も困っているのが現実という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00000 …

===
この問題についてどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

事故物件が半額で借りられるのでそれを狙う人までいて、需要と供給が成り立っているなら誰も困らないですね。



ただ、これから先も家族のつながりの薄さと高齢化で事故物件は減らないで増加の一途でしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140407-00000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁ、確かに事故物件目当ての貧困層の方いますね。

お礼日時:2014/04/12 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報