これからの季節に親子でハイキング! >>

第二次朝鮮戦争が発生した場合、アメリカは条約上韓国側に立って参戦する義務があると思います。その時日本はアメリカに在日米軍基地使用不可と通告することは条約上可能ですか?
-質問理由-
アメリカも日本も韓国は中国圏と認識しており、第二次朝鮮戦争が発生してもアメリカの本音は不参戦だと思います。従って日本と結託して不参戦の理由として日本の基地が使用できないことを言う可能性があるのでは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結論を先に言いますと「第二次朝鮮戦争が発生した際に日本が在日米軍岸使用不可とすること」は条約上明らかに可能です。

日米安全保障条約とそれに基づく交換公文、それと朝鮮戦争休戦に係る国連軍地位協定が根拠になります。少々長くなりますがご説明します。

まず、日米安全保障条約ですが日本の領域外の紛争に関してはその第6条が適用になります。

(「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」より引用)
第六条
 日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。
 前記の施設及び区域の使用並びに日本国における合衆国軍隊の地位は、千九百五十二年二月二十八日に東京で署名された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定(改正を含む。)に代わる別個の協定及び合意される他の取極により規律される。
(引用終わり)

これに基づく他の「取極め」が「条約第六条の実施に関する交換公文」です。

(「条約第六条の実施に関する交換公文」より引用)
合衆国軍隊の日本国への配置における重要な変更、同軍隊の装備における重要な変更並びに日本国から行なわれる戦闘作戦行動(前記の条約第五条の規定に基づいて行なわれるものを除く。)のための基地としての日本国内の施設及び区域の使用は、日本国政府との事前の協議の主題とする。
(引用終わり)

この二つを合わせて読むと分かりますが、日本への攻撃の場合と異なり、日本の領域外での紛争に係る基地使用に関しては日本政府との事前の協議が必要です。これが新聞等で「事前協議」と言われているものです。従って、第二次朝鮮戦争が発生した際、日本政府が事前協議で「No」と言えば米軍は朝鮮半島での戦争の為に米軍基地を使用出来なくなります。

もう一つ、注意すべきは朝鮮戦争の停戦の際に締結された「国連軍地位協定(日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定)」です。朝鮮戦争では米軍は「国連軍」として参戦しているので「米軍にはNoと言えるが国連軍の旗を掲げた米国の軍隊の使用についてはNoと言えないのではないか?」と誤解している人もいるようですが、これについても日本政府の同意が必須であることが分かります。

(「国連軍地位協定(日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定)」より引用)
第五条
1 国際連合の軍隊は,日本国における施設(当該施設の運営のため必要な現存の設備,備品及び定着物を含む。)で,合同会議を通じて合意されるものを使用することができる。
2 国際連合の軍隊は,合同会議を通じ日本国政府の同意を得て,日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約に基いてアメリカ合衆国の使用に供せられている施設及び区域を使用することができる。
(引用終わり)

国連軍地位協定に基づいて国連軍が使用できる日本の基地は上記第5条第2項により「安全保障条約に基いてアメリカ合衆国の使用に供せられている」範囲内になりますから、日米安全保障条約に基づく「事前協議」の制約が当然にかかりますし、加えて国連軍地位協定上の「合同会議」を通じた「日本国政府の同意」が必要です。この部分に関しては、片山さつき議員の発言が間違って伝えられ「米軍には事前協議でNOと言えるが、国連軍への基地提供は義務である」と誤解されている人も多いようです。

現在はインターネットで様々な情報が取得できますが、誤解に基づくものや意図的に事実と反する情報も流れやすいので、迷ったら「条約」や「法律」等の「原文」を確認することをお薦めします。

なお、「事前協議」等における在日米軍基地の使用許可を与える主体は「日本政府」であるため、事前に「国会決議」を行うことにより、第二次朝鮮戦争が発生した際に政府が勝手な判断で米軍基地使用許可を与えないようにしよう、という声もネット上では上がっています。http://ameblo.jp/tomosibitikaku/entry-1180853244 …

参考URL:http://ameblo.jp/tomosibitikaku/entry-1180853244 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>なお、「事前協議」等における在日米軍基地の使用許可を与える主体は「日本政府」であるため、事前に「国会決議」を行うことにより、第二次朝鮮戦争が発生した際に政府が勝手な判断で米軍基地使用許可を与えないようにしよう、という声もネット上では上がっています。

賛成です。

お礼日時:2014/04/19 10:24

日本の政府関係者が韓国の政府関係者に対し、現在の日韓関係において半島有事の際、日本政府が日本駐留米軍に対して基地使用許可を出さない可能性がある、と言及した事実はあるようです。



http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2014/04/19 10:22

突然、勃発した場合



韓国にいる邦人を見殺しにはできません

で、戦下で韓国軍が邦人の国外脱出をしてくれるとは考えにくいです

で、邦人が自力で国外へ脱出することも困難と言えます


このような状況下で、集団的自衛権が行使できない現行法化では、米軍にオスプレイでも飛ばしてもらう方法以外、邦人を救出することはできにくいと考えられます


∴、書かれている可能性は低いと思われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2014/04/19 10:22

挑戦戦争は半島の内紛に、米ソの東西対立のための代理戦争でした。

現在は米ソの両陣営が二手に分かれて南北をそれぞれに支援することに意義がなくなっていると思います。アメリカか参戦するメリットは、自由主義を守るというより、韓国に武器を売り込とか、北朝鮮陥落後に資源を求めて進出することにあります。

現在は国内外の世論が許さないと思われますので、アメリカが半島内の紛争に露骨に手を出すことをためらうと思われます。9.11テロでアメリカの世論が報復一色に染まったことょ考えれば、テポドンがアメリカ本土にとって脅威になれば韓国に頼らずに、北朝鮮を空爆すると思います。

北朝鮮とすれば↑のようになれば、自分達が秒殺されることは十分に理解しています。ですので結局、半島内の小競り合い程度しかできないと思います。

アメリカも日本も韓国は自由主義圏にあると認識しています。逆に中国と北朝鮮は反民主国家であるとの認識です。アメリカは日本が韓国と協調路線へ向かうことを望んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2014/04/19 10:21

>>従って日本と結託して不参戦の理由として日本の基地が使用できないことを言う可能性があるのでは?



韓国は、昔のような中国の属国になることを望み、米軍からの軍事的な要望を蹴飛ばし、中国の要望を受け入れてきています。
ですから、日本が「敵国である韓国を救うために日本の基地を米軍に使用させない」という判断があっても不思議ではないと思います。
また「朝鮮戦争は、内戦だから、日本が介入してはいけない」という考え方もあるでしょうし。

米国としては、「日本が基地を使わせてくれないから韓国に出兵できない」というのは、建前としては、困るけど、本音としては嬉しいのではないでしょうか?

米軍としては、韓国(朝鮮半島)は、もう中国領だと考えている気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>ですから、日本が「敵国である韓国を救うために日本の基地を米軍に使用させない」という判断があっても不思議ではないと思います。

韓国が中国の属国になれば日本との関係は良くなるのでは?

お礼日時:2014/04/19 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング