初心者ですが有償で将棋を教えてくれる道場や教室のようなところはありますか?
東京都内です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

有償で将棋を習いたいということであれば、プロ棋士の教室やカルチャーセンターの将棋教室などがあります。

後者は書くカルチャーセンターの案内をご覧いただければ、費用・回数・場所・時間などがわかります。前者の場合は、そうですね「将棋世界」という雑誌がありますから(蛇足ですが、将棋に上達したいなら買って損はない雑誌です)そこにのっている「プロ棋士の道場・教室」というのをさがしてみてください。

さて、参考URLは日本将棋連盟のHPですが、この中の「将棋教室」というボタンをクリックしてみると初心者向け教室の案内も出ています。

もっとお金を出してもかまわないなら「棋士派遣」を依頼するのも良いかもしれません。または、個人的にプロ棋士に接触して指導をお願いするのも一つの手です。
ただ、誰でも名前を知っているような有名プロは対局が忙しくてそういう暇がないですからあまり知られていないプロということになります。(でも強いですよ)
もう一つは、将棋の道場へ行って相談してみるのもよいかもしれません。

将棋好きが一人でもふえることは歓迎です。がんばってくださいね。

参考URL:http://www.shogi.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有益なHP教えていただきありがとうございます。
「将棋世界」見てみます。恐らく棋士派遣するほどの腕前ではないでしょう(笑)。カルチャーセンターですか、近くの地域センターにでも行ってみればいいのかな。
色々参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 07:07

日本アマチュア将棋連盟の道場案内↓


http://internet.shogidojo.com/amaren/dojo/dojo_t …
地図、電話番号などの基本情報の他に、初心者教室の有無もわかります。

普及に力を入れている指導棋士のページ↓
http://www.interq.or.jp/dragon/onigiri/
特に初心者指導に力を注いでいます。

個人的にお勧めする道場のページ↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~chidori/
「上達への近道」というコーナーに教室、実戦塾の案内があります。

参考URL:http://internet.shogidojo.com/amaren/dojo/dojo_t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になるHPを教えていただきありがとうございました。
日々精進したいと思います。

お礼日時:2001/06/05 19:55

東京都内であれば、区広報等にイベントとして出てるようです。

(無料が多い)

道場(クラブ等)は初級クラス5級位から始めるのが一般的のようですが、それ以下だと相手にしてくれる人が少なくなるようです。

ルールが分かって、ある程度対戦した経験があってだいたい10級位ですね。

将棋等は定跡を最初に覚えると途中で挫折される方が多いようです。定跡のみにとらわれて変化に追い付かないのが実情かもしれません。
出来れば、我流で5級~3級位まで楽しみながら覚える方が実力はアップするようです。
その後に定跡を覚えると定跡の変化が分かるようになってきます。

コンピュータのソフトでも結構楽しめますし、駒落ち将棋も出来ます。

場所によって異なりますが実力目安はだいたい

10級~6級=初心者
5級~3級=初級者
2級~2段=中級者
3段~5段=上級者(5段はアマ最高段位)

奨励会(プロ養成)アマ4,5段クラスが5,6級で入会、最高3段まで
4段になってプロになれますが年齢制限があります。

この回答への補足

nintokuさんありがとうございます。色々お聞きしたいことはあるのですが質問の上塗りになるので別スレッドをたてようと思います。

補足日時:2001/06/05 07:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪で将棋ができるところ

将棋にはまってしまいました・・

毎日、ネットで将棋を打っているのですが、実際の駒を使って対面で将棋を打ちたいと思います。

最近、大阪(梅田近辺)に引っ越してきたのですが、将棋道場など将棋を打てるところを教えてください。

天王寺は将棋のメッカだと聞いたので行ってみたいのですが、天王寺に対するイメージが悪く、近づきにくいです^^;
安心して将棋が打てるなら、天王寺近辺を教えてください。

それと、将棋道場、将棋サロン、将棋クラブetc..いろいろあるようですが、違いや料金システムがわかりません。

上記のようなところは、雀荘のようにお金を賭けることが暗黙の了解なのでしょうか??
行ったことがないので、全然わかりません。。

まだまだ初心者ですので、単純に将棋を楽しみたいだけです。

大阪で安心して将棋を打てる所を教えてください。
また、料金システムやマナーなど、何も知らないので、初心者の私に教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方がおっしゃっているように、
今は公然と賭け将棋をやっているようなところはありませんので、
どこの道場に行っても、心配するようなことはありません。

場所によって多少の差異はあるかもしれませんが、
一般的な対局までの流れは、おおむね以下のようなパターンです。

http://homepage2.nifty.com/okachimachishougi/doujou.htm

なお、この例の御徒町将棋センターは、かなり規模の大きなところですので、
同レベルでの組み合わせが容易なため、駒落ちは無いようですが、
規模の小さなところでは、タイミングよく同レベルの相手がいない場合、
駒落ちでの対局もあるかもしれません。

ご自身の棋力(段級位)が不明の場合、
受付で相談すれば、ネット対局でのレートなどを参考に仮の段級位がもらえると思います。

席料(入場・対局に必要な費用)は道場によって異なりますが、
一般的には1日で1,000前後です。(夕方から行くと割引があったりします。)

大阪の将棋道場はよく知りませんので、以下のサイトで探してみてください。
http://www.shogitown.com/dojo/top-d.html
http://www.shogidojo.net/amaren/dojo/dojo_top.html

将棋道場(クラブ)をやっているような人は、たいてい普及にも熱心ですので、
事前に電話で問い合わせをすれば、
料金、不安なこと、その他わからないことも親切に教えてもらえると思います。

No.1の方がおっしゃっているように、
今は公然と賭け将棋をやっているようなところはありませんので、
どこの道場に行っても、心配するようなことはありません。

場所によって多少の差異はあるかもしれませんが、
一般的な対局までの流れは、おおむね以下のようなパターンです。

http://homepage2.nifty.com/okachimachishougi/doujou.htm

なお、この例の御徒町将棋センターは、かなり規模の大きなところですので、
同レベルでの組み合わせが容易なため、駒落ちは無いようですが、
規模の小さなとこ...続きを読む

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報