私は現在中3で、堀川音楽高校の入学を希望する者です。
今は中学のブラスバンド部に入りサックスを担当しています。私の中学は毎年銀賞でそこまで強くありません。私自身も特別、上手くはないです。しかし私は将来ぷろのサックス奏者になりたいと思っていて、高校は吹奏楽部の強い学校か、京都堀川音楽高校かに、行きたいと思っています。
しかし私は下手だし、とくべつなレッスンをしているわけではありません。
部活でたくさん練習しても、ほかの中学で本格的にやっている子には叶わないと思います。でも音楽高校に入って道を切り開きたいんです。私はまだ中3になったばかりなのですが、音楽高校にどーやったら入れますか?ちなみにピアノは小2からやっていました。
それと音楽高校の入試問題はどのよーなものですか?
あとサックスのオススメの練習法があれば教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 堀川ですか? 中学生1年の入学式の時に伝えられた所かな?



 ピアノの試験などあるようで、1年の時から受験対策が始まるようです。説明会なども含めて。後からというと大変だからということでした。我が子は音楽の道には進まないので用紙をもらっていなかったのですが。

 進路指導の先生に聞くしかないかな。吹奏楽がというと何とかなりそうだけど、音楽に特化している高校は大変そうです。
    • good
    • 0

今中3なのでしたら、もう受験まではほとんど時間がありません。


こんなところで文章での回答を待つよりも、志望校の受験パンフレットを取り寄せて下さい。

あと、高校のレベルにもよりますが下手な人は受からないと思います。
質問者さんのレベルはここで誰に聞いてもわからないと思いますので、それもまた部活の顧問の先生に聞くなどして正確な情報を得て下さい。
音楽の先生でしたら音大出身者だと思いますから、色々教えてくれると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽高校受験について教えてください

こんにちはクリックありがとうございます。
来年受験なのですが、音楽高校に入りたいとおもっています。
それで、入りたい高校の選抜方法が

☆作文・聴音、または新曲視唱
☆コールユーブンゲン
☆専門別実技(声楽はピアノも)
☆調査書
☆保護者同伴面接

と書いてありました!
それで上の2つの意味が分からず困っています。
あとピアノをならっていなくとも合格できるでしょうか??
ちなみにtrumpetで音楽高校に行こうとしています。

Aベストアンサー

他の方への回答のお礼を読ませていただきましたが、専攻のトランペットは、先生についていないとの事ですが、それで、音楽学校は、ちょっと無謀ではないでしょうか?

ご家庭の経済的な理由でとありますが、音楽学校は公立でも学費の他に先生へお礼や先生のコンサートのチケットなど色々お金が必要になります。

また、音楽高校だけ卒業してもあまり意味がありませんので、音楽大学受験の勉強で、その準備の為の費用が別に必要になります。

お家に経済的な余裕がないと、音楽高校は無理だと思います。
たぶん保護者同伴面談では、学校から金銭的な確認(研修旅行など学費以外に必要)が保護者にあると思いますよ。

聴音・新曲視唱・コールユーブンゲンなども自己流では、合格ラインは難しいと思います。

保護者の方は、ayapekoさんが音楽高校を受験されることをどうお考えでしょうか?
私は、何十年も前ですが、音楽高校受験を中学の先生に相談した時に、先生が両親にお金がかかりますが、大丈夫ですか?と聞いていました。
私の場合は、両親が了解してくれて、受験に必要な学科はすべて専門の先生について、中学2年生から勉強する事ができました。

高校は普通科に行かれて、大学で音大を目指されたら、アルバイトなどで学費も少しは自分でも用意出来ると思います。

厳しい事を書いて、ごめんなさい。
でも、夢が叶うように努力してくださいね。

他の方への回答のお礼を読ませていただきましたが、専攻のトランペットは、先生についていないとの事ですが、それで、音楽学校は、ちょっと無謀ではないでしょうか?

ご家庭の経済的な理由でとありますが、音楽学校は公立でも学費の他に先生へお礼や先生のコンサートのチケットなど色々お金が必要になります。

また、音楽高校だけ卒業してもあまり意味がありませんので、音楽大学受験の勉強で、その準備の為の費用が別に必要になります。

お家に経済的な余裕がないと、音楽高校は無理だと思います。
た...続きを読む

Q堀川音楽高校 入試 必修ピアノ

私は、ピアノやチェンバロの専攻を目指していないので、必修ピアノを受験します。ピアノは8年やってましたが、最近は教室を辞めて、自由気ままに好きな音楽を弾いています。ところで、必修ピアノとはどれほどのレベルなのでしょうか、初見で弾く訳ではないので、安心はしていますが、過去にどのような曲を課されたのですか?

Aベストアンサー

情報を集めてみました。

必修ピアノはレベルが高く、小さな頃からのレッスンはもちろん、堀越の先生に師事されている方が多く、合格者のほとんどがそのようです。(ですが、全員ではないですよ。)

過去の課題曲は、ハノンのスケールとアルペジオ、バッハの平均律、モシュコフスキーの15のエチュード、ベートーヴェンのソナタ1楽章…らしいですが、パンフレットを取り寄せて確認した方がいいですね。

受験用のレッスンと考えて、誰かに師事した方がいいのではないかな?と思いました。

Q子供が音楽系の高校・大学に進みたいといっていますが・・・費用について教えてください

今年中学2年生の娘が 高校から音楽系の学校に進みたいと言い出しました。ピアノの先生からは 今から受験の準備をすれば 間に合うので がんばりましょうと言われています。親としても 本人が希望しているのであれば なんとか行かせてやりたいと思っているのですが 我が家はサラリーマン家庭。音楽系の学校は 何かと費用がかかると聞いていて心配しています。
学校資料などを取り寄せて 調べてみましたが 記載されている以外にどのような費用が いくら位必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。人事だと思えなかったので。
はい。本当に何かと費用がかかります。
学費やコンクールや先生のコンサート、あと楽譜や衣装それといい楽器も必要。。。
とにかく何かをするだけでお金が死ぬほどかかります。

私立音大ならなおさらです。

学費もそれなりですし。

違う都道府県の大学にいく場合には新幹線、または夜行バス、飛行機などを使い受ける大学の教授のもとへレッスンに行かなければならなくなります。

付属高校で無い限り。交通費がかかります。

もちろんレッスン料もピアノの場合だと東京の場合だと1レッスン3時間ぐらいで50000円だと私の先生が言っていました。

私はピアノではありませんが東京に講師の先生がおられるため高2の半ばぐらいから1ヶ月に一回ほど先生の所に行かなければありません。

もちろん私の母もかなりやりくりに苦労していると思います。

なのでなかなか東京にレッスンに行かなきゃいけない。と言うことをなかなか言い出せないのです。

もうこれ以上迷惑かけたくないのです。本当にかわいそうだと思いますね。

母の苦労している姿を見ると私は何をしているのかと思います。もちろん自分の夢に向かっているわけなのですが。

なので私はまだ楽器を始めて一年目なのに先生に『家庭の事情で親に公立の芸大しかだめって言われました。』と言い『本当によろしくお願いします。』と言い頭を下げました。

そうしたら『やれば良いじゃん!!こちらこそよろしくお願いします。目標は高めにね。』と言われて初めて目が覚めてもう今の状態では通用しないんだ。

とおもいました。そのせいで毎日の練習時間が増えました。とにかく受験では自分の納得いく演奏が出来ればいいや!!と思っています。

娘様のレベルは分かりませんが先生に『頑張りましょう』と言われたならば頑張ってみれば道は開けると思います。

ある人(ピアノの先生)が母に言っていたのですが

『お嬢さんが行きたい、やりたいと思っているなら塩なめても学校に通わせて上げるべきです。
そうすれば彼女も花開きますよ。必ず恩返ししてくれますよ。』

と私の母に言っていました。
なのでとにかく今娘様のやりたいことをやらせてあげるべきではないでしょうか。

私も思ったのですが中学まで夢も何も持たずにいきていました。
そのため成績は常に最下位。学校の先生からも見放されていました。

でもいま将来の夢というものをもてたことで毎日が充実したものとなっています。
もちろん高校に入ってから着々と成績も上がり今では偏差値が10上がりました。

夢の力は凄いなぁと思いました。

私は今そう言うことが出来ていることがとっても幸せに思います。

親身になって相談に乗ってくれるいい先生にも恵まれて。まぁもちろん悩みもありますが。

時々自分の将来について不安になりなきそうになるときもあります。でも今までに無いくらい幸せです。

長くなりましたがお母様も娘様も夢に向かい頑張ってください。一番は努力ですよ!!

こんにちは。人事だと思えなかったので。
はい。本当に何かと費用がかかります。
学費やコンクールや先生のコンサート、あと楽譜や衣装それといい楽器も必要。。。
とにかく何かをするだけでお金が死ぬほどかかります。

私立音大ならなおさらです。

学費もそれなりですし。

違う都道府県の大学にいく場合には新幹線、または夜行バス、飛行機などを使い受ける大学の教授のもとへレッスンに行かなければならなくなります。

付属高校で無い限り。交通費がかかります。

もちろんレッスン料もピアノ...続きを読む

Q首都圏の音大付属高校又は音楽科のレベルについて

中1の娘が音高受験を考えており、現在その方向で準備を進めております。
初歩の頃より国立音大卒の先生に就いてきたので、娘の中では音高=国立という図式が出来ていましたが、中学に入り音楽の先生が東京音大卒という事で他の学校にも目を向けるようになりました。
私自身そちらの情報にはあまり精通していないので、
掲題のとおり首都圏における音高各校(国公立及び私立も含めて)の技術レベルでのランキングがわかりましたら
教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

芸高は、課題にエチュードがたくさん出ます。
エチュードとは音階だとか、バッハだとか練習曲的なものです・・・
エチュード試験を合格すると、表現力も見る第2次へ進めると言う話を聞きました。
(ちょっとあやふやですが、感じだけでも・・・)
印象としては「技術の芸高」という感じです。


桐朋も課題は多いようですが・・・
ベートーヴェンのソナタとショパンのエチュードとか。
私は弦専攻ですが、技術は当時そんなになかったものの、表現力でかろうじて合格しました・・・

都芸は、グループで言えば【個人差】のグループに入ると思います。個人的には都芸より国立の方がいいかなーなんて思いますが。

今お嬢様は中1だそうですね。
学校をみてまわるためにも、そろそろ各学校の冬期講習・夏期講習を受けることをお勧めします。
学校のレベルとお嬢様のレベルの比較もできますし、学校見学、校風を知ることにもつながります。

東京音大の校風については、今知り合いの東京音大生に問い合わせ中(笑)なので、わかり次第書き込みます。

Qショパンエチュードは何番から弾けばいいですか?

ショパンエチュードを弾きたいのですが
どの順番に弾くべきでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

自分の演奏技量と相談しながら弾きたい曲、苦手なテクニックの含まれている曲を弾いていけばいいのではないでしょうか。
ショパンのエチュードを弾けるレベルなら曲の難易度は楽譜をみたりちょっ弾いたりするだけで分かると思いますので自分でランクづけして順番にひくのもいいと思います。


私のお勧めですが良かったら参考にしてください。
ショパンのエチュード集を買ったらまずはop.10、op.25に挑戦する前に3つの新しい練習曲を練習するといいと思います。
3曲とも簡単なのでしっかり仕上げると後々の自信になりますし。
それが終わったらop.10-6,9、op.25-1,2,9あたりが割と簡単な部類なのでここら辺から挑戦します。
つぎは有名どころ「別れの曲」「革命」「黒鍵」は中間レベルなので10曲前後弾けるようになってから弾くといいと思います。
残り数曲になったら「木枯らし」が弾けると思います。
「木枯らし」はテクニック的にも表現的にも難曲ですので最後の目標にとっておくといいでしょう。


エチュードの難易度で参考になりそうなサイトを紹介しておきます。
http://wagamamamoru.ciao.jp/echo/diffi002.html
http://www10.plala.or.jp/frederic3/work/etude.html

自分の演奏技量と相談しながら弾きたい曲、苦手なテクニックの含まれている曲を弾いていけばいいのではないでしょうか。
ショパンのエチュードを弾けるレベルなら曲の難易度は楽譜をみたりちょっ弾いたりするだけで分かると思いますので自分でランクづけして順番にひくのもいいと思います。


私のお勧めですが良かったら参考にしてください。
ショパンのエチュード集を買ったらまずはop.10、op.25に挑戦する前に3つの新しい練習曲を練習するといいと思います。
3曲とも簡単なのでしっかり仕上げると後々の...続きを読む

Q音大受験のお礼について教えてください

娘が音大受験をいたします。
私(母親)は素人ですので、音大受験の常識がよくわかっておりませんので、色々教えていただきたいと思います。

(1)ネットで色々なサイトを見ていると、音大受験合格後は、お世話になった先生にかなりの額のお礼を渡すようです。
娘は近々、併願可の入試を受験するのですが、第一志望の音大の試験はまだ先になります。今回の入試は「多分大丈夫でしょう」と言われているのですが、そこで合格した場合、先生にはその時点で一度お礼をしたほうが良いのでしょうか? また、どの程度の金額が一般的なのでしょうか?
額については、見るサイトによってかなりの幅があるので、判断しかねています。

(2)現在は、小学校時代から見て下さっている地元の先生と、受験指導をお願いしている先生の、2人の先生についています。(ちなみに、どちらの先生も、お中元・お歳暮の類をお渡しすると、とても恐縮された様子をされるので、「多額のお礼だとかえって失礼なのかしら?」とも思ってしまいます。)
音大講習会の時には、受験指導の先生からその大学の先生を紹介していただいてレッスンを受けました。この時の先生にもお礼をするべきなのでしょうか? この先生は、講習会の時など、娘の実力などについて、受験指導の先生と連絡を取り合ってくださったようです。


どうぞよろしくお願いいたします。

娘が音大受験をいたします。
私(母親)は素人ですので、音大受験の常識がよくわかっておりませんので、色々教えていただきたいと思います。

(1)ネットで色々なサイトを見ていると、音大受験合格後は、お世話になった先生にかなりの額のお礼を渡すようです。
娘は近々、併願可の入試を受験するのですが、第一志望の音大の試験はまだ先になります。今回の入試は「多分大丈夫でしょう」と言われているのですが、そこで合格した場合、先生にはその時点で一度お礼をしたほうが良いのでしょうか? また、どの程度...続きを読む

Aベストアンサー

今回の併願校と本命校の入試が近ければ一度にお礼を済ませることができますが、間が開いているとむずかしいですね。
地元先生と受験指導の先生へのお礼はすべての入試が終わり、進学先が決まった段階でもいいでしょう。

講習でお世話になった先生とは面識はありますか?
もし講習以外での個人レッスンがないのであれば、
講習のみの先生までお礼が必要かどうかは疑問に感じますが、
今後どんなことでつながりができるかわかりませんし、連絡を取ってくださった受験指導の先生にも迷惑がかからないように、こちらの気持ちを伝える意味でお礼をなさったほうがいいかもしれません。

金額ですが、無理をすることはないですよ。
日頃のレッスン代の額にもよりますが、あまり大げさにすることはありません。こちらの感謝の気持ちを伝える意味でのお礼ですので。
ワンレッスン制なら2~3回分(ワンレッスンが1万円なら2万円か3万円)
月謝制なら1ヶ月分が妥当だと思います。

Q関西の4年制大学の音楽学部(音楽学科)について

関西にある4年制大学で音楽を学べるのは、知る限りエリア順に京都市立芸術大学、同志社女子大学、大阪音楽大学、大阪芸術大学、相愛大学、神戸女学院大学、武庫川女子大学だと思います。
音楽学部は学力が重視される他の学部学科より実技のウェイトが高い分、受験時の判断材料となる材料が偏差値中心に考えると判りにくく思います。
学力は予備校等が出している偏差値ランキング等である程度知る事ができますが、実技のレベル、教授陣のレベルは情報が少なくて、知人が受験希望の子供と共に判断しかねています。
厳密には専攻楽器にもよると思いますが、もっとざっくりで良いので、各大学を受験する際の実技のレベルと教授陣のレベルをお教え下さい。
因みにその子は器楽の中で鍵盤打楽器を専攻したいようです。

Aベストアンサー

家が金持ちかどうかと楽器の腕前に関連性はないでしょうから、国公立と私立、両方受かれば、少なくとも貧乏人は国公立を選ばざるを得ないでしょう。
また、首都圏の人口と関西の人口は2:1です。
首都圏の難関音大を3つとすると、関西の難関音大は、あっても二つも無いだろうと想像します。
それだけの市場規模、ということです。
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#00fe00000000-00000--l-18/69
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#0000007e0000-00000--l-18/69
やはり全体で1/3のようです。
おそらく各校のレベル差も、関東の三校分が関西の一校分となりそうです。
更に、少子化で受験生数が約半分強になっているとすると、関西の一校分は昔の関東の五校分に相当しそうです。
関東であっても六番目以降の音大は、そろそろ何だかなぁとなっていたのではないでしょうか。
普通の専攻であっても、関関同立とか、早慶上智MARCH成成明学とか、数としてはそんな感じになるわけで。
そこより下だと。

また、基本的に偏差値は関係ないとは思いますが、それにしても、代ゼミや進研で偏差値40を割るところがあるなら、それはちょっと拙いだろうと想像します。
大学入試基礎と言うよりは公立高校入試に毛が生えた程度の問題(昔の武蔵野音大の問題のこと)すらこなせない受験生でも入れざるを得ない状況である可能性が大です。
なお、プロの音楽家、に対して、所詮音大入試だろう、と言えるような子で、関西の私立音大を考えられる家計の状態であれば、東京藝大を視野に入れるんじゃないかと思います。

というわけで、どこがどうか判らないのは、おそらく、トップを除けばぐだぐだだからだろうと思います。想像ですがね。
わざわざ東京や大阪や京都に出てまで来てくれる音大と、それなら地元にあれば地元で、という音大とで違うことになりそうです。
学費が高いですから、地元で済むなら地元でと考えがちになるはずです。
まして、女の子を家から出したくないと考える親も多いでしょう。
学費だけではない、家で練習できる住環境となると、更にお金がかかるわけです。
極普通の私立文系の選択と学費の壁の高さが違うわけです。
それでも大阪や京都に、という大学とそうでない大学のギャップは広がりそうです。五校分では済まないかも知れません。

偏差値というのは、学力がどうなのか、どこになら受かりそうか、という大変便利な指標です。
音楽に於いて、そういう指標は存在しませんので、ここで情報を集めるのはまるで無駄なことです。
たぶん東京藝大であっても、基礎しか問うてない「つもり」だろうと思います。
勿論、東大入試であってもそうです。
物の見方は見る人の実力によって変わってしまうのです。
私も二年浪人して、入試問題ならある程度こなせるようになってみると、関関同立の問題など、必要な基礎すら問うていない、としか見えなくなりました。
現役時は殆ど宇宙人の言語にしか見えなかったのですがね。
それで大学四年になってみると、指導教員から、基礎が全くできてない、と叱られるわけです。
世の中そういう物です。
その子にとって、もの凄く高度な技術が、関西No.1の音大入試で箸にも棒にもかからないことは十二分にあり得ることですし、逆に、特に変わったことはしてないんだがなぁという状態なのに、どこの音大でも(というのはさすがに難しいか)通用してしまうことだってあるでしょう。
東大に行く人で少なくないのは、質・量ともにもの凄い勉強をした人ではなく、勉強ならできちゃうんで何だか知らないが東大というところに来ることになった人でしょう。
音楽のトップレベルならなおのことでしょう。
私の横で吹いていた奴もそう。
「どうやったらできるんだ?」「いや、特に何かした訳じゃないんだが...」それでできてしまうんです。
私が東京藝大に受かろうと思ったら、私にとってのスーパーテクニックを要求されることになり、一日72時間の練習が必要となるでしょう。
でも、葉加瀬太郎なら「基礎だけ」やっていれば苦労せずに受かるのかも知れません。
葉加瀬太郎が基礎だけできていれば受かる、と言ったとして、それを私が真に受けて準備すれば、私は数年間棒に振ることになります。
ここでも良くありますが、早稲田志望ですが、と言うくらいだから学力もそんなもんなんだろうと思って適当なアドバイスをするおっちょこちょいが少なくないのですが、よくよく質問者の学力を確かめてみれば、関大どころか近大も危ないような学力で、それからするとまるで不適当なアドバイスが山のように並ぶことがあります。
どういう力量の人がどうなのか、です。
楽観的な間違った情報を混ぜ込む事に対する危険性をきちんと考えているでしょうか。
音大美大に関してはどういう力量かが判らない時点で、ここでの情報収集は無理です。
おそらくは多くの大学がぐだぐだな状態でしょうから、となれば、どういう音楽、どういう方向性の教員が、どこにいるか、ということになるのかもしれません。
いずれにせよ、実力が伴わなければ絵に描いた餅ですので、音大予備校や、音大受験向けのレッスンの先生に、相談しない理由がどこかにあるのでしょうか。前も後もないでしょう。
音大というマイナーな進路の中でも、鍵盤打楽器という更にマイナーな進路です、偶然を除けば情報は集まらないと見ます。
早稲田だ慶應だ同志社だ東大だ京大だ、このくらいなら情報が集まるかも知れませんが。(おそらく同志社でもう苦しいでしょうけど)

また、音大を出てもどうにかなる、のであれば、他を出ればもっとどうにでもなる、ということでしかありません。
原理的に、音大卒の就職が文学部卒を上回ることはありません。
特に、関西No.1音大と、関西No.1文学部(京大ね)を比べてしまえば。同偏差値ランクの文学部と比べて不利、という感じでしょう。
一部成功者の話を鵜呑みにするのは、上記の通り危険なことです。
卒業後、音楽の道に進まないのであれば、どうしてそっちの準備をしなかったのですか?ということにしかなりませんし。
成功する人が居ないとは言いませんが。失敗する人が多すぎるだろうと思います。
成功したらどうなのか、失敗したときはどうするのか、その割合は。工学系、社会科学系、文学系、等々と比較しながら考えることだろうと思います。

家が金持ちかどうかと楽器の腕前に関連性はないでしょうから、国公立と私立、両方受かれば、少なくとも貧乏人は国公立を選ばざるを得ないでしょう。
また、首都圏の人口と関西の人口は2:1です。
首都圏の難関音大を3つとすると、関西の難関音大は、あっても二つも無いだろうと想像します。
それだけの市場規模、ということです。
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#00fe00000000-00000--l-18/69
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#0000007e0000-00000--l-18/69
やはり全体で1/3のよう...続きを読む

Q国立の音大

国立の音大はどこがありますか?
いま、中学生なんですが、受験したく思います。
試験はどんなことがありますか?
ピアノだけで楽器はokですか?

Aベストアンサー

音楽大学の試験にはいろいろなものがあります。
国立だとセンター試験(2~3科目)、個別試験(英語・国語などの筆記試験・和声・楽典・小論文など学校や学科によって違いますが)、ソルフェージュ(新曲視唱・聴音)、実技試験(ピアノ科だったらピアノ、それ以外の場合は副科実技でピアノの試験があります)などです。※これは参考までに東京芸大の楽理を受けたときのものです。
私立だと専攻実技・ソルフェージュ・筆記(和声・楽典)ぐらいじゃないでしょうか。
私立の音楽大学はお金がかかるので国立を探しているのでしょうか?でしたら、国公立では以下の4大学があります。
東京芸術大学 音楽学部 国立大学 東京
愛知県立芸術大学 音楽学部 公立大学 愛知
京都市立芸術大学 音楽学部 公立大学 京都
沖縄県立芸術大学 音楽学部 公立大学 沖縄
ご存知の東京芸大はもちろんいちばん難しいですが、愛知の県芸もレベルが高い(併願する人が多いようです)です。
私大は難易度がピンきりです。楽器によっても差がありますが、ピアノなら桐朋・国立(くにたち)・東京音大ディプロマなどが有名です。レッスンを受けている先生の大学を受ける、あるいは行きたい大学の先生のレッスンに通うというパターンになります。(国立でもあてはまりますが)
教育学部の音楽科は教職免許取得ができますが、専門性という意味では卒業後に音楽の仕事をしたい場合には苦しいです。
ピアノ科は受験者が多いので倍率も自然に高くなります、併願する学校と課題曲が違えばそれだけ多くの曲に取り組まなければいけなくなり、負担がかかります。そのため少数にしぼって受験し、浪人する人も少なくありません。就職のことまで考えると音大は厳しいです。
でも、好きなことを深く学ぶところが高等教育機関である大学だと思います。ぜひ頑張ってください。

音楽大学の試験にはいろいろなものがあります。
国立だとセンター試験(2~3科目)、個別試験(英語・国語などの筆記試験・和声・楽典・小論文など学校や学科によって違いますが)、ソルフェージュ(新曲視唱・聴音)、実技試験(ピアノ科だったらピアノ、それ以外の場合は副科実技でピアノの試験があります)などです。※これは参考までに東京芸大の楽理を受けたときのものです。
私立だと専攻実技・ソルフェージュ・筆記(和声・楽典)ぐらいじゃないでしょうか。
私立の音楽大学はお金がかかるので国立を探し...続きを読む

Q桐朋女子高等学校音楽科について

最近、ちょっと信じがたい情報を仄聞しましたので、質問します。音楽を志す者にとっては信じられないようなことなのですが、あの桐朋女子高等学校音楽科が最近定員割れをしているというのですが、本当なのでしょうか?とても信じられません!どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

子供が桐朋にお世話になっています。確かに定員割れしていますが、入学者のレベルは上位グループは↑していると思います。というのは、ここ数年、桐朋の子供の音楽教室で学んだ小中学生の全国コンクール上位入賞者がほとんどそのまま桐朋音学高校に入学しているからです。定員が多く、レベルの差はありますが、やはり入学レベルに達しない人は合格できないでしょう。

Qショパンの黒鍵のエチュードって難しいのでしょうか?

私の彼が、ショパンの黒鍵のエチュードを練習してます。

何だか発表会で弾くとか。

恥ずかしながら、私はピアノが全くわかりません。

この曲って難しそうに聴こえますが、実際のところはどうなんでしょう?

ちなみに彼は普通の理工系出身のエンジニアですが。。。

Aベストアンサー

発表会でショパンのエチュードを弾くのはある意味かなり勇気がいります。
エチュード=練習曲 ですので、テクニックを習得する曲なのですが、ショパンのエチュードは無味乾燥としたややもすると退屈な練習曲を芸術性のあるものに変えてしまった画期的な練習曲集です。

単なる機械的テクニックのみならず、音色の使い分け等の芸術性も要求されます。
特に一定の速度で弾かないと少々みっともないので、そういう意味からもこれを発表会で弾くのはピアノ教師でも躊躇される方が多いです。

因みにこの黒鍵のエチュードはショパンのエチュードの作品番号10に収められている5番です。
上達の早い子なら中学生くらいで弾いちゃいます。エチュード27曲中では比較的安易に弾けるレベルですが、そもそもショパンのエチュードはレベルが高いので、その中では「弾きやすい曲」という意味です。

難しいエチュードには作品25-6番, 25-11番、10-2番あたりが御三家とも言われたりしますが、この黒鍵のエチュードは題目の通り、1か所除いてすべて鍵盤が細い黒鍵を高速で弾く曲です。人によって体感的難易度は様々ですが、中級者が簡単に弾ける曲ではありません。これを発表会に弾かれるのは中上級者以上のレベルの方として考えてよろしいかと思います。

因みに私も発表会で以前エチュードの10-1番を弾いて高速に弾きすぎて慌てた口でした(笑)

発表会でショパンのエチュードを弾くのはある意味かなり勇気がいります。
エチュード=練習曲 ですので、テクニックを習得する曲なのですが、ショパンのエチュードは無味乾燥としたややもすると退屈な練習曲を芸術性のあるものに変えてしまった画期的な練習曲集です。

単なる機械的テクニックのみならず、音色の使い分け等の芸術性も要求されます。
特に一定の速度で弾かないと少々みっともないので、そういう意味からもこれを発表会で弾くのはピアノ教師でも躊躇される方が多いです。

因みにこの黒鍵のエチュ...続きを読む


人気Q&Aランキング