私は現在中3で、堀川音楽高校の入学を希望する者です。
今は中学のブラスバンド部に入りサックスを担当しています。私の中学は毎年銀賞でそこまで強くありません。私自身も特別、上手くはないです。しかし私は将来ぷろのサックス奏者になりたいと思っていて、高校は吹奏楽部の強い学校か、京都堀川音楽高校かに、行きたいと思っています。
しかし私は下手だし、とくべつなレッスンをしているわけではありません。
部活でたくさん練習しても、ほかの中学で本格的にやっている子には叶わないと思います。でも音楽高校に入って道を切り開きたいんです。私はまだ中3になったばかりなのですが、音楽高校にどーやったら入れますか?ちなみにピアノは小2からやっていました。
それと音楽高校の入試問題はどのよーなものですか?
あとサックスのオススメの練習法があれば教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 堀川ですか? 中学生1年の入学式の時に伝えられた所かな?



 ピアノの試験などあるようで、1年の時から受験対策が始まるようです。説明会なども含めて。後からというと大変だからということでした。我が子は音楽の道には進まないので用紙をもらっていなかったのですが。

 進路指導の先生に聞くしかないかな。吹奏楽がというと何とかなりそうだけど、音楽に特化している高校は大変そうです。
    • good
    • 0

今中3なのでしたら、もう受験まではほとんど時間がありません。


こんなところで文章での回答を待つよりも、志望校の受験パンフレットを取り寄せて下さい。

あと、高校のレベルにもよりますが下手な人は受からないと思います。
質問者さんのレベルはここで誰に聞いてもわからないと思いますので、それもまた部活の顧問の先生に聞くなどして正確な情報を得て下さい。
音楽の先生でしたら音大出身者だと思いますから、色々教えてくれると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽高校受験について教えてください

こんにちはクリックありがとうございます。
来年受験なのですが、音楽高校に入りたいとおもっています。
それで、入りたい高校の選抜方法が

☆作文・聴音、または新曲視唱
☆コールユーブンゲン
☆専門別実技(声楽はピアノも)
☆調査書
☆保護者同伴面接

と書いてありました!
それで上の2つの意味が分からず困っています。
あとピアノをならっていなくとも合格できるでしょうか??
ちなみにtrumpetで音楽高校に行こうとしています。

Aベストアンサー

他の方への回答のお礼を読ませていただきましたが、専攻のトランペットは、先生についていないとの事ですが、それで、音楽学校は、ちょっと無謀ではないでしょうか?

ご家庭の経済的な理由でとありますが、音楽学校は公立でも学費の他に先生へお礼や先生のコンサートのチケットなど色々お金が必要になります。

また、音楽高校だけ卒業してもあまり意味がありませんので、音楽大学受験の勉強で、その準備の為の費用が別に必要になります。

お家に経済的な余裕がないと、音楽高校は無理だと思います。
たぶん保護者同伴面談では、学校から金銭的な確認(研修旅行など学費以外に必要)が保護者にあると思いますよ。

聴音・新曲視唱・コールユーブンゲンなども自己流では、合格ラインは難しいと思います。

保護者の方は、ayapekoさんが音楽高校を受験されることをどうお考えでしょうか?
私は、何十年も前ですが、音楽高校受験を中学の先生に相談した時に、先生が両親にお金がかかりますが、大丈夫ですか?と聞いていました。
私の場合は、両親が了解してくれて、受験に必要な学科はすべて専門の先生について、中学2年生から勉強する事ができました。

高校は普通科に行かれて、大学で音大を目指されたら、アルバイトなどで学費も少しは自分でも用意出来ると思います。

厳しい事を書いて、ごめんなさい。
でも、夢が叶うように努力してくださいね。

他の方への回答のお礼を読ませていただきましたが、専攻のトランペットは、先生についていないとの事ですが、それで、音楽学校は、ちょっと無謀ではないでしょうか?

ご家庭の経済的な理由でとありますが、音楽学校は公立でも学費の他に先生へお礼や先生のコンサートのチケットなど色々お金が必要になります。

また、音楽高校だけ卒業してもあまり意味がありませんので、音楽大学受験の勉強で、その準備の為の費用が別に必要になります。

お家に経済的な余裕がないと、音楽高校は無理だと思います。
た...続きを読む

Q堀川音楽高校 入試 必修ピアノ

私は、ピアノやチェンバロの専攻を目指していないので、必修ピアノを受験します。ピアノは8年やってましたが、最近は教室を辞めて、自由気ままに好きな音楽を弾いています。ところで、必修ピアノとはどれほどのレベルなのでしょうか、初見で弾く訳ではないので、安心はしていますが、過去にどのような曲を課されたのですか?

Aベストアンサー

情報を集めてみました。

必修ピアノはレベルが高く、小さな頃からのレッスンはもちろん、堀越の先生に師事されている方が多く、合格者のほとんどがそのようです。(ですが、全員ではないですよ。)

過去の課題曲は、ハノンのスケールとアルペジオ、バッハの平均律、モシュコフスキーの15のエチュード、ベートーヴェンのソナタ1楽章…らしいですが、パンフレットを取り寄せて確認した方がいいですね。

受験用のレッスンと考えて、誰かに師事した方がいいのではないかな?と思いました。

Q子供が音楽系の高校・大学に進みたいといっていますが・・・費用について教えてください

今年中学2年生の娘が 高校から音楽系の学校に進みたいと言い出しました。ピアノの先生からは 今から受験の準備をすれば 間に合うので がんばりましょうと言われています。親としても 本人が希望しているのであれば なんとか行かせてやりたいと思っているのですが 我が家はサラリーマン家庭。音楽系の学校は 何かと費用がかかると聞いていて心配しています。
学校資料などを取り寄せて 調べてみましたが 記載されている以外にどのような費用が いくら位必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。人事だと思えなかったので。
はい。本当に何かと費用がかかります。
学費やコンクールや先生のコンサート、あと楽譜や衣装それといい楽器も必要。。。
とにかく何かをするだけでお金が死ぬほどかかります。

私立音大ならなおさらです。

学費もそれなりですし。

違う都道府県の大学にいく場合には新幹線、または夜行バス、飛行機などを使い受ける大学の教授のもとへレッスンに行かなければならなくなります。

付属高校で無い限り。交通費がかかります。

もちろんレッスン料もピアノの場合だと東京の場合だと1レッスン3時間ぐらいで50000円だと私の先生が言っていました。

私はピアノではありませんが東京に講師の先生がおられるため高2の半ばぐらいから1ヶ月に一回ほど先生の所に行かなければありません。

もちろん私の母もかなりやりくりに苦労していると思います。

なのでなかなか東京にレッスンに行かなきゃいけない。と言うことをなかなか言い出せないのです。

もうこれ以上迷惑かけたくないのです。本当にかわいそうだと思いますね。

母の苦労している姿を見ると私は何をしているのかと思います。もちろん自分の夢に向かっているわけなのですが。

なので私はまだ楽器を始めて一年目なのに先生に『家庭の事情で親に公立の芸大しかだめって言われました。』と言い『本当によろしくお願いします。』と言い頭を下げました。

そうしたら『やれば良いじゃん!!こちらこそよろしくお願いします。目標は高めにね。』と言われて初めて目が覚めてもう今の状態では通用しないんだ。

とおもいました。そのせいで毎日の練習時間が増えました。とにかく受験では自分の納得いく演奏が出来ればいいや!!と思っています。

娘様のレベルは分かりませんが先生に『頑張りましょう』と言われたならば頑張ってみれば道は開けると思います。

ある人(ピアノの先生)が母に言っていたのですが

『お嬢さんが行きたい、やりたいと思っているなら塩なめても学校に通わせて上げるべきです。
そうすれば彼女も花開きますよ。必ず恩返ししてくれますよ。』

と私の母に言っていました。
なのでとにかく今娘様のやりたいことをやらせてあげるべきではないでしょうか。

私も思ったのですが中学まで夢も何も持たずにいきていました。
そのため成績は常に最下位。学校の先生からも見放されていました。

でもいま将来の夢というものをもてたことで毎日が充実したものとなっています。
もちろん高校に入ってから着々と成績も上がり今では偏差値が10上がりました。

夢の力は凄いなぁと思いました。

私は今そう言うことが出来ていることがとっても幸せに思います。

親身になって相談に乗ってくれるいい先生にも恵まれて。まぁもちろん悩みもありますが。

時々自分の将来について不安になりなきそうになるときもあります。でも今までに無いくらい幸せです。

長くなりましたがお母様も娘様も夢に向かい頑張ってください。一番は努力ですよ!!

こんにちは。人事だと思えなかったので。
はい。本当に何かと費用がかかります。
学費やコンクールや先生のコンサート、あと楽譜や衣装それといい楽器も必要。。。
とにかく何かをするだけでお金が死ぬほどかかります。

私立音大ならなおさらです。

学費もそれなりですし。

違う都道府県の大学にいく場合には新幹線、または夜行バス、飛行機などを使い受ける大学の教授のもとへレッスンに行かなければならなくなります。

付属高校で無い限り。交通費がかかります。

もちろんレッスン料もピアノ...続きを読む

Q国立の音大

国立の音大はどこがありますか?
いま、中学生なんですが、受験したく思います。
試験はどんなことがありますか?
ピアノだけで楽器はokですか?

Aベストアンサー

音楽大学の試験にはいろいろなものがあります。
国立だとセンター試験(2~3科目)、個別試験(英語・国語などの筆記試験・和声・楽典・小論文など学校や学科によって違いますが)、ソルフェージュ(新曲視唱・聴音)、実技試験(ピアノ科だったらピアノ、それ以外の場合は副科実技でピアノの試験があります)などです。※これは参考までに東京芸大の楽理を受けたときのものです。
私立だと専攻実技・ソルフェージュ・筆記(和声・楽典)ぐらいじゃないでしょうか。
私立の音楽大学はお金がかかるので国立を探しているのでしょうか?でしたら、国公立では以下の4大学があります。
東京芸術大学 音楽学部 国立大学 東京
愛知県立芸術大学 音楽学部 公立大学 愛知
京都市立芸術大学 音楽学部 公立大学 京都
沖縄県立芸術大学 音楽学部 公立大学 沖縄
ご存知の東京芸大はもちろんいちばん難しいですが、愛知の県芸もレベルが高い(併願する人が多いようです)です。
私大は難易度がピンきりです。楽器によっても差がありますが、ピアノなら桐朋・国立(くにたち)・東京音大ディプロマなどが有名です。レッスンを受けている先生の大学を受ける、あるいは行きたい大学の先生のレッスンに通うというパターンになります。(国立でもあてはまりますが)
教育学部の音楽科は教職免許取得ができますが、専門性という意味では卒業後に音楽の仕事をしたい場合には苦しいです。
ピアノ科は受験者が多いので倍率も自然に高くなります、併願する学校と課題曲が違えばそれだけ多くの曲に取り組まなければいけなくなり、負担がかかります。そのため少数にしぼって受験し、浪人する人も少なくありません。就職のことまで考えると音大は厳しいです。
でも、好きなことを深く学ぶところが高等教育機関である大学だと思います。ぜひ頑張ってください。

音楽大学の試験にはいろいろなものがあります。
国立だとセンター試験(2~3科目)、個別試験(英語・国語などの筆記試験・和声・楽典・小論文など学校や学科によって違いますが)、ソルフェージュ(新曲視唱・聴音)、実技試験(ピアノ科だったらピアノ、それ以外の場合は副科実技でピアノの試験があります)などです。※これは参考までに東京芸大の楽理を受けたときのものです。
私立だと専攻実技・ソルフェージュ・筆記(和声・楽典)ぐらいじゃないでしょうか。
私立の音楽大学はお金がかかるので国立を探し...続きを読む

Qショパンの黒鍵のエチュードって難しいのでしょうか?

私の彼が、ショパンの黒鍵のエチュードを練習してます。

何だか発表会で弾くとか。

恥ずかしながら、私はピアノが全くわかりません。

この曲って難しそうに聴こえますが、実際のところはどうなんでしょう?

ちなみに彼は普通の理工系出身のエンジニアですが。。。

Aベストアンサー

発表会でショパンのエチュードを弾くのはある意味かなり勇気がいります。
エチュード=練習曲 ですので、テクニックを習得する曲なのですが、ショパンのエチュードは無味乾燥としたややもすると退屈な練習曲を芸術性のあるものに変えてしまった画期的な練習曲集です。

単なる機械的テクニックのみならず、音色の使い分け等の芸術性も要求されます。
特に一定の速度で弾かないと少々みっともないので、そういう意味からもこれを発表会で弾くのはピアノ教師でも躊躇される方が多いです。

因みにこの黒鍵のエチュードはショパンのエチュードの作品番号10に収められている5番です。
上達の早い子なら中学生くらいで弾いちゃいます。エチュード27曲中では比較的安易に弾けるレベルですが、そもそもショパンのエチュードはレベルが高いので、その中では「弾きやすい曲」という意味です。

難しいエチュードには作品25-6番, 25-11番、10-2番あたりが御三家とも言われたりしますが、この黒鍵のエチュードは題目の通り、1か所除いてすべて鍵盤が細い黒鍵を高速で弾く曲です。人によって体感的難易度は様々ですが、中級者が簡単に弾ける曲ではありません。これを発表会に弾かれるのは中上級者以上のレベルの方として考えてよろしいかと思います。

因みに私も発表会で以前エチュードの10-1番を弾いて高速に弾きすぎて慌てた口でした(笑)

発表会でショパンのエチュードを弾くのはある意味かなり勇気がいります。
エチュード=練習曲 ですので、テクニックを習得する曲なのですが、ショパンのエチュードは無味乾燥としたややもすると退屈な練習曲を芸術性のあるものに変えてしまった画期的な練習曲集です。

単なる機械的テクニックのみならず、音色の使い分け等の芸術性も要求されます。
特に一定の速度で弾かないと少々みっともないので、そういう意味からもこれを発表会で弾くのはピアノ教師でも躊躇される方が多いです。

因みにこの黒鍵のエチュ...続きを読む


人気Q&Aランキング