住宅の新築を検討しています。わりと土地に余裕があるので注文住宅で自分の好きなように建てたいと思います。それで皆さんが建てた家で、「こうしたのは失敗だった」あるいは「やっぱりこうしてよかった」、「この設備は絶対必要」「もうすこしこうすれば満足だったのに」等の成功例や失敗談、後悔してることなどがあれば教えてください。どんな細かなことでも結構ですのでよろしくお願いします。とくに間取りや吹き抜けの是非等も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

相性の合う設計事務所に依頼された方がよいと思います。

設計事務所は敷居が高いわけではありません。
きっと納得の出来るお家になると思います。設計事務所を理解したり選んだりするときに下記HPを参考にしてください。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
また設計者との出会いの場を作ってくれるサービスをされているHPも下記に記載しておきます。

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/home.html
    • good
    • 0

うちも建てて2年です。


よかったところは  
U型階段(中間の踊り場が平らなもの)にしたので上り下りが安全。
トイレを大きくしたので、小さい子供に用を足させるとき(自分が弱ってきたときにも)便利
お風呂も大きくしました
全ての部屋のクロス(壁と天井)を同じにしたのでメンテが簡単になると思っています。

やらなくても良かった点
ISDN対応の宅内交換機をつけた点。2年前は最先端でしたが、現在はADSLから光の時代になりつつあります。(たった2年ですよ)
    • good
    • 0

新築して2年です。

いろいろ検討したはずなのに暮らしてみると不具合がでてきます。トラブルに対してどれだけ速く的確に親切に対応できるのかをメーカーを選ぶ資料に入れればよかったと、とても後悔しています。
    • good
    • 0

実際に家を建築した方からのアンケートによる、後悔度調査のサイトをご紹介します。


ハウスメーカー別の分析等もあります。
参考までにご覧下さい。

参考URL:http://www.regret-index.com/ri_result/index.html
    • good
    • 0

満足な点


1.私の場合も土地の広さは予定通り(80坪以上)となりました。
2.吹き抜けを作れ、天井扇も作る事ができた。
3.プロジェクター用のスクリーンを作る場所を確保できた。
4.西日を極力少なくすることができた。
5.子供が庭で土を触ることができる。
6.床のフローリングは無垢材で統一できた。
ちょっと不満な点
1.すべてお金が絡む為。
  (車庫ができない,堀コタツを作れなかった,…etc)
2.消防署みたいな、2階から滑り降りる棒を作れなかった(^^)
3.階段の滑り止めを付けなかった為、階段から滑って落ちた。
4.サンダーバード2号の様な、駐車場の出口にできなかった事。
上記以外の点
最初から全て満足な家を作るのはなかなか難しいと思います。
いろいろ悩んで、設計してみてください。設計している間が、とても楽しいです。
自分の譲れない点は、どんなことがあっても譲ってはだめです。(これが、後悔する素になります。)
がんばってください。
    • good
    • 0

1.収納部分出来るだけ多く作りましょう、特に台所の近くに納戸があるととても便利です。


季節ごとの物や、買い置きの食料品、古新聞など何でも置いておけるので、部屋がすっきりします。

2.トイレは1階と2階の2ケ所が便利です。特に寝室が2階に有るときは、年を取ったときに楽です。

3.階段や風呂、トイレには手すりをつけて、部屋の段差はなくします。

4.寝室が2階の場合、風呂も2階だと便利です。

5.洗濯物を干すのが2階でしたら、洗濯機置き場も2階です。

6.トイレは温水便座にしましょう。

7.タンス、食器棚はできる限り作り付けにして、地震に備えます。

8.これからは電気製品が増える一方ですから、各部屋のコンセントは沢山付けて、電話・テレビの配線も各部屋に。

9.雨戸は電動シャッターが、雨降りの開閉が楽です。

10.ペア硝子が、省エネ効果が高いです。

経験を踏まえて思いつくままに書きました、参考にしてください。
    • good
    • 0

楽しみですね。

住環境が各々違いますので経験で・・・。
よくクローゼットといわれますが、非常に便利です。ただどのように使うかを検討した方がいいと思います。箪笥や箱物を収納するのであれば仕切りを少なくした方が便利に使用できます。
いろんな収容も考えて収納個所をフロアー毎に作っておくと便利です。
窓や吐き出しは室内が明るくなり多く取りたいと思います。でも、設備、棚等の配置を十分考えて設置した方がいいと思います。せっかくの窓が利用できなくなったり、物が置けなくなったりします。
吹き抜けですが、目的は何でしょう。明かり? 空間? 見栄え? 空調をよく考えて下さい。冬季には熱が上に上がります。改善するためには床暖房が気持ちいいです。200VのIHヒーターは火災、汚れの心配はありません。火力もほどほどありますが、中華なんかの丸底なべはつかえません。加熱時間も問題ありません。
どこにお金をかけるか?   メンテナンスを少なくしたいのであれば、外装はタイルでしょう。金額は多少はりますが、後のメンテの必要はまず無いでしょう。
メンテ費用を考えると安くなると思います。
気が付くことは一杯あります。 ジャンルを絞って頂いた方が答えやすいように思います。
一番大切なのは、設計と管理が十分されることと、材料の選択でしょう。その場の金額より将来を含めて検討して下さい。維持しやすいことが住みやすさにおいて大切になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q停電が2階の部屋だけだったんですけどこういうことってありますか?

今日の1時に停電になりました。
外は雨と風が結構強かったですのでそのせいかなと思いました。

3分後ぐらいに、すぐに電気が再びつきました。
その後、またすぐに停電になりました。
3分後ぐらいに、すぐに電気が再びつきました。

もしかして家に侵入者でもいるのかと思い、武器を持って下に下りていきましたが、誰もいませんでした。

1回のビデオデッキの時刻を見ると1時11分となっていたので、1回は停電してなかったようです(普通停電後、普及すると12時とかになっているから)。

ブレーカーも落ちていませんでした。

なぜ2階だけ停電になったのでしょうか?
そしてすぐに直ったのでしょうか?
こういうことってあるもんなんでしょうか?

最近凶悪な事件とかあるので、結構びびってます。

Aベストアンサー

>なぜ2階だけ停電になったのでしょうか?
ご心配いりません。ちゃんと1階も停電になっていた筈ですから ( ゛^-^)  ビデオデッキにはメーカーによって内蔵電池が時計をバックアップしている場合がありますし。自動時刻合わせ機能(放送内の時報データで自動的に時刻を修正する)が付いていますから、多分1階のビデオデッキが2階のよりも優秀だっただけの話です。

Q石油給湯器は失敗だったでしょうか?

築23年、20年間石油給湯器(風呂、洗面等)、LPガス( 台所)を利用してきましたが、悩んだ末、3年前石油給湯器(¥16万)、ガスレンジ(¥7万)を新しくしました。最近、灯油(月額はその月で異なる)、LPガス(月額¥3250)の値上がりに悲鳴を上げています、今更ですがエコキュートがよかったでしょうか、思い切って今からでもエコキュートに変更も考えています、どうでしょうか。
 家族は成人4人、電気代は月¥1万(エアコン使用なしで、これも高いです)

Aベストアンサー

どれも一長一短です エネルギーは関連して居ますから 一緒に値上がりしますな
エコキュートは家族が入浴時間が同じでないと不経済ですよ
今使用中の機器が壊れた時に考えれば

Q吹き抜けと加湿器

加湿器の置き場所について教えてください。

2階LDK16畳、キッチン上に階段であがるロフト6畳があります。勾配天井で、シーリングファンがあります。通常、ファンヒーターで19度設定で、ちょっと寒いな、と思いながらがんばっています。(階段はカーテンで仕切り)

その状況で、インフルエンザなどが心配な季節、ほうっておくと40%をきる湿度では心配なので加湿器を使用しています。気化式で、広い部屋対応のものですが、43%が限界で、雨の日以外はそれ以上上がりません。(以前のアパートでは開け放しても60%いきました)壁が、塗り壁で調湿作用があるため?とも思いましたが、何とか50%にする方法はないでしょうか。現在はリビング南側窓際に置いています。ロフトに置いたほうが湿気は下に下りてきて効果的なのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1で回答した者です

加湿器の能力は、部屋の容積からすると若干足りない程度かほぼ適当な
能力があるように思います

一般的に売られている湿度計は、温度計に比べあまり正確ではありません。
その湿度(40%前後)で、ご自身は乾燥していると感じなければ、適湿な
可能性もあります。その湿度計はアパート時代と同じものでしょうか?
部屋も広いので、気になるようならば、もう一つ設置してもいいかも知れませんね

加湿器の設置位置は、窓際は結露を呼ぶので適しませんし、壁際も
同じような理由で適さないと思います。高さは、50cm-1m位が理想のようです
さすがにロフトだと湿気がこもる可能性があるので、やめた方がいいと思いますよ
結局、一番効率がいいのは、部屋の中心なのでしょうが、なかなか
難しいですから、効率の良さそうなところを探してみて下さい

Q吹き抜け部分は?

家を建てるのですが、吹き抜けの部分についてお聞きします。
階段の部分の吹き抜けは坪単価に入るそうです。
玄関の上の吹き抜けは坪単価かからないそうです。
では、居間の上に大きめの吹き抜けを作るとしたら、坪単価はかかるのでしょうか?
ご存知の方、お願いします。
また、居間の上を吹き抜けで作った方はどうだったのですか?
お願いします。

Aベストアンサー

「坪単価に入るか入らないか」という公的に明示された判断基準のルール、というものはありません。

さまざまな住宅業者さんが独自にそのように社内基準的につくったものをmsatoさんに説明しているだけです。
(「坪単価」という値段のつけかた自体が、非常にアバウトであまり実際に即していない根拠のない単なる目安にすぎないからです)

ですから、そのルールをmsatoさんに伝えたご本人でないと、msatoさんの本当に知りたい「坪単価に入るか入らないか」の回答はできないことになりそうです。
(別の住宅業者さんだと、また別の回答をすることになる可能性が非常に高いです)

ところで、「金額的に入るか・入らないか」ということとは別に、「面積として入るか・入らないか」ということは、はっきり建築基準法で全国的ルールとして決められています。
一戸建ての住宅であれば階段は面積に入りますが、いわゆる一般の吹き抜けは面積に入りません。

耐震工学的には、吹き抜けがあると、建物の強度は弱くなってしまいます。そのため吹き抜けのある家には、吹き抜け部分のしかるべき補強をしなければなりません。
リビングに大きな吹き抜けがあると、素敵な空間で気分的にも開放的で安らぐのでいいですね!
しかし、その場合には、きちんと耐震上問題がないように「構造計算」をしてもらうことを住宅業者さんにくぎを差しておくことをおすすめします。
営業マンはそういうことは何も知りませんので、平気平気!とごまかされないように注意して下さい。
設計ができた時に「構造計算書」を見せて貰うと間違いありませんが、計算はなかなか手間のかかる仕事ですので、その分設計料は割り増しになるかもしれません。
うまく交渉すれば非常に大きな住宅業者さんだとサービスしてもらえるかも???(これはあくまで???です^^;)
しかし、いい加減な家造りをされてしまう悲劇を防ぐ意味で、吹き抜けを設けるとある程度強度の設計上の計算が大変になることはご理解いただいておいたほうがよろしいと思います。

「坪単価に入るか入らないか」という公的に明示された判断基準のルール、というものはありません。

さまざまな住宅業者さんが独自にそのように社内基準的につくったものをmsatoさんに説明しているだけです。
(「坪単価」という値段のつけかた自体が、非常にアバウトであまり実際に即していない根拠のない単なる目安にすぎないからです)

ですから、そのルールをmsatoさんに伝えたご本人でないと、msatoさんの本当に知りたい「坪単価に入るか入らないか」の回答はできないことになりそうです。
(別の住宅...続きを読む

Q吹き抜けについて

現在マイホームの間取り検討がある程度終了しつつあります。4X4mの吹き抜けがあるのですが、ライト、冷暖房、採光窓の掃除 などなど・・・考えないといけないな~と思っています。吹き抜けについての小技大技 皆さんのお知恵を拝借できればと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
業界人のものです。
吹き抜けがある家は素敵ですよね。
わが家も玄関ホールに吹き抜けがありますので、使用者の意見と、設計者の意見と両方加味して吹き抜けの良かったこと、悪かったことを書いてみます。

よいこと:
なんといっても開放感ですね。
あと、1階と2階で、お~い!って家族を呼ぶのに便利(笑)です。
また、美術などお好きな方なら、大きな絵やタペストリなどを上から下までドドーん!と飾れる方法としては吹き抜けがほとんど唯一の方法ですので、そういう要望のある人には、吹き抜けが必須アイテムになると思います。


わるいこと:
構造強度上、吹き抜けがあると「水平剛性」という強度が落ちてしまいます。
そのため、吹き抜けを作るに当たっては、そのために減少する水平剛性を補強するための特別な設計(構造計算)が必要になります。
設計者の先生に、その辺のことをよく相談して、スタンダードな設計では吹き抜けがあることと無いことで、どれくらい水平剛性がダウンしてしまうか、よく確かめて納得して下さい。
そして、剛性補強のためにどれくらいの費用が加算されるかよく確認して下さい。(設計時の計算費用の割り増しと、施工的な材料・手間の割り増し費用について)

掃除については、背の高い吹き抜けは本当に困ることが多いです。
特に、手の届かない窓の掃除はどんなに柄の長いモップでも届かないし、脚立に乗ると危ないしで、吹き抜けの掃除が出来ない高い位置の窓は、よくメンテナンスの方法を設計者の先生に相談しないとえらいことになります。
特に芸術家気取りの設計の先生の場合、カッコさえ良ければあとのメンテナンスは野となれ山となれ、という姿勢の(自称)大先生があちこちいますので厳重に要注意です。

あとは小さな子どものいる家庭では、安全に十分すぎるほど注意して下さい。
設計者は建築基準法で規定されている手すりさえつければ、あとは事故が起きても責任がとれません。
しかし、実際に吹き抜けから子どもが落ちて死亡事故が起きた、ということが発生してしまったら、設計者を恨んで裁判を起こしたくなる気持ちになるかもしれません。
ですから、設計契約書には、そういう事故が起きた場合には、危険があるにもかかわらず「施主のたっての願い」で取り付けた吹き抜け等のオプションについては、一切設計者に責任を問わない、という一文を施主のmiyapuさん側から加えてあげるほうが設計の先生もやりやすいでしょうし、どろどろのトラブルを防止する役目になります。その代わり、きっちり納得のいく安全対策を施主のmiyapuさんと設計者と二者の合意事項として取り決めしておくのです。

こんにちわ。
業界人のものです。
吹き抜けがある家は素敵ですよね。
わが家も玄関ホールに吹き抜けがありますので、使用者の意見と、設計者の意見と両方加味して吹き抜けの良かったこと、悪かったことを書いてみます。

よいこと:
なんといっても開放感ですね。
あと、1階と2階で、お~い!って家族を呼ぶのに便利(笑)です。
また、美術などお好きな方なら、大きな絵やタペストリなどを上から下までドドーん!と飾れる方法としては吹き抜けがほとんど唯一の方法ですので、そういう要望のある人には...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報