人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ユーキャンなどいろいろな参考書がありますが、どこの参考書で勉強するのが良いでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昨年の宅建試験に独学で合格した者です。



僕が使っていた参考書は、「うかる!宅建 集中講義」を基本的に使いましたが、宅建のテキストであればそこそこ分厚さがあればどれを使ってもあまり変わらないように思います。

あとは、過去問10年分と、民法だけは難しいので別に「民法がわかった」という参考書を買って勉強しました。(←宅建のテキストより断然わかりやすいです!)


詳しくはこちらがご参考になるかと思います。
http://xn--100-p89ejf95shv4b.com/entry1.html
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建まで三ヶ月(初心者です)

お世話になります。
現在大学4年生の女です。
宅地建物取引主任者(以下宅建)の資格を勉強しようと思っています。
試験まであと約3ヶ月です。
経済や法律に関して特に勉強していなかったので
一からのスタートになりますが
卒業後の就職先が不動産の会社ということもあり
絶対に合格したいと思っています。

そこで、宅建を短期間で、
または初心者で取得した経験をお持ちの方に
効率のよい勉強方法やアドバイスをお聞きしたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「卒業後の就職先が不動産の会社」ということは就活で内定が出てい
るということですね。おめでとうございます。
さて、「宅建」ですが、基本的には、テキストを通読した後、過去問
や予想問題、出来れば資格予備校の模試も受けるのが一般的ですが、
初学者かつ、あまり時間的余裕がないという点を考えると・・・
(1)比較的、暗記で対応でき、過去に同じような問題が繰り返し出てい
 て、やればやっただけ成果が出やすい「宅建業法」から着手するの
 がいい。これは定着を図るため、他分野の学習と常に並行して学習
 する必要あり。ここで高得点できるようにする事が合格の最低条件。
(2)次に、「法令上の制限」分野。ここも、暗記が多く、都市計画など
 は非常に細かい点まで覚えなくてはいけないが、これをキチンと暗
 記出来れば、業法同様、得点源に出来る。ここも農地法関連や建ぺ
 い率・容積率など、同じ論点が過去に繰り返し問われる問題多し。
⇒この(1)、(2)を遅くとも8月末までには一通り学習し終える必要あり。
(3)いよいよ、一番困難な「権利関係」をやる。ただし、この分野は掛
 ける時間に対し、見返りが少ない(要は得点しにくい)分野であり、
 過去問中心に、最低限の内容だけ覚える。試験でも半分取れれば上
 出来と割り切る。(一応、初学者なのでテキストは読んで、大体の
 法律用語の意味や、基本事項だけは暗記する。深入りは禁物。)
(4)最後に、その他分野をやる。これも税金や鑑定、建築など、やや専
 門的な分野ではあるが、合否を分ける科目になりやすいので、出来
 るだけ時間を取って覚える。あと、毎年必ず1問、白書や地価変動、
 住宅着工戸数の傾向を尋ねる問題が出る。これは知っていれば確実
 に答えられるので、受験サイトや受験誌などで情報を仕入れよう。
⇒ここまで、何とか9月中旬~下旬までに終えないと、過去問演習が
 出来ない。9月に入ると、大手資格予備校が模試を開催する。でき
 るだけ申込し、試験の雰囲気に慣れる(時間配分、解く順序を考え
 る等、予行練習も兼ねる)とともに、弱点・不安箇所を把握する。
 そして10月(受験当月)になったら、とにかく過去問を解きまく
 る。同じ過去問は出ないが、今まで類似の問題が頻出しているので
 とにかく、1つでも多く解いて、知識・応用力の底上げに尽力する
 と共に、模試で得たデータを基に、弱点を少しでも減らす・・・

まあ、こんな感じですが、正直、この通りやるのは厳しいです。です
が、これに近いやり方をしなくては、最後まで学習できないと思いま
す。あと、折にふれ、時間があれば、どんどん学習途中で過去問をや
ってもOKです。過去問でどうも分からない問題を早く見つければ手
が打てます。

 お勧めテキスト・問題集
 「パーフェクト宅建」シリーズ(テキスト、過去10年過去問、分野
  別問題集)・・住宅新報社
  ⇒まとまりがよく、自分としては一番のお勧め。
 「らくらく宅建塾」(テキスト、過去問)・・週刊住宅新聞社
  ⇒初学者には、最も人気のある教材。ゴロ合わせなども採用。
 「出る順宅建」シリーズ(テキスト、問題集、用語集ほか)
  ⇒分野毎に密度の濃い学習をするのに最適。全て揃えるとやや
   割高かも。そういう向きには「虎の巻シリーズ」1冊本あり。
 

「卒業後の就職先が不動産の会社」ということは就活で内定が出てい
るということですね。おめでとうございます。
さて、「宅建」ですが、基本的には、テキストを通読した後、過去問
や予想問題、出来れば資格予備校の模試も受けるのが一般的ですが、
初学者かつ、あまり時間的余裕がないという点を考えると・・・
(1)比較的、暗記で対応でき、過去に同じような問題が繰り返し出てい
 て、やればやっただけ成果が出やすい「宅建業法」から着手するの
 がいい。これは定着を図るため、他分野の学習と常に並...続きを読む

Q8月から勉強開始で「宅建主任」取得は難しいですか

家業は不動産賃貸業。親が高齢化、懇願され30年勤めた一部上場企業(製造業・管理職)を退職することにしました。(早期退職企業支援制度適用)
親も持ってはおらず、業務上必要はないのですが、今後の勉強を兼ね「宅建主任」取得を目指そうと考えました。4月に退職したかったのですが後任の関係で退職時期が7月末に延ばされました。日常業務が忙しく、夜間や休日に勉強する気力はありません。(通勤片道2時間往復4時間、通勤時間は不足する睡眠時間の足しです。体がもちません。)

いろいろ調べると、5月か遅くとも6月から勉強を始めているようです。(専門学校等)

8月から勉強開始で、今年の「宅建主任」試験合格は難しいでしょうか。不動産関係の知識は少ししかありません。
まずは家業を継ぎ、来年に備えた方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

宅建は比較的合格率が高い試験で合格するため真剣に勉強してる人の合格率だけ集めればは7割以上でしょう。
逆に10人中まじめに合格しようと受験しに来る人は半分もいないと思います。ほとんどは初めての資格試験、さてまず宅建でも受けてみようかな程度のノリの人が多いです。
何月からと言うよりも宅建は0からスタートで200時間程度勉強すれば
合格できるレベルに達する試験で、300時間勉強できれば
よほど要領が悪い人でない限り合格できます。

Q先が見えた50歳サラリーマン、「宅建」の可能性は?

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々パートやアルバイトに出ています)、子供は私立中高に通う男児が1人だけ。
息子が大学を卒業するまで、そして私が仮に60歳の定年年齢に達するくらいまでは、できれば600万~700万円台の収入を確保したいです。

現況、上記のように、55歳で500-600万円に給料は下がると思いますが、それまでにどういう準備をすればいいと思いますか?

友人に聞いたら、「50歳過ぎても宅建を持っていたら不動産屋で雇ってもらえ、30万円くらいの月収は確保できる」というのです。
不動産、住宅業界は私が調査、研究対象としたこともあるのでまんざら知らないわけではありません。
宅建の資格も半年ほどの勉強で2-3割は合格できるとか。
とりあえず、宅建にチャレンジし、
55歳以降に、それで転職または起業できないか、と思っています。
合わせて、住宅、不動産関連の資格でマンション管理士などにも手を出せば、その後、食いつないでいけないかな、と考えています。

このままでは、60歳すぎてできるのは警備員か掃除くらいしかない、という感じです。

実際に、50歳過ぎで不動産関係などの道への転身をした人、考えた人、または今そういう年齢で会社から離れた生き方をした方のアドバイスを知りたいです。
よろしくお願いします。

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々...続きを読む

Aベストアンサー

約25年間を企画・調査畑で現在51歳、年収800間年弱。
丁度、定年後をどうするか考える時期ですね。
でも営業経験のないあなたが宅建程度の資格で転職。これは反対です。
不動産業界はそんなに甘くはないです。
回答者の皆さんが書いておられる通りで間違いありません。

それならどうするか、25年間やってこられた”企画調査”業務を生かす方法はないのですか?
この仕事を址年間でもっと磨き、生かす方法を考えられるべきだと思います。
企画の立案の仕方、調査方法のノウハウ等は、誰もが知っている業務ではありません。
一般のサラリーマンと比べたら貴重な存在のはずです。
今の仕事も奥が深く、様々なノウハウの蓄積ができるはずです。
どうしても違う職業にと思っておられるのでしたら、今のお仕事上で法律の関係も多い
でしょうから行政書士か司法書士を目指せば良いとお思います。
少なくとも宅建よりは有利と思います。

また、長い定年後が待っていることも考え、今から健康面でのケアも忘れないように
して過ごすことも必要です。60歳近くなったら、いろんな症状が出てきます。


人気Q&Aランキング