閲覧していただきましてありがとうございます。

兄の保険内容について質問ですが、日本生命から契約内容の概要が届きました。

内容は下記のとおりです。

○主契約保険金額(終身保険金額)             300万円 (終身)
○定期保険特約保険金額                   3000万(50歳更新)
○3大疾病保障定期保険特約保険金額          200万円(50歳更新)
○疾病障がい保障定期保険特約保険金額        100万円(50歳更新)
○介護保障定期保険特約保険金額            1000万円(50歳更新)
○新傷害約保険金額                      500万円(50歳更新)
○特定損傷特約給付金額              1回につき5万円(50歳更新)
○総合医療特約日額<124日型>     入院1日目から10000円(50歳更新)
 <入院療養給付金あり型>給付金額  入院1回につき50000円(50歳更新) 
 <特定疾病倍額型>日額        入院1日目から(20000円)(50歳更新)
○新がん入院特約日額        がんで入院1日目から10000円(50歳更新)

そして「死亡・約款所定の高度障がいのとき:4600万円。ただし、災害で死亡・約款所定の高度障がいのとき:5100万円。上記保障額のうち約款所定の3大疾病に該当のとき:200万円。上記保障額のうち約款所定の疾病障がいに該当のとき:100万円。」
となっていて、契約内容のところにわかりやすいようにしているのか、表があるのですが、その表では50歳の更新の時にはなくなる感じになっています。
そして、それ以降は「死亡・約款所定の高度障がいのとき:300万円」となっていて、これは終身となっている感じです。
そして、50歳から10年の自動更新となっています。

現在は毎月25000円ほどの保険料ですが、6年後の50歳で更新になると倍の50000円になるとのことで、親が「安い給料でこんな金額払えるか」と言っています。
たぶん兄が入社した時に会社に来た保険屋の言うとおりに契約したと思います。
兄は性格上人に対して強く出れない人なので、今回の内容が変でもたぶんそのまま続けてしまうんだろうなと思います。

僕が見ても変な契約だと思います。
(間違っていたらすみません)主契約の終身保険が300万であとは特約だらけということは、たぶん特約系は50歳でなくなるか、なくならないようにするには50歳から50000円を支払って契約を続けることにしろってことなのかなって感じに思えます。
そして、50歳以降は死亡しても300万円しか支払われないということかな、とも思いました。

兄は結婚はしておらず、親(父母)と同居なので、定期保険で3000万円も必要ではないですし、入院療養給付の50000円なんかいらないと思います。
がん保険も、今は掛け捨てで安い保険もありますし。

高すぎるので見直しをしたいのですが、どこをどのように変更すればよろしいでしょうか?
兄は普通のサラリーマンではないですが正社員ですし、そこまで危険な仕事ではないと思います。
月給は20万弱です。

あと、ご利用いただける資金で、
○契約貸付可能額:65万円
○積立配当金:0円
とありました。
これは65万円貸してくれるよっていうことでしょうか?

独身男性の保険内容にしては明らかに保険料が高すぎると思い質問いたしました。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

随分と酷い保険外交員ですね。


未婚でそこまでの保険は、必要ありません。

仮に入院しても、一定額を超えれば(月初~月末の間で、80100円位だったと思います)、高額医療制度を使えるので、食事、バジャマ代を入れても、10万円程度で済みます。
(自分が入院したときは、13日入院して、手術ありで、請求額約102,000円でした)

自分も、他の民間保険会社で、3大疾病保障定期保険特約 保険 金額 200万円が付いた保険でしたが、いまだに、手付かずで残っています。

自分の保険と内容は、似ていますが、金額が高過ぎます。

内容で違うのは、自分の場合、3大成人病になったら、以後、保険料免除の特約が付いています。(実際、自分は病気になってしまったので、免除になっています)
数年前に契約しましたが、その時には、そこの民間保険会社にしかない特約でした。(保険会社のイニシャルはS)

日本生命が悪いとは言いません。(自分は日本生命にも別の保険で関わっているので)
担当者に、ハメられたのでしょう。

まだ、遅くはないので、見直し、あるいは、保険会社を変更されてはいかがですか?
    • good
    • 3

現在の契約者貸付可能額から逆算すると解約返戻金が約72万円と推察されます。


以下、あくまでもお兄様が「健康」であることが前提となります。
保険における「健康」とは常用薬が無い、過去に重篤な病気を患っていない、健康診断で指摘事項・経過観察要検査・要再検査などが無い事です。
見直すのであれば、この保険を払済終身保険(恐らく100万円程度の終身保険になるでしょう)にしてみても良いでしょう。
●死亡保険・・・終身保険が100万円で足りないと思うなら、終身保険(一生涯の死亡保障)はSONY生命のバリアブルライフ(変額終身保険)か富士生命のE-終身などがお勧めです。
ご両親の生活を担っているのであれば三井住友海上あいおい生命やNKSJひまわり生命の収入保障保険でカバーしていきましょう。
●医療保険・・・高額療養費制度を理解した上で検討して下さい。公的医療制度で足りない部分を補うという意識です。特に差額ベッド代、保険外診療(未承認薬、先進医療等)、雑費負担などです。
オリックス生命、三井住友海上あいおい生命、NKSJひまわり生命あたりから終身タイプで選ぶと良いでしょう。HPで試算もできます。
●ガン保険・・・個人的には富士生命「がんベスト・ゴールド」が断然お勧めです。あとはNKSJひまわり生命の「勇気のお守り」やメットライフアリコの「終身ガン保険8」(ガードXは割高なのでお勧めできません)」あたりですね。
ガン保険を選ぶポイントは診断給付金が「悪性新生物」、「上皮内新生物」でそれぞれいくらの保障なのか、それらは何回支払われるのかをしっかり理解して下さい。
入院日額が3万円保障される保険に入っていても入院が短ければ役に立ちません。
ガンは罹患してから治療方法が決まります。そんな時に一番役に立つのが「ガン診断給付金」です。
「がんベスト・ゴールド」をお勧めする一番の理由は「ガン診断給付金」を主契約にしている点です。しかも診断給付金の単価が他社と比較しても圧倒的に安い点です。
診断給付金だけでは不安ならば入院・手術の特約を付加すれば良いと思います。

これが全てではありませんが、こうして組み立てていけば全て終身型で更新が無いため保険料が上がる心配もなく、保障も一生涯残る上保険料も今の半分程度で済ませられると思います。
一番の問題は現在のご契約も含め日本の大手生保の保険は、主契約の払込満了とともにほとんどの特約の保障が更新できなくなる点です。
一番保障が必要になるご年齢でいわば「ハシゴをはずされる」状況になってしまうのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>見直すのであれば、この保険を払済終身保険(恐らく100万円程度の終身保険になるでしょう)にしてみても良いでしょう。
払済終身保険というのがあるのですね。知りませんでした。調べてみます。


>これが全てではありませんが、こうして組み立てていけば全て終身型で更新が無いため保険料が上がる心配もなく、保障も一生涯残る上保険料も今の半分程度で済ませられると思います。
一番の問題は現在のご契約も含め日本の大手生保の保険は、主契約の払込満了とともにほとんどの特約の保障が更新できなくなる点です。
一番保障が必要になるご年齢でいわば「ハシゴをはずされる」状況になってしまうのです。

気になったのは、永遠に高い保険料を支払い続けて、結局保険料を取られ損になるんじゃないかということなんですよね。
今は健康ですが、これから何が起きるかわからない年齢になっていきますので、不必要な特約は解約する方向で行き、おすすめされている終身型も考慮に入れながら、各保険を一つ一つ吟味して行くように伝えていきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/20 11:41

今の保険は、50歳以降も同じ保障を得るためには50歳から5万円払う必要があるという保険です。

5万円払えば、50歳以降でも死亡した場合は今と同じ保険金がもらえます。そして、60歳になったら、また保険料は上がります。契約貸付可能額は書かれている通り、65万円貸してくれます。

死亡保険が不要であれば、特約部分をすべて解約して主契約の終身保険300万円だけ残してもいいでしょう。保険料は2万5千円よりかなり安くなると思います。
そして、医療保険、がん保険が必要であれば、この保険とは別に医療保険、がん保険を契約しましょう。その場合、日本生命などの大手生保ではなく、通販保険会社などの保険の方が安く加入できます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、50歳を超えても今の保障を得る場合に、保険料が5万円になるという意味だったんですね。
結婚自体いつあるかわかりませんが、独身男性でこの保障は明らかに高いですよね。

保険自体を解約するか、もしくは主契約の終身保険だけを残してあとは解約して他の保険会社で自分に合った保険を選ぶというやり方を薦めてみます。


それと、契約日が4年ほど前になっていました。
たしか兄は20年近く保険に入っていますので、契約日が4年前というのは変だと思います。

親に聞くと、それぐらい前(4年前)に前任の保険屋が兄に保険料の高い保険を薦めてきたので、親が保険屋に止めろと言って止めさせた、と言っていました。

止めたということは、前の契約が今でも続いているはずですが、それでしたら契約日が4年前というのは変だと思いました。

もしかして、保険屋が保険の見直しをして再契約したのかも・・・と思いましたが、保険屋が兄に無断で勝手に保険の再契約や転換・下取りなどはできるのでしょうか?

たぶんできないと思いますが、そのあたりのことが気になっています。

お礼日時:2014/04/18 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疾病医療特約・成人病医療特約

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょうか。

それから、あと数年後に更新が迫っていて、更新後の保険料は高いので、その時点で保険を見直そうと考えていました。もし給付を受けられたとして、給付を受けてしまうと更新時に内容を見直す、または別の保険に入り直す際、不利になりますか?入院したという事実だけで給付は受けても受けなくても同じ条件なのでしょうか?また、入院した事があったり、血圧が高いと、別の保険(別の保険会社、または同じ保険会社の別の保険)に入る事は無理でしょうか?血圧は完治すると言うことが難しいような気がするので。

もっと早く見直しておくべきだったと、後悔しています・・・。

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症の場合は、治療後5年間は影響がでます。具体的には、保険料割増という条件と、成人病(生活習慣病)保険の取扱い不可という条件です。
しかし、質問者様もおっしゃっていますが、なかなか高血圧症は治りません。そこで、健康診断書のデータを提出して良好であれば無条件で契約できる会社もあります。

成人病に該当しなければ(ただの過労であれば)、もらえる給付金は1万円だけど、見直しができる。成人病であれば、もらえる日額は2万円だけど、新契約ができない・・・成人病に該当しなければいいですね。

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症...続きを読む

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q第一種疾病傷害特約

簡易保険です。
10年払込終身保険 保険金額160万。(保険料は、払込済み)
この保険に、上記の特約が付いていますが、この第一種疾病傷害特約とは、何の事なのでしょうか?
親の保険なのですが、今は自宅介護ですが、余命3ヶ月の為、いつまで自宅に居られるのか分からない状態です。

Aベストアンサー

第一種疾病傷害特約とは
病気による入院保険金・手術保険金
ケガによる入院保険金・手術保険金・傷害保険金
を保障する特約です。

第一種疾病傷害特約の横に保険金額が載っていると思われますが、160万円として 病気・ケガ共に
入院1日2400円、5日目~120日分(124日入院)手術保険金 手術の種類により2万4千円・4万8千円・9万6千円です。

ケガによる傷害(障害)に対しては所定の要件に対して保険金×10%・30%・50%・70%・100%です。

なお、基本保障に病気による重度障害の保障もあり
死亡と見做されるような重度障害の場合は死亡保険金が支払われます。これには注意が必要でこの請求をしてしまうと保険が消滅してしまいます。

現行の簡保の一つ前の保険と思われますので 詳しくは郵便局、それも特定局(街中の小さな郵便局)ではなく本局(配達業務をしているところ)の保険課でお尋ねになるのが良いと思われます。

大変な中 何もお手伝いできませんが くれぐれもお疲れの無いようにして頂けますようお祈りしております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報