日本語の文章を書くとき、縦書きと横書きがあり、読む方向も定められていますね(右から左、左から右)。明治、大正時代の印刷物をみると、その逆の印刷物が結構多い様です。どうして、横書きは左から右へ、縦書きは右から左へ、というのが一般に認められるようになったのですか?

また、初期に輸入された西洋印刷機の設定が外国語向けにデザインされていたことと関係があるのでしょうか?

また、右から左へと読むのは、他に何国語ですか?(今はそうでなくても、歴史を含めて)

印刷の歴史に詳しい方、また人類言語学に詳しい方、おしえていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

縦書きを右から書いたのは日本語と考えるより、その起源に戻って中国の事を念頭に考えてみて下さい。


奈良時代の詩集「懐風藻」は、ご承知のとおり最古の漢詩集ですが、他の例として日本書紀も古事記も中国風縦書きに倣っています。

漢字の横書きは二行以上になる場合は少ないようで、中国に見られるのは扁額や石碑の一部などですが、これも右側から書きます。
私は考証するのが専門でないので自信はないのですが、額や書などで左書きになったのは中国、また日本でも一部進歩的文化人が
19世紀後半以降に始めたものと考えています。

印刷物では理数系の研究書、教科書がその不便さのために両国ともに左側表紙の横書きを取り入れましたが、その年代は20世紀
以前からあったかどうかは私には分かりません。

新聞では、戦後毎日新聞系の[サン写真新聞]というタブロイド版が一早く発刊され、オリンピックの頃まであったような気がします。
一方中国では中国共産党の文盲撲滅の簡体字政策をサポートするがごとく[人民日報]が横書きを始め、現在もまだ健在です。

西洋の印刷機の影響は、縦書きに改造されて新聞も図書、雑誌・・・なんでも縦書きの時代が戦後までといわず、現代に到るまで
続いているのであまり影響されていないどころか縦書き印刷機の改良に走ったものと思われます。。。
しかもその成果は、機械自体の開発に見られ、世界の紙幣の印刷機械は日本の小森製作所がトップシェアを誇っているほどです。

他のご質問はそれだけで大きい分野なので省略しますが別項目でご質問されてはいかがでしょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資料豊富な回答どうも有り難う御座いました。縦書きが健在であるらしいので安心しました。

ほんのちょっとしたことのようですが、とても大切な日本語文化の特徴の一つと思うので。

お礼日時:2001/06/10 09:15

横書きの中では、やわらかいもの(紙)に書いていた国は左から右、


固いもの(石版や粘土板)に書いていた国は右から左と聞いたこと
があります。
たとえばヘブライ語をを粘土に彫るなら、右利きでは右からの方が
力のいれやすいのです。

漢字は、chammaさんのコメントでおっしゃるとおり、なるほど
一文字の書き順は左から右なんです。これは筆が動きやすいから
ですね。
それがどうして、右から左という行だったか、どうやって左から
右に経緯したのかはゴメンナサイ、わかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。

お礼日時:2001/06/10 09:56

西夏文字(満州)を見たことがあります。

英語の筆記体を90度回転させたようなものなので専門家に横書きかと聞くと、東洋は縦、とのことです。漢文と一緒に書かれていましたので右から左でしょう。
明治大正昭和初期は縦書きの横1行を念頭においていましたので横書きでも右から左。
算用数字との併用で左から右になったようです。今年司法試験の論文が横書きに変わりました。罰金など数字が漢数字より算用数字の方が便利とのことです。
新聞などは横書きにすると読者が減るだろうと言われていますので当分縦でしょう。
左から右に書くと書いた行が見えるし手が汚れないので便利です。逆に右から左に行を送ると書こうとする紙面が白紙なので大胆に展開できます。物理的には横書き、精神的には縦書きがおすすめ!

参考URL:http://mallkun.to/nice/No1/No1page.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。

お礼日時:2001/06/10 09:56

縦書きに関して、なぜ右から左へ書くのかはよくわかりません。

しかし以前横書きも右から左へと書いていたのは実は1文字だけの縦書きだと聞いて、なるほどと思ったことがあります。文字数がないと行と感じませんが、1文字だけの行が右から左へとつながると思えばなるほどと思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。

お礼日時:2001/06/10 09:57

 右から左へ読む言語は、古代のユダヤ人の言語であるヘブライ語(ヘブライ文字)や、現代では、アラビア語(シリア・イラクなど西南アジアや、エジプト・モロッコなど北アフリカで用いられる)、ペルシア語(イランの公用語)、ウルドゥー語(北インドやパキスタン)などがよく知られています。

以上の三言語はアラビア文字を用います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問が2つあったので、もう一つの質問の方のご回答くださってありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 09:18

 日本ではもともと、右から左へ文章を書くのが当たり前でした(これは、「右という方向が左よりも格上である」という考え方に基づくと思われます)。

縦書きのときそうするのは、「縦書き」という概念そのものが日本語特有の(というわけでもないけど)ものだったため、変化しなかったからです。

 ところが、明治になって海外の文献が入ってくるようになると、そこには横書きで左から右へ書かれていました。
 当時、日本は文明開化ブームで、西洋かぶれ(笑)が続出した時代でしたので、みんなでこぞって「左から右へ」書くようになりました。(あと、方向的に手が汚れにくいという理由もあったと思われます)。

 で、それが今に受け継がれ、現在では「横書きは左から右」、「縦書きは右から左」という規則が出来たわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。

お礼日時:2001/06/10 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問&回答の書き方

次の質問の書き方でどちらの方が読みやすいでしょうか?ご回答の程ヨロシクお願いします(o__)o))ペコ

書き方1
この質問を見た方に質問があります。この書き方は見やすいでしょうか?これは、単に改行をあまりせずに文字を羅列させていく書き方です。まぁ、文の内容が変わる時は改行しますがね(^^;)
この書き方はどう思いますか?


書き方2
この質問を見た方に質問があります。
この書き方は見やすいでしょうか?
これは、一文が終わるごとに改行するやり方です。
文が長くなる時には
こうやって適当なところで改行します。

因みに、文の内容が変わる時は
このように一行空けます

この書き方はどう思いますか?

Aベストアンサー

この長さではどちらでも。
長文の場合はどちらかといえば2。

私は、長文になりがちなのですがなるべく句点(。)で改行するようにしています。
質問文でありがちな、改行なしビッチリ長文はエディタにコピペして自分で改行を入れて読んでいます。

文の内容が変わるときは空行があると読みやすいです。
空行を入れた上で■などの記号を入れたり、箇条書きにするときもあります。

Q縦書きの文章を横書きにする場合

縦書きの文章を横書きにする場合の数字の書き方で迷っています。
横書きでも、こういう場合は漢数字を使わなければならないというようなのがありますでしょうか?
横書きで、三名、一ヶ月、とあり、これを横書きにすると、3名、1ヶ月で良いのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの場合は、特別の場合を除き、アラビア数字を使用する。
(1) 横書きの文章の中でも「一般に、一部分、一間(ひとま)、三月(みつき)」のような場合には漢字を用いる。
「100億,30万円」のような場合には、億・万を漢字で書くが、千・百は、たとえば「5千」「3百」としないで、「5,000」「300」と書く。
(2) 日付は、場合によっては、「昭和24.4.1」のように略記してもよい。
(3) 大きな数字は、「5,000」「62,250円」のように三けたごとにコンマでくぎる。

――――――――――――――――――――――――

また、『公用文の書式と文例』(昭和49年3月 文部省編)には、上記と重複する点を除いて、次のような記載があります。

(1)~(4) ―略―
(5)-ア ―略―
-イ 「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」などと読む場合
例 一つずつ、二間続き、三月ごと、五日目
(6)-ア ―略―
-イ 概数を示す場合
例 数十日、四,五人、五,六十万

――――――――――――――――――――――――

> 3名、1ヶ月で良いのでしょうか?

『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣公示第1号)には、「は」を「wa」と読む場合があることは記載されていますが、「ケ」を「ka」あるいは「ga」と読んでもよいような規定はありません。「3名、1カ月」と書きます。

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの...続きを読む

Q数字の書き方

数字の書き方(1・4・5・6・7)について質問します。
添付した紙の左側に書いてある数字は、印刷物で見かける数字です。
添付した紙の右側に書いてある数字は、私が普段書く数字の書き方です。

印刷物で見かける数字と私が普段書く数字の書き方では、形がちょっと違います。書類に数字を書く時、
私が普段書く数字の書き方で書いた方がよいですか?

私が普段書く数字の書き方(1・4・5・6・7)は、正しく書けてますか?

細かい質問になりますが、宜しくお願いします。



                

Aベストアンサー

数字は実用的な目的で書かれると仮定します。つまり芸術ではなく、美を追求するものではないとします。そうすると誤解のない字であることが最大の条件になります。そのほかに早くかけるとか、親しめる文字であるとか、いくつかの付帯的な問題はありますが、この際それは無視しましょう。
 そういう条件で見ると質問者の数字は誤解される恐れはなく、「正しくかけている」といえます。
 書類に数字を書く時、
>私が普段書く数字の書き方で書いた方がよいですか?
これは何を聞きたいのか、わかりません。
 もっと左の字に似せたほうがよいかという質問ですか。それなら、その必要はないといえます。
 それとも個性の感じられる字の方が良いかということですか。別に取り立てて特徴があるとも見えないので、その場合もノーです。

Q「左」と「右」どっちが偉いの?

「左」と「右」どっちが偉いの?
中国の古い考えでは「天子南面」と言い、天子は北に席を占めて南向いて着席するので
日が昇る東、つまり、左の方が偉いとされていますが、「左遷」という言葉の国語辞典には
語源の項目に、「昔、中国で右を尊び、左を卑しんだことからいう。」と載っていて、
まるっきり反対になっています。「左」と「右」どっちが偉いのでしょうか?

Aベストアンサー

 王権・君主は南面して天下を治む、という。
 それは古代人の直観から(東夷、南蛮、北狄、西戎という中華思想は措いて)
 東:神や宗教的光の方向
 西:物的存在の方向
 南:天下、国家国民
 北:先祖の系譜、万世一系の霊的権威と力
 という思考があり、国権者(世俗の政治権威、根拠)は北を背にして、南面し、天下を治める。
 そして左が学者などの偉い人。左近の衛府、左近の桜。右が財物の所管。右近の衛府。
 だから人民は南から北の王様に服し、右が偉かった。王様には同じ東の左が尊敬する人。
 ということです。
 東は青い聖なる竜、西は白虎、南は朱雀、北が玄武(亀と蛇の合体、亀趺に象るー先祖の墓所) 

Q懸賞の書き方について

懸賞の書き方について教えて下さい。

『あたる』書き方と『はずれる』書き方があると聞きました。
私は、多くの懸賞に応募しましたがあたったことはありません。
私は『はずれる』書き方をしているのだと思うのですが、
『あたる』書き方がどういうものか分かりません。
自分なりに考えてみたのですが、イマイチ思いつきません。

あたったことがある、という方は是非教えて下さい。
明後日締め切りなのですが、だしたい懸賞があるのでお願いします!

Aベストアンサー

一般的な懸賞の場合、書き方は関係ありません。

ただ、周囲を塗るなど、葉書を目立つようにした場合、当たりやすくなる場合と逆の場合があります。私が雑誌の懸賞に携わったときには、目立つはがきは避けるようにという指示を受けたことはありますし、実際、同僚を見ていてもそういう葉書は避ける傾向にありました。

ギャル字でも、汚い字でも抽選段階では関係ありませんが、本気で解読できない場合は「残念」になります。これは、どの懸賞でも一緒だと思いますよ。

Q俳句「山また山山桜また山桜」の作者

山また山山桜また山桜 という俳句を詠んだ作者を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは~

阿波野青畝(あわの・せいほ)だと思います。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~hiiragi/hanaharu/sakura/sakura.html

Q総合評価方式の書き方が分かりません。

総合評価方式の書き方が分かりません。

このたび県の入札工事に入札する予定(1500万円程度)なのですが、総合評価の書き方が初めてなので分かりません。
書き方・雛形等分かりやすく説明しているものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

総合評価方式で一律の書式なんてありませんから、個別に県に聞くしかないでしょう。
なお価格以外に技術評価等がされるのでしょうが、書式は入札情報内にあると思いますが、書き方・ひな形はそれぞれ違いますので各応札者が独自の工夫で作成するものではないでしょうか。

Q新潮文庫のo・ヘンリ短編集(2)を読みました。比喩が多かったりと中々読

新潮文庫のo・ヘンリ短編集(2)を読みました。比喩が多かったりと中々読みづらく結末が『?』な作品が多かったのですが、知っている方いらっしゃいましたら簡単に解説して頂きたいのですが。。。

「睡魔との戦い」眠らない為に言われた悪口が事実だった?でも覚えてないはずでは?
「ハーレムの悲劇」殴られて喜ぶ妻なんて本当に居るのですか?
「詩人と農夫」田舎男は950ドルをみせびらかして何をしようとしていたのですか?また、結末のコナントの詩のくだりもいまいちわかりません。
「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。
「臆病な幽霊」息子が扮していたのはわかるのですが、キスのくだりなどわかりません。相手の夫人は若いのでしょうか?

理解力無くてすみませんが1作品とかでも良いので教えて頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

答えやすいところから。

> 「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。

これは自分の妻に対する匿名の密告の手紙です。
で、その手紙を読んで、チャルマーズは疑心暗鬼にかられた。

ところで、画家であるチャルマーズは不思議な特技を持っていました。人の心の奥底に秘められた悪徳を描きだしてしまうのです。そこで、彼は自分が夕食に招待した見ず知らずの男に、自分が描いた妻の肖像画から、どんな性質がうかがえるか、と尋ねます。

すると、客は「天使の顔」だと答えます。この瞬間、チャルマーズの妻に抱いた疑惑はあとかたもなく消え失せます。

> 「睡魔との戦い」眠らない為に言われた悪口が事実だった?でも覚えてないはずでは?

悪口は事実です。小説ではひとつ約束事があって、嘘だと書いてないかぎりは、それは真実なのです。トムはうつらうつらしていて、私の話を断片的にしか聞けていません。それでも、断片的にでも聞いていると考えて、私は悪口をいいまくるのです。
あまり覚えていない、でも、故郷に残した彼女のことは彼の中に入っていく。無意識のうちに気にかけていたからでしょう。だから、何を言ったかはっきりとは覚えていないけれど、故郷に恋人を残していたことは記憶の底から浮上してきて、だから私にお礼を言うのです。

> 「詩人と農夫」田舎男は950ドルをみせびらかして何をしようとしていたのですか?

それは言うとおりのことです。商売をするために、出物を探していたのです。
ところが、いかにも田舎ものといういでたちの乾し草君を見て、詐欺師たちは、あれは自分たちの同類にちがいないと考えます。ちょうど、唐草模様のふろしきを背負い、ほおかむりをしている男が、泥棒ではありえないとみんなが思うのと同じです。

ところが自分のお金を行く先々で偽札扱いされた乾し草君は、一念発起してスーツを作り、りゅうとしたいでたちに変身します。すると、その瞬間にカモられた、という話です。

詩の話は、これとパラレルになっています。田舎暮らしの詩人が、田舎の風景を飾らず読んだら、あまりに技巧的すぎる、といわれた。そこで、今度は編集者をからかってやろうと、仲間うちの都会っ子の詩人に、田舎の詩をかかせた。すると、編集者は掌を返し、自然児ならではの表現である、と誉め称えた、ということです。

ありのままは誰も信じない、逆に、真実を隠そうとしたその瞬間、真実は自ずとあきらかになってしまう、という話です。この中では、これが一番よくできてるかな。

> 「ハーレムの悲劇」殴られて喜ぶ妻なんて本当に居るのですか?

これは、ほんとうにはいないから、あえて作者がこんな設定をしたと見るべきでしょう。

カシディ夫人はDVの被害を、逆に愛のあかしと友人に自慢して見せます。フィンク夫人は疑いながらも、まるで疑問に思っていないカシディ夫人のようすを見て、妻を殴ることこそ、男らしい男の証かもしれない、と次第に思うようになってくる。カシディ夫人は自慢を続けます。そうしてフィンク夫人は自分が愛されていないのではないかと危惧するようになる。そうして家事をしてくれる夫を、男らしくない男として恥じるのです。

むしろ、人間はこんな愚かなとりちがえすらしてしまう、ということでしょう。質問者さんは、自信たっぷりに宣言する相手の言葉に、一瞬、自分の方がまちがっていたかも、と思うことはありませんか。こんなふうに取り違えてしまっているから「悲劇」なんです。

本を読むときは、何が起こったかを丁寧に拾い上げながら、同時に、登場人物は何を思ってそんなことをするのだろうと頭を働かせなければなりません。

最近の小説は全部説明してあるのも結構あるんですが、文学作品の多くは、作者は宝物を埋めておきます。読者に掘り出してもらうために。
だから、読書というのは、作者と読者の共同作業なんですね。
もう少し質問者さんもゆっくり、時間をかけて、丁寧に読む癖をつければ、わかってくるかなあ、と思います。

以上、参考まで。

答えやすいところから。

> 「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。

これは自分の妻に対する匿名の密告の手紙です。
で、その手紙を読んで、チャルマーズは疑心暗鬼にかられた。

ところで、画家であるチャルマーズは不思議な特技を持っていました。人の心の奥底に秘められた悪徳を描きだしてしまうのです。そこで、彼は自分が夕食に招待した見ず知らずの男に、自分が描いた妻の肖像画から、どんな性質がうかがえるか、と尋ねます。

すると、客は「天使の顔」だと答えます。この瞬...続きを読む

Q証拠説明書の「立証趣旨」の書き方について。

証拠説明書の「立証趣旨」の書き方について。
本人訴訟をするつもりの者です。
証拠説明書の立証趣旨の書き方について、一番正しい書き方はどんな書き方だろうと、
色々検索したり、とある裁判の実物の証拠説明書のPDFを見たりしていますが、
さまざまでした。
結局のところ、立証趣旨のところはどんな書き方でも自由、ということでしょうか?
証拠についてうまく分かりやすく説明しさえすれば大丈夫でしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

その証拠説明書と云うのは甲(乙)号証を番号順説明するものでしよう。
これは以前はなかったですが、最近ではどこの裁判所も提出するよう求めているようです。
この書き方は、縦に甲(乙)号証を1から順に、横軸には「表題」例えば「契約書」、作成年月日例えば「平成22年7月5日」、作成者例えば「法務太郎」、次にご質問の「立証趣旨」ですが、これは長々と書かないです。例えば「契約成立の事実」と云うように書きます。
これは甲号証として契約書を提出しているので、その契約書は何故提出するかと云うことですから、おのずから、簡単明瞭に書くべきです。
なお、その事実の詳細は請求原因として準備書面で記載すべきです。

Q原稿用紙の横書き。

原稿用紙やレポート用紙の横書きにするときのルールってどのようなものがありますか?
私は右端まで辿り着くとメールと同じようについつい区切りのいいところ(文節)で次の行に移っちゃうんです。それもダメですよね?
小論文を書くときや、テスト、レポートなどきちんと提出するときに必要なルールを教えてください。

Aベストアンサー

言葉は人と人のコミュニケーションの手段ですから、銘々が勝手な方法で書いていたのでは、意志をうまく伝わえることができませんね。日本語を横書きにする場合の規準として、『国語の書き表し方』(昭和25年12月文部省)、『公文書の書式と文例』(昭和49年3月文部省)などがあります。要点のみを転記します。

1. くぎり符号の使い方は、縦書きの場合と同じである。ただし横書きの場合は「、」を用いず、「,」を用いる。
2. 数字を書く場合は、算用数字を用いる。
(例) 第38回総会。午後1時開会、4時散会。
ただし、慣用的な語、または数量的な意味の薄い語は、漢数字を用いる。
(例) 一般。一部には。一時的。一つ、二つ、三つ。二間続き。五日目。
3. 数のけたのくぎりについては、三けたごとにコンマ「,」を用いる。
4. 次のような場合には、漢字を用いることができる。
(ア) 万以上の数を表すときの単位として、最後にのみ用いる場合。100億。5万円。
(イ) 概数を示す場合。数十日。四,五人。五,六十万。
5. 日付は「平成15年11月6日」のように書く。必要があれば、「平成15.11.10」などのように略して書いてもよい。

なお、上記1.項の読点ですが、公文書や教科書は確かに「,」が用いられていますが、実社会では「、」もよく使われています。私もそうしています。理由は、数字や英文混じりの時に、コンマか読点か紛らわしいからです。

―――――――――――――――――――

以上は定められた時代が古いので、電子文書(メールやHP)については触れられていません。ご質問はあくまでも紙文書を想定しておられると思いますが、電子文書になれた人が紙文書を作成するときの注意点を、私なりにまとめてみました。

1. 「ついつい区切りのいいところ(文節)で次の行に移っちゃう」ことは避けましょう。必要以上の改行はしません。段落の変わり目が分からず、しまりのない文書になってしまいます。また、文頭はかならず1字分空けます。
2. 「?」や「!」の使用は、必要最小限にしましょう。日本語は末尾が、「‥ですか。」などで終わることによって、疑問形を現します。「?」が至るところに付いた文は、幼稚っぽく見えます。もちろん文の構成上、どうしてもここの疑問を強調したいというときには、「?」を使うこともあります。
3. 顔文字や、(笑)、(泣)、(怒)なども使わないでおきましょう。

言葉は人と人のコミュニケーションの手段ですから、銘々が勝手な方法で書いていたのでは、意志をうまく伝わえることができませんね。日本語を横書きにする場合の規準として、『国語の書き表し方』(昭和25年12月文部省)、『公文書の書式と文例』(昭和49年3月文部省)などがあります。要点のみを転記します。

1. くぎり符号の使い方は、縦書きの場合と同じである。ただし横書きの場合は「、」を用いず、「,」を用いる。
2. 数字を書く場合は、算用数字を用いる。
(例) 第38回総会。午後1時開会、4時散会。
た...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報