She took a long time soaking, afterwards remembering to go around outside to stoke the embers of the tin-lined fireplace beneath the tub and to throw on a few more sticks so that the water might keep its heat for her mother.という部分の日本語訳がどうもうまくいきません。教えてください。また、特にso that以下の意味のつながりが変になってしまうので・・・よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

物語の話の流れ(でてくる情景の順番)をできるだけそのままに


する訳をしてみました。
オチの「お母さんのため」というイイ話を最後にもってくる、と
いうわけです。

「彼女は、長くお湯に浸かっていた。その後、忘れずに外にまわって
錫で裏打ちされた釜のに燃えのこっている炭をつついて、小枝を
何本かくべた。お湯が彼女のお母さんにも温かいように。」

ちょっと個人的な思い入れがはいりますが、"keep its heat"というときは
冷めない、ではなくて、温かい、と訳する方が本来のニュアンスが
伝わると思います。
この温かさが人間的な温かさを思わせるオチになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

構造は以下だと思いますがいかがでしょうか。

断定するつもりはないですが。

She took a long time soaking,
afterwards remembering to go around outside
  [1] to stoke the embers of the tin-lined fireplace beneath the tub
  and
  [2] to throw on a few more sticks
[A]so that the water might keep its heat for her mother.


彼女は、長い時間入浴したが、その後で、忘れずに、[A]するために、外に出てから回り込んで、[1]と[2]とをした。

[1]湯船の下に配置され、内側にブリキが貼られている「沸かし炉」の中の、赤熱していが火は消えている燃えかすの炭(or木)を煽って(かき回して)再び(火を)おこし、
[2]さらに数本の小枝をその炉にくべた
[A]彼女の母が後で入浴する時にも湯が冷めていないように、

cf:
Remember to lock the door. 忘れずにドアをロックしなさい。
I remembered to lock the door.忘れずにドアをロックしました。

問題の文内の分詞構文を分詞を用いない表現形態に書き換えると、(分詞構文のどの意味として戻そうとも、主節に引きづられて、時制は必ず)remembered(過去形)しかなりえないと思います。それと同時に上記のcf:の日本語訳を参照します。よって、問題文のremebering to は(忘れずにする、の意味で、することを忘れなかった、とか、することを思い出したとか、その時点での状態のみでなく)「忘れずに~”した”」と「動作の完遂」まで含む、として解釈され得ると考えます。仮に分詞構文の書き換えが現在形になってしまうような問題文でしたら、完遂したかどうかは、判断を保留せざるを得ないのではないかと思います。しかしこの場合幸いに書き換えると過去形になるので、完遂を含むと判断できると思います。
    • good
    • 0

(彼女は)長々と湯に浸った。

そして、その後風呂場の外に廻って出て、後から入る母の風呂の湯が冷めぬよう、風呂の釜の下の炊き口から残り火をつつき、新しい薪を二つ、三つ注いでやるのも怠らなかった。


これはちょっと昔の話と思うのでその感じをだしたかったのですが、ムリでした。
忘れない より 怠らない の方が、真意 かと、これは解釈です。

so that以下の文章はだいたい、その前に書かれた行動の理由(この場合は、廻って外に出る理由)ということになるのですが、読者が日本のお風呂の建て方、習慣(同じ湯で順番に入る)、そのマナー、他の人に対する思いやりの仕方などを知っている場合はいろいろとはぶきますよね。それを知らない読者が、あー、それでこうこうなのか、と納得できさえすれば、つながりそのものはあまり気にしないでも良いのでは?
    • good
    • 0

彼女は長時間入浴し、その後、忘れないよう浴槽の下の錫性の炉の残り火に燃料をくべるために外に出て、(後で入浴する)母親のために風呂の湯が冷めないよう、さらに数本薪を投げ入れた。



※昔ながらの薪で炊いた風呂は、経験がないので、風呂の下の炉のことをなんと呼ぶか知りません。いまいちお役に立てなかったかも?

でもこんな感じでは?
    • good
    • 0

彼女はあとで忘れずに、長いことずぶぬれになりながら外を歩き回り、風呂桶の下の、錫でふちどったかまどの熾き火をおこすため、さらに何本かの薪を放り込んで、おかあさんのためにお湯が冷めないようにしました。



あんまり関係詞に拘って厳密な訳出をしようとすると、かえって頭でっかちな構文になってしまうので、あえて文法は無視して語順に沿って訳してみました。
そのため正確な訳ではないところもあります。
    • good
    • 0

彼女は、桶の下の錫に並べられた暖炉の残り火に火をたき、


かつ水が彼女の母親のためにその熱を維持するように、
さらに若干の杖の上で投げるために外部を忘れずに後であちこち歩き回って、
長い時間をずぶぬれにとりました。

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHow dare he was! I will throw the bomb to China! ど

How dare he was! I will throw the bomb to China!
どういう意味ですか?誰か訳してください。お願いします!

Aベストアンサー

あいつだったらどうする?
自分だったら中国に爆弾を投げ込む。

Qso~so~that~,too~too~to~

あなたと一緒に遊ぶには金が無さ過ぎたし、忙しすぎた。を訳したいです。I had so little money and were so busy that I wasn't able to play with you .でいいんでしょうか?また、too~to~でいうときはMoney I had was too little and I was too busy to play with you.でいいんでしょうか?so2つに対しthat1つ、too2つに対しto1つ、というのは見たこと無いので違和感がします。それに、上の例文2つとも、andで分かれて、お金がなさすぎたし、あなたと遊べないほど忙しかった。になりそうです。上手い表現はありますか?

Aベストアンサー

 too ... and too ... to や,so ... and so ... that とすることも可能でしょう。
>andで分かれて
というのも文脈次第ですが,so that の前にもう一つ so があったら,これも that と結びつく,と解釈するのが普通です。
 ただ,I had so little time and money や I was too poor and busy(poor だと少し違うかもしれませんが)のように,一つですむように形をそろえた方が簡潔に表現できます。
 あと,wasn't able to はここでは,couldn't でいいでしょう。money I had was little は,the amount of money I had was small なら可かもしれません。(もちろん,I had little money と簡潔に言った方がいいです。)日本語の「~が少ない」という感覚で,little を補語に用いない方がいいですよ。「少ない,ほとんどない」という little は名詞につけて用いるように心がけてください。

 too ... and too ... to や,so ... and so ... that とすることも可能でしょう。
>andで分かれて
というのも文脈次第ですが,so that の前にもう一つ so があったら,これも that と結びつく,と解釈するのが普通です。
 ただ,I had so little time and money や I was too poor and busy(poor だと少し違うかもしれませんが)のように,一つですむように形をそろえた方が簡潔に表現できます。
 あと,wasn't able to はここでは,couldn't でいいでしょう。money I had was little は,the amount of...続きを読む

Qso that使用の訳について→soの前にコンマが付いていませんが、thatの後にwill、can、mayもありません。

こんにちは、みなさん!!

【質問】下記の文章での、so that構文の直訳がうまくできないので教えて頂けないでしょうか。

I would appreciate your looking into this matter in a timely manner so that my good credit standing is not damaged.

私の信用状態が損害を受けないよう、この件について早く、調査していただければ幸いです。

【質問の背景】
so that構文には下記の2種類があると思います。

1 so that S will(can,may)・・・ Sが・・・するために
2 ~,so that・・・        ~なので、結果・・・

しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い
訳に困ったのが背景です。

Aベストアンサー

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もあります。

b) used to say that something happens or is true as a result of the situation you have just stated:

 (1) There are no buses, so you'll have to walk.
 (2) The gravestones were covered with moss so that it was impossible to read the names on them.

○ 「結果」を表す場合でも「will」がついたり、「so」だけになったりもします。また、「,」がない場合もありますね。会話の場合には、ほとんど「, so」になってしまいます。

○ 確かに「目的」と「結果」の見分け方の最も簡単な基準は、「,」の有無や「助動詞」の有無です。そして、たいていの場合にはその基準(原則)が有効だと考えて良いでしょう。

○ しかし、略式か正式かだとか、主節の時制だとか、様々な理由で原則が崩れることが、上記の説明以外にもあります。それらをすべて覚えることは現実的ではありません。文脈で判断することが必要なことがあることを頭の中に入れておくと良いでしょう。

○ お尋ねの英文の場合には、「目的」と判断して良さそうです。

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もありま...続きを読む

Q...convinced him to take that first step to the studio?

NHKラジオ英会話講座より
Dennis:So the dancing shoes you gave Jhon for his birthday finally convinced him to take that first step to the studio?
じゃあ、君が誕生日にジョンにダンスシューズをあげて、やっと彼はスタジオへの第一歩を踏み出すことを納得したのかい?
(質問)
(1)that は接続詞ですか?それにしてはthat以下は節ではないし?SVが省略されている?それとも形容詞?・・thatの使い方が判りません。教えて下さい。
(2)肯定文を疑問文として使っています。何故ですか?
  思いつくまま質問しています。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。3/19のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。今週末はpacuques(イースター・復活祭)の3連休なので、今、旅行先のノルマンディーから回答しています。

ご質問1:
<(1)that は接続詞ですか?>

いいえ、指示形容詞です。

1.意味は「その」「あの」で、名詞を修飾します。

2.ここでの用法は、theと同じ特定のものを指す用法です。

3.Theではなくthatが用いられているのは、step to the studioが特別な意味を持つからです。特別なので強調するため、theではなくthatが用いられているのです。

4.どういう風に特別かと言うと、既にスタジオへ第一歩を踏み出しているジョンの、そのキャリアのスタートの仕方にポイントを置いており、そのポイントを暗に指しているのです。

5.そのフィーリングを入れると、このthatは「ああやって」「あのような」「ああいう風にして」といった、訳出になります。
例:
「~やっと彼は、ああして(あのように)、スタジオへの第一歩を踏み出すことを納得したのかい?」


ご質問2:
<(2)肯定文を疑問文として使っています。何故ですか?>

1.ひとつには、文章が長いから、という便宜上です。

2.また、Soがある点に注目します。このSoは「そこで」「それで」「そういうわけで」という、前文を受けてその内容を踏まえての接続詞として使われています。

3.つまり、So以下の長文は、前文の内容の「確認」になっているのです。
例:
「それで(そういう事情で)、~を納得したんだね」

確認文なので肯定文になるのです。

4.ただ、確認文には、文末にdidn’t you?「違う?」「~だね?」などを置いて付加疑問文の形で、「念を押す確認」の用法があります。この英文はその「付加疑問文的な念押しの文」として、疑問調にしているのです。

5.また、肯定文の形で疑問文というのは、口語文にはよくあることです。特に確認口調の場合はよくあるので、あまり気にしなくていいでしょう。
例:
So, it’s not you who did it?
「つまり、やったのは、君じゃないんだな?」

6.この表現では、肯定文で文末を下げて、Ah?と確認を求める間投詞を置いたりします。
例:
So, it’s not you who did it.(↓) Ah?(↑)
「つまり、やったのは、君じゃない。そうだな?」


以上ご参考までに。

こんにちは。3/19のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。今週末はpacuques(イースター・復活祭)の3連休なので、今、旅行先のノルマンディーから回答しています。

ご質問1:
<(1)that は接続詞ですか?>

いいえ、指示形容詞です。

1.意味は「その」「あの」で、名詞を修飾します。

2.ここでの用法は、theと同じ特定のものを指す用法です。

3.Theではなくthatが用いられているのは、step to the studioが特別な意味を持つからです。特別なので強調するため、theではなくtha...続きを読む

Qive pretty much come to the conclusion that every guy tries to run game on ...

ive pretty much come to the conclusion that every guy tries to run game on every girl they see thinkin that fb and twitter wont tell it all

私は〈すべての男たちは女の子を騙そうとする、男たちが何を考えているかはfacebookeやtwitterではわからない〉という結論に至った。

という意味であってますか?

they see thinkin ってのが特にわかりません。なぜこういう文章になるのでしょうか。

Aベストアンサー

瑣末なことですが、#1 の回答者へのお礼の中で

 '...they see,( I am ) thinking that fb...'

と書いておられますが、私は ,( I am ) を挿入するのは適切ではないように思います。

 ... that every guy tries to run game on every girl they see thinking that ...

とつながるような気がします。つまり、thinking の動作主は they (= every guy) ではないでしょうか。
tries to run game on every girl という行為と thinking ... は、同時進行だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報