IT関係を中心に、ベンチャー企業は、基本的に上場を目標にしている
ところが多いと思います。

Facebookのザッカーバーグも、上場して莫大な利益を得たとよく
聞きますが、具体的にどのような仕組みで利益がもたらされたので
しょうか?

上場する際に新規株式を大量発行して、それを自らが保有するのであれば、
その分の額面の金額は払うわけですから、上場後株価が上がったとして、
その株式を売却したとしても、それほど莫大なキャピタルゲインが
あるとは思えないのです。

よく聞く創業者利益とは、キャピタルゲインのことではなく、保有して
いる株価の評価額のことを指しているだけなのでしょうか。


株式等の知識は本当に基本的なものしか持ちあわせておりませんので、
出来るだけ平易に解説いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

新規上場の際には公募と売出しが有ります。

この公募が新規発行した株になります。
売出しが創業者や出資しているファンドなどが保有している株の事になります。たとえば4月23日に新規上場する「フィックスターズ」の場合だと、公募が10万株・売出しが24000株となっています。
この10万株が新たに発行した株です。売り出し24000株が創業者や出資者が持っていた株です。公募価格が3450円ですので、8280万円が創業者などに入ります。
なおオーバーアロットメントによる売出しが18600株となっているので、6417万円も入ることになります。オーバーアロットメントとは人気が有って、需要に追いつかない場合に売り出される株です。人気が無いと売り出されませんが、ほとんどの場合は売りに出されます。
合計で1億4697万円が入りますね。このお金は新規上場した日に入るのではなくて、公募価格が決まれば、主幹事証券会社が先に会社に支払います。そして応募者に株を売ります。もし売れ残れば主幹事となった証券会社が買わなければいけませんので、売れ残らないよう公募価格は慎重に決められます。
そして24日の上場となるのです。

この回答への補足

juggerさん

具体的な例でのご回答ありがとうございました。
仕組みや流れが見えてきました。


補足で、回答のフィックスターズの例でご質問させてください。
42600株×3450円=1億4697万ですから、額面500円として計算すれば、1億2567万円が、純粋な利益の額という理解でよろしいでしょうか。

言い換えれば、(仕事は置いておいて)お金だけに着目すれば、2130万円を投資して、1億2567万円の売却益を得たということになるのでしょうか。

公募価格が額面の数倍以上でなければ、創業者利益はあっても、「莫大」ではないということですね?
(上場に至るまでの激務を考慮すればなおさら)

補足日時:2014/04/20 14:11
    • good
    • 2

No1です。

額面500円なら、そうなるでしょうね。
ただ株式の額面と言う制度は、すでに廃止されていますので、500円かどうかは不明です。
50円かも知れないですし、5000円かも知れないです。ただ公募価格が3450円なので、5000円は無いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、額面は外部の人間にはわからないのですね。
お蔭さまで、全体の流れも、仕組みも理解出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/21 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併上場の場合のキャピタルゲイン税率について

勤めている会社の従業員持株会で株を持っています。
私の会社は非上場でしたが、合併先がすでに上場していてそれに伴う新株券が発行され上場株の銘柄として手元にあります。曖昧な記憶でわからないのですが、「新規上場株のキャピタルゲインで1年以内の売買については税率が高い」と聞いたことがあるのですが、現在、法改正後はどうなのでしょうか?それとこのケース、上場企業としてすでに5年経過している会社と合併した場合は、税率の考え方は通常の税率が適用されるのでしょうか?

少し、ややこしいのですがどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

今のところ、5年間は10%課税なので、全然問題ないですよ。
買値だけわかるものは発行してもらえると思います。
5年後に、20%になるみたいです。

Qインカムゲインとキャピタルゲイン

キャピタルゲインは買った時の株の値段よりも売ったときの値段が高ければ利益がもらえますよね?なら、インカムゲインはどうなんでしょうか?インカムゲインも買ったときの値段よりも株が高くなってないと配当金はもらえないのでしょうか?それとも買った時の値段は関係無しで、とにかくその企業の決算日等に純利益が出ていれば株主にも利益を分けてくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

配当がいくら得られるかは、買った値段は全く関係ありません。

会社の業績によって変わります。たしかに純利益が多くなれば配当を増やす可能性は高いですね。

ちなみに今日の昼休みに発表された開示によると、いちよし証券が記念配当を55円出すそうです。中間配当と期末配当を考慮すると年間85円以上ということで、現在の株価から計算すると5%を上回るようです。

Qキャピタルゲインの税について

(1) 源泉分離課税と申告分離課税が有るようですが、取引の都度選択できるのでしょうか?
(損をした時は申告、儲けた時は源泉)

(2) 申告分離課税でやった場合、譲渡益が出ても確定申告をしなかった場合はどうなるのでしょう?
 
(3) 通常は(一般的には)源泉分離課税と申告分離課税のどちらを選んでいるんでしょうか?

以上判る方教えてください。

Aベストアンサー

前の方が回答してるように、現在は申告分離に一本化されています。
申告分離で申告義務があるのに確定申告しなければ脱税です。少額だとすぐ摘発はないかもしれないけど、全取引証拠は国税当局が把握出来る状態であることに要注意。
証券会社に保護預かりにしてる株については、特定口座にすることで証券会社で事実上の源泉分離納税してくれる新制度があります。税率は同じなので、建前上は納税事務代行ですが、他の所得と切り離せるメリットがあり、普通のサラリーマンなら確定申告の手間がかかりません。

Q株式の上場をすると株価はどのくらい上昇するものなのでしょうか。

業績によりけりだとは思いますが、一般的なお話しでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

IPOの実績を、ご覧下さい。

参考URL:http://www.stockweather.co.jp/sw/ipo/performance.html

Q未上場企業が株式交換する際の株価の算定方法

未上場企業が株式交換する際の株価の算定方法を教えてください。
税理士に依頼しようとしたら
30万くらいかかると言われたので
自分で計算しようと思います。

売上額は双方10億円未満です。

Aベストアンサー

M&Aをビジネスにしています。
業務上、企業価値の算定などのアドバイスをしているものです。

最近はM&A関連書籍も増え、企業価値算定の書籍もたくさん出ていますので、そういうのをご覧に
なられてはいかがでしょうか?
お示しの企業サイズであれば、時価純資産価格とか、DCF法などでしょうかね。

ところで企業価値を算定するのは、何のために行うのでしょうか?
1.A社・B社の株主の利害調整のため(相手側との交渉材料)
2.同族会社間で、税務上の合理性をもたせる必要があるため

1.が主な理由ならば、当事者の一方である貴方が算定した価格を相手が納得するかどうか、がポイ
ントになります。第三者なり有資格者なりが算定した、といえばもう少し説得力が増すかも知れません。
相手側の株主から突き上げを食う可能性はないですか?

2.ならば、これは税務的な合理性をもたせる必要がありますので、専門家を交えるべきでしょうね。

TPOに応じて外部を効率的に使った方がよろしいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報